Face FA 08 00.png
カノン
………」
Face OO 05 00.png
ピーリス
こんなところにいたのね、カノン」
Face FA 02 00.png
真矢
ねえ、少し時間いいかな?」
Face FA 08 00.png
カノン
真矢、ピーリス?
それにお前は…」
Face FA 03 00.png
翔子
えっと、初めまして…かな?」
Face FA 08 00.png
カノン
羽佐間…翔子…」
Face FA 02 00.png
真矢
翔子に全部伝えたの。
カノンのこと、翔子のお母さんとのことも。
そしたら、カノンと会ってみたいって」
Face FA 03 00.png
翔子
その、びっくりしちゃった。
島ではお母さんと一緒に
暮らすことになってるんでしょ?」
Face FA 08 00.png
カノン
それは竜宮島で過ごす上での、
便宜的なものにすぎない」
Face FA 08 00.png
カノン
あそこは今も昔もお前たち家族の家だ。
必要なら…私はあの家から出よう」
Face OO 05 00.png
ピーリス
カノン…」
Face FA 03 00.png
翔子
………」
Face FA 03 00.png
翔子
ねえ、カノン。
お母さんのこと、どう思ってる?」
Face FA 08 00.png
カノン
容子と過ごした時間は少しだが、
色々なことを教えてもらった」
Face FA 08 00.png
カノン
難しいこともたくさん言われたが、
共にいて悪い気は…しない…」
Face FA 03 00.png
翔子
そう、なんだ…」
Face FA 02 00.png
真矢
ねえ、これから翔子に
艦の中を案内することになってるんだけど、
カノンも一緒にどうかな?」
Face FA 08 00.png
カノン
私が…?」
Face OO 05 00.png
ピーリス
互いの事を知るいい機会じゃないかしら?
同じ部隊の仲間として、そして友達としてね」
Face FA 08 00.png
カノン
友達、か…」
Face FA 03 00.png
翔子
どう、かな…?」
Face FA 08 00.png
カノン
………」
Face FA 08 00.png
カノン
わかった、私も一緒に行こう」
Face FA 03 00.png
翔子
ありがとう、カノン…」
Face FA 09 00.png
道生
捕まったエイサップたちのことも心配だが、
この拠点に攻め込まれる心配も
した方がよさそうだな」
Face BB 19 00.png
陸遜
ええ、ここの正確な位置が
敵に把握されてしまいましたからね…」
Face DA 00 00.png
ショウ
………」
Face DA 00 00.png
ショウ
色々と考えたんですが、
一度、サコミズ王に
直接会ってみようと思うんです」
Face FA 01 00.png
総士
サコミズ王に
伝えたいことでもあるんですか?」
Face DA 00 00.png
ショウ
サコミズ王は、おそらく知らないんだ」
Face DA 00 00.png
ショウ
地上に上がった
オーラマシンの危険性を…」
Face OO 06 00.png
ティエリア
だが、果たしてあの男が
聞き入れるかどうか…」
Face SK 03 00.png
スカーレット
なにせ特攻隊の生き残りにして、
国興しの聖戦士だからな」
Face SK 03 00.png
スカーレット
生半可な説得では
己の意志は曲げないだろう」
Face OG 03 00.png
リチャード
理想を抱く戦士か。
迷いがない相手というのは、
敵に回すとやっかいだな」
Face OG 00 00.png
アーニー
でも、昔の理想を貫くために
今の時代に生きる人を犠牲にして
いいわけではないはずです」
Face BB 09 00.png
曹操
…だが、犠牲なしで
貫ける理想などあるまい?」
Face BB 00 00.png
劉備
! 曹操…!」
Face BB 09 00.png
曹操
勘違いするな、劉備。
ここで部隊の方針に干渉する気はない」
Face BB 09 00.png
曹操
ただ、余は見極めてみたいのだ。
犠牲を是としてまで貫こうとする、
サコミズとやらの理想をな…」
Face DA 00 00.png
ショウ
では、将軍も来られますか」
Face BB 09 00.png
曹操
同行しよう。
司馬懿、お前も共に来るがいい」
Face BB 11 00.png
司馬懿
御意」
Face DA 02 00.png
マーベル
ショウ、サコミズ王の城に行くのなら
あの男に気をつけて…」
Face DA 00 00.png
ショウ
ショット・ウェポンか」
Face SK 02 01.png
由木
その人、本当に
ショウさんたちの世界にいた人と
同一人物なんでしょうか?」
Face DA 01 00.png
チャム
本物のショットに間違いないわ!
この世界のジャコバ様が言ってたもの!」
Face DA 00 00.png
ショウ
だとすれば、奴はこの世界で
一体何を企んでいるのか…」
Face OO 07 00.png
スメラギ
ともかく、内部との連絡役がいるわね。
刹那とチャム、お願いできるかしら?」
Face OO 00 00.png
刹那
わかった、近くに待機しておく」
Face DA 01 00.png
チャム
任せておいて!
ショウよりもずっと頼りになるんだから!」
Face LI 17 00.png
キキ
頼まれていたビルバインの
塗り替えも終わらせておいたからね。
マシンの準備は問題ないよ」
Face DA 00 00.png
ショウ
塗り替え? 何の話だ?」
Face LI 18 00.png
ヘベ
違ったのかい?
