Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァン…アタァァーック!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥンッ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
そっちに行きました、大十字さん!」
Face DB 00 01.png
九郎
くらいやがれ!
マギウスウィィング!」
Face DB 01 03.png
アル
よし、アクセス!」
Face DB 01 03.png
アル
アエテュル表に拠る暗号解読、術式置換。
正しき姿へ還れ、我が断章!」
Face DB 01 03.png
アル
これでアトラック=ナチャに関する
記述の断片を回収完了だ!」
Face DB 00 01.png
九郎
ふう…魔導書の断片を集めるのに、
こんなに苦労するとは思わなかったぜ」
Face DB 01 03.png
アル
最強の魔導書たる妾の分身だぞ?
断片とはいえ、相当な魔力を秘めておるのだ」
Face DB 01 03.png
アル
どの様な怪異が起こっても不思議ではない。
今後も心するが良い!」
Face DB 00 01.png
九郎
ったく、偉そうに…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
でもこれで、アルさんはひとつ
本来の力を取り戻したんですよね?」
Face DB 01 03.png
アル
うむ、アトラック=ナチャの記述を
回収したことにより、
捕縛結界を張れるようになった!」
Face DB 01 03.png
アル
とはいえ、かつての最強たる妾の力には、
まだまだ程遠いがな…」
Face DB 00 01.png
九郎
やれやれ、先は長そうだぜ…」
Face DB 00 01.png
九郎
けどありがとよ、ジョーイ。
俺のマギウスとしての特訓に加えて、
アルの断片回収まで手伝ってくれてよ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そんな…大十字さんには、
いつもお世話になってますし…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
それに、僕とヒーローマンにとっても
いい訓練になりますから」
Face OG 03 02.png
???
Oh、ブラボー!
これがボーイズ同士の美しき友情ネ!」
Face DB 00 01.png
九郎
…!?
この胡散臭い喋り方は…」
Face OG 03 02.png
リチャード
グーテンモーニング、ムッシュ十文字。
アンド、ジョースター君」
Face OG 02 00.png
サヤ
お久しぶりです、皆さん」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
リチャードさん!
それに、サヤさんも!」
Face DB 00 01.png
九郎
ていうかオッサン、
あいさつの前に色々と間違ってるぞ…」
Face OG 02 00.png
サヤ
すみません、私は止めたんですが、
少佐がどうしてもやると聞かなくて…」
Face OG 03 00.png
リチャード
再会のジョークみたいなものさ。
なあ、ジョナサン」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ジョセフです…」
Face DB 09 00.png
ウェスト
くふふふ…ふはははは!
やった、やったのである!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
我輩は遂に…
遂に魔術ですら成し遂げられなかった
領域を踏破したのである!」
Face DB 11 00.png
???
………」
Face DB 09 00.png
ウェスト
さあ行くぞ、エルザよ!
あの憎き大十字九郎たちを…あれ?」
Face DB 11 00.png
エルザ
…ロボ!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
!? ま、待つのであるエルザ!
何処へ行くのであーる!?」
Face DB 09 01.png
ウェスト
マイ・フェア・レディ、エルザ!
カムバァァァック!」
Face LI 01 00.png
リュクス
では、そのセンターシティという街は
完全に異星人の手に…?」
Face DB 02 00.png
瑠璃
ええ、今やセンターシティは、
スクラッグの一大戦略拠点となっています」
Face DB 02 00.png
瑠璃
それでも今までは、
連邦軍の異星人迎撃部隊の活躍により
侵攻が抑えられていたのですが…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
最近になって、その異星人迎撃部隊が
解散してしまったようなのです」
Face OG 00 00.png
アーニー
解散…?
ジンやグラハム少佐の部隊がですか?」
Face DB 02 00.png
瑠璃
詳しくは存じません。
しかし、エース部隊が引き揚げたことで、
被害は徐々に広がりつつあります」
Face OG 00 01.png
アーニー
そんな…!
