Face TO 19 00.png
ドッグ
ほう…これが
ソレスタルビーイングが作ったという
外宇宙航行艦でありますか」
Face OO 15 00.png
パトリック
すっげー!
こうまでデカいと船っていうか、
もう立派な基地ですね、大佐!」
Face OO 23 00.png
カティ
准将だ。
何年間違えれば気が済む」
Face OO 15 00.png
パトリック
あ…す、すみません」
Face OO 15 00.png
パトリック
あの、こっから見えてる玉のような、
箱のような…とにかくあの、
でっかいのは何すか?」
Face OO 23 00.png
カティ
あれは量子型演算処理システム、
『ヴェーダ』だ。
世界中の情報を統括し、管理している」
Face TO 19 00.png
ドッグ
あれが、ヴェーダ…」
Face OO 23 00.png
カティ
前大戦時、ソレスタルビーイングが
あれだけの武力介入を行えたのは、
ヴェーダのバックアップがあったからだ」
Face OO 23 00.png
カティ
今は、我々連邦軍も
このシステムの恩恵を受けている」
Face OO 15 00.png
パトリック
へぇ~…」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
お待ちしておりました、マネキン准将」
Face OO 23 00.png
カティ
例の件は?」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
情報解析は完了しております。
こちらへどうぞ」
Face TO 19 00.png
ドッグ
准将殿、例の件とは…?」
Face OO 23 00.png
カティ
廃棄された探査船が、
地球圏の近くまで漂流してきたそうだ」
Face OO 23 00.png
カティ
接触事故を起こす前に、対処せねばならん」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
哨戒艦隊からの調査報告です。
漂流している船の船籍番号は9374、
船名はエウロパ」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
130年ほど前に、
木星に向かった探査船のようですね。
内部に生体反応、ありません」
Face TO 19 00.png
ドッグ
さまよえる無人船というわけですか…」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
このままの進路ですと、
オービタルリングとの接触事故を
起こす可能性があります」
Face OO 23 00.png
カティ
よし、哨戒艦隊に通達。
プランD34で粒子ミサイル攻撃。
探査船の軌道を変えろ」
Face OO 19 00.png
デカルト
フ…」
Face OO 23 00.png
カティ
ん…? 貴官か。
ヴェーダによって確認された、
純粋種の『イノベイター』というのは」
Face OO 19 00.png
デカルト
ええ、まぁ…。
デカルト・シャーマン大尉であります」
Face OO 23 00.png
カティ
生意気だな」
Face OO 19 00.png
デカルト
モルモット扱いされていれば、
腐りもします」
Face TO 19 00.png
ドッグ
イノベイター…
『革新者』という意味でしょうか?」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
単純に言うと、進化した人類です。
状況把握力、空間認識力、脳量子波の増大、
細胞変化による肉体強化…」
Face OO 21 00.png
連邦軍士官
さらにGN粒子散布領域内では
脳量子波による意識共有すら
可能と言われています」
Face OO 15 00.png
パトリック
う~ん、さっぱりわからない」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
状況出ました。
GNミサイル、全弾目標に命中。
探査船の軌道変更率を確認して…」
Face OO 19 00.png
デカルト
失敗ですよ」
Face OO 23 00.png
カティ
どうしてわかる?」
Face OO 19 00.png
デカルト
理屈なんかありはしません。
あるんですよ、そうだという確信がね」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
報告!
探査船の軌道変更率、
想定の2割にも達していません!」
Face OO 23 00.png
カティ
!? まさか…!
充分なほどの粒子ミサイルを放ったはずだ!」
Face OO 19 00.png
デカルト
行きますよ」
Face OO 23 00.png
カティ
貴官が…?」
Face OO 19 01.png
デカルト
イノベイターの実力、
知りたいんじゃないんですか?」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
ダメだ!
ミサイルは命中しているが、
船の質量が大きすぎて…!」
Face OO 17 01.png
アンドレイ
諦めるな!
ここで食い止めなければ、
地球に落下する可能性もあるんだぞ!」
Face OO 17 01.png
アンドレイ
! あれは、友軍機…!?」
Face OO 19 01.png
デカルト
脳量子波同調。
ガデラーザ、デカルト・シャーマン…」
Face OO 19 01.png
デカルト
日ごろの鬱憤、晴らさせていただく!」
Face OO 17 01.png
アンドレイ
なんていう性能…
これが、イノベイター専用機の力か…!」
Face OO 15 00.png
パトリック
す、すげぇ…」
Face OO 23 00.png
カティ
なるほど、言うだけのことはある…」
Face TO 19 00.png
ドッグ
ヴェーダにイノベイターか。
長官に報告しておく必要がありそうだ)
Face OO 23 00.png
カティ
破壊した探査船の破片はどうなったか?」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
細分化され、大気圏の
空力加熱によって燃え尽きます」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
ただ、若干の破片が
地上に落ちたようですが…」
Face OO 23 00.png
カティ
落ちた…?」
Face OO 15 00.png
パトリック
どうしたんです、大佐?」
Face OO 23 00.png
カティ
気のせいか…。
いや、念のためだ」
Face OO 24 00.png
ビリー
落下した探査船の破片…?」
Face OO 24 00.png
ビリー
確かに、あの状況で
燃え尽きないのは不思議に思ったけど…
どうして君がそのことに?」
Face OO 13 00.png
グラハム
マネキン准将が、
調査命令を出したと耳にした」
Face OO 24 00.png
ビリー
耳が早いねぇ…」
Face OO 24 00.png
ビリー
ちょうどその件で、
宇宙技研に出向する事になったんだ。
何かわかったら連絡するよ」
Face OO 13 00.png
グラハム
すまない」
Face OO 13 00.png
グラハム
ところで、私が飛行試験を務めた
ブレイヴの進捗状況はどうなっている?」
Face OO 24 00.png
ビリー
今月中にもロールアウトする予定だ」
Face OO 24 00.png
ビリー
先に制式化されたライオットよりも
操縦には技術を要するが、
性能は折り紙つきだよ」
Face OO 13 00.png
グラハム
………」
Face OO 24 00.png
ビリー
ああ、すまない。
ライオットの件では、
君は部下を失っているんだったな…」
Face OO 24 00.png
ビリー
けど、ライオット隊が全滅したのは、
君が隊を抜けてからのことなんだろう?」
Face OO 13 00.png
グラハム
それは、そうだが…」
Face OO 24 00.png
ビリー
あまり気に病まない方がいいよ。
また連絡する」
Face OO 13 00.png
グラハム
………」
Face OO 13 00.png
グラハム
また部下を先に逝かせてしまうとは…
私は人を束ねるには、
不甲斐のない男なのかもしれん)
Face OO 13 00.png
グラハム
まだ粗削りではあったが、
いずれも前途有望な若者だった)
Face OO 13 00.png
グラハム
<name5>少尉…
そして、スペンサー中尉…)
Face OG 09 00.png
ジン
………」
Face OG 09 00.png
ジン
う、うぅぅ…ううぅぅ!
