Face SK 15 00.png
ガラン軍兵士
お、おのれ…ぐわああぁぁっ!」
Face OO 15 01.png
パトリック
ヒャッホーーゥ!
見たか、スーパーエース様の実力を!」
Face OO 15 01.png
パトリック
ガラン軍だか何だか知らねーが、
AEUには俺たちがいるんだ!
好き勝手できると思うなよ!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
さすがは不死身のコーラサワー隊長!」
Face OO 15 01.png
パトリック
コーラサワーではない、マネキンだ!
結婚して名前が変わったって、
何回言わせるんだっ!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
失礼しました!
みんな、隊長に続けーっ!」
Face OO 15 01.png
パトリック
うっ…な、なんだあ!?」
Face DA 04 00.png
バーン
この軍を率いる指揮官か。
なるほど、腕は立つようだが…
引き際を誤ったな!」
Face OO 15 01.png
パトリック
う、うわああぁぁっ!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
コーラサワー隊長!?
ダ、ダメだ…撤退、撤退だあ!」
Face DA 04 00.png
バーン
所詮、地上の軍隊などこんなものか。
不甲斐ない…!」
Face DA 04 00.png
バーン
私の内なる炎を再び燃え上がらせるのは、
やはり、あの男しか…」
Face OO 15 00.png
パトリック
いやぁ~大佐、
やられちゃいました!」
Face OO 23 00.png
カティ
大佐ではない、准将だ!」
Face OO 23 00.png
カティ
系統の違う黒い機体には注意するよう、
報告書が上がっていただろう。
それをむざむざと…」
Face OO 15 00.png
パトリック
それが、報告書とか読むの苦手で…」
Face OO 23 00.png
カティ
まったく…ガラン軍の侵攻は
日増しに激しくなっているというのに、
前線にはロクな戦力もない…」
Face OO 23 00.png
カティ
上層部は何を考えているというのか!」
Face OO 15 00.png
パトリック
大丈夫です、俺に任せてください!
愛しいマネキン大佐のためなら、
命がけで戦いますから!」
Face OO 23 00.png
カティ
准将だ!
何回間違えば気が済むのだ、貴様は!」
Face OO 21 00.png
AEU軍士官
失礼します!
火星開拓局の方が、
お見えになっておられますが…」
Face OO 23 00.png
カティ
火星開拓局? ああ、例の…」
Face TO 19 00.png
ドッグ
はじめまして、マネキン准将。
ハザード長官の補佐官を務めております、
ドッグ・タックと申します…」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
先陣ご苦労様でした、バーン殿」
Face DA 04 00.png
バーン
ガラン閣下には
この身を拾っていただいた御恩がある。
命を懸けて忠誠を尽くす所存だ」
Face DA 04 00.png
バーン
ただし、我が宿敵をみつけた時には…」
Face SK 13 00.png
ガラン
わかっておる。
その時に我が元を離れるのは、
そなたの自由だ…」
Face DA 04 00.png
バーン
感謝いたします、閣下…」
Face SK 13 00.png
ガラン
黒騎士、バーン・バニングスか。
胸中に虚無を抱えてはいるが、
武人としての腕は確かよ」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
彼の者の宿敵…
ショウ・ザマと申しましたか。
どのような者でございましょうな」
Face SK 13 00.png
ガラン
さてな…だが、羨ましくもある。
ワシも宿敵と呼べるだけの
強敵に巡り合いたいものだ」
Face SK 13 00.png
ガラン
時にヒミコよ、そなたこそ外界に出て、
真理とやらは見つかったのか?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
いまだ霧の中でございます。
ただ、ひとつだけわかったことが
あるとすれば…」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
この世界には、巨大な蜘蛛の巣が
存在するということ…」
Face SK 13 00.png
ガラン
蜘蛛の巣だと?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
あるいは、運命の糸と言い換えても
良いやもしれませぬ」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
運命(さだめ)によって繋がれた糸が、
やがて鮮やかな絵を織りなす。
果たして、その中心に描かれるモノは…」
Face SK 13 00.png
ガラン
フ…たとえそれが蜘蛛であろうと、
神であろうと同じこと」
Face SK 13 00.png
ガラン
戦い続けることが、
我らに与えられた運命(さだめ)ならば…」
Face MF 00 00.png
アルト
ガラン軍の討伐作戦…?