連邦軍の上層部は何を考えているんだ!」
Face DB 02 00.png
瑠璃
すでにこのアーカムシティにも、
スクラッグが現れるようになりました」
Face DB 02 00.png
瑠璃
こちらにはデモンベインとヒーローマンが
いるとはいえ、圧倒的な数を誇る
スクラッグに対抗するには…」
Face OG 03 00.png
リチャード
わかりました。
俺たちが来たからには、
これ以上ヤツらの好きにはさせませんよ」
Face FA 01 00.png
総士
ジークフリード・システムも
プトレマイオスへの接続が完了しました」
Face FA 01 00.png
総士
僕たちファフナーチームも
UXと協力して、アーカムシティの
防衛に当たります」
Face DB 02 00.png
瑠璃
よろしくお願いいたします」
Face DB 02 00.png
瑠璃
皆さんに全力を尽くしていただけるよう、
私どもも可能な限りのサポートは
させていただきます」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
その一環として、
優秀な科学者をひとりお招きいたしました」
Face OO 07 00.png
スメラギ
科学者…?」
Face DB 02 00.png
瑠璃
ええ、歳はまだお若いのですが、
とても優秀な方で…」
Face HM 06 00.png
デントン
ココをこうやって、こうすれば…」
Face HM 05 00.png
リナ
デントン先生、何を作ってるの?」
Face HM 06 00.png
デントン
ヒーローマン用の蓄電装置さ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
蓄電装置…?」
Face HM 06 00.png
デントン
これまでの研究の結果、
ヒーローマンのエネルギーの源は
電気ということがわかった」
Face HM 06 00.png
デントン
そこで、この蓄電装置を使い、
一時的に圧倒的なパワーを
得ようというワケさ」
Face HM 04 00.png
サイ
要するに、
パワーブースターってことか」
Face LB 15 00.png
???
ふーん。
なかなか良くできてるじゃない」
Face HM 06 00.png
デントン
ん? なんだね君は…?」
Face LB 15 00.png
???
だけどまだ改良の余地があるわね。
ここの回路をコッチに組み替えれば…ほら」
Face HM 06 00.png
デントン
ぬおっ!?
な、なんと信じられん!」
Face HM 06 00.png
デントン
少し回路を変えただけだというのに、
エネルギー効率が段違いだ!」
Face HM 04 00.png
サイ
へぇ~、スゲエな!
教授、負けてるんじゃねーの?」
Face HM 06 00.png
デントン
な、何を言ってるんだね、サイ。
この方法はすでに私も思いついていたよ」
Face HM 06 00.png
デントン
だが、費用の関係から
安い部品しか調達できなかったのだ!」
Face HM 04 00.png
サイ
別に部品は変えてなかっただろ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
というか、この女の子は一体…!?」
Face LB 15 00.png
???
私のコト?」
Face DB 02 00.png
瑠璃
彼女は、レイチェル・キャルヴィン博士」
Face DB 02 00.png
瑠璃
覇道財閥も資金提供しているIT企業、
サイテッド・マーシャル・テクロノジー社で
技術顧問として活躍されている方ですわ」
Face DB 00 00.png
九郎
ハ、ハカセって…この歳でか!?」
Face OO 01 02.png
ロックオン
弱冠13歳にして、
マサチューセッツ工科大学の
博士号を持つ天才科学者だそうだ」
Face DN 04 00.png
エイーダ
へぇ~…
世の中には凄い人がいるんですねぇ…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
そういうわけで、よろしくね。
機械のコトなら任せてちょうだい」
Face DB 01 00.png
アル
おお、それは助かる。
デモンベインが傷ついた折には、
修理の手伝いをさせてやろう」
Face DB 02 00.png
瑠璃
な、何を言ってるんです!
レイチェル博士は修理工ではありません!」
Face DB 02 00.png
瑠璃
そもそも、デモンベインは
あなたたちの所有物ではないでしょう!」
Face DB 00 00.png
九郎
う…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
あなたたちにデモンベインを預けたのは、
あくまで他に適任者がいないからです」
Face DB 02 00.png
瑠璃
もし何か問題を起こすような事があれば、
即刻返していただきますからね!」
Face DB 01 00.png
アル
ふんっ!
妾と九郎以外にアレを乗りこなせる者なぞ、
この世にはおらんよ」
Face DB 02 00.png
瑠璃
く…本っ当に口が減らないですわね!
この三流パルプ娘は!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
な、なんか凄く怒ってましたけど…
大丈夫なんですか?」
Face HM 04 00.png
サイ
気にするな、いつものことさ」
Face DB 00 00.png
九郎
ったく、アルが
いちいち余計なことを言うから…」
Face DB 01 00.png
アル
うにゅ…?」
Face HM 06 00.png
デントン
コホン…ともかくだ、ジョーイ。
随分と話がズレてしまったが…」
Face HM 06 00.png
デントン
この蓄電装置を使えば、
ヒーローマンをパワーアップさせることが
できるはずだぞ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ありがとうございます、デントン先生。
あとでヒーローマンと試してみます!」
Face FA 02 00.png
真矢
このお屋敷って本当に広いね。
庭の中にバラ園まであるなんて…」
Face FA 00 00.png
一騎
ああ、どれも竜宮島じゃ
見たこと無いものばかりだな」
Face FA 07 00.png
甲洋
俺たちだけが知らなかったのさ。
島のことも、島の外の世界のことも…」
Face FA 07 00.png
甲洋
何も知らされないまま、
竜宮島を楽園だと思い込んで…!」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
甲洋君…」
Face FA 07 00.png
甲洋
それでも、生きてさえいれば
こうやって知ることができる!」
Face FA 07 00.png
甲洋
なのに…なのに翔子は!」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face LI 03 00.png
エレボス
もうやめなよ。
そうやってケンカしてもさ、
死んだ人は喜ばないよ?」
Face FA 07 00.png
甲洋
お前なんかに何がわかる!」
Face SD 03 03.png
シン
よせ、甲洋!」
Face SD 03 03.png
シン
お前も正式にファフナーの
パイロットになったんだろう!?
