Face FA 31 00.png
ミツヒロ
こうやって直に会うのも久しいな、真壁」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 12 00.png
真壁
遠見真矢のパイロット適性データを調べた。
お前がここにやってきた目的は…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
その話は後にしよう。
ちょうど<name6>が
合流したのだろう?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
ひとりの父親として、
すぐにでも娘に会いたいのでな…」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face LB 00 00.png
浩一
ホウジョウ軍が撤退した!?」
Face MF 06 00.png
ララミア
どういうことだ…?」
Face LI 00 00.png
エイサップ
もちろん、初めは一緒に地上へ上がった
俺たちと交戦していたんです。
ですが…」
Face FA 05 00.png
剣司
なんかあいつら、
急にどこかへ行っちまったんだよ」
Face HM 07 00.png
ホリー
なんだよ、ホウジョウ軍ってのは
ずいぶん臆病な連中みたいだな!」
Face BB 07 00.png
孔明
いえ…地上の地理に詳しくない
ホウジョウ軍が進路を定めて去っていった…」
Face BB 07 00.png
孔明
もしかすると、
この地上で彼らに接触を図ったものが
いるのかもしれません」
Face TO 02 00.png
レニー
うーん…
ホウジョウ軍なんて地上の人から見たら、
得体の知れない相手もいいところよね」
Face DB 04 00.png
マコト
そのような相手と接触を図る者とは一体…?」
Face BB 07 00.png
孔明
それはわかりません…」
Face BB 07 00.png
孔明
ですが、彼らは
この地上侵攻に際しての足がかりを
手に入れたと見るべきでしょう」
Face LI 16 00.png
アマルガン
まんまとサコミズの思惑に乗せられ、
奴らを地上界へ上げてしまうとは、
なんたる失策…」
Face LI 01 00.png
リュクス
いえ、アマルガン。
私が父の妄執を止められてさえいれば、
地上界が戦火に巻き込まれることは…」
Face LB 04 00.png
森次
リュクス姫、
起こってしまったコトを悔いても
現状は何も変わりません」
Face TO 05 00.png
ロミナ
今はホウジョウ軍による被害を
最小限に抑えることが先決でしょう」
Face LI 01 00.png
リュクス
みなさん…」
Face LI 16 00.png
アマルガン
我々反乱軍も、及ばずながら
あなた方に協力させていただきたい」
Face LI 16 00.png
アマルガン
ワシは、かつてサコミズと共に
戦ったこともございます」
Face LI 16 00.png
アマルガン
老いさらばえたとて、
この腕と年寄りの知恵…
役に立つこともあるでしょう」
Face MF 01 00.png
オズマ
そのたたずまい、
相当な腕をお持ちと見ました。
頼りにさせてもらいますよ」
Face LI 18 00.png
ヘベ
おっと、
反乱軍がアマルガンだけだと
思ってもらっちゃ困るね」
Face LI 17 00.png
キキ
ああ、ご老体が無理しすぎて倒れないように
あたしらも頑張らせてもらうさ」
Face FA 03 00.png
翔子
私も戦います。
マークゼクスなら、支援もできますし」
Face FA 02 00.png
真矢
翔子、無理はしちゃダメだよ?
いくら身体が治ったって言っても…」
Face FA 03 00.png
翔子
心配してくれてありがとう、真矢。
でも、これだけはやりたいの」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
…!?
翔子ちゃん…あなた、どうして…?」
Face FA 00 00.png
一騎
それが、よくわからないんです…」
Face FA 00 00.png
一騎
フェンリルが爆発した時に
バイストン・ウェルへ
飛ばされていたみたいなんです」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
そうだったんだ…」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
よかった…
本当に、よかった…!」
Face SD 03 00.png
シン
ああ…!