俺たちS.M.Sに、
地球の戦争に介入しろっていうんですか!?」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
これはAEUとの協定に基づいた、
フロンティア船団大統領府からの
正式な依頼だ」
Face MF 04 02.png
クラン
随分と急な展開だな。
これまでは地球への降下すら認められず、
宇宙に引き留められていたというのに…」
Face MF 02 00.png
ミシェル
余計なお荷物は背負いたくないが、
船団の技術や戦力は欲しい。
そんなとこだろうさ」
Face MF 07 00.png
カナリア
とはいえ、バジュラが
こちらの世界に来ている以上、船団としても
正規軍を派遣するわけにはいかない…」
Face MF 03 00.png
ルカ
で、民間の軍事プロバイダーである
僕たちS.M.Sの出番ってことですか」
Face MF 11 00.png
モニカ
何だか都合よく使われちゃってますね」
Face MF 09 00.png
ボビー
仕方ないわよ。
こんな時のための私たちなんだもの」
Face MF 00 00.png
アルト
だからって、
関係のない戦争に加担するなんて…」
Face MF 10 00.png
キャシー
少しよろしいかしら?
これは、あくまで私の推測なのですが…」
Face MF 10 00.png
キャシー
どうも大統領府は、
最初からS.M.Sを地球に送り込むために
協定を結んだのではないかと…」
Face MF 13 00.png
ラム
!? ど、どういうことです!?」
Face MF 10 00.png
キャシー
今回の協定を強く推したのは、
大統領補佐官のレオン・三島だそうです」
Face MF 10 00.png
キャシー
彼は以前から、
こちらの世界の情勢を知った上で、
政治的に利用しようとしていましたから…」
Face MF 01 00.png
オズマ
つまり、俺たちに地球側の情報を
探らせようって腹か…」
Face MF 12 00.png
ミーナ
そんなの、スパイ行為じゃないですか!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
しかし、元の世界に戻れぬ現状では、
こちらの地球に居場所を求めることも
考えねばなるまい?」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
市民たちの中には、
地球への移住を求める者も大勢いる。
そのための布石となれば…」
Face MF 03 00.png
ルカ
それは、そうかもしれませんけど…」
Face MF 02 00.png
ミシェル
俺は艦長の意見に賛成ですね。
ずっと宇宙を旅してきて、
ようやく辿り着いた地球だ」
Face MF 02 00.png
ミシェル
並列世界だろうが何だろうが、
地に足を着けられるなら、
それに越したことはないと思う…」
Face MF 01 00.png
オズマ
他のみんなはどうだ?
意見があるなら今のうちに言っておけ」
Face MF 00 00.png
アルト
………」
Face MF 00 00.png
アルト
俺だって、
大気がある本物の空を飛んでみたい…)
Face MF 00 00.png
アルト
けど、そのために
戦争をさせられるのは…)
Face OG 02 00.png
サヤ
ガラン軍は
緒戦から大量の機動兵器を展開、
瞬く間にヨーロッパ各地に侵攻しました」
Face OG 02 00.png
サヤ
この電撃戦に虚を突かれたAEUは
初手の対応に混乱し、
完全に後手にまわってしまいました」
Face BB 00 00.png
劉備
ガラン…奇械島にいた時から、
ただならぬ侠(おとこ)だとは
思っていたが…」
Face BB 07 00.png
孔明
ええ、戦術においても、
油断のできない相手のようですね」
Face SK 01 00.png
真上
しかし、反抗に打って出るにしても、
AEUはなぜ連邦軍の手を借りない?」
Face SK 01 00.png
真上
そのS.M.Sというのは、
ただの民間の傭兵会社なのだろう?」
Face SK 03 00.png
スカーレット
AEUの連邦軍出動要請に対し、
人革連が拒否権を行使したそうだ」
Face OG 00 01.png
アーニー
!? 拒否権って…そんな!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
どうやら人革連は、
AEUとフロンティア船団との協定が
よほど気に入らなかったらしいな」
Face SD 03 03.png
シン
また大国の利権争いですか。
自分たちの都合ばかり押し付けて…」
Face SD 03 03.png
シン
そこに住む人間たちの気持ちなんて、
上の連中は考えもしない」
Face VR 01 00.png
フェイ
同じ ニンゲン同士なのに?