<name1>、なぜお前が…!」
Face OG 09 00.png
ジン
はっ…!?」
Face OG 09 00.png
ジン
こ、ここは…」
Face OG 10 00.png
???
良かった…気がついたんですね」
Face OG 09 00.png
ジン
!? き、君は…?」
Face OG 10 00.png
アユル
私はアユル。
アユル・ディランです」
Face OG 09 00.png
ジン
ディランって…
もしかして、ノーヴル博士の…?」
Face OG 10 00.png
アユル
ええ、娘です。
はじめましてですね、スペンサー中尉」
Face OG 10 00.png
アユル
大破したライオットが発見された時は、
もうダメかと思いましたけど…」
Face OG 10 00.png
アユル
お母さんの手術が成功したようで、
本当に良かったです」
Face OG 09 00.png
ジン
そうか…
俺は、ノーヴル博士に助けられたのか…」
Face OG 09 00.png
ジン
他の連中は…
ライオット隊の俺の部下たちにも、
助かった奴はいるのか?」
Face OG 10 00.png
アユル
あ…そ、それは…」
Face OG 09 00.png
ジン
死んだ…のか…」
Face OG 10 00.png
アユル
ご、ごめんなさい…」
Face OG 09 00.png
ジン
………」
Face OG 09 00.png
ジン
何もかも、俺の責任だ…」
Face OG 10 00.png
アユル
スペンサー中尉…」
Face OG 09 00.png
ジン
グラハム少佐や、
ノーヴル博士にもあれだけ言われたのに、
俺はまた自分を見失って…」
Face OG 09 00.png
ジン
だけど、それでも俺は、
アイツのことが…!」
Face OG 09 00.png
ジン
テロリストになり下がった親友のことが、
どうしても許せなかった…!」
Face OG 10 00.png
アユル
………」
Face OG 10 00.png
アユル
その人のこと、今でも憎いですか…?」
Face OG 09 00.png
ジン
憎いさ。
部下たちの仇も討ってやりたい。
だけど、今の俺には…」
Face OG 10 00.png
アユル
いいえ。
お母さんが言っていました。
スペンサー中尉には、力があるって…」
Face OG 09 00.png
ジン
ノーヴル博士が…?」
Face OG 10 00.png
アユル
あなたは、私たち母娘にとって
必要な人なんです」
Face OG 10 00.png
アユル
お願いします。
私たちと一緒に、戦ってくれませんか…?」
Face OG 10 00.png
アユル
これから始まる、未来への戦いを…」
Face OG 09 00.png
ジン
未来への、戦い…?」
Face FA 12 00.png
真壁
狩谷由紀恵が逃げた…!?」
Face FA 13 00.png
溝口
ああ。
ファフナーのシステム関連から、
パイロットの詳細情報まで…」
Face FA 13 00.png
溝口
俺たちが数十年かけて集めたデータを、
丸ごと持ち逃げしやがった」
Face FA 16 00.png
弓子
そんな…どうしてゆきっぺが!?」
Face FA 12 00.png
真壁
ミツヒロの手引きか」
Face FA 16 00.png
弓子
…!?」
Face FA 13 00.png
溝口
他に誰がこんな手の込んだことやるんだよ?
まったく、だからあれほど言ったんだ」
Face FA 13 00.png
溝口
小娘に寝首をかかれてやるとは、
お人好しにも程があるぜ?」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 12 00.png
真壁
最悪の事態になる可能性もある。
溝口、お前は陸戦隊を連れて
JUDAへ向かってくれ」
Face FA 13 00.png
溝口
わかった」
Face FA 16 00.png
弓子
………」
Face FA 16 00.png
弓子
バカなことしちゃったわね、ゆきっぺ…)
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君、どうかした?」
Face FA 00 00.png
一騎
遠見…いや、その…」
Face FA 02 00.png
真矢
皆城君と何かあったの?」
Face FA 00 00.png
一騎
…!?」
Face FA 02 00.png
真矢
なんかこの間から、
ふたりともよそよそしくて…」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face FA 00 00.png
一騎
総士が大事なのはファフナーだったんだ。
俺、あいつのことわかってるつもりで、
全然わかってなかった」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君…」
Face FA 00 00.png
一騎
子供の頃、俺はあいつの左目を傷つけた。
だからせめて、あいつの目の代わりに
なれればってずっと…」
Face FA 00 00.png
一騎
でも、あいつは変わった。
総士にとって、俺たちはもう
ただの戦いの道具でしかなかったんだ…」
Face FA 02 00.png
真矢
………」
Face FA 00 00.png
一騎
なぁ…
遠見は俺のこと、覚えていてくれる?」
Face FA 02 00.png
真矢
え…どうしたの?