なら、過去には縛られるな!」
Face FA 07 00.png
甲洋
翔子のこと、忘れろって言うんですか!?」
Face SD 03 03.png
シン
忘れない事と、縛られる事は一緒じゃない。
亡くした人の事を忘れずに前に進むんだ」
Face SD 03 03.png
シン
でないと、別の悲劇を生むことだって…」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face DA 01 00.png
チャム
ねえ、知ってる?
地上で死んだ人間の魂はね、
バイストン・ウェルで生まれ変わるのよ?」
Face FA 02 00.png
真矢
生まれ変わる…?」
Face DA 01 00.png
チャム
そう!
だからね、その翔子って人も、
きっと今ごろは…」
Face FA 07 00.png
甲洋
………」
Face FA 07 00.png
甲洋
そんなことで…そんなことで、
一騎の罪が消えるわけじゃない!)
Face SD 04 00.png
ルナマリア
!? これって、緊急コール!?」
Face SD 03 03.png
シン
まさか、スクラッグが…!?
すぐ出るぞ!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
人間の姿はない…。
どこに隠れているのだ?」
Face DB 11 00.png
???
あれがスクラッグ、宇宙生命体…」
Face DB 11 00.png
???
高度な知能と戦闘力を持ち、
高周波により同種族間の会話を行う」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
! いたぞ!」
Face DB 11 00.png
???
!? 見つかってしまったロボ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
あそこに逃げ遅れた人が!」
Face DB 01 03.png
アル
いかん! 九郎、ジョーイ!
妾たちだけで出るぞ!」
Face DB 00 01.png
九郎
ああ、させるかよ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァン…アタァァーック!」
Face DB 00 01.png
九郎
マギウスウィィィングッ!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
ぐわああぁぁっ!」
Face DB 00 01.png
九郎
おいアンタ、大丈夫か!?」
Face DB 11 00.png
???
…これが恋ロボか」
Face DB 00 01.png
九郎
は? ロボ?」
Face DB 11 00.png
エルザ
男性に抱きかかえられたのは初めてロボ。
エルザはお前に一目惚れしたロボ」
Face DB 00 01.png
九郎
はあぁ!?
どこをどう理論展開すれば、
そんな結論に…!?」
Face DB 01 03.png
アル
妾に振られても…」
Face DB 11 00.png
エルザ
生と死の極限で愛が芽生えるロボ。
すなわち、敵の手から救い出してくれた
お前にエルザはゾッコンラブ…多分」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
は、はは…ラブですか」
Face DB 00 01.png
九郎
勘弁してくれぇ…」
Face OO 01 03.png
ロックオン
何やってんだ、アイツら…?」
Face OO 09 00.png
フェルト
さ、さあ…?」
Face OO 07 00.png
スメラギ
ジョーイ君たちは、その民間人の避難を!
スクラッグは私たちで撃退します!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
わ、わかりました!」
Face DB 00 01.png
九郎
ほら行くぞ、ロボッ子!」
Face DB 11 00.png
エルザ
ダ、ダーリン…
強く引っ張らないでロボ!」
Face OO 09 00.png
フェルト
みなさん、出撃してください!」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君、春日井君、聞こえる?」
Face FA 02 00.png
真矢
え、えーっと…
ニーベルング、動作確認。
皆城君とのクロッシングは…」
Face FA 15 00.png
遠見
肩の力を抜きなさい、真矢。
あなたの仕事は、みんなに状況を
的確に伝えることでしょ?」
Face FA 02 00.png
真矢
う、うん…
わかってるよ、お母さん…」
Face LI 01 00.png
リュクス
私もお手伝いします。
共にがんばりましょうね」
Face FA 02 00.png
真矢
ありがとうございます、リュクス姫」
Face FA 07 01.png
甲洋
心配するな、遠見。
俺たちなら大丈夫だ!」
Face FA 01 01.png
総士
ふたりとも、プトレマイオスからの
ファフナーの運用は初めてなんだ。
くれぐれも無理はするなよ!」
Face FA 00 01.png
一騎
…了解」
Face FA 07 01.png
甲洋
見ていろ、一騎。
俺がお前とは違うことを見せてやる!)
Face OG 03 01.png
リチャード
…!?
チッ、後続部隊が控えていたか!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
家畜どもめ、我らの力を…」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
!? グ…こ、これは!?」
Face OG 00 01.png
アーニー
な、何だ…!?