チャムにそう頼まれたんだがね」
Face DA 01 00.png
チャム
だって、夜に飛ぶんだから、
あの色でなくっちゃあ!」
Face DA 00 00.png
ショウ
あの色って…
潜入しに行くわけじゃないんだがなぁ」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
ついでというわけではありませんが、
我が覇道財閥の優秀なメカニックの手で、
チューンナップを施しておきました」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
少しではございますが、
ビルバインの出力が上がっているはずです」
Face DA 00 00.png
ショウ
それは助かります。
ありがとうございました」
Face BB 07 00.png
孔明
…アルさん、少しよろしいですか?」
Face DB 01 00.png
アル
ん、なんだ?」
Face BB 07 00.png
孔明
ショウさんたちが敵城へ赴く前に、
ひとつ頼みごとがあるのですが…」
Face LI 14 00.png
コットウ
なにごとだ!?」
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
城に近づくオーラマシンを探知しました!
数は1体!」
Face LI 19 00.png
コドール
1体…?
襲撃ではないのだな?」
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
こちらをご覧ください」
Face LI 00 01.png
エイサップ
あれは…ビルバイン!
ショウさんか!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
ほう、鈴木君が言っていた例の…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
はい、サコミズ王。
彼こそがもうひとりの聖戦士です」
Face LI 08 00.png
サコミズ
ふむ…面白い。
あのオーラマシンを城に迎え入れろ!」
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
はっ…!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ショウさん、
それに曹操将軍たちまで…」
Face DA 00 01.png
ショウ
怪我はないようだな、エイサップ。
安心したよ」
Face LI 08 00.png
サコミズ
あのような形で捕えることにはなったが、
一度は婿とまで見込んだ男だからな。
客分として迎えている」
Face DA 00 01.png
ショウ
初めまして、サコミズ王。
ショウ・ザマと申します」
Face LI 08 00.png
サコミズ
君がザマ君か。
鈴木君から聞いている。
なんでも、別世界の聖戦士だとか」
Face DA 00 01.png
ショウ
は…」
Face LI 08 00.png
サコミズ
そちらは異世界の戦士…
いや、武将殿に軍師殿か」
Face BB 11 00.png
司馬懿
司馬懿と申します、お見知りおきを。
そしてこちらが我が主、曹操将軍」
Face BB 09 00.png
曹操
………」
Face LI 19 00.png
コドール
して、そのような異世界の者たちが
王に進言とは?」
Face DA 00 01.png
ショウ
オーラマシンが生み出す悲劇について
お伝えしに参ったのです」
Face LI 08 00.png
サコミズ
悲劇だと…?」
Face DA 00 01.png
ショウ
私はかつて、ここではない
バイストン・ウェルに召還され、
聖戦士として数多の敵と戦いました」
Face DA 00 01.png
ショウ
そこに隠れている、
ショット・ウェポンとも!」
Face DA 05 00.png
ショット
…ショウ・ザマ。
貴様もこの世界に来ていたとはな」
Face LI 08 00.png
サコミズ
ザマ君、オーラマシンの危険性については、
このショットから聞き及んでいる」
Face LI 08 00.png
サコミズ
しかし、使い方次第で危険を伴うのは
いかなる兵器とて同じはず」
Face BB 11 00.png
司馬懿
ですが、貴殿は地上に上がるため、
この地の民に苦役を課していると
聞きましたが?」
Face LI 08 00.png
サコミズ
民に理解されぬことは、
ハナから承知している」
Face LI 08 00.png
サコミズ
されど、王として…
両世界を渡る聖戦士として、
果たすべき義務というものがある」
Face BB 09 00.png
曹操
確かに…大義のため、
悪名を引き受けるのも
王たる者の責務というものだが…」
Face LI 08 00.png
サコミズ
世界は違えど、
さすがは天下を統べんとする覇王。
わかっておられるようだ」
Face BB 09 00.png
曹操
………」
Face LI 08 00.png
サコミズ
ザマ君、鈴木君!
地上を目指すという点では、
我々の目的は同じ」
Face LI 08 00.png
サコミズ
同じ聖戦士として、
こたびの停戦に協力願いたい」
Face LI 19 00.png
コドール
投降に同意したアマルガンの血判状も、
この通り用意してあります」
Face LI 19 00.png
コドール
反乱軍の投降も
滞りなく実現しましょう」
Face DA 00 01.png
ショウ
そのアマルガン殿はどちらに?」
Face LI 19 00.png
コドール
かの者は既に、停戦の先を見越して
尽力してくれている」
Face LI 08 00.png
サコミズ
鈴木君には、この血判状を持って
反乱軍の元に赴いてもらいたい」
Face LI 08 00.png
サコミズ
和平が成れば、
この地で流れる血も止まり、
リュクスの謹慎も解くことができよう」
Face LI 00 01.png
エイサップ
承知致しました。
その任、謹んでお受けいたします。
それが和平の助けとなるのなら…」
Face DA 00 01.png
ショウ
………」
Face LI 00 01.png
エイサップ
アマルガンもサコミズ王も、
話がわからない人じゃないんだ)
Face LI 00 01.png
エイサップ
これで和平が実現すれば、
もうリュクスが悩むことだって…)
Face BB 11 00.png
司馬懿
サコミズ王…。
確かに一方ならぬ人物と見受けましたが…」
Face BB 09 00.png
曹操
アマルガンの血判状、
ショウよ、そなたはどう見る?」
