Face DA 00 01.png
ショウ
バーン・バニングス!」
Face DA 00 01.png
ショウ
貴様はその怨念で何を手に入れた!?」
Face DA 04 01.png
バーン
力と、狡猾さだ!
さすれば、勝つ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
俺は人は殺さない!
その怨念を殺すッ…!」
Face DA 04 01.png
バーン
ごふっ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
うぐっ…!
シ、シーラ・ラパーナ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
浄化をおおぉぉぉッ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
あの時…確かに俺は、
バーンと刺し違えたはずだった…)
Face DA 00 01.png
ショウ
それに、光に包まれる間際に
聞こえた女の声…)
Face DA 00 01.png
ショウ
シーラ・ラパーナではなかった。
あの声は、一体…?)
Face DA 02 01.png
マーベル
ショウ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
マーべル!?
生きて…生きていてくれたのか!」
Face DA 02 01.png
マーベル
ええ、そうみたい。
あの時、確かにスプリガンに
撃墜された気もしたのだけれど…」
Face DA 00 01.png
ショウ
ああ、俺も見た…!
だがこうして生きている。
シーラ様の浄化の成果なのか…?」
Face DA 00 01.png
ショウ
よくわからないが、ともかく
生きていてくれただけで充分だ。
こんなに嬉しいことはない…」
Face DA 02 01.png
マーベル
ふふ、ショウの口から
そんな言葉が聞けるなんてね」
Face DA 00 01.png
ショウ
からかうなよ。
戦場で死線を越えれば、
想いを口に出す気にもなるさ」
Face DA 02 01.png
マーベル
ありがとう、ショウ…」
Face DA 00 01.png
ショウ
ところでマーベル、
ここがどこかわかるか?」
Face DA 02 01.png
マーベル
それが…看板も英語だし、
場所的にはアメリカのはずなのに、
見覚えのない街ばかりなの…」
Face DA 02 01.png
マーベル
まるで、私がいたアメリカとは
違うアメリカみたい」
Face DA 00 01.png
ショウ
違うアメリカ…?
チャムの姿も見えないし、
本当に何がどうなっているんだ…」
Face DA 02 01.png
マーベル
!? 待って、ショウ!
レーダーに反応が…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
なに…!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
あれは!?
あんな戦闘機、見たことがないわ!」
Face OO 22 00.png
ユニオン軍兵士
見つけたぞ!
あれが報告にあった異星人の機体か!」
Face DA 02 01.png
マーベル
きゃああ!」
Face OO 22 00.png
ユニオン軍兵士
む…バリアだと!?
おのれ、小賢しい抵抗を!」
Face DA 00 01.png
ショウ
そこの戦闘機、やめろ!
俺たちに攻撃の意志はない!」
Face OO 22 00.png
ユニオン軍兵士
もう騙されるかよ、宇宙人め!
これ以上、俺たちのユニオンを
侵略させるものか!」
Face DA 00 01.png
ショウ
ユニオン!?
何を言ってるんだ!?」
Face LI 03 00.png
エレボス
エイサップ、あれ!
オーラバトラーじゃないの!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ホウジョウ軍の新式が、
ユニオン軍を襲っているのか!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ナナジンが騒いでいたのは、
アイツが現れたから…!?」
Face LI 03 00.png
エレボス
きっとそうだよ!
地上の軍隊を守らなきゃ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
見たことのないタイプ…
どこの国のオーラバトラーだ!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
ショウ、来るわよ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
クッ…南無三!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
な、なんて力だ!
それにあのパイロット…
マシンをまるで手足のように!)
Face DA 00 01.png
ショウ
悪しきオーラ力ではない…?
こいつは、一体!?)
Face OG 13 00.png
補佐官
アリゾナに現れた正体不明機は、
我が軍と交戦後、いずこかへ
飛び去ったようです」
Face OG 13 00.png
補佐官
またその際、
ヨコスカ基地に現れた
謎の機動兵器の姿も確認されています」
Face OO 31 00.png
大統領
例の、虫型の機動兵器ですか…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
そう、そしてこの虫型兵器は、
UXと行動を共にしておることも
確認されておりますな」
Face OO 31 00.png
大統領
何が言いたいのかしら?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
我が国の空を、
このような得体の知れぬ者どもが
自由に飛び回っているのですぞ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ユニオン軍の沽券に関わる
由々しき事態です!」
Face OO 31 00.png
大統領
体面を気にしている
場合ではないと思いますが…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
いいえ!