なんで急にそんなこと言うの?」
Face FA 00 00.png
一騎
このまま戦うことに、
慣れていくのが怖いんだ」
Face FA 00 00.png
一騎
自分が…何か別のものに
変わっちまうような気がして…」
Face FA 02 00.png
真矢
………」
Face FA 02 00.png
真矢
変わらないでいるなんて、
誰もできないかもしれない」
Face FA 02 00.png
真矢
でもね、私たちは確かにここにいる。
いるじゃない。
だから…」
Face FA 00 00.png
一騎
遠見…」
Face FA 02 00.png
真矢
たとえどんなに変わっても…
私、一騎君のこと覚えてるよ」
Face FA 00 00.png
一騎
ありがとう…」
Face FA 02 00.png
真矢
じゃあ私、先に戻ってるから。
ちゃんと皆城君とも話してね」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face FA 00 00.png
一騎
あなたは…そこにいますか…」
Face FA 32 00.png
???
あなたは…ここにはいないわ。
いえ、ここにいちゃいけないのよ」
Face FA 00 00.png
一騎
!? 狩谷先生…いつ日本に!?」
Face FA 32 00.png
狩谷
真壁一騎…
私なら与えてあげられるわ。
あなたに相応しい、新しい場所をね…」
Face FA 00 00.png
一騎
新しい、場所…?」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
ノリエガさん!
パパから連絡があったですぅ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
イアンから?
例のものが完成したのかしら」
Face DN 04 00.png
エイーダ
例のもの…?
もしかして、新型のガンダムですか?」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
はいです、ロッサさん!」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
サバーニャとハルート、
最終チェック段階に入りました。
もう少しで搬出できるそうです!」
Face OO 01 02.png
ロックオン
俺とアレルヤの新型機か…」
Face BB 15 00.png
孫尚香
あれるや…?
刹那やロックオン以外にも、
ガンダムマイスターっているのね」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
あ…僕、映画で見ました!
確か全部で4人なんですよね」
Face LB 08 00.png
イズナ
僕も見ましたよ!
あの4人が一致団結して突撃するシーン、
カッコよかったなぁ…」
Face MF 02 00.png
ミシェル
ふーん、ソレスタルビーイングは、
地球じゃヒーロー様ってわけだ」
Face OO 01 02.png
ロックオン
ま、映画と違って、
現実はそんなキレイなもんじゃないけどな」
Face DB 00 00.png
九郎
キレイも何も…
こないだの桐山のせいで、
俺たちは今や世界中の嫌われ者じゃないか」
Face FA 05 00.png
剣司
何をやっても悪く言われちまうもんな。
これじゃあ身動き取れないよ…」
Face OG 00 00.png
アーニー
………」
Face DA 02 00.png
マーベル
せっかく新型機が手に入っても、
当分は活躍の場がなさそうね…」
Face LI 01 00.png
リュクス
ところで、
あとふたりのガンダムマイスターは、
今はどちらにいらっしゃるのです?」
Face OO 01 00.png
ロックオン
ひとりはもう、この世界にはいない」
Face LI 01 00.png
リュクス
!? あ…ご、ごめんなさい…」
Face OO 01 02.png
ロックオン
さっき話したアレルヤの方は、
彼女と一緒に旅行中らしいがね」
Face OO 07 00.png
スメラギ
フェルト、聞こえる?
アレルヤからは、最近連絡あった?」
Face OO 09 00.png
フェルト
いえ、東ヨーロッパへ入ったと
報告があったきりで…
この数日は、コンタクトがありません」
Face OO 07 00.png
スメラギ
あのふたりのことだから、
問題ないとは思うけど…」
Face OO 07 00.png
スメラギ
定期的にコールは続けてちょうだい。
応答があれば、こちらの情報を伝えて」
Face OO 09 00.png
フェルト
了解です」
Face OO 00 00.png
刹那
スメラギ、少し気になる事がある」
Face OO 07 00.png
スメラギ
何かしら、刹那」
Face OO 00 00.png
刹那
先日、連邦軍が破壊し、
地球に落下した探査船の破片…
行方を追えないか?」
Face OG 02 00.png
サヤ
木星探査船のエウロパですか?
連邦軍が調査に乗り出したという情報は
つかんでいますが…」
Face OO 07 00.png
スメラギ
何かを感じるの?」
Face OO 00 00.png
刹那
わからない…
だが、胸騒ぎとは違う。
何かが起こるという確信めいた不安がある」
Face OO 01 00.png
ロックオン
イノベイターの勘ってやつか…」
Face BB 19 00.png
陸遜
わわ! こ、この警報は…!?」
Face LB 13 00.png
緒川
格納庫よりエマージェンシーです!
マークエルフが緊急出撃を
したようですが…」
Face OG 03 00.png
リチャード
一騎が!?