この後すぐにお母さんに会いに行こう。
喜ぶ、きっと…!」
Face FA 03 00.png
翔子
はい…!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
いかなる理由があろうとも、
平和に暮らす人々の生活を脅かすことは
決して許されるものではありません」
Face TO 05 00.png
ロミナ
リュクス姫、お辛いとは思いますが、
次にホウジョウ軍が現れた時は…」
Face LI 01 00.png
リュクス
覚悟はしています。
父の妄執は必ず止めなければなりません」
Face LI 01 00.png
リュクス
私もこれからは、
改めて皆さんの仲間の一員として
父と戦う覚悟です」
Face DB 01 00.png
アル
ほう…。
あの小娘、迷いがなくなったようだな。
纏う気が澄んでおる」
Face DB 00 00.png
九郎
リュクス姫だけじゃねえ。
ロミナ姫も、少し雰囲気が
変わったような気がするな」
Face DB 02 00.png
瑠璃
あの方も見据えられたのでしょう。
戦いの中に身を置く者として、
貫き通さねばならない意志を…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
俺も今までのようにはいられない…。
少しでもみんなの力になれるように
特訓しないとな…」
Face TO 14 00.png
カレン
ダミアン、無理だけはしないで…」
Face OO 01 02.png
ロックオン
信じてやりな。
あれもダミアンの奴が選んだことだ」
Face OO 01 02.png
ロックオン
ザ・ブームだったあんたが、
俺たちと一緒に戦うことを選んだようにな」
Face TO 14 00.png
カレン
はい…」
Face LB 09 01.png
美海
ザ・ブームの人と一緒に戦うなんて…)
Face LB 32 00.png
道明寺
やっぱり、気にしてるんだな…。
俺たちを庇って死んじまった
ザ・ブームの兵士のコト…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
確かにカレンは
ザ・ブームのスパイだった…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
けど、カレンは、最後に
自分の意志で決めたんだ。
俺たちを助けるってことを…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
カレンの想いに報いるためにも、
俺自身が戦えるようにならなくちゃ
いけないんだ!」
Face LB 09 01.png
美海
ザ・ブームの人のコトを想って、
戦う気になるなんて…)
Face OO 05 00.png
ピーリス
あなたは確か…
九条美海さんだったかしら」
Face OO 05 00.png
ピーリス
その…島根で発見されたマキナ、
『ペインキラー』のファクターになった…」
Face LB 09 00.png
美海
あの…
もしかして、心配をしてくれてます?
でしたら、気を遣わなくても大丈夫です」
Face OO 01 02.png
ロックオン
そうは言っても、
突然、力を手に入れたんだろう?
戸惑ってるんじゃないかと思ってさ」
Face OO 06 00.png
ティエリア
それだけじゃない。
インスマウスでの報告もある…。
君の心境は確認しておきたい」
Face LB 09 00.png
美海
ええと…
初めはビックリしましたケド、
今は逆に感謝している…かな?」
Face OO 09 00.png
フェルト
感謝している…?」
Face LB 09 00.png
美海
はい。私なんかの力で
こんな世の中を変えるコトが
できるようになったんですから…」
Face LB 00 00.png
浩一
九条さん…」
Face LB 09 00.png
美海
早瀬クンも一緒に頑張ろうね。
同じ正義の味方として」
Face LB 00 00.png
浩一
あ、ああ…そうだね…」
Face OO 06 00.png
ティエリア
変革を促すための力を欲していた、か…)
Face OO 00 00.png
刹那
九条美海。
彼女の中にある戦う意志は本物だが、
同時に危うさも感じる…)
Face OO 00 00.png
刹那
生きる意味を他人に委ねる…。
かつての俺のような危うさを…)
Face FA 10 00.png
乙姫
おかえり、みんな。
色んなことを学んできたみたいだね」
Face FA 10 00.png
乙姫
あなたはどうだった?