ユニオンは常に、世界の
ナンバー1でなければならない!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
マダム・プレジデント、
あなたは地球連邦政府の大統領である前に、
我がユニオンの大統領でもある!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
そうでしょう?」
Face OO 31 00.png
大統領
あなたなら、そのナンバー1の
誇りを取り戻すことができると?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
その通りです。
センターシティのスクラッグ基地から
放たれた例の球体兵器…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
『タマ』の侵攻を止められるのは、
私の頭脳を置いて他にございません!」
Face OG 13 00.png
補佐官
タマの進路を計算したところ、
真っ直ぐこのホワイトハウスへと
向かっているようです」
Face OG 13 00.png
補佐官
このままですと、
ドクターミナミの言うように…」
Face OO 31 00.png
大統領
………」
Face OO 31 00.png
大統領
わかりました。
タマの件はあなたに任せましょう、
ドクターミナミ…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
賢明なご判断です、
マダム・プレジデント!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
では早速準備に取り掛かりますので、
これにて失礼いたします」
Face OO 31 00.png
大統領
ふぅ…」
Face OG 13 00.png
補佐官
あのような者を、
信用して良いものでしょうか?」
Face OO 31 00.png
大統領
ミナミの背後関係については、
すでにNIAのエージェント・ヒューズに
調査を命じています」
Face OO 31 00.png
大統領
今の私たちが論じるべきは、
ミナミが良いか悪いかではなく、
どうやってあのタマを止めるかです」
Face OO 31 00.png
大統領
そのためには、
あらゆる手段を講じなくてはならない。
もちろん、非合法の手段も含めてね…」
Face OG 13 00.png
補佐官
また、UXですか。
ミナミの言葉ではありませんが、
彼らは所詮、傭兵です」
Face OG 13 00.png
補佐官
あのような者たちに、
我が国の安全を託すというのは…」
Face OO 31 00.png
大統領
かといって、我が軍の大事な兵士たちを
無駄死にさせるわけにも
いかないでしょう?」
Face OG 13 00.png
補佐官
では万が一、
彼らが失敗した場合には…?」
Face OO 31 00.png
大統領
………」
Face OO 31 00.png
大統領
そうね、その時は…」
Face OG 00 01.png
アーニー
ユニオン政府が核兵器を…!?」
Face OG 03 00.png
リチャード
ああ、恐らくな。
万が一の場合、ホワイトハウスは
手段を選ばないはずだ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そんな!
それじゃあ、センターシティや
アーカムシティはどうなるの!?」
Face DB 00 05.png
九郎
俺たちの街は
犠牲にしていいってコトかよ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
そうさせないための私たちです。
タマの侵攻さえ止まれば、
核兵器が使用されることはありません」
Face DN 04 00.png
エイーダ
大統領だって、進んで核なんて
使いたいはずないでしょうからね」
Face OG 00 01.png
アーニー
でも、あのタマを止める方法は
見つかったんですか?」
Face OG 00 01.png
アーニー
以前に戦った時は
ひとつ破壊するのがやっとだったのに、
今回はいくつも出現しているんですよね?」
Face HM 06 00.png
デントン
それについてだがね、
私とレイチェル博士が
タマの周辺データを解析したところ…」
Face HM 06 00.png
デントン
スクラッグの母艦から発信される、
特殊な電磁波を探知したんだ」
Face LB 15 00.png
レイチェル
スクラッグはこの電磁波で、
あのタマを操作していると見て
間違いないわ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
じゃあ、スクラッグの母艦に乗り込んで
その電磁波を止めることができれば…」
Face HM 06 00.png
デントン
イクザークトリィ!
その通りさ、ジョーイ!
あのタマを止められるって寸法だよ!」
Face HM 04 00.png
サイ
やったぜ!
大手柄じゃないか、教授!」
Face HM 05 00.png
リナ
…その作戦、
私も連れて行って下さい!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
!? ダメだよ、リナ!
スクラッグの本拠地に行くんだよ!?
どんな危険が待ってるか…」
Face HM 05 00.png
リナ
でも、あそこには
お兄ちゃんがいるんでしょう?
お願い、お兄ちゃんを止めたいの!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
で、でも…」
Face SD 03 03.png
シン
いや、妹である彼女の声なら、
彼が正気を取り戻すキッカケに
なるかもしれないぞ?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
!? アスカさん…」
Face SD 03 03.png
シン
俺はただ、家族を失う辛さを
もう誰にも味わって欲しくないだけだ」
Face SD 03 03.png
シン
少しでも可能性があるなら、
それに懸けてみるべきだと思う」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
シン…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
………」
Face HM 05 00.png
リナ
お願い、ジョーイ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
わかったよ、リナ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
けどその代わり、
絶対にムチャはしないって約束してよね?」
Face HM 05 00.png
リナ
うん、約束するわ!
ありがとう、ジョーイ!」
Face DB 01 00.png
アル
やれやれ、これでいよいよ
あの宇宙人どもとも決戦というわけか」
Face DB 00 00.png
九郎
しかし、奴らの本拠地には
連中がウジャウジャいるって話だぜ?」
Face DB 00 00.png
九郎
そんな中をどうやって突破するんだ?
また例のギター作戦か?」
Face HM 06 00.png
デントン
問題はそこなんだ」
Face HM 06 00.png
デントン
音波兵器を使うにしても、まずあの
包囲網を突破しなくてはならない。
そのためには…」
Face OO 07 00.png
スメラギ
陽動作戦…?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
左様。
オトリ役が敵の注意を引きつけ、
そのスキに本隊が突撃を敢行する…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
使い古された計略なれど、
城攻めには有効な手段かと」
Face LI 01 01.png
リュクス
話はわかりますが、
危険すぎるのではないですか?」
Face LI 01 01.png
リュクス
その作戦では、オトリ役は
敵の集中砲火に晒されることに…」
Face BB 09 01.png
曹操
心配は無用だ。
オトリ役には、余が赴く」
Face OO 01 02.png
ロックオン
おいおい、本気かよ!?
何万って数のスクラッグが
相手なんだぜ!?」
Face BB 09 00.png
曹操
フ…百万を謳われた袁紹軍に比べれば、
たかが数万の雑兵など…!」
Face LI 03 00.png
エレボス
ひゃ、百万!?
それをたったひとりで相手したっての?