総士君、発進命令は君が?」
Face FA 01 00.png
総士
まさか…出すわけがありません」
Face MF 01 00.png
オズマ
この状況で無断出撃…
いや、場合によっては脱走という可能性も
否定できんな」
Face FA 02 00.png
真矢
か、一騎君が…脱走!?」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 32 00.png
狩谷
もしかして、後悔してる…?」
Face FA 00 01.png
一騎
いえ、もう決めたことですから」
Face FA 00 01.png
一騎
それに…あのままだといつか、
自分じゃなくなるような気がしてましたし…」
Face FA 32 00.png
狩谷
そうね…あそこは
あなたがいるべき場所じゃなかった」
Face FA 32 00.png
狩谷
あの人が言ってたわ。
ファフナーが造られた本当の意味を
知るべきだって…」
Face FA 00 01.png
一騎
あの人…?)
Face FA 32 00.png
狩谷
さあ行きましょう。
あなたを待つ、新しい場所へ…」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
これでいいんだ…これで!)
Face FA 00 01.png
一騎
ここは…」
Face DA 01 00.png
チャム
あ~ん、ここどこぉ…?」
Face FA 00 01.png
一騎
!? き、君は…チャム!?
何で君がマークエルフのコクピットに?」
Face DA 01 00.png
チャム
あら一騎、おはよう。
エレボスとかくれんぼしているうちに、
寝ちゃってたみたい…」
Face FA 00 01.png
一騎
かくれんぼって…どうしよう?
連れて行くわけにもいかないし…」
Face DA 01 00.png
チャム
…!?」
Face DA 01 00.png
チャム
一騎、ここはどこなの?
なんだか怖いところ…
命の流れが、なんにもないみたい…」
Face FA 00 01.png
一騎
い、言われてみれば…
廃墟の街か何かか?」
Face FA 00 01.png
一騎
先生、応答お願いします。
ここはどこなんですか?」
Face FA 32 00.png
狩谷
ここは30年前、
フェストゥムの第一次襲撃によって
滅ぼされた街よ…」
Face FA 00 01.png
一騎
!? フェストゥムに…!?」
Face FA 32 00.png
狩谷
以来…人々は真実から目を背け、
偽りの楽園を築くことに心血を注いだ」
Face FA 32 00.png
狩谷
でも、そんなモノは所詮、偽り。
それどころか逆に、新たな厄災を招く
原因を作ってしまった…」
Face FA 00 01.png
一騎
どういうことです?
竜宮島が、フェストゥムを
呼び込んでいるとでもいうんですか?」
Face FA 32 00.png
狩谷
その通りよ。
だから私たちはね、新しい楽園を創るの」
Face FA 00 01.png
一騎
新しい…楽園…?」
Face DA 01 00.png
チャム
ねぇ、一騎。
あそこにある鉄の塊から、
何か聞こえない?」
Face FA 00 01.png
一騎
何かって、あんな残骸からは何も…」
Face FA 00 01.png
一騎
!? フェストゥム…!」
Face FA 32 00.png
狩谷
そんな…どうしてここに奴らが!?」
Face FA 00 01.png
一騎
先生、逃げましょう!
俺だけじゃ、あれだけの数は…!」
Face FA 32 00.png
狩谷
ダメよ!
ここから離れるわけにはいかないわ!」
Face FA 00 01.png
一騎
え!? で、でも…!」
Face FA 32 00.png
狩谷
戦いなさい、真壁!
これは命令よ!」
Face DA 01 00.png
チャム
ちょ、ちょっと一騎!
どうするのよっ!」
Face FA 00 01.png
一騎
クッ…!
ジークフリード・システムなしで
できるのか!?」
Face FA 00 01.png
一騎
でも、やるしかない…!」
Face FA 00 01.png
一騎
さすがに、俺だけじゃ…!」
Face DA 01 00.png
チャム
がんばって、一騎!
きっとみんなが助けに来てくれるわ!」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
助けは、きっと来ないよ…」
Face DA 01 00.png
チャム
信じなきゃだめよ!
みんな、友達でしょ!?」
Face FA 00 01.png
一騎
違うんだ、チャム…
俺は…みんなの元から逃げ出したんだ」
Face DA 01 00.png
チャム
え、えええ!?
逃げ出したって…一騎、あなた!?」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
また出現した!?
仲間を呼んでいるのか?
それとも、何かに引かれて…」
Face DA 01 00.png
チャム
あの音…
あそこからのあの音よ、きっと!
ほら、聞こえるでしょ?」
Face FA 00 01.png
一騎
何も聞こえないよ、チャム!」
Face FA 00 01.png
一騎
くそっ、このままじゃ…!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
…!?」
Face FA 00 01.png
一騎
あ、あれは…!」
Face FA 09 02.png
???
あんまり歯ごたえがなさそうだなぁ、
このスフィンクス型は…」
Face DA 01 00.png
チャム
味方よ、一騎!
だってあれ、ファフナーにそっくりだもの!」
Face FA 00 01.png
一騎
確かにそうだけど…
でもあれは、ファフナーなのか?」
Face FA 08 02.png
カノン
トリプルシックス、
目標の同化確認は済んだか?」
Face FA 09 02.png
道生
いい加減に堅っ苦しい
コードネームは止めて名前で呼べよ。
道生とか、道生さん、とか…」
Face FA 08 02.png
カノン
あなたは私の上官だ。
上官を名前では呼べない」
Face FA 09 02.png
道生
相変わらずお堅いヤツだな…」
Face FA 09 02.png
道生
まあいい、
ノートゥング・モデルの実力とやら、
拝見といこうじゃねえか」
Face FA 00 01.png
一騎
どういうことだ…?
あの機体は、いったい…」
Face FA 32 00.png
狩谷
真壁!
今はフェストゥムを倒すことが先よ!