Face DA 00 01.png
ショウ
…エイサップに比べれば、
俺は人が悪くなったのかもしれませんね」
Face DA 00 01.png
ショウ
何か、裏があるような気がしてならない」
Face BB 09 00.png
曹操
フ、やはり貴公もそう思うか」
Face DA 05 00.png
ショット
時空を超えたこのような地で会うとは、
お互い奇縁というものだろうな」
Face DA 00 01.png
ショウ
ショット・ウェポン…!」
Face DA 05 00.png
ショット
そう睨むな、ショウ・ザマ。
私ひとりに何ができるものでもあるまい」
Face DA 00 01.png
ショウ
お前がサコミズ王に取り入り、
この地でオーラマシンを
開発する意図は何だ?」
Face DA 05 00.png
ショット
これは異なことを聞く」
Face DA 05 00.png
ショット
元より私は技術者だ。
国家の庇護を受け、技術開発に励むのは
天命というもの」
Face DA 00 01.png
ショウ
その技術が、
大きな争乱を招くとしてもか!」
Face DA 05 00.png
ショット
随分と私を敵視してくれる…」
Face DA 05 00.png
ショット
ここは我々のいた世界と違う。
今さら争う理由などないとは思わんか?」
Face DA 00 01.png
ショウ
理由がないのはわかっているさ。
だが、貴様のことは信用できん…!」
Face DA 05 00.png
ショット
恨みごとを並べるのならば、
こちらとて想い人を殺されている!」
Face DA 00 01.png
ショウ
!? ミュージィ・ポーか…」
Face DA 05 00.png
ショット
しかし、私はその怨念を
こちらの世界にまで持ち越そうとは
思っていない」
Face DA 05 00.png
ショット
でなければ、浄化を超えて
ここに来た意味まで見失うからな」
Face DA 00 01.png
ショウ
………」
Face DA 05 00.png
ショット
わかってくれ、
とまで頭を下げる義理はないが…」
Face DA 00 01.png
ショウ
ショット・ウェポン…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
かの者の目は、かの者自身の
野心を宿しているように
見受けられました」
Face BB 11 00.png
司馬懿
王佐の才…
忠義の臣ではありますまい」
Face DA 00 01.png
ショウ
やはり、奴がサコミズ王に仕えるのは
何か別の目的を成すために…」
Face BB 09 00.png
曹操
だが、それはサコミズも承知の上であろう」
Face DA 00 01.png
ショウ
サコミズ王が…?」
Face BB 09 00.png
曹操
敵対した者や、
謀反の機を窺う者までも懐に収めてこそ
覇王の器というもの」
Face BB 09 00.png
曹操
でなければ、天下の統一など叶わぬ。
そうは思わんか、司馬懿よ?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
御意」
Face DA 01 01.png
チャム
ショウ…ショウ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
チャム…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
もう少し声を落とせ。
どうだった、城の様子は?」
Face DA 01 01.png
チャム
うん、ちゃんと調べてきたよ。
やっぱり、ショウたちの言った通り…」
Face LI 11 00.png
金本
停戦協定には、
ホウジョウの奴らと一緒に
エイサップも行ったんだってさ」
Face LI 10 00.png
朗利
なんでだよ!
俺たちの方があれこれこの国のために
戦ってやってるのによぉ!」
Face LI 10 00.png
朗利
大事な場面に限ってエイサップだ!
どいつもこいつも…!」
Face LI 19 00.png
コドール
ふふふ…妬み、憎しみも、
時には強いオーラ力を発揮するもの…」
Face LI 11 00.png
金本
コドール女王…!」
Face LI 19 00.png
コドール
地上人よ、私はエイサップより
そちらを高く評価しておるぞ」
Face LI 10 00.png
朗利
へっ、ありがたい!
尽くし甲斐があるってもんですよ!」
Face DA 05 00.png
ショット
しかし、コドール様、
あのショウ・ザマは油断のできぬ男。
くれぐれもご用心を」
Face LI 19 00.png
コドール
なに、この城に来た以上、
外に出すつもりはない」
Face LI 19 00.png
コドール
覚えておけ…。
妾は『聖戦士』なるものを、
はなから信用してなどおらぬ」
Face LI 19 00.png
コドール
どの聖戦士も、な…」
Face LI 17 00.png
キキ
停戦勧告か…。
まさか、あんたが大使で来るとはね」
Face LI 00 01.png
エイサップ
成り行きですよ。
ただこの協定が実現すればいいとは
願っています」
Face LI 18 00.png
ヘベ
アマルガンの投降同意書ねぇ。
確かに本物には見えるが…」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
サコミズ王は寛大な御心で、
いま兵を退けば、反乱の罪は問わないと
お示しです」
Face LI 13 00.png
カスミ
だからこそ、エイサップ殿も
こうして和平の特使を引き受けられた」
Face LI 17 00.png
キキ
………」
Face LI 00 01.png
エイサップ
妙だ…)
Face LI 00 01.png
エイサップ
<name6>のみんなの姿が見えない。
協定の場だから控えているのか?)
Face LI 18 00.png
ヘベ
この停戦の協定書には、
アマルガンや他の捕虜も解放するとある」
Face LI 17 00.png
キキ
矛を収めるって言うなら、
そいつを先に見せてもらわないとね」
Face LI 13 00.png
カスミ
フ、そう言って頂けねば、
旗艦に解放の合図も送れなかった。
しばし待たれよ…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
これで、この地の戦乱を止めて
リュクスの想いを守れるなら…)
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
カスミ殿からの花火信号を確認しました!