どうして 助けない、の?」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
ホント、そう思うわよね。
何のための地球連邦なのかしら…」
Face SK 02 02.png
由木
けど、いくら連邦軍に頼れないからって、
少し不自然じゃないですか?」
Face SK 02 02.png
由木
今回のUXへの依頼って、
S.M.Sの援護なんですよね?
傭兵に、傭兵の援護を依頼するなんて…」
Face DN 04 00.png
エイーダ
確かに、どうも話が遠回りというか…
依頼主は誰なんです?」
Face OG 03 00.png
リチャード
詳しくは話せないが、
北米を拠点としている、
とある企業のお偉方とだけ言っておこう」
Face OG 00 00.png
アーニー
北米…覇道財閥の系列企業か?)
Face OG 00 00.png
アーニー
いや、どこがスポンサーにしろ、
AEUの窮地になぜユニオンの企業が…)
Face SK 00 00.png
海動
どうだっていいさ。
俺たちのやることは一緒だろ?」
Face BB 05 00.png
張飛
ああ、ややこしい話ばかりじゃ
眠くなっていけねーや」
Face BB 03 00.png
関羽
フ、そうだな…。
どの道、我らの為すべきことはひとつ!」
Face SK 00 01.png
海動
ガランのオッサンを見つけて叩く!
ただ、それだけだ!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
うわああぁぁ!
ダ、ダメだ…これ以上は!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
!? あ、あれは…!」
Face MF 01 01.png
オズマ
こちらはフロンティア船団に所属する
S.M.Sだ!」
Face MF 01 01.png
オズマ
AEUとの協定により、
この場は俺たちが引き継ぐ!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
た、助かる! ご武運を!」
Face SK 15 00.png
ガラン軍兵士
新手の部隊か…。
ガラン様の覇業に仇なす者には、
何人たりとも容赦せんぞ!」
Face MF 04 01.png
クラン
ほう、あれがガラン軍とやらか。
なかなかに威勢が良いな!」
Face MF 01 01.png
オズマ
スカルリーダーより各機へ!
目標陣地内には、まだ敵戦力が
温存されていると思われる」
Face MF 01 01.png
オズマ
深追いはするなよ!
目標、敵機動兵器!」
Face MF 01 01.png
オズマ
フォーメーション、
『PLANET DANCE』!」
Face MF 02 01.png
ミシェル
了解!」
Face MF 00 01.png
アルト
これが地球の空…。
大気があって、どこまでも続く本物の…)
Face MF 00 01.png
アルト
戦いなんかじゃなければ、
どれほど嬉しかったことか…!)
Face MF 11 00.png
モニカ
!? これは…!
敵拠点より、機動兵器の出撃を確認!
こちらに接近して来ます!」
Face DA 04 00.png
バーン
………」
Face MF 12 00.png
ミーナ
データ照合、気をつけて下さい!
報告にあった黒い機体です!」
Face MF 01 01.png
オズマ
AEU軍が返り討ちに遭ったとかいう、
エースキラーか…!」
Face MF 11 00.png
モニカ
さらに、本空域に接近する機影多数!」
Face MF 03 01.png
ルカ
ま、また敵の増援…!?」
Face MF 11 00.png
モニカ
いえ、この識別信号は…!」
Face SK 00 03.png
海動
なんだ、せっかく
気合入れてやってきたってのに、
ガランのオッサンはいねえのかよ!」
Face MF 00 01.png
アルト
あいつらは…!?」
Face OG 03 00.png
リチャード
S.M.Sの戦闘部隊に告ぐ!
こちらはUXのリチャード少佐だ。
我々は敵ではない!」
Face OG 03 00.png
リチャード
侵攻中のガラン軍を掃討するため、
これより貴軍に協力する!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
UX…!?