誰がスクラッグに攻撃を…!?」
Face OO 09 00.png
フェルト
凄まじいスピードで
何かに切り裂かれたようですが…」
Face OO 09 00.png
フェルト
これは…空を飛ぶ剣!?」
Face OO 08 00.png
ラッセ
空飛ぶ剣だと!?」
Face DB 01 03.png
アル
間違いない…!
あれは妾の断片、『バルザイの偃月刀』の
製法に関する記述だ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
あ、あの剣もアルさんの断片が
実体化した姿なんですか!?」
Face DB 01 03.png
アル
どうやら、スクラッグに刺激されて
目覚めてしまったようだな!」
Face DB 00 01.png
九郎
つーか、あの剣、
シャレにならないスピードなんだが!?」
Face LI 01 00.png
リュクス
!? 大十字様!
空飛ぶ剣がそちらに…!」
Face DB 00 01.png
九郎
まずい、みんな伏せろ!」
Face DB 11 00.png
エルザ
ダーリンはやらせないロボ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
!? エルザさん、あぶない!」
Face DB 11 01.png
エルザ
戦闘モード、対魔術武装へ移行。
射出!」
Face DB 11 01.png
エルザ
術式魔砲…『我、埋葬にあたわず』!
ファイヤー!」
Face DB 11 01.png
エルザ
むー…仕留め損ねたロボ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
エルザさん、君は…!?」
Face DB 00 01.png
九郎
お前、ロボットだったのか…」
Face DB 11 00.png
エルザ
その通りロボ…。
だけど、機械でも
ダーリンへの愛は本物ロボ!」
Face DB 11 00.png
エルザ
その証拠に、体内温度が上昇しているロボ」
Face DB 00 01.png
九郎
そりゃあ、あんなもんをブチかませば
熱くもなるだろうよ…」
Face DB 01 03.png
アル
なごんでおる場合か!
妾の断片、バルザイの偃月刀は
まだ活動しておる!」
Face DB 01 03.png
アル
その者たちの力も借りて、
断片を回収するのだ!」
Face DB 00 01.png
九郎
確かにこのままじゃラチが明かねえ。
ふたりとも、手伝ってくれるか!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
もちろんです!」
Face DB 11 01.png
エルザ
エルザにお任せロボ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
剣の方は専門家の彼らに任せて、
私たちはスクラッグに専念しましょう!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
ただし、空飛ぶ剣はまだ生きてるわ!
どこから来るかは予測不能だから、
くれぐれも気をつけて!」
Face LI 01 01.png
リュクス
!? あれは…!
また空飛ぶ剣による攻撃!?」
Face OG 03 01.png
リチャード
チッ、目に見えないほどのスピードとは、
厄介な代物だぜ…!」
Face DB 00 01.png
九郎
剣の方は俺たちで何とかする!
みんなはスクラッグを頼む!」
Face OO 08 00.png
ラッセ
スクラッグってヤツは、今ので全部か!?」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
はい、後は空飛ぶ剣だけですぅ!」
Face DB 00 01.png
九郎
こっちも決めるところだ!
行くぞ、ジョーイ! エルザ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
はいっ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァン…アタァァーック!」
Face DB 11 01.png
エルザ
ロボォォォ!」
Face DB 01 03.png
アル
よし、アクセス!」
Face DB 01 03.png
アル
ふぅ、これで『バルザイの偃月刀』の
製法に関する記述、回収完了だ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
やりましたね、アルさん!」
Face DB 01 03.png
アル
うむ、妾の断片が1日に
ふたつも手に入るとは、実に幸先が良い!」
Face DB 09 00.png
???
喜ぶのもそこまでなのであーる!」
Face DB 00 01.png
九郎
このギターの音は…まさか!?」
Face OG 02 00.png
サヤ
あれは、デモンベイン…?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ぬはははは!
そう、これが我輩の新作…
スーパーウェスト無敵ロボ28號DX!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
通称、デモンペイン!」
Face DB 00 01.png
九郎
『ベ』インじゃなくて『ペ』イン…
うわ~、バッタモンくせぇ…」
Face DB 11 00.png
エルザ
博士、どうしてここにいるロボ?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
えっ? 博士…!?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
そこにいたかエルザ!