反乱軍拠点の正確な位置を特定!」
Face DA 05 00.png
ショット
王よ、ついにアブタ・ブラスを
フガクの射程距離内に捉えましたな」
Face LI 01 01.png
リュクス
射程距離内!?
父上、これはどういうことですか!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
…ふたりを入れろ」
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
さぁ、入れ!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
ぐうっ…サコミズ、貴様…!」
Face LI 03 01.png
エレボス
ちょっと、痛いってば!
離しておくれよ!」
Face LI 01 00.png
リュクス
アマルガン、エレボス!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
曹操殿たちは油断ならぬ御仁ゆえ、
城に留まってもらったがな…」
Face LI 08 00.png
サコミズ
お前たちには、事の成り行きを
見守ることだけは許してやろう」
Face LI 16 00.png
アマルガン
サコミズ…
貴様、何を企んでおる!?」
Face LI 16 00.png
アマルガン
このように卑劣な…
偽の血判状を用いた偽計を使うなど!」
Face LI 01 01.png
リュクス
血判状が偽物!?」
Face LI 08 00.png
サコミズ
知れたこと。
我が悲願は日本国の
真の姿を取り戻すこと!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
そのために、この地に
オーラロードを拓くのだ…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
やはり父上は、
地上を侵略するおつもりなのですね!?
そのために、エイサップまで騙して…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
そんな父上を、
リーンの翼が認めるとでもお思いですか!」
Face LI 01 01.png
リュクス
そうやって私から取り上げた、
リーンの翼の沓を履いたとしても…!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
フフ…やはりお前たちは、
何もわかっていない」
Face LI 08 00.png
サコミズ
なにもリーンの翼の沓だけが、
オーラロードを拓く力を持っている
わけではないのだ」
Face LI 01 00.png
リュクス
え…!?」
Face LI 08 00.png
サコミズ
全砲門開け!
反乱軍拠点に集中砲火を浴びせる!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
サコミズ…貴様ぁ!
かつての聖戦士がそこまで堕ちたか!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
そうだ…憎め、呪え!
その負の感情が生み出す、
マイナスのオーラエナジーこそ最強!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
それをこのフガクで吸い取り、
オーラロードを拓く糧とするのだ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
あんた…そのために反乱軍の人たちを、
皆殺しにするつもりなの…?」
Face LI 16 00.png
アマルガン
!? ま、まさかそこまで…!
貴様…なんということを!」
Face LI 01 01.png
リュクス
や、やめて…父上!」
Face DA 05 00.png
ショット
さあ王よ、悲願への扉を開く号令を!」
Face LI 01 01.png
リュクス
やめてぇぇぇーっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
カスミ殿、どういうことですか!
この地をすぐに離れろとは!?」
Face LI 13 00.png
カスミ
王の命令だ!
信号弾を上げた後に帰還せよとな」
Face LI 00 01.png
エイサップ
サコミズ王は、なぜそのようなことを…?」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
フ、すぐにわかる…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
あれはフガク?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
…!?
砲門の向いている方向…あの先には!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
まさか…最初からサコミズ王は、
アブタ・ブラスを焼き払うために!?」
Face LI 14 00.png
コットウ
主砲、一斉発射準備よし!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
だ、騙したのか…!?
何もかもウソだったのか!
サコミズ王ッ!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
撃てぇぇぇーっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
やめろぉぉぉーっ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
ああ…アブタ・ブラスが!
みんなが…!」
Face LI 14 00.png
コットウ
フハハハ、燃えろ燃えろ!
奴らを根絶やしにするのだ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
な、なんということを…!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
いや、待て。
様子がおかしい!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
! あ、あれは…!?」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
!? バ、バカな…!
どういうことだ!?」
Face LI 13 00.png
カスミ
なぜフガクは、
そんな所を砲撃しているのだぁッ!?」
Face LI 14 00.png
コットウ
反乱軍の拠点が…
アブタ・ブラスが消えただと!?」
Face DA 05 00.png
ショット
こ、これは…いったい!?」
Face BB 07 00.png
孔明
どうやら、上手くいったようですね」
Face LI 17 00.png
キキ
な、何がどうなってるんだ…!?」
Face BB 07 00.png
孔明
彼らが攻撃していたのは、
アブタ・ブラスの幻像だったのですよ」
Face LI 18 00.png
ヘベ
幻像…!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
そうか!
あのアブタ・ブラスは、アルさんの魔術…
ニトクリスの鏡で創った偽物か!」
Face LI 13 00.png
カスミ
な、なんだと!?」
Face DB 01 01.png
アル
まったく、あれほど巨大な幻像を
魔術で創り出すにはホネが折れたぞ」
Face BB 07 00.png
孔明
フフフ…魔術と兵法を融合させた、
歴史的な計の誕生ですよ」
Face BB 07 00.png
孔明
『魔導遁甲・空城の陣』、
とでも名付けましょうか」
Face LI 19 00.png
コドール
クッ…何をやっている!
すぐに主砲を奴らの戦艦に…」
Face LI 14 00.png
コットウ
ぐわっ! な、なにごとだ!?」
Face OO 01 03.png
ロックオン
ロックオン・ストラトス、
敵艦を狙い撃ってやったぜ!」
Face LI 15 00.png
ホウジョウ軍兵士
コドール様!
い、今の攻撃によって主砲が損傷!
これでは、長距離砲撃が…!」
Face LI 19 00.png
コドール
!? バ、バカなっ…!」
Face BB 19 00.png
陸遜
さすが、お師匠様!