以前に宇宙で共に戦った、
地球の防衛部隊か…?」
Face MF 10 00.png
キャシー
機体の識別はそうなってますが…
ただ、UXという呼称で該当するデータは
非合法の傭兵部隊となっています」
Face MF 13 00.png
ラム
傭兵部隊…!?」
Face MF 09 00.png
ボビー
つまり、御同業ってことでしょ。
いいじゃない、力を合わせて
パァーっとやりましょうよ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
フ、それもそうだな…」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
了解した。
UXの諸君、貴軍の協力に感謝する!」
Face DA 04 01.png
バーン
新手の地上軍か…」
Face DA 04 01.png
バーン
貴様たちに恨みはないが、
騎士として貫くべき義というものもある。
覚悟してもらおう…!」
Face DA 04 00.png
バーン
地上人の中にも、
手練れの者がいるようだな…」
Face DA 04 00.png
バーン
この地での戦闘、
まだ私に得るものがあるやもしれん!」
Face MF 09 00.png
ボビー
ふぅ~、どうやら終わったわね」
Face MF 11 00.png
モニカ
いえ、まだです…!
こちらに接近する新たな機影を確認!」
Face MF 12 00.png
ミーナ
こ、これは…!?
今までの敵とは桁外れのエネルギーです!」
Face SK 13 00.png
ガラン
あの黒騎士を撤退させるとは…
なかなかやるようだな」
Face SK 00 01.png
海動
ようやく出てきやがったな、クソ親父!
へへ、もったいぶりやがって!」
Face SK 13 00.png
ガラン
奇械島で見たドクロの魔神か。
黒騎士に宿敵がいるように、
ワシにも因縁のある相手がいたとは…」
Face SK 13 00.png
ガラン
我が宿敵に相応しいかどうか、
その力量、この剣で見定めてくれよう!」
Face MF 01 01.png
オズマ
どうやら真打ちの登場ってことか…!
各機、あの機体に集中攻撃をかけるぞ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
ぬぐぅっ…!」
Face SK 13 00.png
ガラン
フ、フフ…この高揚感、久しいぞ!
こうでなくては外界に出た意味がない!」
Face MF 00 01.png
アルト
な、なんだ…!?
一体何をする気なんだ…!」
Face SK 13 01.png
ガラン
我が一撃、受けてみよおっ!」
Face SK 00 03.png
海動
ぐわああぁぁっ!
こ、このクソ親父め…!」
Face SK 13 00.png
ガラン
ドクロの魔神よ、
お前たちの力ではワシには勝てん。
それが、お前たちの運命(さだめ)だ」
Face SK 01 03.png
真上
…!?
運命…運命だと!?」
Face SK 01 03.png
真上
海動、俺に代われ!
アイツだけは俺が倒す!」
Face SK 00 00.png
海動
珍しいな。
てめえがそこまで言うんなら…!」
Face SK 00 00.png
海動
どうした、真上…?
珍しく意気込んでるじゃねぇか!」
Face SK 01 02.png
真上
達観した主観も、
人を見下した傲慢も許せる…」
Face SK 01 02.png
真上
だが運命を持ち出す奴だけは、
どうしても許せん!」
Face SK 13 00.png
ガラン
フ…運命という言葉が嫌いか。
そんな者ほど、避けられない運命に
翻弄されるものよ」
Face SK 01 03.png
真上
貴様ぁああッ!」
Face MF 01 01.png
オズマ
あの機体、どうしたんだ!?
急に動きが…!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
真上!
いつもの冷静さはどうした!
突っ込み過ぎだ! 距離を取れ!」
Face SK 01 03.png
真上
うおおおぉぉぉっ!」
Face SK 00 02.png
海動
おい、何やってんだ!
代われ、真上!」
Face SK 01 03.png
真上
か、代わりだと…?
代わりなんかいないんだああぁぁっ!」
Face SK 00 02.png
海動
どうしちまったんだよ、真上ッ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
フフフ、ドクロの魔神よ。
心の乱れを感じるぞ?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
ガラン様…」
Face SK 13 00.png
ガラン
ヒミコか、こんな時に何だ?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
私が感知いたしましたところ、
いま操縦している男の方は…」
Face SK 13 00.png
ガラン
…何!?