彼女こそ長年の研究の成果。
血と汗とちょっぴり切ない涙の結晶…」
Face DB 09 00.png
ウェスト
最強の戦闘能力と最高の美を兼ね備えた、
我輩の美学の集大成!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
その名も…人造人間エルザ!!」
Face OG 03 00.png
リチャード
何とかと天才は紙一重と言うが…
まさかあの変態が、ロボ子ちゃんの
開発者だったとはな」
Face DB 09 00.png
ウェスト
さあエルザよ、戻ってくるのである。
そこにいる憎き大十字九郎を、
我輩と共に葬り去るのであーる!」
Face DB 11 00.png
エルザ
………」
Face DB 11 00.png
エルザ
まるで、
ロミオとジュリエットみたいロボ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
エルザさん…」
Face DB 11 00.png
エルザ
許してほしいロボ、大十字九郎。
エルザはお前にゾッコンラブだけど…」
Face DB 11 01.png
エルザ
敵である以上、殺すしかないロボ!」
Face DB 00 01.png
九郎
お前は好意を抱くか、
殺意を抱くか、どっちかにしろぉぉ!」
Face DB 01 03.png
アル
九郎よ、こちらも招喚だ!」
Face DB 00 01.png
九郎
応よ!」
Face DB 00 01.png
九郎
憎悪の空より来たりて!
正しき怒りを胸に!
我等は魔を断つ剣を執る!」
Face DB 00 01.png
九郎
汝、無垢なる刃!
デモォォォンベイィィィン!!」
Face DB 01 01.png
アル
九郎、デモンベインでも妾を通して、
アトラック=ナチャの力…
すなわち、捕縛結界を使うことができる!」
Face DB 01 01.png
アル
使いどころを見極めて、
戦いを有利に運ぶのだ!」
Face DB 00 01.png
九郎
おう、ニセモノには
マネのできねえ力を見せてやるぜ!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ふははは、甘いのであーる!」
Face OO 09 00.png
フェルト
ああっ!?
ニセデモンベインがあんなに…!」
Face DB 00 01.png
九郎
あの野郎!
バッタモンを量産してやがったのかよ!」
Face DB 01 01.png
アル
否ッ!
敵内部の魔力が増大しておる!
あのニセモノどもは、まさか…!?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
如何にも如何にも如何にも!
このデモンペインは、魔術理論と
貴様の断片を組み込んでいるのである!」
Face DB 11 00.png
エルザ
そして魔術回路にデータとして転送する
役割を持つのが、このエルザなのロボ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そ、そんな…!
敵がアルさんの断片を
回収していたなんて…!」
Face DB 01 01.png
アル
虚構と現実の境界を曖昧にし、
幻を実体化させる魔術…」
Face DB 01 01.png
アル
彼奴らが手に入れた断片は、
『ニトクリスの鏡』か!」
Face OO 09 00.png
フェルト
しかし、幻と言われても、
レーダーを見る限りは全て本物としか…!」
Face DB 01 01.png
アル
バルザイの偃月刀ならば
魔力の繋がりごと奴を叩き斬れるが…
まずは実体を見定めなくては!」
Face SD 03 01.png
シン
なら、全部叩き潰せばいいだけだ!
アタリを引くまでな!」
Face DB 00 01.png
九郎
確かにそれしか方法はねえか!
やるぞ、アル!」
Face DB 01 01.png
アル
うむ、少しばかり断片の力を
使ったところで、所詮は蟷螂の斧!」
Face DB 01 01.png
アル
千年の知識の研鑽…
思い知らせてやろう!」
Face HM 05 00.png
リナ
見て!
またスクラッグが来たわ!」
Face HM 04 00.png
サイ
ったく、しつこい連中だぜ!
1匹見たら30匹はいると思えってか?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ちょうど良い、あの宇宙生物どもにも
我輩の力を見せつけてやるのである!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
さあ来るがいいっ!
OK、アイム・ロックンロォォールッ!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
…!?
グ、ググ…これは!?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ホァァッツ!?」
Face FA 07 01.png
甲洋
スクラッグが撤退した!?」
Face DB 11 00.png
エルザ
きっとエルザと博士に恐れをなして
逃げ出したロボ!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
ぬわぁ~んと!
宇宙生物すらも怯えさせるとは、
我輩の頭脳は何と罪深いのであるか!」
Face DB 00 01.png
九郎
いちいちギター掻き鳴らして、
アホなことをのたまってんじゃねえ!」
Face HM 06 00.png
デントン
どういうことだ?
スクラッグは、なぜ急に撤退を…)
Face HM 06 00.png
デントン
!? まさか…!)
Face DA 01 00.png
チャム
やったあ!
ニセモノは全部やっつけたね!」
Face LI 03 00.png
エレボス
あれ?
じゃあ、本物はどこいったの?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ぬわっははは!
ココにいるのであーる!」
Face OO 08 00.png
ラッセ
きたねえっ!
最初から隠れてやがったのか!」
Face DB 00 01.png
九郎
だがニセモノはもういねえ、
覚悟しやがれっ!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
甘いぞ、大十字九郎!
これでオシマイと思ったら大間違い!
やるのである、エェェルザァァ!」
Face DB 11 01.png
エルザ
了解ロボ!」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
あれは…!?