ねえ、サヤ」
Face OG 02 00.png
サヤ
皆城乙姫…」
Face LB 08 00.png
イズナ
元気そうですね、乙姫さん…と、
そちらのおふたりは?」
Face FA 10 00.png
乙姫
うん、芹ちゃんと、里奈ちゃん。
みんながいない間に友達になったの」
Face FA 21 00.png
里奈
えへへ、アルヴィスへ
配属になって不安だったけど、
乙姫ちゃんと一緒だから頑張れそうだよー」
Face FA 23 00.png
まったく、里奈の女好きめ…」
Face DN 04 00.png
エイーダ
ふふっ…普通の女の子同士の
会話みたいでちょっと羨ましいな」
Face FA 24 00.png
広登
!?」
Face FA 24 00.png
広登
ほ、本物のエイーダ・ロッサだ!
まさか本当に<name6>の
一員だったなんて!」
Face DN 04 00.png
エイーダ
え、えーと、あなたは…」
Face FA 24 00.png
広登
お、俺、堂馬広登って言います!」
Face FA 24 00.png
広登
俺、将来は
トップアーティストになるのが夢で、
いつかはエイーダさんみたいな…」
Face FA 23 00.png
少しは落ちつけってーの!」
Face FA 24 00.png
広登
いってーな!
何すんだよ、芹!」
Face FA 23 00.png
あんた、初対面の人に失礼でしょうが!」
Face FA 23 00.png
同じパイロット候補の暉君を見習いなよ。
あんなに落ち着いてるじゃない」
Face FA 02 00.png
真矢
へえー、本当だ。
なんか大人っぽい感じだね、暉君」
Face FA 22 00.png
………」
Face FA 21 00.png
里奈
暉のやつ、言葉が喋れないから
気づかれてないけど、少し浮かれてるじゃん)
Face FA 21 00.png
里奈
姉のあたしにはバレバレだっつーの)
Face OO 01 03.png
ロックオン
やれやれ、随分と賑やかな連中だが、
悪い奴らじゃなさそうだな」
Face LI 01 00.png
リュクス
乙姫さんは
良い友人を見つけられたようですね」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
賑やかといえば、
今日は島の様子がいつもと違いましたね」
Face LB 08 00.png
イズナ
出店や提灯を見かけましたけど、
何かお祭りでもやるんですか?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ええ、今日は年に一度の夏祭りの日なの」
Face FA 21 00.png
里奈
年ごとに内容が少し違うんですけど、
最後に『灯籠流し』をやることだけは
決まっているんですよ」
Face LB 11 00.png
宗美
灯籠流し…そうでした。
日本は今の時期、お盆でしたね」
Face OG 02 00.png
サヤ
確か、亡くなった人の魂を
弔うために行う日本の行事…でしたか」
Face FA 23 00.png
はい。だからこの時期は
島全体が準備に追われてもう大変なんですよ」
Face BB 15 02.png
孫尚香
よーし、そういうことなら、
私も張り切って手伝っちゃうわよ!」
Face DB 22 00.png
エンネア
九郎はエンネアと一緒に準備しようよ!
そっちのお子様は放っておいてさ」
Face DB 01 00.png
アル
ぬぅ~! 新参者が、
妾の相棒に馴れ馴れしくするな!」
Face DB 00 00.png
九郎
はぁ…誰か一緒に付き合ってくれ。
これじゃあ、俺の身体が持ちそうにない…」
Face LB 11 00.png
宗美
僕がご一緒しましょう。
お祭りの準備でしたら、経験がありますから」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ふふっ…みんな、ありがとう。
これなら思ったより早く終わりそうだわ」
Face FA 03 00.png
???