ロックオン様の潜伏位置も完璧でしたね!」
Face BB 17 00.png
周瑜
孫子いわく、
『まず勝ちて、しかる後に戦いを求む』」
Face BB 17 00.png
周瑜
戦の勝敗とは、始まった時点で
すでに決しておるものなのだ」
Face LI 19 00.png
コドール
お、おのれぇ…反乱軍どもめッ!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
フフフ…さすがは私が認めた地上人たち!
見事な采配だ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
父上、あなたは一体何を…)
Face LI 00 01.png
エイサップ
ホウジョウ軍!
こんな騙し討ちが
許されると思っているのか!?」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
黙れ、地上人!
もはや貴様などに用はないわッ!」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
死ねえぇぇぇッ!」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
ぐ…な、なにっ!?」
Face OO 00 01.png
刹那
………」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ダブルオーライザー…刹那さんか!」
Face OO 00 01.png
刹那
目標を確認。
今のうちにトレミーと合流するぞ、
エイサップ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
わ、わかりました!」
Face DB 00 01.png
九郎
無事だったようだな、エイサップ」
Face LI 00 01.png
エイサップ
すいません、俺のせいで
皆さんまで危険な目に遭わせてしまって…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
けど、皆さんはなぜサコミズ王の策を?」
Face OO 00 01.png
刹那
ショウたちに紛れて城に潜入したチャムが、
囚われのアマルガンを見つけて
話を聞き出してくれた」
Face BB 13 00.png
孫権
あの血判状は、
無理矢理作られた偽物だったんだ」
Face OG 03 00.png
リチャード
黙っていて悪かったな、エイサップ。
お前と一緒にいたホウジョウの侍に、
気づかれたくなかったんだ」
Face LI 00 01.png
エイサップ
そうとも知らず、
俺はみすみすサコミズ王の策に…」
Face DA 02 01.png
マーベル
悔むのは後ではなくて?
今は己のやるべきことを見据えなさい」
Face LI 00 01.png
エイサップ
…はい!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
ふ、ふふ…サコミズよ、
貴様の奸計も見破られていたようだな!」
Face LI 03 01.png
エレボス
そうよ!
あんたの野望もおしまいさ!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
我が宿願の炎は消えてなどおらぬ。
むしろ、ここより更に燃え盛るのだッ!」
Face SK 00 00.png
海動
敵さん、慌てて
わらわらと出てきやがったぜ!」
Face FA 01 01.png
総士
各員、こちらも出撃します!」
Face LI 13 00.png
カスミ
忌々しい!
これが地上人たちの力だというのか!」
Face LI 13 00.png
カスミ
ええい、撤退する!」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
あともう少しで、
反乱軍を一掃できたものを!
撤退する…!」
Face LI 10 00.png
朗利
まだ足りねえんだよ、
全部ぶっ壊すだけの力が!
それを手に入れるまではぁッ!」
Face LI 11 00.png
金本
女王様の言葉を
真に受けるつもりはないけど…」
Face LI 11 00.png
金本
それでも、もう引き返せないんだよ!」
Face LI 14 00.png
コットウ
女王陛下と王が乗っておられるのだ!
むざむざ墜とさせてなるものか!」
Face LI 19 00.png
コドール
戯れもここまでだ、反乱軍よ」
Face LI 19 00.png
コドール
このフガクには我らだけでなく、
リュクスとアマルガンたちが乗っておる!
墜とせば、こやつらの命もないぞ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
後妻(のちぞえ)様…!」
Face BB 15 01.png
孫尚香
自分の娘まで人質にするなんて、
なに考えてんのよ!」
Face LI 19 00.png
コドール
フフ、戦とは常に先を見据えて
策を用意しておくものよ…」
Face LI 14 00.png
コットウ
さあ、反乱軍を根絶やしにするのだ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
このままじゃ、
リュクスや反乱軍の人たちまでが…!」
Face DA 00 01.png
???
あのふたりは俺たちに任せろ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
…!?」
Face DA 05 00.png
ショット
ウイング・キャリバーだと!?」
Face BB 00 00.png
劉備
背中に乗ってるのは、曹操と司馬懿か!」
Face FA 08 02.png
カノン
あの速度で飛んで、
よく振り落とされないものだな」
Face LI 19 00.png
コドール
あやつらは
城に留めるよう命令を下したはず!
なぜ、この場所に!?」
Face BB 09 00.png
曹操
フ…笑止!
うぬらごときの奸計、
余に見抜けぬとでも思うたか!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
すでに我が君とショウ殿の手により、
ヒップ・クレネ城にあるオーラマシンは
すべて破壊した!」
Face DA 05 00.png
ショット
!? な、なんと…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
さあ行ってくれ、曹操将軍!」
Face BB 09 01.png
曹操
承知ッ!」
Face LI 01 00.png
リュクス
曹操将軍!」
Face BB 09 01.png
曹操
………」
Face LI 08 00.png
サコミズ
フ、見事だな曹操!
さすがは乱世の奸雄と言っておこう!」
Face BB 09 01.png
曹操
サコミズ…貴様の掲げる理想とは、
この程度のものだったのか?」
Face LI 08 00.png
サコミズ
なに…?」
Face BB 09 01.png
曹操
犠牲をいとわぬはよい。
だが、奸計に堕ちた者に
覇道は貫けぬと知れッ!」
Face BB 09 01.png
曹操
大…紅蓮斬ッ!」
Face LI 08 00.png
サコミズ
ぬ…ぐぅぅっ!」
Face BB 09 01.png
曹操
人質は返してもらうぞ、サコミズ!」
Face FA 06 01.png
やった!