また実体を持つ幻が大量に現れたですぅ!」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
ちょっと、これじゃあキリがないわよ!」
Face DB 11 01.png
エルザ
今度はこちらの番ロボ!
ディグ・ミー・ノー・グレイブ!!」
Face DB 00 01.png
九郎
ぐわああぁぁっ!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
デモンベイン、被弾しました!」
Face DB 04 00.png
マコト
魔術回路の13番から54番までが沈黙!
左腕部駆動系に異常が生じています!」
Face DB 05 00.png
チアキ
アカンでえ!
このままやと、いくらデモンベインでも…!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
クッ…何か、何か手はないのですか!?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
いかに魔術理論を組み込んでいても、
あのロボットが機械であるコトには
変わりないはず…!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
どうにかして、魔力回路だけでも
切り離すコトができれば…!」
Face HM 06 00.png
デントン
切り離す…そうか、それだ!」
Face HM 06 00.png
デントン
ジョーイ、蓄電装置だ!
さっき私が渡した装置を使って、
ヒーローマンで電撃を放つんだ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
蓄電装置を!?
でも、相手は魔術を使って…!」
Face HM 06 00.png
デントン
いいから、私を信じてくれたまえ!
絶対に君たちを助けてみせる!」
Face HM 04 00.png
サイ
教授…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
わかりました!
行くよ、ヒーローマン!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥゥゥンッ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァン…ブラストォォーッ!」
Face LI 01 00.png
リュクス
ああっ…!
見てください、幻影が…!」
Face OG 00 01.png
アーニー
幻が、全て消えた…!?」
Face DB 09 01.png
ウェスト
ば、馬鹿な!?
どうして断片の力が消えたのである!?」
Face DB 11 01.png
エルザ
博士、今の電撃で、
機械系統がマヒしてしまったロボ…」
Face DB 09 01.png
ウェスト
なんですとぉぉぉぉ!?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
今です、大十字さん!」
Face DB 01 01.png
アル
九郎、バルザイの偃月刀だ!
今こそ、全てを断ち切る時…!」
Face DB 00 01.png
九郎
応よ!」
Face DB 00 01.png
九郎
へっ、ザマァみやがれ!
これで奴らも…」
Face DB 01 01.png
アル
いや、あそこを見てみろ…」
Face DB 00 01.png
九郎
ん…?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ふっふっふっ、さすがは…」
Face DB 11 00.png
エルザ
さすがは大十字九郎ロボ。
惚れ直したロボ」
Face DB 09 00.png
ウェスト
いや、あの、エルザ…?」
Face DB 11 00.png
エルザ
今日のところは勝ちをゆずるロボ。
いずれお前はエルザのものになるロボ!」
Face DB 11 00.png
エルザ
それまで、アディオォォース…ロボ!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
ああ、待つのであるエルザァァァ!」
Face DB 00 01.png
九郎
あれだけの爆発でピンピンしてるとは、
なんつーしぶとい奴らだ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
やりましたね、大十字さん!」
Face DB 00 01.png
九郎
ジョーイたちが助けてくれたおかげさ。
サンキューな、ジョーイ!」
Face OG 03 00.png
リチャード
男子、3日会わざれば…ってヤツか。
ふたりとも、随分と頼もしくなったもんだ」
Face DB 02 01.png
瑠璃
またお祖父様のデモンベインが…
私のデモンベインが、あんなに傷ついて…)
Face BB 09 00.png
???
あれが、この世界の武人たちか…」
Face BB 11 00.png
???
中々に力を持った者たちでございます」
Face BB 11 00.png
???
赤壁の戦いでの、
大いなる力のぶつかり合いによって
我らがこの世界へと飛ばされたのならば…」
Face BB 11 00.png
???
あるいは、
かの者たちの力を得ることで、
もう一度あの状況の再現を…」
Face BB 09 00.png
???
ふむ…」
Face DB 24 00.png
ナイア
果たして、そう上手くいくかな?」
Face BB 11 00.png
???
!? 何者だ!?」
Face DB 24 00.png
ナイア
僕が誰かなんてどうでもいいことさ。
それよりも、君たちの求めているのは
この世界の理…真実ってやつだろ?」
Face DB 24 00.png
ナイア
ねえ、軍師の司馬懿(しばい)閣下に、
ミリシャの覇王…曹操将軍!」
Face BB 09 00.png
曹操
………」
Face BB 11 00.png
司馬懿
貴様、何を知っている…?」
Face DB 24 00.png
ナイア
『見よ、かの輝きはすぐに来る。
災いなるかな、呪われし大地』」
Face BB 11 00.png
司馬懿
…!?