私も…手伝わせてもらっていい…?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
!?」
Face FA 03 00.png
翔子
………」
Face FA 17 00.png
羽佐間
うそ…よね…」
Face FA 03 00.png
翔子
ただいま…お母さん…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
翔子…なの…?」
Face FA 01 00.png
総士
バイストン・ウェルで再会したんです。
彼女はいなくなってなどいなかった…」
Face FA 03 00.png
翔子
わたし…ここにいるよ…お母さん…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
あ…ああ…翔子ぉぉぉーっ…!」
Face FA 03 00.png
翔子
っ…ごめん…な…さい…。
わたし…お母さんに…
ひどいことを…言って…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
もういい…もういいのよ…。
あなたがこうして帰ってきてくれた…。
それだけで…充分よ…」
Face FA 03 00.png
翔子
おか…あ…さん…っ…」
Face FA 03 00.png
翔子
うわぁぁぁぁぁぁーん…っ!」
Face FA 17 00.png
羽佐間
みんなと一緒に戦いたい…?」
Face FA 03 00.png
翔子
私、この空を…一騎君たちを守りたいの」
Face FA 03 00.png
翔子
お母さんがつけてくれた、
この名前に恥ずかしくないように…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
翔子…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
なら、ひとつだけ約束してちょうだい」
Face FA 17 00.png
羽佐間
もう、二度と…
みんなを悲しませない、って…」
Face FA 03 00.png
翔子
うん…約束するよ、お母さん…」
Face FA 08 00.png
カノン
………」
Face FA 02 00.png
真矢
カノン…」
Face FA 31 00.png
???
亡くなったはずの娘との再会。
なかなか感動的な場面ではないか」
Face FA 31 00.png
???
『灯籠流し』か。
自己満足に浸るだけのくだらない行事だ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
なあ、お前もそうは思わんかね?
真矢」
Face FA 02 00.png
真矢
!? お、お父さん…!?」
Face FA 16 00.png
弓子
そ、そんな…!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
フフフ…。
久しぶりだな、ふたりとも」
Face FA 16 00.png
弓子
久しぶりだな、ですって…!?」
Face FA 16 00.png
弓子
今更何の用なのよ!?
島や私たちを捨てて、
外の世界へ飛び出していったくせに!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
父親に対して、
ずいぶんな言い方だな」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
だが、今のお前に
私を責める権利があるのかね?」
Face FA 16 00.png
弓子
どういう意味よ…!?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
本当に悪い子だ…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
真矢のパイロット適性データを
改ざんするとはな」
Face FA 16 00.png
弓子
…!」
Face MF 04 02.png
クラン
データの改ざんだと…?
それは軍人にとって…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
そう、重大な裏切り行為だ。
それはこの島においても変わりはしない」
Face FA 02 00.png
真矢
私のデータを…
本当なの、お姉ちゃん…?」
Face FA 16 00.png
弓子
………」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
アルヴィスの規則に則れば、
お前の行為は島の追放は免れまい」
Face BB 13 00.png
孫権
島からの追放…!?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
なに、心配することはない。
後の面倒は私が見よう」
Face FA 13 00.png
溝口
やっぱり、それが目的で
この島に来てやがったか…」
Face FA 12 00.png
真壁
ああ…。ミツヒロめ…」
Face FA 00 00.png
一騎
父さん、溝口さん…!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
何の用だ、真壁?」
Face FA 12 00.png
真壁
今のお前に処分を決定する権限はない」
Face FA 12 00.png
真壁
査問委員会を開く。
処分の決定はそれからだ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
事実を闇に葬ることは不可能だ…。
既に真実は明るみに出ているのだからな…」
Face FA 02 00.png
真矢
お姉ちゃん…」
Face FA 16 00.png
弓子
………」
Face FA 19 00.png
当委員会は遠見真矢の
パイロット適性データに身体的ハンデ…」
Face FA 19 00.png
パイロットとしてマイナス要因となる、
誤情報への改ざんが発覚した経緯について
詳細を要求します」
Face FA 17 00.png
羽佐間
黙秘は当委員会においては
適切な対応ではありません」
Face FA 18 00.png
近藤
当該データがオリジナルであることが
判明した時点で、容疑者とみなされます。
よろしいんですか?」
Face FA 16 00.png
弓子
はい…」
Face FA 26 00.png
西尾
では、原告側の主張を聞こうかね?