早く仕留めなさい!」
Face FA 00 01.png
一騎
は、はい!」
Face DA 01 00.png
チャム
もう、人使いが荒いわね!」
Face FA 32 00.png
狩谷
終わったようね」
Face FA 00 01.png
一騎
狩谷先生、あのファフナーたちは…」
Face FA 32 00.png
狩谷
………」
Face FA 32 00.png
狩谷
やりなさい、トリプルシックス」
Face FA 00 01.png
一騎
…!?」
Face FA 09 02.png
道生
言われなくても…!」
Face DA 01 00.png
チャム
きゃあーっ!
なんで攻撃されてるのーっ!?」
Face FA 00 01.png
一騎
ぐうっ!
味方じゃあ…ないのか!」
Face FA 69 01.png
カノン
ノートゥング・モデルを捕獲する!」
Face FA 00 01.png
一騎
うわああぁぁっ!」
Face DA 01 00.png
チャム
一騎、一騎!
しっかりして!」
Face FA 00 01.png
一騎
う、うぅ…
お前たちは…何者なんだ…!」
Face FA 69 01.png
カノン
手間をかけさせるな!」
Face FA 70 01.png
道生
待て、カノン!
大型の熱源反応…これは!?」
Face SD 03 01.png
シン
一騎、お前はそこにいるのか!?
1発殴ってやるから、出て来い!」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
シン、そんな言い方じゃ…」
Face FA 69 01.png
カノン
あれは…奴らの母艦か!?」
Face DA 01 00.png
チャム
一騎、みんなよ!
みんなが来てくれたわ!」
Face FA 00 01.png
一騎
あ…」
Face DA 01 00.png
チャム
あなたも早く、
助けてーって言わないと!」
Face DA 01 00.png
チャム
おーい、おーい!
聞こえる? ショウ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
この声は…チャム?
チャムがなんでマークエルフの中に!」
Face BB 13 00.png
孫権
一騎!
そこにいる連中は何者なんだ!?
最初からアテがあって逃げたのか!」
Face DA 01 00.png
チャム
違うの、違うのよ!
一騎は逃げたかったけど、騙されてて、
逃げるつもりではいたけど、捕まって…」
Face DA 00 01.png
ショウ
チャム、何を言ってるのかわからない!」
Face DA 01 00.png
チャム
あーん、もう…ショウのバカ!」
Face FA 32 00.png
狩谷
マズイわね…。
こんなに早く奴らが来るなんて…!」
Face FA 15 00.png
遠見
!? あの輸送機は、アルヴィスの…!)
Face FA 70 01.png
道生
目的のマークエルフは捕獲したんだ。
とっととズラかるぞ!」
Face FA 69 01.png
カノン
了解」
Face LB 00 01.png
浩一
待てっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
! な、なに…!?」
Face MF 11 00.png
モニカ
フェストゥム、スフィンクス型、
アルヘノテルス型、グレンデル型を確認!」
Face FA 15 00.png
遠見
フェストゥムがこんなところに…!
どういうことなの…!?」
Face LB 04 01.png
森次
この30年間、竜宮島の関連施設以外で
フェストゥムが出現したという報告は
ないはずだが…」
Face FA 01 01.png
総士
しかし、実際にこれだけの数がいるんです。
戦うしかないでしょう」
Face MF 00 01.png
アルト
戦うしかって…
じゃあ、一騎はどうするんだよ!?」
Face FA 01 01.png
総士
出て行く者に、興味はありませんよ」
Face TO 01 01.png
ジョウ
!? なんだと、てめえっ!」
Face FA 02 00.png
真矢
皆城君…だから、一騎君は!」
Face FA 01 01.png
総士
………」
Face BB 07 00.png
孔明
その話は後です!
ともかく、皆さんは緊急出撃を!」
Face OO 00 01.png
刹那
!? なんだ、この波動は…?)
Face OO 00 01.png
刹那
あれは…
落下した木星探査船の残骸か?)
Face OO 00 01.png
刹那
それがなぜフェストゥムに反応を…
いや、呼び合っているのか!?)
Face LB 07 03.png
シズナ
なんやぁ!?
また現れよったで!」
Face OG 00 01.png
アーニー
どういうことだ!?
フェストゥムって、今は竜宮島にしか
出現しないんじゃなかったのか!?」
Face TO 02 01.png
レニー
また出た!
もう、これじゃあキリがないわ!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
いけませんな。
消耗戦となれば、戦力に代わりの利かない
こちら側が不利となる」
Face LI 01 00.png
リュクス
しかし、こう数が多くては
離脱することもままなりません…!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
かくなる上は…!
マクロスキャノンを使うぞ!」
Face MF 12 00.png
ミーナ
各セクション、
エネルギー供給オールグリーン!」
Face MF 10 00.png
キャシー
射線軸上の各機は速やかに退避を!」
Face MF 13 00.png
ラム
マクロスキャノン、
エネルギー充填率91、92、93…」
Face MF 11 00.png
モニカ
敵フェストゥム群、射線上に多数確認!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
総員、対ショック態勢!
マクロスキャノン、ブチかませえっ!」
Face MF 09 00.png
ボビー
往生せいやぁぁああ!!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
フェストゥムたちを、一撃で…!」
Face DB 00 01.png
九郎
すげえ威力だな、ありゃ…」
Face OO 00 01.png
刹那
だが、どういうことだ…?
さっきまでの波動が消えた…)
Face SK 03 00.png
スカーレット
野郎ども、油断するなよ!
まだフェストゥムは残ってるんだ!」
Face SK 00 00.png
海動
へっ、言われなくたって!