メチャクチャな話だね…」
Face BB 09 00.png
曹操
それに、こうでもして見せねば、
余に対する貴公らの疑念は晴れまい?」
Face OO 07 00.png
スメラギ
曹操将軍…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
………」
Face BB 11 00.png
司馬懿
将軍が冀州百万軍を退けられたのは、
天玉鎧の力あってこそ…)
Face BB 11 00.png
司馬懿
玉璽(ぎょくじ)を持たぬ今の将軍が、
それでもあえて死地に赴こうとする、
その真意は…)
Face OO 09 00.png
フェルト
スメラギさん、緊急事態です!
センターシティ周辺にて、
機動兵器による戦闘が確認されました!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
機動兵器!?
連邦軍かユニオン軍!?」
Face OO 09 00.png
フェルト
いいえ、それが…
エイサップさんが交戦したという、
オーラバトラーのようです!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
オーラバトラー!?
あの時の…!」
Face DA 01 00.png
チャム
それ、きっとショウよ!
ショウのビルバインだわ!」
Face OO 00 00.png
刹那
ショウ・ザマ…
チャムがいた世界の聖戦士か」
Face DA 01 00.png
チャム
そうよ!
ショウったら、きっと地上を守るために
スクラッグに戦いを挑んだのよ!」
Face DA 01 00.png
チャム
お願い、ショウを助けて!
このままじゃショウがやられちゃう!」
Face LI 01 00.png
リュクス
そ、そう言われても…」
Face LI 00 00.png
エイサップ
………」
Face BB 11 00.png
司馬懿
スメラギ殿、考えようによっては、
これは絶好の機会にござる」
Face BB 11 00.png
司馬懿
この混乱に乗じ、
一気に敵本陣への突撃を…!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
…わかりました。
あなた方の作戦に乗りましょう!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
待ってください!
だったら、俺もオトリ役として
出撃させてください!」
Face LI 01 01.png
リュクス
エイサップ!?
何を言い出すのです!?」
Face LI 00 00.png
エイサップ
俺、ずっと考えてたんだ…。
なし崩し的にナナジンに乗って、
戦いに加わって…」
Face LI 00 00.png
エイサップ
こんな中途半端な気持ちで、
本当にリュクスを助けられるのかって…」
Face LI 01 00.png
リュクス
エイサップ…」
Face LI 00 00.png
エイサップ
けど、あの人には…
あのショウって人のオーラ力からは、
研ぎ澄まされた意志を感じた!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
だから、もう一度…
あの人のオーラ力に触れれば、
俺の迷いも…」
Face LI 01 01.png
リュクス
で、でも…!」
Face LI 03 01.png
エレボス
行こう、エイサップ!」
Face LI 01 00.png
リュクス
エレボス…!?」
Face LI 03 00.png
エレボス
わかるよ!
きっと、ふたりの聖戦士のオーラ力が
呼び合ってるんだよ!」
Face LI 03 00.png
エレボス
だったら、信じなきゃ!
エイサップの感じる力と、
リーンの翼の奇跡を…!」
Face LI 01 00.png
リュクス
………」
Face LI 01 00.png
リュクス
そうかもしれませんね…。
私も信じます、エイサップを!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
ありがとう、リュクス!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
決まったわね。
さあ行きましょう!
スクラッグの本拠地、センターシティへ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
マーベル!
こいつらを倒さないと、アメリカ軍が
核を使うってのは本当なのか!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
ええ、戦闘機の通信を傍受したから
間違いないわ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
あの球体兵器が、
ホワイトハウスに向かってるって!
このままじゃ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
クッ…また核攻撃か!
地上の軍隊は、いつもいつも…!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
ブンブンとうるさい連中め、
叩き落としてくれる!」
Face DA 00 01.png
ショウ
それにこの敵…人間じゃあない。
本当に宇宙人だってのか!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
んん…くぅっ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
マーベル、大丈夫か!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
コンバーターはまだ動くわ!
けれど、敵が多すぎて…!」
Face BB 09 01.png
曹操
大…紅蓮斬ッ!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
うぎゃああぁぁっ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
こ、これは…!?」
Face BB 09 00.png
曹操
貴公が聖戦士…ショウ・ザマか!」
Face DA 00 01.png
ショウ
!? なんだと…!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ま、待ってください!」
Face DA 02 01.png
マーベル
この前のオーラバトラー…!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
また襲って来るのか!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
違うんです、話を聞いて下さい!」
Face DA 01 01.png
チャム
ショーウ!
やっと会えたぁ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
チャム!?
無事だったのか!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
聖戦士殿とお見受けしました!
俺はエイサップ、敵ではありません!」
Face DA 00 01.png
ショウ
チャム、彼は…!?」
Face DA 01 01.png
チャム
エイサップよ。
私を助けてくれたの!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
俺たちは地球を侵略している
異星人と戦っています!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
今は地上の危機なんです!
力を貸して下さい!」
Face DA 01 01.png
チャム
本当よう!
あの虫みたいなヤツらは、
スクラッグっていう宇宙人なのよ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
どうやら、その子が言ってることは
本当みたいね。
ショウ、ここは…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
わかった!
ならエイサップ、
オーラ力を合わせるんだ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
このフィーリング…!
ナナジンが震えている!?
いや、武者奮いなのか…これは!?)
Face LI 03 00.png
エレボス
エイサップ!
オーラ力を同調させるんだよ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
や、やってみる!