フッフッ…そうか、それで!」
Face SK 13 00.png
ガラン
貴様も我らと同じ、エルプスユンデか!」
Face OG 02 00.png
サヤ
…!?」
Face SK 01 03.png
真上
…!?」
Face OG 00 00.png
アーニー
エルプスユンデ…?」
Face SK 00 02.png
海動
エルプスユンデ…?」
Face SK 01 03.png
真上
だ、黙れ…俺は俺だ!
好きなように生き、好きなように死ぬ!」
Face SK 01 03.png
真上
俺の、この命は…
俺以外の何者の物でもないッ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
フフフ…貴様の言っていることは
我が想いと同じではないか。
所詮、貴様も…」
Face SK 01 03.png
真上
黙れぇぇええ!!」
Face SK 01 03.png
真上
ご、ごふっ…!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
真上ィィッ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
フ、いささか期待外れだったが、
それなりに楽しかったぞ」
Face SK 13 00.png
ガラン
フフフ、フハハハハハ…!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
真上、海動ッ!
無事か!? 返事をしろ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
各員は損傷した機体をただちに回収!
パイロットの救命措置を! 急げ!」
Face MF 03 01.png
ルカ
りょ、了解です!」
Face SK 00 03.png
海動
うぐっ…げほ、げほっ…!
バ、バッカヤロウ…!」
Face SK 01 00.png
真上
………」
Face SK 00 03.png
海動
テメエがキレちまったおかげで…
俺たちが…地獄だ…!」
Face OO 22 00.png
AEU軍兵士
報告します!
連邦軍管轄の、ノルマンディー基地が
陥落したとのことです!」
Face OO 23 00.png
カティ
なんだと!?」
Face OO 15 00.png
パトリック
ノルマンディーって…
確かロールアウトしたばかりの新型機が、
大量に生産されてたはずじゃあ…」
Face OO 23 00.png
カティ
ああ、ヨーロッパにおける、
ライオットCの主力生産基地だ!」
Face OO 23 00.png
カティ
あそこを押さえられては、
もはや打つ手は…!」
Face TO 19 00.png
ドッグ
おやおや、天才戦術予報士と名高い
カティ・マネキン准将ですら
お手上げとは…」
Face TO 19 00.png
ドッグ
これはいよいよ、我々の提案が
現実味を帯びてきたようですなあ」
Face OO 23 00.png
カティ
………」
Face OO 23 00.png
カティ
地球連邦軍の再編など…
貴官らは本気で言っているのか?」
Face TO 19 00.png
ドッグ
もちろんでございます。
形骸化した地球連邦などに、
もはやこの星を統べる力はありません」
Face TO 19 00.png
ドッグ
事実、今回のガラン軍蜂起に対し、
連邦が何をしてくれましたか?」
Face OO 23 00.png
カティ
フン、火星にいた貴官らでは、
かつての地球の情勢を知らぬから
そんなことが言えるのだ」
Face OO 23 00.png
カティ
治安維持の名の下に、
どれほどの弾圧が繰り返されたことか…」
Face TO 19 00.png
ドッグ
独立部隊アロウズの失敗は、
その思想に問題があったのです」
Face TO 19 00.png
ドッグ
地球原理主義ではなく、
今は宇宙も含めた、地球圏全体の
平和と繁栄を考えなくてはなりません」
Face TO 19 00.png
ドッグ
これは三大国家群の息のかからぬ、
我々火星開拓局が中心となってこそ、
初めて叶う理想なのです」
Face OO 23 00.png
カティ
………」
Face TO 19 00.png
ドッグ
いかがですかな、マネキン准将?」
Face TO 19 00.png
ドッグ
連邦軍再編が成ったあかつきには、
ぜひともお力添えをお願いしたいものです…」
Face OG 03 00.png
リチャード
負傷者の収容に感謝します、
ジェフリー艦長…」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
こちらこそ、貴軍の援護がなければ、
初見の相手にあそこまで善戦することは
できなかったでしょう」
Face SK 02 02.png
由木
真上、海動両名の容態は
いかがでしょうか?」
Face MF 07 00.png