1匹残らず叩き墜としてやるぜ!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
フェストゥムの全滅を確認しました!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
なんとか持ちこたえたようですね…」
Face FA 04 01.png
咲良
けど…結局、
一騎たちは逃がしちゃったね…」
Face FA 01 01.png
総士
………」
Face BB 05 01.png
張飛
クソッ!
あの金ピカどもさえ出てこなけりゃ!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
でも、どうしてこんな辺境の地に
あれだけのフェストゥムが
現れたんでしょう…」
Face OO 00 01.png
刹那
そのことだが、スメラギ。
あの残骸を回収して調査できるか?」
Face OO 07 00.png
スメラギ
あれって…
もしかして、落下したエウロパの?」
Face OO 00 01.png
刹那
おそらくな。
あの残骸からは、
特殊な波動のようなものを感じた…」
Face LI 03 00.png
エレボス
あ、それ私も感じたよ。
何かを呼んでるみたいな…」
Face OO 00 01.png
刹那
だが、マクロス・クォーターの
あの一撃でその波動は消えた」
Face OO 00 01.png
刹那
同時に、フェストゥムも現れなくなった」
Face SK 02 01.png
由木
つまり、あの残骸が
フェストゥムをここに
呼び寄せてたってことですか?」
Face OO 00 01.png
刹那
その可能性が高い」
Face OO 07 00.png
スメラギ
わかったわ。
JUDAに持ち帰って、
詳しく調査してみましょう」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
アルヴィスに潜入していた
工作員から連絡がありました」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
ノートゥング・モデルを確保して、
現在こちらに向かっているとのことです」
Face FA 30 00.png
ヘスター
それは…!
全世界を代表して感謝しますよ、
ドクター・バートランド」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
これで貴重な検体も手に入る。
我々の計画は、大いに前進するでしょう」
Face FA 30 00.png
ヘスター
期待しているわ。
ハザード長官も人員補充を含めたご協力、
感謝致します」
Face TO 18 00.png
ハザード
なぁに、人の心を読むという
フェストゥムには、我々の無人機部隊は
有効でしょうからな」
Face TO 18 00.png
ハザード
しかし、なぜファフナーだけが
フェストゥムの読心能力に
対抗できるのです?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
30年前、世界中を震撼させた
フェストゥムの第一次襲撃…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
その時、フェストゥムのコアから
放たれた毒素により、人間の受胎能力は
一時的に低下しました…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
特に日本人への影響は大きく、
当時は絶滅の危惧すらささやかれたのです」
Face FA 30 00.png
ヘスター
事態を重く見た一部の日本人は
アルヴィスと名乗り、
アーカディアン・プロジェクトを発足させた」
Face FA 30 00.png
ヘスター
彼らの子供は遺伝子操作と人工子宮により、
フェストゥムに抵抗できる力を持って
生み出されているのです」
Face TO 18 00.png
ハザード
その、抵抗できる力とは…?」
Face FA 30 00.png
ヘスター
コアの毒素に対する免疫ですよ」
Face FA 30 00.png
ヘスター
彼らはあろうことか、
生まれてくる子供たちに、
フェストゥムの因子を植えつけたのです」
Face TO 18 00.png
ハザード
!? な、なんと…!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
そしてアルヴィスの子供たちは、
フェストゥムの天敵となりうる唯一の存在と
なりました」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
常に同化の危険に晒されるという、
大きな代償を払って…」
Face TO 18 00.png
ハザード
ううむ、ウワサには聞いていたが、
そんな真実があったとは…」
Face TO 18 00.png
ハザード
何の罪もない子供たちに、
そのような過酷な運命を背負わせるなど、
許せぬ所業です!」
Face FA 30 00.png
ヘスター
長官の仰る通りです。
だからこそ我々は、力ずくでも
彼らの研究データを奪う必要があったのです」
Face FA 30 00.png
ヘスター
フェストゥムに対抗できる、
新たな手段を模索するために…」
Face TO 18 00.png
ハザード
それが、ドクター・バートランドの
開発している新ファフナー…」
Face TO 18 00.png
ハザード
『ザルヴァートル・モデル』
というわけですな?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
そうです。
ノートゥング・モデルのコアさえ
手に入れば、その完成は間近ですよ」
Face TO 18 00.png
ハザード
期待しておりますぞ、ドクター!
我ら人類の未来のために!」
Face TO 18 00.png
ハザード
そして、このワシの野望のためにな)
Face TO 18 00.png
ハザード
アルヴィスの子供たちとやらも、
せいぜい人間兵器として利用してやるわ。
ぐふふふ…)
Face TO 02 00.png
レニー
マクロス・クォーターのおかげで、
なんとかフェストゥムは撃退できたけど…」
Face LB 00 00.png
浩一
一騎の行方はわかったんですか?」
Face OG 03 00.png
リチャード
その件なんだが…どうやら、
竜宮島に潜入していたスパイが
手引きしたらしい」
Face OG 00 00.png
アーニー
スパイ…?」
Face FA 15 00.png
遠見
狩谷由紀恵…
ファフナーの元パイロット候補生で、
竜宮島の出身者です…」
Face FA 02 00.png
真矢
!? か、狩谷先生が…!?」
Face FA 05 00.png
剣司
うっそぉぉーっ!?
一騎と狩谷先生って、
そんな関係だったのかよ!?」
Face FA 05 00.png
剣司
許されぬ恋!