人質を救出したか!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
後は頼みましたぞ、ショウ殿!」
Face DA 00 01.png
ショウ
ああ、任せてくれ!」
Face LI 03 00.png
エレボス
エイサップ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
エレボス、無事で良かった!
リュクスとアマルガンも!」
Face LI 01 00.png
リュクス
ごめんなさい、エイサップ。
父の野心に巻き込んでしまって…」
Face LI 16 00.png
アマルガン
話は後です!
ホウジョウの奴ら、いよいよ本気だぞ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
あれは…サコミズ王のオーラバトラー!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
曹操、そして地上人たちよ!
我が理想が覇業に値せぬかどうか…」
Face LI 08 01.png
サコミズ
その剣をもって、量るがいい!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
堕ちた聖戦士が何を言うか!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
かつては友と呼んだ仲…
せめてこのワシが引導を渡してやるわ!」
Face LI 17 00.png
キキ
無理するんじゃないよ、御老体!」
Face LI 18 00.png
ヘベ
あたしたちが
しっかりサポートしてやるからさ!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
行くぞぉ! キキ、ヘベ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
フン、この程度!
しばらく刃を交えぬうちに、
聖戦士の力の何たるかも忘れたか!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
むう…さすがはサコミズ!
なんたる気迫!」
Face LI 01 01.png
リュクス
父上はもはや、
悪しき魂にとり憑かれた愚者そのもの!」
Face LI 01 01.png
リュクス
リーンの翼に見放され、
聖戦士のカケラもなくなった…
ガロウ・ランそのものです!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
黙れリュクス!
私は聖戦士であるッ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
ち、父上…!」
Face BB 09 01.png
曹操
あの侠を止めるに、
これ以上の言葉は無用…
武によって雌雄を決するのみ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
そうだ…これはもはや
ホウジョウ国だけの問題じゃない!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
止めるんだ!
なんとしても、俺たちの手で!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
我がオウカオーに拮抗する力、
地上界の軍とはこれほどであるか!
だが…!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
牢固に建造されしフガクを
これほどまでに追い詰めるか!
だが…!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
地上へと馳せる我が想い、
この程度で砕けると思うなぁ!」
Face SK 00 01.png
海動
いいぜ、大将ぉ!
お互いトコトンやり合おうじゃねえかぁ!」
Face OO 00 01.png
刹那
待て! ここに…何かが…!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
そこまでにしておくんだね…」
Face DB 22 00.png
エンネア
な、なにあれ!?」
Face FA 16 00.png
弓子
そ、空に…顔が!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
騒々しいね…。
争いの想念がこの地に満ちているよ」
Face LI 03 00.png
エレボス
ジャコバ様!
フェラリオの王、ジャコバ様だ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
あれがジャコバ・アオンですって!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
俺たちの知るジャコバ・アオンは
死んだはず…それに、あの姿は!?)
Face LI 08 01.png
サコミズ
妖精王が一体何の用だ…!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
ホウジョウの王よ。
貴公には、バイストン・ウェルで命を
まっとうしてくれると期待していたが…」
Face LI 08 01.png
サコミズ
この身には、
なんとしても果たさねばならない
想いというものがあるのだ!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
その欲が、地上界と
バイストン・ウェルを危うくするのだ!」
Face OO 04 01.png
アレルヤ
…!?
き、機体が動かない!?」
Face DB 01 01.png
アル
クッ…これは重力結界!?
いや、霊圧支配による緊縛術式の類か!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
この場全体の動きを止めるなんて、
マスターテリオンに匹敵する力だとでも…!」
Face LI 01 00.png
リュクス
私のギム・ゲネンだけが動く…?」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
お膳立てをしてやったのさ。
さあ、娘よ…刺しておやり」
Face LI 01 01.png
リュクス
…!?
わ、私に…このギム・ゲネンで、
父上を討てと!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
ダメだ!
父娘で怨念を募らせれば、
その先に待っているのは…!」
Face LI 01 00.png
リュクス
………」
Face LI 00 01.png
エイサップ
リュ、リュクス!」
Face LI 01 01.png
リュクス
父上には、多くの人々の
悲鳴が聞こえないというのですか!?」
Face LI 08 01.png
サコミズ
リュクス…」
Face LI 01 01.png
リュクス
父上はもはや、
ホウジョウの人々への想いも
なくしてしまったのですか?」
Face LI 08 01.png
サコミズ
………」
Face LI 08 01.png
サコミズ
お前と問答するつもりはない。
それに…」
Face LI 08 01.png
サコミズ
そもそも、それをお前に説明する義務が、
私にあるのか…?」
Face LI 01 01.png
リュクス
…!?」
Face FA 04 01.png
咲良
あ、あいつ…なんて事をッ…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
わかり…ました…。
私をここに置いて、どうしても
地上侵攻に出るという事なら…」
Face DA 00 01.png
ショウ
や、やめるんだ、リュクス…
それ以上は…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
その凶行…娘の私が、
この命と引き換えにしても、
止めてみせますッ!」
Face FA 02 00.png
真矢
リュクス姫…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
ダメなのか…?
父娘の悲劇がくり返されるのを、
俺はまた止めることができないのか…!?)
Face LI 01 01.png
リュクス
父上の命は、我が命と共に
このバイストン・ウェルに繋ぎ止めます!