うおおおおぉぉぉぉっ…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
はあああぁぁぁっ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
ふたりのオーラ力が共振して…
増幅している!?」
Face DA 01 01.png
チャム
聖戦士のそろい踏みだぁー!」
Face BB 09 00.png
曹操
迷いは晴れたか、エイサップとやら!
ならば…はああぁぁぁっ!」
Face BB 09 01.png
曹操
大獄焔斬ッ!」
Face LI 03 00.png
エレボス
見て! タマにヒビが…!」
Face BB 09 00.png
曹操
今だ、聖戦士たちよ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
行くぞ、エイサップ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
はいっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
や、やった…!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
バ、バカな…!
おのれ、地球人どもめ!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
!? なにっ!?」
Face OO 09 00.png
フェルト
敵外周の防衛ラインを突破!
スクラッグ母艦を肉眼で確認しました!」
Face HM 06 00.png
デントン
ようし、サイ!
奴らに反撃のメロディを聴かせてやれ!」
Face HM 04 00.png
サイ
任せとけって!」
Face HM 28 00.png
スクラッグ兵士
ぐわああぁぁぁっ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
今よ! 総員、出撃を!」
Face OG 03 00.png
リチャード
タマは相変わらずの硬さだが、
見ての通り破壊できないわけじゃない。
各機、最大火力で当たるんだ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
そうだ…僕たちも
タマに歯が立たなかった以前とは違う。
行くよ、ヒーローマン!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥン…!」
Face HM 04 00.png
サイ
あれは…!」
Face HM 05 00.png
リナ
お兄ちゃん!」
Face HM 18 00.png
ウィル
………」
Face HM 05 00.png
リナ
お兄ちゃんなんでしょう!?
お願いだから目を覚まして!」
Face HM 04 00.png
サイ
おい、ニック!
目を覚ませ、ニック!」
Face HM 22 00.png
ニック
………」
Face OO 08 00.png
ラッセ
呼びかけにも反応なしか…。
クッ、本当に倒すしかないのかよ!」
Face FA 00 01.png
一騎
何を言ってるんです!?
あの人は人間なんでしょう!」
Face HM 06 00.png
デントン
みんな、聞いてくれ!
ふたりはヘルメットを通じて、
精神制御されていると推測される」
Face DB 00 01.png
九郎
つまり、あのヘルメットさえ壊せば、
正気に戻るかもしれないってことだな!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
わ、わかりました!
なんとかやってみます!」
Face HM 05 00.png
リナ
お願い、ジョーイ…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
待ってて、リナ!
ウィルは僕が…
必ず元に戻してあげるから!」
Face HM 22 01.png
ニック
ぐわあっ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
聞こえる?
ニック、目を覚ますんだ!」
Face HM 22 01.png
ニック
うっ…ジョーイ…?」
Face HM 22 01.png
ニック
そうか、思い出した…
お前の名はジョーイ。
俺の名は…ニック!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
良かった、ニック。
さあ、みんなの所へ帰ろう…!」
Face HM 22 01.png
ニック
何を言ってるんだ、ジョーイ?
俺は力を得たんだ!
やっと自由になれたんだよぉ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
!? ニック…!」
Face HM 22 01.png
ニック
俺はずっといつも誰かに
媚びへつらって、他人の目を気にして、
何かに怯えて生きてきた…」
Face HM 22 01.png
ニック
だけどもう、
そんなことは気にしなくていい!
なぜかわかるか!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
………」
Face HM 22 01.png
ニック
力さ、力だ、力ぁ!
力さえあれば何だってできる!
お前だってそうなんだろぉ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
違うッ! 僕は…!」
Face HM 05 00.png
リナ
ニック、あなたは間違ってる!
もうやめて!」
Face HM 22 01.png
ニック
うるさい、俺に命令すんじゃねえぇっ!
俺はもう人間じゃない…
スクラッグなんだよおぉぉっ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ニック、どうして…!」
Face HM 18 01.png
ウィル
ぐおあぁぁっ!
た、倒す…地球人を!」
Face FA 07 01.png
甲洋
ヘルメットは破壊したのに、
どうして…!?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
お願いだ!
ウィル、元に…元に戻って!
リナを悲しませないで!」
Face HM 18 01.png
ウィル
ぬううぅぅぅ…!
うおおおあああぁぁっ…!」
Face HM 05 00.png
リナ
やめてぇぇぇっ!」
Face HM 18 01.png
ウィル
…!?」
Face HM 05 00.png
リナ
お兄ちゃん、お兄ちゃん!!
もうやめて!
お願いだから目を覚まして!」
Face HM 18 01.png
ウィル
うぅぅ…リ、リナ…?」
Face HM 05 00.png
リナ
!? お兄ちゃん!」
Face HM 18 01.png
ウィル
うっ…そ、そうだ…
俺は、ゴゴールに改造されて…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
正気に戻ったんだね、ウィル!」
Face HM 18 01.png
ウィル
はぁ、はぁ…
悪かったな、リナ。
もう大丈夫だ…」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
フン、やはり精神制御は
完全ではなかったか」
Face HM 18 01.png
ウィル
!? ゴゴール!
よくも俺をこんな姿に…!」
Face OO 00 01.png
刹那
あのスクラッグ…
あれが敵の司令官か!?」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
フフフ…自己紹介をしておこう。
我が名はゴゴール、この星の支配者だ」
Face DB 00 01.png
九郎
支配者だと…!?」
Face HM 06 00.png
デントン
君の目的はなんだ!?