歳の離れたふたりの選択した道は、
か・け・お・ち!?」
Face FA 04 00.png
咲良
うるさいっ!」
Face FA 05 00.png
剣司
ぐえっ! い、痛ってぇ~…」
Face FA 04 00.png
咲良
そんなシャレたもんじゃないわよ。
アイツは怖くなって逃げただけ。
敵前逃亡よ…」
Face FA 06 00.png
て、敵前逃亡って…それって!」
Face OG 02 00.png
サヤ
普通の軍隊なら当然、銃殺刑です」
Face FA 05 00.png
剣司
じゅ、銃殺ぅ…!?」
Face OG 00 00.png
アーニー
心配しなくてもいいよ。
そんなこと言い出したら、
僕だって脱走兵なんだ」
Face OG 00 00.png
アーニー
大丈夫、ここは普通の軍隊じゃない」
Face LB 11 00.png
宗美
それは、そうかもしれませんが…」
Face FA 01 00.png
総士
遠見、一騎は出て行く前に…
最後に君と話していたそうだな」
Face FA 02 00.png
真矢
皆城君…」
Face FA 01 00.png
総士
一騎は何を話した?
戦いから逃げたいと言っていたか?
それとも…」
Face FA 01 00.png
総士
僕から逃げたいと言っていたか…?」
Face SD 03 03.png
シン
!? 総士…!」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face FA 02 00.png
真矢
違うよ。
ただ、自分のことを覚えてて欲しいって…」
Face FA 01 00.png
総士
そうか…」
Face FA 02 00.png
真矢
私も…聞きたいことがあるの。
一騎君は、皆城君に何か話した?」
Face FA 01 00.png
総士
…いや、何も」
Face FA 02 00.png
真矢
だったら、何で逃げたなんて言うのよ!?」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君と、
もっと話し合えば良かったじゃない!
逃げてるのはあなたでしょ!」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
真矢ちゃん…」
Face FA 01 00.png
総士
君に…何がわかるというんだ!?
あいつが、あいつなら…」
Face FA 01 00.png
総士
あいつなら、
僕をわかってくれると思った…」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君だって…あなたのこと、
そう思ってたに決まってるじゃない!」
Face FA 01 00.png
総士
…!?」
Face FA 02 00.png
真矢
ジークフリード・システムで…
機械を使って、人の心を覗いて、
それで理解したことになるの?」
Face FA 02 00.png
真矢
あなたは、
一騎君の何がわかってるのよ!?」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face FA 01 00.png
総士
一騎…僕は、ただ…)
Face FA 00 00.png
一騎
ぐっ…俺を騙したんだな!?」
Face FA 00 00.png
一騎
あんたの目的は、連邦軍に
ファフナーを渡すことだったんだろ!」
Face FA 32 00.png
狩谷
勘違いしないで。
約束通り、あなたを
楽園に連れて行ってあげるわ」
Face FA 00 00.png
一騎
楽園なんて…俺はただ!」
Face FA 32 00.png
狩谷
少なくとも…
これから行く場所は、私にとって楽園なのよ」
Face FA 32 00.png
狩谷
それまで、
もう少しそこで我慢しててちょうだい」
Face FA 00 00.png
一騎
くっ…!」
Face DA 01 00.png
チャム
元気だして、一騎。
きっとショウたちが助けてくれるわよ」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face DA 01 00.png
チャム
あ、ほら誰か来たわよ!
おーい…!」
Face FA 00 00.png
一騎
しーっ!
君のことを見られるとまずい、
服の中に隠れて!」
Face DA 01 00.png
チャム
あーん、もう!
そんなにぎゅうぎゅう押さないで!」
Face FA 70 00.png
道生
よお…久しぶりだな、真壁一騎」
Face FA 00 00.png
一騎
!? 道生さん…!?
どうしてあなたがここに…!」
Face FA 70 00.png
道生
まさか、お前が
マークエルフのパイロットだったとはな。
手荒なことをして悪かった」
Face FA 00 00.png
一騎
って、じゃあ…!
道生さんが、さっきのあの機体の…!?」
Face FA 70 00.png
道生
そういうことだ」
Face FA 70 00.png
道生
5年前、親父に連れられて
竜宮島を出て以来、連邦軍の兵士として
あっちこっちでこき使われてる」
Face FA 00 00.png
一騎
連邦軍の、兵士…」
Face FA 70 00.png
道生
なあ、その…竜宮島のことを
聞かせて欲しいんだが…」
Face FA 70 00.png
道生
と、遠見弓子は…今どうしてる?」
Face FA 00 00.png
一騎
弓子さん?
島の学校では、保健室の先生を…」
Face FA 70 00.png
道生
!? あいつが先生か!」
Face FA 70 00.png
道生
はは、知ってるか?
あいつ、昔は東京に行って
アイドルになるのが夢だったんだぜ?」
Face FA 00 00.png
一騎
はぁ…」
Face FA 70 00.png
道生
そうかぁ…
弓子のヤツ、元気にしてるのかぁ…」
Face FA 69 00.png
カノン
ここにいたのか、トリプルシックス」
Face FA 00 00.png
一騎
トリプルシックス…?」
Face FA 70 00.png
道生
俺のコードネームさ。
待機中の時くらい名前で呼べばいいのに、
融通の利かないヤツでね」
Face FA 70 00.png
道生
こいつはカノン。
俺とコンビを組んでる、
ベイバロン・モデルのパイロットだ」
Face FA 00 00.png
一騎
じゃあ、あの赤い機体の方の…」
Face FA 69 00.png
カノン
そろそろ到着するそうだ」
Face FA 00 00.png
一騎
俺は…どこに連れて行かれるんですか?」
Face FA 70 00.png
道生
東ヨーロッパ、
モルドヴァ共和国の地下にある
俺たちの拠点…」
Face FA 70 00.png
道生
連邦軍、対フェストゥム部隊の
地下研究施設だ…」
Face OO 05 00.png
ピーリス
こんな砂漠の地下に、
連邦軍の巨大な基地があるなんてね」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
数ある連邦軍基地の中でも、
ここは特殊な研究施設らしいからね」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
それより、
ここの太陽光受信システムが
送電を停止したって…」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
それがそんなにも気になるのかい、
マリー?」
Face OO 05 00.png
ピーリス
ええ、何だか妙な胸騒ぎがして…」
Face OO 05 00.png
ピーリス
ごめんなさい、
私のわがままにつき合わせて」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
いいさ。
たまには寄り道も悪くない」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
もう少しで、地上の変電施設が
見えてくるはずだけど…」
Face OO 05 00.png
ピーリス
!? 見て、あれは…!」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
ああっ…!?