御覚悟ぉぉぉーっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
だっ…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ダメだぁぁぁぁぁっ!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
…!?
あの男、結界を打ち破ったのかい!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
リュクス!
親殺しは悪をなす者がやることだ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
エイサップ、でも私は!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
リュクス、こういう時こそ
感情に振り回されるな!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
君の本当の強さは…
暴力を振るうことじゃないはずだろ」
Face LI 01 01.png
リュクス
!? エイサップ…」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
聖戦士のなり損ないが、
よくもほざく」
Face LI 00 01.png
エイサップ
僕は、摩訶不思議なものに
選べれるような男じゃない!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
僕はどこにいようと、
エイサップ・鈴木だ…!」
Face OG 00 01.png
アーニー
ナナジンの機体が燃えて…
いや、機体色が変化したのか!?」
Face DA 05 00.png
ショット
オーラ力の昂りにマシンが呼応した!?
あの男は…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
俺たちと違う形で悲劇を止める…。
それがお前なのか、エイサップ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
オーラマシンの根幹すらも塗り替えるとは…
その信念は敬服に値するよ、鈴木君!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
それならば王よ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
だが、私には私の大義がある!
娘に卑怯と蔑まれようと成すべきことがぁ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
ぬぅう…!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
どうして、娘に聖戦士たる姿を…
父親として正しい姿を
見せてあげることができないんですか!?」
Face LI 00 01.png
エイサップ
子供が…子供が親に求めているのは
それだけなんですよ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
国を想い、リュクスを想い、
そして敵である私さえ想い、
清廉なる想いをたぎらせるがいい!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
さすれば…!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
サコミズ王ッ…!」
Face BB 05 00.png
張飛
なんだぁ、空が…!?」
Face SK 01 00.png
真上
空が…光る!」
Face FA 05 01.png
剣司
な、なんだよ、これはぁ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
私のオーラ力が震えているッ!
これだ、これこそがぁぁぁっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ナナジンの…
いや、俺のオーラ力なのか…!?」
Face LI 18 00.png
ヘベ
…!?
あれはリーンの翼…!」
Face LI 04 00.png
ジャコバ
これは…サコミズめ、
こんな手を残していたかい!」
Face SK 02 01.png
由木
アブタ・ブラス全体が
リーンの翼に包まれていく!」
Face BB 07 00.png
孔明
そうか…これこそが、王の真の狙い!)
Face LI 16 00.png
アマルガン
なんたること!
聖戦士同士の激突が
このような事態を引き起こそうとは…!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
フハハハ!
我が宿願、成就したり!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
ついに…
ついにオーラロードが拓いたぞぉぉぉっ!」
Face FA 12 00.png
真壁
開発中だった4機のファフナーも
ここまで完成したか」
Face FA 26 00.png
西尾
まだ基礎フレームが完成しただけさ。
もうひとつの竜宮島や春日井甲洋の身体から
得られたデータのフィードバックもある」
Face FA 26 00.png
西尾
運用可能になるのはまだまだ先だね」
Face FA 20 00.png
小楯
すいません、先生。
既に引退されたあなたにこんなことを…」
Face FA 26 00.png
西尾
気にすることはないさ、保。
この老骨ひとつが出張るだけで、
孫たちが少しでも楽になるなら安いもんだよ」
Face FA 12 00.png
真壁
パイロット候補生の選出は?」
Face FA 15 00.png
遠見
西尾さんのお孫さんおふたりを含む、
適性の高い4名を選出しました」
Face FA 15 00.png
遠見
現在、シミュレータ訓練を受けていますが
実戦可能となるにはまだ時間がかかります」
Face FA 19 00.png
無理もないわ。
今まで普通の子供として
生きてきたんだもの」
Face FA 12 00.png
真壁
島を守るためとはいえ、
このような術を選ぶことしかできないとは…」
Face FA 15 00.png
遠見
真壁司令…」
Face FA 18 00.png
近藤
真壁司令、司令あてに通信がきています。
第2CDCまでお越し願えますか」
Face FA 12 00.png
真壁
私あてに…?
誰からだ?」
Face FA 18 00.png
近藤
人類軍上席技官、
ミツヒロ・バートランド博士です」
Face FA 12 00.png
真壁
! ミツヒロが…?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
久しぶりだな、史彦」
Face FA 12 00.png
真壁
島を捨てた男が、
今さら私たちに何の用だ?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
島への上陸許可が欲しい」
Face FA 12 00.png
真壁
上陸許可だと…?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
独断専行した人類軍の愚かさを
埋め合わせるための和解だ」
Face FA 18 00.png
近藤
島を占領しようとした相手を
信用しろとでも?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
見返りがあれば信用できるか?
では、人類軍の作戦予定を教えよう」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 12 00.png
真壁
上陸はお前ひとり、
滞在期間は最長で48時間だ」
Face FA 18 00.png
近藤
司令、本気ですか!?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
アルヴィス司令の寛大な処置に感謝するよ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
ところで、私の娘の真矢だが…
身体的なハンデを理由に、ファフナーには
乗せていないようだな?」
Face FA 13 00.png
溝口
チッ、前に島を襲撃した時に
データを盗んでやがったか。
それがどうしたんってんだよ?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
確か適性データの管理者は
弓子だったな…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
データをもう1度よく調べてみるといい。
面白いことがわかるかもしれんぞ?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
フフフ…」
Face FA 13 00.png
溝口
相変わらず偉そうな野郎だ。
奴が島に来る目的はなんだと思う?」
Face FA 12 00.png
真壁
さあな。
そう簡単に本心を明かす男ではない」
Face FA 12 00.png
真壁
だが、気になることを言っていたな。
真矢君のデータに何が…?」
Face FA 13 00.png
溝口
!? 敵襲か…!?」
Face FA 12 00.png
真壁
状況を報告しろ!」
Face FA 18 00.png
近藤
竜宮島上空に巨大な熱源反応!