ミツヒロ・バートランド、発言を」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
主張も何も彼女がデータを
改ざんしたことは明らかだ。
すぐにでも審議に入ったらどうかね?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
お前もわかっているだろう、千鶴」
Face FA 15 00.png
遠見
ミツヒロさん…」
Face FA 26 00.png
西尾
待ちな。
申請ではまだ召喚すべき相手が
残っているね…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
何? 私は弓子しか告発していないぞ」
Face FA 26 00.png
西尾
次の被告の査問を行う。
では被告人は前へ」
Face FA 00 00.png
一騎
………」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
!? なっ、お前たちは!?」
Face TO 06 00.png
シャフ
なぜ弓子様がこのようなことに…」
Face BB 05 00.png
張飛
そもそも父親って何だよ。
あいつは人類軍じゃねーのか?」
Face DA 01 00.png
チャム
あの人、なんだかイヤーな感じ!
何で自分の子供を訴えたりするのよ!?」
Face BB 17 00.png
周瑜
おそらく彼は遠見親子を
島から追放するつもりなのでしょう」
Face BB 17 00.png
周瑜
パイロット適性の高い真矢殿を
人類軍へと組み込むために」
Face TO 06 00.png
シャフ
そ、そんな卑劣な…!」
Face HM 05 00.png
リナ
弓子さんのやったことって、
そんなにいけないことなんですか?」
Face HM 05 00.png
リナ
ただ真矢ちゃんの事を
思ってやったことなのに…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そうですよ!
それに、自分の子供を戦いに
進んで巻き込むなんて…!」
Face LB 03 00.png
城崎
このままでは真矢さんたちが
竜宮島から出ていくコトに…
どうすれば…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
容疑者に島の子供たちだと…!?
どういうことだ!」
Face FA 00 00.png
一騎
俺たちが遠見のデータを改ざんしました」
Face FA 01 00.png
総士
僕は高度な戦術的判断でデータを改ざんし、
遠見真矢をパイロットから外しました」
Face FA 05 00.png
剣司
俺や他の奴らは違う理由だけど、
遠見のデータを書き換えたのは一緒だ!」
Face OG 03 00.png
リチャード
フ、あいつらめ…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
うぬぅ…」
Face FA 08 00.png
カノン
彼らは誰の命令でやっている…?」
Face FA 09 00.png
道生
命令じゃねえ…。
全員自分の意志でやってるんだ」
Face FA 08 00.png
カノン
自分の…意志…?」
Face FA 09 00.png
道生
ああ」
Face FA 26 00.png
西尾
やれやれ、複数による改ざんかい。
こうなるとひとりひとりの罪は、
それ程重大ではなさそうだね」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
茶番だ!
彼らの発言を裏付ける証拠は何も無い!」
Face FA 10 00.png
乙姫
…私が『データを変えた事を知っている』
それが何よりの証明になるはずだよ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
!? 皆城…乙姫ッ!?」
Face FA 12 00.png
真壁
彼女はこの島でもっとも公平な存在だ」
Face FA 12 00.png
真壁
その彼女が一騎たちの行動を証明した以上、
一騎たちの発言を疑うことはできんな」
Face OO 07 00.png
スメラギ
乙姫さんが公平な存在?
どういうこと?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
お前たちは知らないのか?
皆城乙姫は…」
Face FA 12 00.png
真壁
…!?
何が起こった!?」
Face FA 19 00.png
ソロモンに応答あり!
島の第7ブロックに
フェストゥムの反応です!」
Face FA 00 00.png
一騎
!?