我々以上の科学力を持っているなら、
他の道を選ぶ事だってできたはずだ!」
Face HM 06 00.png
デントン
私はこんな事をしてもらいたくて、
君たちにコンタクトしたんじゃない!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
くだらん事を…。
お前たちは家畜を殺すのに、
わざわざお伺いを立てるのか?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
…!?」
Face HM 04 00.png
サイ
俺たちが家畜だってのか!」
Face HM 06 00.png
デントン
やめるんだ、サイ。
どうやら何を言っても無駄のようだ」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
フフフ、そうだ!
我らスクラッグに交渉は通じない。
死か、服従かだ!」
Face BB 09 00.png
曹操
面白いッ!
ならばこちらも言おう!」
Face BB 09 00.png
曹操
余に恫喝は通じぬ!
立ちふさがる者には…死、あるのみッ!」
Face HM 17 01.png
ウィル
ゴゴール!
お前だけは絶対に許さない!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
負けるわけにはいかない…!
あんなヤツに、僕たちの地球を
メチャクチャにされてたまるもんか!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
行こう、ヒーローマン!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥゥンッ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
うぐっ…バ、バカな!?」
Face DB 00 01.png
九郎
てめえの野望もここまでだ、ゴゴール!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
クッ…生意気な家畜どもがぁ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
なんだ…あの姿!?」
Face DA 01 01.png
チャム
ハイパーになった!?」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
まさか、このような辺境の星で
後れをとるとはなぁ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
だが、このままでは終わらんぞ!
貴様らは…地獄へ道連れだあぁぁっ!」
Face DB 01 01.png
アル
彼奴め、さらに禍々しい姿に…!」
Face OO 08 00.png
ラッセ
ゴキブリ野郎め!
見た目通りしぶといってわけかよ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
でもこれで最後よ!
各員、ゴゴールに攻撃を集中!
決着をつけるわ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
了解ッ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
ググ…こんな、こんな…!
家畜どもがぁ…!」
Face FA 00 01.png
一騎
ま、まだ動くのか…!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
僕がいきます!」
Face DB 00 01.png
九郎
ジョーイ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
僕は父さんのように…
大切な人を守れる人間になりたいと、
ずっと思ってた…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
でも、僕には力がなかった…!
そんな時にヒーローマン、
君と出会えたんだ!」
Face HM 00 00.png
ヒーローマン
………」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
みんなを守ってくれた君は、
僕のヒーローだよ。
だけどね…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
九郎さんや、UXのみんなみたいに、
僕も…僕自身も、強くならなきゃ
いけないって気づいたんだ!」
Face HM 05 00.png
リナ
ジョーイ…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
だから…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
だから、一緒に戦おう!
ヒーローマン…!」
Face HM 00 02.png
ヒーローマン
ムゥゥゥゥンッ!」
Face DB 00 01.png
九郎
ジョーイ、今のお前にならできる!」
Face DB 01 01.png
アル
汝の強き心を力に変えるのだ…!
あとは、それを拳に込めればよい!」
Face HM 04 00.png
サイ
そうだ、ブチかませ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァァン…ゴォォォーッ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
はぁ、はぁ…や、やった!」
Face HM 06 00.png
デントン
見事な連携だ、ジョーイ!
お互いの不足を補い合い戦う…」
Face HM 06 00.png
デントン
これこそがジョーイとヒーローマンの、
本来のあるべき姿なのかもしれない…!」
Face OG 03 00.png
リチャード
ジョーイ…
あの大人しかった少年が、
随分と逞しくなったもんだ」
Face DB 00 01.png
九郎
ええ、アイツは強くなった!」
Face DB 00 01.png
九郎
でもね、誰かを守りたいっていう
まっすぐな心は、最初っから
少しも変わってませんよ」
Face DB 01 01.png
アル
そこが少年の真の強さやもしれぬな。
普通の人間は強大な力を得ると、
良くも悪くも変わるものだ…」
Face DB 01 04.png
アル
かつての妾の、
マスターたちのように…)
Face HM 05 00.png
リナ
待って!
お兄ちゃんがいないわ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
え!? そんな…!
さっきまでいたのに!」
Face HM 04 00.png
サイ
アイツ…どこへ行っちまったんだ!?」
Face HM 17 01.png
ウィル
すまない、リナ…。
この姿では、リナとはもう
一緒にはいられない…)
Face HM 05 00.png
リナ
お兄ちゃん!
お兄ちゃぁぁん!」
Face HM 17 01.png
ウィル
元気でな、リナ…)
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ウィル…」
Face HM 06 00.png
デントン
ウィルとニックの捜索は後だ!
我々には、まだやるべきことがある!」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
ホワイトハウスへ向かっているタマは、
まだ動きを止めていないですぅ!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
タマを操っている電磁波は、
スクラッグ母艦から発信されたままよ!
一刻も早くタマのコントロールを…!」
Face OO 09 00.png
フェルト
核兵器の使用予測時間まで、
あと数分です!」
Face HM 06 00.png
デントン
これが最後のチャンスだ…!
スメラギさん、私をスクラッグの母艦へ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
わかりました!