変電施設が…なくなっている!?」
Face OO 05 00.png
ピーリス
まるで、地面ごとえぐり取られたみたい…
どういうこと!?」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
………」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
一体、何が起こっているんだ…
この基地で…」
Face LB 04 01.png
森次
マークエルフの行方も気になるが、
今はフェストゥムに集中しろ」
Face LB 04 01.png
森次
各機、戦闘を開始する」
Face OO 07 01.png
スメラギ
マークエルフの行方も気になるけど、
今はフェストゥムに集中すべきよ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
みんな、油断しないでね!」
Face OG 03 01.png
リチャード
マークエルフの行方も気になるが、
今はフェストゥムに集中しろ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
油断できる数じゃないぞ!」
Face FA 01 01.png
総士
逃げた一騎のことよりも、
今はフェストゥムに集中すべきです!」
Face FA 01 01.png
総士
くれぐれも油断しないように!」
Face BB 17 00.png
周瑜
マークエルフの行方も気になりますが、
今はフェストゥムに集中すべきです!」
Face BB 17 00.png
周瑜
皆さん、くれぐれも油断なきよう!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
マークエルフの行方はさておき、
今は目の前の敵に集中すべきである!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
全軍、戦闘開始!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
マークエルフの行方も気になりますが、
今はフェストゥムに集中すべきです!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
皆さん、くれぐれも油断なきよう!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
マークエルフの行方も気になるが、
今はフェストゥムに集中するべきだ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
諸君、くれぐれも油断するなよ!」
Face MF 01 01.png
オズマ
マークエルフの行方も気になるが、
今はフェストゥムに集中しろ!」
Face MF 01 01.png
オズマ
全機、攻撃開始だ!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
マークエルフの行方も気になるが、
今はフェストゥムに集中しろ!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
野郎ども、戦闘開始だ!!」
Face BB 07 00.png
孔明
一騎さんの行方も気になりますが、
今はフェストゥムに集中すべきです!」
Face BB 07 00.png
孔明
皆さん、くれぐれも油断なきよう!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
あなたは、そこにいますか…?」
Face FA 09 02.png
道生
聞き飽きたぜ!
このバケモノどもがあッ!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
あなたは、そこにいますか?」
Face FA 08 02.png
カノン
前はいたが、今はもういないもの」
Face FA 08 02.png
カノン
十の角を持つ獣は、その女を憎み、
衣を剥いで裸にし、その肉を食らい…」
Face FA 08 02.png
カノン
そして、焼き尽くす…!」
Face SD 03 01.png
シン
そこをどけ!
今お前たちに構ってるヒマはないんだ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
相変わらずぞろぞろ現れやがって!
一騎を追わなきゃいけねえってのに!」
Face LB 00 01.png
浩一
一騎のヤツ…
道明寺が言ってたように、
本当に悪霊にとり憑かれちまったのかよ!」
Face OO 00 01.png
刹那
探査船の破片の落下地点に、
フェストゥムが現れた…)
Face OO 00 01.png
刹那
これはただの偶然か、それとも…)
Face LI 03 01.png
エレボス
エイサップ、聞こえる?
これって…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
どうした、エレボス?
聞こえるって何が?」
Face LI 03 01.png
エレボス
この感じ…なに?
頭がざわざわする…誰の声なの?)
Face DA 00 01.png
ショウ
どうしてチャムが一騎のところに…
まったく、余計な仕事ばかり増やして!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
あなたは、そこにいますか…?」
Face DB 01 01.png
アル
こやつがスフィンクス型…
フン、『問いかける者』とは、
なかなか洒落た名前をつけるではないか」
Face DB 00 01.png
九郎
呑気に感心してる場合かよ!
とっとと終わらせて一騎を連れ戻すぞ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
これが、フェストゥム…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
でも、近づきさえすれば、
ヒーローマンにだって…!」
Face BB 00 01.png
劉備
気をつけろ、曹操!
そいつらは…!」
Face BB 09 01.png
曹操
話は聞いている。
だが、手の内を読めたところで、
余の一撃をかわせるものかッ!」
Face SK 00 00.png
海動
どうした、聞いてこいよ!
俺たちがどこにいるかってなあ!」
Face SK 01 00.png
真上
答えは決まっている。
俺たちは…いや、俺たちが地獄だ!」
Face MF 00 01.png
アルト
またこいつらかよ!
お前らみたいな連中に、
俺の心の中を読まれてたまるか!」
Face VR 01 00.png
フェイ
うーん…。わたしの歌って、
こうゆうのに 効果があるのかな?」
Face VR 01 00.png
フェイ
まあ…
なるようになる、よね!?」
avatar