カナリア
何とも言えんな。
特に真上中尉の方はまだ意識が戻らない。
しばらくは絶対安静だろう」
Face SK 02 01.png
由木
絶対安静、ですか…」
Face DN 04 00.png
エイーダ
さっきの戦闘での、
真上中尉の取り乱し方は
普通じゃありませんでした」
Face DN 04 00.png
エイーダ
中尉とガランとの間には、一体何が…」
Face BB 05 00.png
張飛
さあな。
大方、昔の古傷にでも触られたんだろ?」
Face BB 05 00.png
張飛
誰だって、他人には話したくねえ
過去のひとつやふたつはあるもんさ。
なあ、鬼ヒゲ?」
Face BB 03 00.png
関羽
フン、貴様と一緒にするな。
拙者には、問われて困る過去など
何ひとつないわ」
Face BB 05 00.png
張飛
へえ、そうかい?」
Face MF 01 00.png
オズマ
しかし、あの圧倒的な力を持つ
ガランの機体…」
Face MF 01 00.png
オズマ
あれに対抗するには、
真上中尉たちのドクロの機体の力が
必要だろう?」
Face SK 02 02.png
由木
そうですね…。
確かに、カイザーの力なくして
ガランを追い詰めることは…」
Face MF 04 02.png
クラン
その後の、奴らの足取りは
掴めておるのか?」
Face MF 10 00.png
キャシー
AEU政府からの報告によると、
ガラン軍は連邦軍が管轄する
ノルマンディー基地を制圧…」
Face MF 10 00.png
キャシー
そこで生産中だった、
配備直前の新型機動兵器というのを
大量に接収したそうです」
Face OG 00 01.png
アーニー
連邦軍の新型機動兵器って、
まさか…!」
Face OG 02 00.png
サヤ
ええ、おそらく少尉が使っていた、
ライオットの新型機でしょうね」
Face OG 00 01.png
アーニー
そ、そんな…!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
マズいな…。
あそこに拠点を置かれては、
パリもロンドンも目と鼻の先だ」
Face SK 03 00.png
スカーレット
うかつに手を出せば、
街や市民までもが危険に晒される…」
Face BB 07 00.png
孔明
果たして、そうでしょうか?」
Face BB 00 00.png
劉備
孔明、なにか考えがあるのか?」
Face BB 07 00.png
孔明
ガランという侠は、
武人としての誇りを
何よりも重んじる種類の人間です」
Face BB 07 00.png
孔明
そんな侠が、罪もない民を
無差別に攻撃するとは思えません」
Face SD 03 03.png
シン
けど、大都市を盾にされている以上、
AEU軍は身動き取れないだろう?」
Face BB 07 00.png
孔明
ですから、
そこがガランの狙いなのですよ」
Face VR 01 00.png
フェイ
どう…いう、こと…?」
Face BB 07 00.png
孔明
つまり…」
Face DA 04 00.png
バーン
正規軍の動きを封じ、
奴らからの仕掛けを呼び込む…」
Face DA 04 00.png
バーン
ガラン閣下は、あくまで
宿敵との決着をお望みになると?」
Face SK 13 00.png
ガラン
フ、宿敵と呼ぶには、
いささか物足りぬがな…」
Face DA 04 01.png
バーン
地上軍の兵器を入手し、
大都市攻略の足掛かりとなる
拠点も手に入れた…」
Face DA 04 01.png
バーン
この地の平定を目前としながら、
なぜそこまで…」
Face SK 13 00.png
ガラン
バーンよ、それは貴公が
一番わかっておることではないのか?」
Face DA 04 00.png
バーン
………」
Face SK 13 00.png
ガラン
武人にとっては、
心震わせる戦いこそ本望…」
Face SK 13 00.png
ガラン
まして相手が、
我らと同じエルプスユンデとあらば…」
Face DA 04 01.png
バーン
エルプスユンデとは…?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
原罪を背負わされた者たち…」
Face DA 04 01.png
バーン
原罪…?」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
そう、我らは生まれながらに
罪の烙印を押され…」
Face SK 14 00.png
ヒミコ
生きながらにして、
現世の煉獄にこの身を焼かれることを
運命づけられたのです…」
Face DA 04 01.png
バーン
………」
Face DA 04 00.png
バーン
ヒミコは、この戦いの果てに
世界の真理があると言っていた…)
Face DA 04 00.png
バーン
真理とは何だ…?