デントン先生…あなたに託します!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
大統領、全てはこのミナミにお任せを」
Face OO 31 00.png
大統領
よろしく頼みます、ドクターミナミ」
Face HM 12 01.png
ミナミ
これで、私は晴れて世界の救世主だ。
私のことを無視し続けてきた、
アイツの…)
Face HM 12 01.png
ミナミ
ドクター・ウェストの鼻を
明かしてやる日がついに来たのだ!
私の時代が、今幕を開ける…!)
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
博士、時間です」
Face HM 12 01.png
ミナミ
さて、始めましょうか。
レディィィス・エンド・ジェントルメン!
イッツ・ショォォタァァァーイムッ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
この天才科学者ドクターミナミによる
タマ捕獲作戦、いよいよォォッ…!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
タマ、移動を停止しました」
Face HM 12 00.png
ミナミ
へ…?」
Face HM 15 00.png
スタリオン
あらら…止まっちゃったよ」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
まだ博士が何にもしてないのに…」
Face OO 31 00.png
大統領
やってくれたのね。
彼ら…UXが!)
Face OG 13 00.png
政府関係者
いやぁ、めでたい!
心配して損しましたよぉ、ハハハ…」
Face OO 21 00.png
軍関係者
性能も良くわからん兵器に
頼る必要など無かったですなぁ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
う、ううう…うう!
くっ、おのれ誰が…
誰が私の邪魔をぉぉぉぉッ!)
Face HM 11 00.png
キーシャ
アーミーとの戦闘の結果、
ついにスクラッグは撃退され…」
Face HM 11 00.png
キーシャ
センターシティを占拠していた、
大型円盤が変化した要塞も爆発。
消滅した模様です」
Face HM 11 00.png
キーシャ
続きまして、復興の話題です…」
Face DN 07 00.png
イザベル
なかなか良いレポートだったわね、
キーシャさん」
Face HM 11 00.png
キーシャ
ジャーナリストとして尊敬する、
イザベルさんにそう言って頂けると
光栄です」
Face HM 11 00.png
キーシャ
でも、さっきの政府発表、
ユニオン軍がスクラッグを
撃退したなんて…」
Face DN 07 00.png
イザベル
ええ、作り話もいいとこね。
間違いなく、政府は何かを隠している…」
Face DN 02 00.png
朔哉
問題は、その隠してるモノが
何かってことだよな」
Face DN 02 00.png
朔哉
どうする?
相手は政府だ、ここから先の取材は、
ヘタすりゃ命がけだぜ?」
Face HM 11 00.png
キーシャ
それでも、私…こんなのイヤです。
真実が醜く歪められた姿なんて、
ゾッとするわ…」
Face HM 10 00.png
???
同感だね。
こういうやり方は、私も好かん」
Face DN 07 00.png
イザベル
…?
あの、あなたは…?」
Face HM 10 00.png
ヒューズ
おっと失礼…私はNIA所属、
アクセル・ヒューズという者だ」
Face HM 11 00.png
キーシャ
NIA!?
大統領直属の情報機関…!?」
Face DN 02 00.png
朔哉
へえ、天下のNIAエージェントが、
わざわざ正体を明かしてまで
俺たちに何の用だ?」
Face HM 10 00.png
ヒューズ
実は今、ユニオンには…
いや、地球連邦内部には、
良くない勢力がうごめいていてね…」
Face DN 07 00.png
イザベル
良くない勢力…?」
Face HM 10 00.png
ヒューズ
そうだ、その連中をあぶり出すために、
君たちジャーナリストの力を
借りたいんだよ…」
Face OG 07 00.png
ジン
くそぉ!
ユニオン軍が、よりにもよって
UXなんかに頼るなんて!」
Face OG 07 00.png
ジン
俺にもっと…もっと力があれば!」
Face OG 05 00.png
ノーヴル
荒れているわね、スペンサー中尉。
結果的にスクラッグを撃退できたのだし、
問題ないのではなくて?」
Face OG 07 00.png
ジン
そんなわけないでしょう!
UXは<name1>の仇なんですよ!」
Face OG 07 00.png
ジン
俺に力さえあれば…
あんな異星人どもなんか、
撃滅してみせたのに!」
Face OG 05 00.png
ノーヴル
なら、戦いなさい。
あなたの新たな力…ライオット隊と共に!」
Face OG 07 00.png
ジン
!? ライオット隊が…!?」
Face OG 05 00.png
ノーヴル
ええ、汎用型として完成された、
コンポジットタイプをメインに編成した
強襲鎮圧部隊…」
Face OG 05 00.png
ノーヴル
ただし、隊長となるあなたには、
これまで通り、出力の最も高いAタイプを
使用していただく予定です」
Face OG 07 00.png
ジン
新型のCタイプか…
あいつと一緒に見たかったものです」
Face OG 05 00.png
ノーヴル
スペンサー中尉…」
Face OG 07 00.png
ジン
<name1>…
ライオットは、俺とお前で広げた翼だ)
Face OG 07 00.png
ジン
この翼で…
お前の仇は、必ず俺が討ってやる!)