こ、この光は…!」
Face FA 13 00.png
溝口
マークゼクスが消えた直後と同じ…
まさか…!」
Face FA 12 00.png
真壁
あれは<name6>!?
それに…オーラバトラーの大部隊だと!?」
Face FA 10 00.png
乙姫
あの子たちが選んだ意志によって、
命を紡ぐ光の道は拓いた」
Face FA 10 00.png
乙姫
ねえ…あなたはどんな道を選びたい?」
Face FA 07 02.png
甲洋
………」
Face FA 07 02.png
甲洋
えら…ぶ…」
Face FA 01 01.png
総士
戦術指揮は僕が執る!
周囲の敵機を撃破しつつ、
各機、巨大戦艦を足止めしろ!」
Face FA 09 02.png
道生
戦術指揮は俺が執る!
各機、あの巨大戦艦を足止めしろ!
周りのやつらに落とされるなよ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
機動部隊の各員は
巨大戦艦の足を止めるのよ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
戦術指揮は私が執ります!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
巨大空中戦艦…
これ以上、進ませるわけにはいきません!
皆さん、お願いします!」
Face BB 07 00.png
孔明
幻術によるまやかしは一時しのぎ…
ですが、敵軍は態勢を崩しています!
皆様、この機を逃してなりません!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
目眩ましの幻術…成果は上々だな」
Face BB 11 00.png
司馬懿
皆の者!
敵が混乱しているこの機に、
攻め入るのだ!」
Face BB 17 00.png
周瑜
敵の混乱に乗じ、皆様、出撃を!
巨大戦艦の進撃を食い止めてください!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
作戦成功だ!
この混乱を最大限利用して、
巨大戦艦を足止めしろ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
戦術指揮は俺が執る!
敵の巨大戦艦を足止めするんだ!
周囲の敵機にも気を付けろ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
王たる父の非道、
父の娘として、ホウジョウの姫として
私がやるべきは…!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
偽の和平協定で騙し討ちなど!
罪の意識を感じもしないのか!」
Face LI 13 00.png
カスミ
口惜しかろう、腹立たしかろう!
その怨念のオーラ力を
サコミズ王は利用するのよ!」
Face LI 12 00.png
ムラッサ
地上人の力など借りずとも
オーラマシンさえあれば
この地は我らが部族だけで治められる!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
騙し討ちしか出来ないお前たちに
人を治めることができると
思っているのかーっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
今回のやりようを見ても
お前はまだサコミズ王に
ついて行くつもりか!?」
Face LI 10 00.png
朗利
俺は好き勝手ができれば
日本だろうが、ホウジョウだろうが
関係ねーんだよ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
やめろ金本!
ホウジョウ軍になぜ従う?
オーラマシンはオモチャじゃないんだぞ!」
Face LI 11 00.png
金本
わかってるさ、エイサップ!
このマシンは俺たちに力を
与えてくれる存在なんだろ!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
あなたも一国の王だろう!
反乱という形で目に見えているのに、
なぜ己の間違いに気付かない!?」
Face LI 08 01.png
サコミズ
私の興した国の民草がゆえ、
我が手で鎮めようというのだ!
他国の軍勢に糾される筋合いなどはぁ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
偽りの書簡に停戦協定など、
それが国を統べる人間のやることですか!
サコミズ王ッ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
怒り心頭であろうな!
燃え盛る怒気を感じる」
Face LI 08 01.png
サコミズ
だが、我が身は特攻死できぬまま
今日まで燃え続けているのだ!」
Face LI 01 01.png
リュクス
こたびの謀略、それが人の…
いえ、王のやることですか!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
王として為すことである!
娘であるお前に
とやかく言われる謂われはない!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
貴公がこれほどの戦力を集めなければ
私とて砲門を開くことはなかった。
この戦火、貴公にも非があろう!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
戦を招いたのが、
自身の野心であると気付いてもいよう!
戦い続けるは何が本望か!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
何かにとらわれているようだな…!
我欲が丸出しの剣さばきからしてぇ!」
Face FA 03 01.png
翔子
一騎君もいて、私もいる…。
それを守るためなら相手が誰だって…!
私には戦う力があるんだ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
いつぞやのドクロのマシンか!
貴君らの力量は把握している、
存分にやらせてもらおう!」
Face SK 01 01.png
真上
海動、王は決着をご所望のようだぞ」
Face SK 00 01.png
海動
はっ、言われるまでもねぇ…
こっちは最初からそのつもりだよッ!」
Face BB 09 01.png
曹操
己が覇業を良しとするならば、
お前を駆り立てる情念の源、
ここに見せてみよ!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
ならばその身で確かめるがいい!
我が信念を込めた太刀、
理想を貫く一撃である!」
Face OG 00 01.png
アーニー
反乱を収めるために
人道に劣る作戦なんて…
それが王の立場ですることか!」
Face LI 08 01.png
サコミズ
国を統べるとは覚悟することである!
雑兵にそしられようとも、我が理想…
貫いてみせよう!」
avatar