彼らに、戦い続けることを
運命づけた原罪とは…)
Face MF 00 01.png
アルト
見た目はまるで生物だが…
人が乗っている戦闘兵器か!?」
Face DA 04 01.png
バーン
思い切りのよい乗り手だ。
だが、まだ動きが素直過ぎるな!」
Face MF 01 01.png
オズマ
地球のエースキラーか!
相手にとって不足はない!」
Face DA 04 01.png
バーン
なかなかの精鋭と見た!
貴様ならば、
私の心を震えさせてくれるか!?」
Face SK 01 01.png
真上
コイツが、噂に聞く
ガランの客分とかいう機体か!」
Face DA 04 01.png
バーン
ドクロの容貌に鉄の城のごとき威容…
フフフ、想像以上の凄みだ!」
Face DA 04 01.png
バーン
遠慮なく戦わせてもらうぞ!」
Face SK 00 01.png
海動
上等だ、思う存分やりあおうぜ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
この機体…オーラバトラーか!?
これもバイストン・ウェルから
上がって来たマシンなのか!?」
Face DA 04 00.png
バーン
バイストン・ウェルを知っている!?
やはり、他にも地上に
出て来た者がいるのだな!」
Face BB 00 01.png
劉備
民の笑顔を奪う侵略者よ!
天に代って成敗する!」
Face DA 04 01.png
バーン
八稜郭の義勇軍とやらか!
手合せをしてみたいと思っていた!」
Face MF 00 01.png
アルト
こいつ…今までの敵とは違う!
堅さも、速さも…!」
Face SK 13 01.png
ガラン
フ…小癪にも我が力量を測りおったか。
だが、武人と呼ぶにはまだまだ未熟!」
Face MF 01 01.png
オズマ
コイツが親玉か!
この機体さえ墜とせば…!」
Face SK 13 01.png
ガラン
良い腕だ!
だが、その踏み込みでワシの首に届くか!」
Face SK 00 00.png
海動
けっ、クソ親父が!
いい歳こいて長ランかよ!」
Face SK 13 01.png
ガラン
フフフ、ドクロの魔神か。
我が宿敵に値するか、否か!
値せぬ時の代価は、その命ぞ!」
Face SK 01 01.png
真上
フ、いいだろう…。
俺たちの力、退屈しのぎに見せてやる!」
Face OG 00 01.png
アーニー
なんであの島を出て来たんですか!
他人の土地を侵さなくても、
生きていけるはずだ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
狭い世界に籠って、
安寧を貪っていろというのか?
武人にとって、それは死と同義なのだ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
レプトン・ベクトラー、出力安定。
炉内圧力を、加速領域に…」
Face SK 13 00.png
ガラン
この感覚…
もしや、こやつの機体は…!?)
Face BB 00 00.png
劉備
ガラン、何を思って奇械島を出た!
なぜ他国の民を苦しめる!」
Face SK 13 01.png
ガラン
剣を振るい、
己を磨き高めることこそ武の本質!
国とは、武の後にできるものよ!」
Face BB 00 01.png
劉備
違うッ!
真の君主とは、民のために…
民の笑顔のために剣を振るうものだ!」
Face SK 13 00.png
ガラン
奇械島の眠り姫か…!
よもや、このような場所で
相まみえようとは!」
Face VR 01 00.png
フェイ
あなた… 誰?」
Face VR 01 00.png
フェイ
わたし、を誰だと思ってる?
なに…を知ってる…の!?」
Face SK 13 01.png
ガラン
知りたくば探せ!
自らに与えられた、運命を…!」
Face VR 01 00.png
フェイ
な…に それ!」
Face VR 01 00.png
フェイ
ひと…が質問してる、のに
そんな言い方…!」
Face OG 03 01.png
リチャード
各機、あの黒い機体には気をつけろ!
出力が他のマシンと段違いだ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
目標はガラン軍の全滅!
総員、戦闘開始だ!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
野郎ども、あの黒い機体には
ケツの穴を締めてかかれよ!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
目標はガラン軍の全滅!
おっぱじめるぞ!」
Face BB 07 00.png
孔明
どうやらあの黒い機体は、
かなりの手練れのようです!
充分に警戒してください!」
Face BB 07 00.png
孔明
目標はガラン軍の全滅!
皆さん、出陣です!」
avatar