Face HM 04 00.png
サイ
なんだよ、ジョーイたちの手柄なのに、
テレビのニュースじゃ全部
ユニオン軍の手柄にされちまってるぜ?」
Face HM 04 00.png
サイ
タマを止めたのだって、
教授のおかげだってのによ!」
Face OG 00 00.png
アーニー
それでいいんだよ。
UXの存在は、世間には秘密だからね」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
UXか…。
まだ実感は湧かないけど…」
Face HM 05 00.png
リナ
ジョーイ、本当に行っちゃうの?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
うん、この世界のために、
僕とヒーローマンにできることが
あるなら何かしたい…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
だからしばらくは、UXと一緒に
行動しようって決めたんだ」
Face HM 04 00.png
サイ
ジョーイ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
それに、ウィルを捜すにも
その方がいいと思って…」
Face HM 05 00.png
リナ
ありがとう、ジョーイ。
体には気をつけてね…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
大丈夫だよ、九郎さんも一緒だし」
Face HM 04 00.png
サイ
ハハハ、なんだか余計に
心配な気もするけどな」
Face HM 06 00.png
デントン
頑張って来たまえ。
我々はセンターシティを復興して、
いつでも君の帰りを待っているからな」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
はい…行ってきます!」
Face OG 03 00.png
リチャード
それでは、デモンベインと大十字君は
確かにお預かり致します」
Face DB 02 00.png
瑠璃
はい…」
Face DB 00 00.png
九郎
安心してくれ、姫さん。
この街とあんたの危機には、
いつでも駆けつけるからよ」
Face DB 02 00.png
瑠璃
大十字さん…」
Face DB 01 00.png
アル
ほう、汝もそういった科白を
鼻の下も伸ばさずに
言えるようになったか」
Face DB 00 00.png
九郎
前から伸ばしてないっての!」
Face OG 03 00.png
リチャード
ショウ君とマーベルさんも、
我々に同行するということで
いいんだな?」
Face DA 00 00.png
ショウ
ええ、今のところ
元の世界に戻る手がかりもありませんし…」
Face DA 00 00.png
ショウ
それならいっそ、
自分と近いオーラ力を持つ人間と
共に戦いたい…」
Face LI 00 00.png
エイサップ
ショウさん…」
Face DA 02 00.png
マーベル
そういうことだから、
これからもよろしくね、聖戦士さん」
Face LI 00 00.png
エイサップ
か、からかわないでくださいよ。
ショウさんやマーベルさんに比べたら、
俺なんてまだまだ…」
Face LI 01 00.png
リュクス
いいえ、エイサップ…
あなたは間違いなく聖戦士です)
Face LI 01 00.png
リュクス
あなたなら、
きっとリーンの翼を…)
Face BB 09 01.png
曹操
………」
Face BB 11 00.png
司馬懿
ここにおわしましたか、曹操将軍…」
Face BB 09 00.png
曹操
司馬懿か、何用だ?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
いえ、此度の戦…
玉璽は、現れずでしたな…」
Face BB 09 00.png
曹操
フ、見抜いておったか」
Face BB 11 00.png
司馬懿
官渡の戦いを再現すべく、
将軍はあえて死地に赴かれた」
Face BB 11 00.png
司馬懿
しかしながら、
玉璽が現れなかったのは…」
Face BB 09 00.png
曹操
司馬懿よ、貴公はリーンの翼なる
伝説の話を聞いたか?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
聖戦士の魂によって顕現する、
大いなる天の力だとか…」
Face BB 09 00.png
曹操
そうだ。
似ているとは思わぬか?
我らの知る、天玉鎧と…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
では、此度の戦で玉璽ではなく、
聖戦士たちが現れたのは…」
Face BB 09 00.png
曹操
天が我らに与えたのは、
力ではなく人、ということだ…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
力ではなく、人…?」
Face BB 09 00.png
曹操
いずれ時が満ちれば、
すべてが繋がる日も来よう…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
出逢うべくして出逢う。
まるで、何かに引き寄せられるように…)
Face BB 11 00.png
司馬懿
これが天の意志というなら、
我らはただ、宿命に殉ずるのみか…)
Face FA 19 00.png
UXは、スクラッグの撃退に
成功したようです」
Face FA 32 00.png
狩谷
ジークフリード・システムのターミナルは
良好だったようね」
Face FA 32 00.png
狩谷
作戦立案上、ファフナーの活動範囲も
これでだいぶ広がったんじゃないかしら?」
Face FA 16 00.png
弓子
ゆきっぺ!
そういうことじゃなくて…!」
Face FA 12 00.png
真壁
任せるといった以上、
ファフナーの運用は彼らに一任する他ない」
Face FA 12 00.png
真壁
何にせよ、今の我々がすべきことは
早急に島を動かすことだ。
連邦に動きがないうちにな…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
巡航システムには特に障害は出ていません。
ですが、予定航路に気になるものを
狩谷先生が見つけました」
Face FA 12 00.png
真壁
報告を」
Face FA 32 00.png
狩谷
モニターに出します、ご覧ください」
Face FA 32 00.png
狩谷
北方350km地点で発見された島です」
Face FA 18 00.png
近藤
これは…?
住民は誰ひとりいないようだけど、
あの姿は、まるで竜宮島だわ…!」
Face FA 12 00.png
真壁
アーカディアン・プロジェクトで
建造された島は、竜宮島だけではない」
Face FA 12 00.png
真壁
だが、他の島の情報は
同じプロジェクトに従事する我々にも
一切公開されていないんだ」
Face FA 19 00.png
でも、誰もいないというのは…」
Face FA 32 00.png
狩谷
計画途中で放棄されたか、
あるいは、何らかの事故により
全滅したか…」
Face FA 16 00.png
弓子
…!?」
Face FA 20 00.png
小楯
この島が何を守ってたにせよ、
誰かが受け継がにゃならんだろう」
Face FA 12 00.png
真壁
そうだな…。
まずは何があったかを知る必要がある」
Face FA 12 00.png
真壁
調査部隊と共にファフナーを出動。
ユニオンにいる総士君たちも
至急呼び戻してくれ」
Face FA 17 00.png
羽佐間
了解しました」
Face FA 16 00.png
弓子
もう一つの、竜宮島…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ウィル、目を覚まして!