そ、それは…三璃紗の神話、
『G記』に記された…!」
Face DB 24 00.png
ナイア
そう…G記の最終章、
『黙示録』の一文だったよねぇ?」
Face DB 24 00.png
ナイア
実はこの世界にも、
似たような書物があるんだ。
世界の終末を描いた、預言書がさ…」
Face BB 09 00.png
曹操
それで…?」
Face DB 24 00.png
ナイア
気になるじゃないか。
このあまりにも似た、それでいて
微妙に異なるふたつの歴史…」
Face DB 24 00.png
ナイア
森羅万象、表裏一体。
けれど、僕たちはその片側からしか
視ることができない…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
………」
Face DB 24 00.png
ナイア
ああ、僕たちは何を為すべきか!?
何に成ればいいんだろう!?
そうだよ、きっと…」
Face DB 24 00.png
ナイア
天は、すべてを識っている…!」
Face BB 09 00.png
曹操
…!」
Face DB 24 00.png
ナイア
ふふふ…あはははは!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
き、消えた!?
おのれ、得体の知れぬ女め…!」
Face BB 09 00.png
曹操
フ、放っておけ。
それよりも司馬懿、決めたぞ」
Face BB 09 00.png
曹操
この世界において、余が為すべきは…!」
Face DB 15 01.png
エセルドレーダ
アル・アジフはバルザイの偃月刀の他、
幾つかの断片を取り戻したようです…」
Face DB 13 01.png
マスターテリオン
中々に順調ではないか、大十字九郎」
Face DB 13 01.png
マスターテリオン
良い頃合いだろう、
そろそろゲームの難易度を上げるとするか」
Face DB 15 00.png
エセルドレーダ
では、彼らを…
アンチクロスを動かすと?」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
ああ…」
Face DB 15 00.png
エセルドレーダ
楽しそうですね、マスター」
Face DB 13 01.png
マスターテリオン
そうさ、そうさな…
余は楽しいぞ、エセルドレーダ」
Face DB 13 01.png
マスターテリオン
他の誰でもない、奴だけだ。
奴だけは、この無限の退廃の中で唯一、
熱く余を楽しませる」
Face DB 13 01.png
マスターテリオン
この熱さだけは、
幾度通り抜けようと飽きることがない…」
Face HM 04 00.png
サイ
やるじゃねえか、教授!
見直したぜ!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
戦闘中にあんな手段を思いつくなんて、
あなたも中々やるじゃないの!」
Face HM 06 00.png
デントン
いやー、これも私の日頃からの
たゆまぬ努力の結果であってね!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
あの~、デントン先生…」
Face HM 06 00.png
デントン
おお、ジョーイ!
よく私の作った装置を使いこなしてくれた!
あれさえあればスクラッグも敵ではないよ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
それが…あの装置、
壊れちゃったんですけど…」
Face HM 06 00.png
デントン
な、なにぃ!?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
あー、これはもうダメね。
ヒーローマンの電圧に耐え切れなくて、
回路が完全に焼き切れてるわ」
Face HM 04 00.png
サイ
つまり、欠陥品だったってわけか…」
Face HM 06 00.png
デントン
Oh…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
元気出しなさいよ、教授!
失敗は成功の父、敗北は勝利の母よ!」
Face HM 06 00.png
デントン
レイチェル博士…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
あなたがアイデアを出して、
私がブラッシュアップするの!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
ふたりの頭脳を合わせれば、
きっとまた素晴らしい発明が生まれるわ!」
Face HM 06 00.png
デントン
う、うむ…そうですな!
共に頑張りましょう、レイチェル博士!」
Face HM 05 00.png
リナ
ふふ、天才コンビの誕生ってわけね!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
コンビといえば、
ジョーイ君と大十字さんも
息ピッタリの攻撃だったなぁ」
Face LI 01 00.png
リュクス
ええ、実に見事な連携でした。
よほどお互いを信頼されているのでしょうね」
Face FA 01 00.png
総士
僕たちもこれからの戦いに備えて、
ファフナー同士の連携を高める必要がある」
Face FA 01 00.png
総士
一騎、甲洋。
ふたりとも、やれるな?」
Face FA 07 00.png
甲洋
そんな必要はない。
俺は、ひとりでもみんなを救うことができる」
Face FA 02 00.png
真矢
ちょ、ちょっと…春日井君!
どこに行くの!?」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face FA 00 00.png
一騎
俺は、彼らのように信じられるのか…?
甲洋を…そして、総士のことを…)
Face DB 05 00.png
チアキ
ソーニャ、マコト!
そこの資材をあっちへ運んどいて!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
うぅ…私たちはチアキさんと違って、
本業はオペレーターなのに…」
Face DB 04 00.png
マコト
仕方ありませんよ。
今回の戦闘は激しいものでしたから、
みんなで修理しないと…」
Face DB 05 00.png
チアキ
ホラ!
泣き言いわんでキリキリ働き!」
Face DB 05 00.png
チアキ
ウチなんてオペレーターとメカニックを
いつも両方こなしとるんやで!」
Face DB 00 00.png
九郎
やれやれ…。
姫さんに釘刺されたばっかりだってのに、
また随分とやり過ぎちまったな…」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
やれやれじゃないですよ!
きっとお嬢様、カンカンですよ~」
Face DB 01 00.png
アル
噂をすれば…何とやらのようだな」
Face DB 02 00.png
瑠璃
………」
Face DB 00 00.png
九郎
ああ、その…すいません。
またやっちまった…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
…!」
Face DB 00 05.png
九郎
うっ…!」
Face DB 05 00.png
チアキ
こりゃまた見事な平手打ちを…」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
大十字様、痛そうですぅ~」
Face DB 02 00.png
瑠璃
………」
Face DB 01 00.png
アル
何なのだあの小娘は?」
Face DB 00 05.png
九郎
………」
Face DB 00 05.png
九郎
姫さん…)
Face HM 12 00.png
ミナミ
…以上が、我々が独自に入手した
アーカムシティでの戦闘記録です」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ご覧のように、
世間を騒がす『地獄の処刑人』、
UXなる者どもの姿も確認できますな」
Face OO 31 00.png
大統領
そのようですね。
ええっと、ドクター…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ミナミです。
ジェネラス・インダストリー取締役で、
兵器開発部統括責任者」
Face HM 12 00.png
ミナミ
現在は、ユニオン軍
兵器開発プロジェクトの
リーダーも務めております」
Face OO 31 00.png
大統領
なるほど。
あなたが何者かは了解しました」
Face OO 31 00.png
大統領
それで、ドクターミナミ。
あなたは私に、何を言いたいのです?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
あのような怪しげな連中を、
野放しにしておくわけにはいかない
ということです」
Face HM 12 00.png
ミナミ
冷静に考えてみてください。
奴らはただのテロリストですよ?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
異星人迎撃部隊が解散した今こそ、
我が国の防衛は、我がユニオン軍の手に
取り戻すべきです!」
Face OO 31 00.png
大統領
………」
Face OO 31 00.png
大統領
あなたに、何か考えがあると…?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
フフフ…
その言葉を待っていましたよ、
マダム・プレジデント!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
さあ、大十字九郎!
我輩の最高傑作の前にひれ伏すのである!」
Face DB 00 01.png
九郎
何が最高傑作だ!
そんな二番煎じのバッタモンで
勝とうなんざ百年早えんだよ!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
1度ならず、2度も我輩の邪魔をして
タダで帰れると思わないことである!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
これが本物かはわからないけど…
とにかく、今は戦わないと!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
やや、この反応は!?
どうやら、面白い動力機関を
搭載しておるようであるな!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
分解して、我輩の研究に
役立ってもらうのであーる!」
Face OG 00 01.png
アーニー
誰がお前なんかに!
このオルフェスは、リチャード少佐から
預かった大切な機体なんだ!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
魔術と科学を融合させた我輩の力、
思う存分味わうのであーる!」
Face FA 00 01.png
一騎
魔術だとか宇宙人だとか…
外の世界は一体どうなっているんだ!?」
Face SD 03 01.png
シン
スクラッグとの戦いで大変な時に、
何を考えてるんだ、アンタは!?」
Face DB 09 01.png
ウェスト
心配せずとも、お前たちを倒した後に
スクラッグも片付けてやるのである!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
貴様の機体の構造、実に興味深い!
じっくりと研究させてもらうのである!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
この男も、
私利私欲のために戦っているのか?
そんな奴にやられるわけには…!)
Face OO 00 01.png
刹那
世界に混乱を招く存在、ブラックロッジ…
俺たちの手で、その存在を破壊する!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
これが噂のソレスタルビーイング…
ガンダムとやらであるか!」
Face DB 09 01.png
ウェスト
我輩の科学力は、ガンダムすらも
超える事を証明してやるのであーる!」
Face DB 00 01.png
九郎
バカな!?
アトランティス・ストライクまで!?」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ぬわーっははは!
見たか大十字九郎、アル・アジフ!」
Face DB 01 01.png
アル
クッ…!
奪った妾の断片を魔力の供給源に…!」
Face DB 11 00.png
エルザ
そういうことロボ!
大十字九郎、エルザはお前を倒して
愛を勝ち取るロボ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
敵の数は未知数だ。
後続の部隊が現れる可能性もある。
速やかに連中を撃退しろ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
みんな、ミッションスタートだ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
敵の数は未知数です。
後続の部隊が現れる可能性があるため、
速やかに戦闘を終了させること」
Face OO 07 00.png
スメラギ
みんな、ミッションスタートよ!」
Face FA 01 01.png
総士
敵の数は未知数です。
後続の部隊が現れる可能性もあるため、
速やかに撃退してください!」
Face FA 01 01.png
総士
これより戦闘を開始します!」
avatar