リナも来てるんだよ!」
Face HM 18 00.png
ウィル
………」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
駄目だ…!
やっぱりあのヘルメットを壊さないと!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
僕だよ、ニック!
目を覚まして!」
Face HM 22 00.png
ニック
ぬうっ、ふうぅぅ…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
クッ…ヘルメットさえ壊せば!
行くよ、ヒーローマン!」
Face SD 03 01.png
シン
おいあんた、目を覚ますんだ!
リナが来てるんだぞ!
たったひとりの妹なんだろ!」
Face HM 18 00.png
ウィル
………」
Face SD 03 01.png
シン
クッ、なんでこんなことに!
家族を失う悲しみは、もう誰にも…!」
Face HM 04 00.png
サイ
気をつけろ、ジョーイ!
今までのヤツらとは別物だ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
わかってる!
僕らの街を焼かせはしない!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
小癪な…人間如きが、
我らに歯向かうことがどういうことか、
教えてやらねばなるまい!」
Face HM 17 01.png
ウィル
ゴゴール、貴様…!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
フン、実験体01か。
もう貴様のデータは必要ない、
不良品はこの場で廃棄処分だ!」
Face HM 17 01.png
ウィル
俺を実験体と呼ぶんじゃない!
俺の名はウィル…
ウイリアム・デイヴィスだ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
ほう、なんだその体は?
貴重な実験サンプルとなりそうだ。
捕縛して解剖してやろう!」
Face BB 09 01.png
曹操
理想もなき侵略者か…。
余への無礼、その卑しい命で贖え!」
Face OO 00 01.png
刹那
貴様…侵略するだけで、
わかり合おうともしないのか!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
ならば、貴様は家畜や害虫と
わかり合っているとでも言うのか?」
Face OO 00 01.png
刹那
今、世界を覆う歪みは…
すべては貴様の侵略から始まった!
貴様を、この世界から排除する!」
Face FA 00 01.png
一騎
どうして侵略なんかするんだ!
出て行けよ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
フン、家畜の分際で
我らと対等に話そうとするな!」
Face FA 01 01.png
総士
一騎、話すだけ無駄だ!
言葉は話せても、こいつらは
フェストゥムと変わらない!」
Face FA 00 01.png
一騎
くっ…!」
Face OG 00 01.png
アーニー
僕たちは決して抵抗をやめない!
地球を諦める気はないのか!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
交渉の余地などない!
お前たちは、ただ死ぬだけだ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
なら、お前を倒す!
人の命を守るために…僕は迷わない!」
Face DB 00 01.png
九郎
姫さんが待ってる街を、
核なんかで焼かせてたまるかよ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
なんだ、この力は!?
なぜこの星の兵器体系は、
こうも奇妙なモノが多いのだ?」
Face DB 01 01.png
アル
この力は、魔術…!
汝たちのような魔を駆逐するための、
神の力の顕現と知れ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
ちょこまかと飛び回る奴が
増えたところで、何も変わりはせぬ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
悪しき魂のままに力を振るう者め!
その怨念と共に、冥土へと帰れ!」
Face DA 01 01.png
チャム
そうだ、帰れーっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
うっ…!
このまとわりつくような、
ドス黒い邪念は!?」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
新手の生体兵器か…?
フハハハ、面白い!
捕獲して標本にしてやろう!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
させるものかよ!
ナナジンの力でぇーっ!」
Face HM 23 00.png
ゴゴール
ここまで我らに抵抗するとは…
役に立たぬ家畜は、始末するのみだ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
できるものなら、やってみなさい!
命が持つ底力…私があなたに、
教えてあげましょう!」
Face DA 01 01.png
チャム
ショウ、敵はあそこよ!
撃て撃て、やっちゃえーっ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
相変わらずだな、チャム。
けど、無事でいてくれて良かった」
Face DA 00 01.png
ショウ
さあ行くぞ!
地上を侵略しようとする者とは、
断固として戦うまでだ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
ここが私の知るアメリカかどうかは
わからないけれど…」
Face DA 02 01.png
マーベル
いいえ、たとえ違っても、
この地上を侵略や核の炎で焼くなど、
許されることじゃないわ!」
Face BB 09 00.png
曹操
どの世界にも、己の分をわきまえず
愚かな野心を抱く者がいるものよ…」
Face BB 09 00.png
曹操
だがッ!
そのような野心は天が許さぬ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
今がチャンスだ!
スクラッグどもを蹴散らして、
一気に敵母艦へ攻め込むぞ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
総員、戦闘開始だ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
タマとスクラッグを掃討し、
一気に敵母艦へ攻め込みます!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
みんな、ミッションスタートよ!」
Face FA 01 01.png
総士
センターシティの敵を掃討後、
タマを停止させるために
敵母艦へと攻め込みます!」
Face FA 01 01.png
総士
各機散開、戦闘開始です!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
目標は敵軍の掃討、
および、敵母艦の制圧である!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
全軍、突撃ィィーッ!」
avatar