島の中に、フェストゥムだって…!?」
Face SK 03 00.png
スカーレット
ソロモンが島に現れたフェストゥムを
敵と認識していないだと?」
Face FA 18 00.png
近藤
はい」
Face OO 06 00.png
ティエリア
ソロモンは、言うなれば
フェストゥムの存在を我々に
伝えるシステムのはず」
Face OO 06 00.png
ティエリア
それが島内部に現れたフェストゥムを
敵と認識しないのは何故だ?」
Face LB 06 00.png
山下
それ以前に、どうしてフェストゥムが
島の中に突然現れたんスか!?」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face BB 11 00.png
司馬懿
突然現れたのではなく、
初めからこの島の中にいたと
考えるべきではないのか?」
Face OG 02 00.png
サヤ
フェストゥムが島の中に初めから…
それは、まさか…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ええ、フェストゥムと断定されたのは…
春日井君よ」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
そんな…!
どうして甲洋君が!?」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
甲洋って子は昏睡状態だと
聞いていたけど…」
Face OG 00 00.png
アーニー
それじゃあ、あれから同化現象が
進行してしまった、ということですか…?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
何をしている、真壁!
島に現れたフェストゥムを
早く撃退しろ!」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 00 00.png
一騎
待ってくれ!
撃退しろって、どういうことだ!?
あれは甲洋なんだぞ!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
違うな、あそこにいるのはフェストゥム。
我々人類の敵だよ」
Face FA 05 00.png
剣司
何言ってんだよ!
もしフェストゥムが甲洋でも、
甲洋はフェストゥムだけど、甲洋で!」
Face FA 05 00.png
剣司
ああ、何言ってんのかわかんねえ!」
Face FA 06 00.png
とにかく甲洋は敵じゃないんだ!」
Face SD 03 03.png
シン
お前たち…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
真壁、島の責任者として命令を下せ。
お前はどうするべきかわかっているはずだ」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 00 00.png
一騎
どうして黙ってるんだよ、父さん!?
まさか、父さんまで甲洋を…」
Face FA 04 00.png
咲良
チッ、みんな行くよ!
甲洋が行きそうなところは
あそこしかない!」
Face FA 05 00.png
剣司
ああ!」
Face FA 03 00.png
翔子
待って、私も…」
Face FA 03 00.png
翔子
うっ!」
Face FA 02 00.png
真矢
翔子!?」
Face FA 03 00.png
翔子
う、うん。私は大丈夫だから…
真矢たちは春日井君の所に行ってあげて。
お願い…!」
Face FA 02 00.png
真矢
…うん、わかった!」
Face FA 19 00.png
咲良…あんなにフェストゥムを
憎んでたのに…」
Face FA 13 00.png
溝口
真壁、アイツらの監視は俺がやる。
万が一の時は…」
Face FA 08 00.png
カノン
いや、一騎たちの監視は私にやらせてくれ。
憎まれ役は私がやる」
Face FA 08 00.png
カノン
私はこの島の者ではないから…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
カノン…」
Face BB 05 00.png
張飛
おい、あいつら出て行っちまったぜ!
俺たちはどうする!?」
Face FA 12 00.png
真壁
君たちには…」
Face SD 03 03.png
シン
待って下さい、真壁司令」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
シン…?」
Face SD 03 03.png
シン
春日井甲洋のことで、
お願いがあります」
Face FA 12 00.png
真壁
…言ってみたまえ」
Face FA 07 02.png
甲洋
しょう…こ…」
Face FA 04 00.png
咲良
はぁ…はぁ…
ここに来てると思ったよ、甲洋…」
Face FA 02 00.png
真矢
ここは翔子のお墓がある場所だから」
Face FA 00 00.png
一騎
さあ、甲洋。
俺たちと一緒に行こう」
Face FA 07 02.png
甲洋
………」
Face FA 07 02.png
甲洋
…げ……み…な…」
Face FA 06 00.png
甲洋…?」
Face FA 07 02.png
甲洋
逃げろ…みん…な…
奴ら…が…来る…」
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋、奴らって一体…」
Face FA 00 00.png
一騎
!? まさか…!?」
Face FA 06 00.png
フェ、フェストゥム!?」
Face FA 05 00.png
剣司
こ、こっちに向かってくるぞ!」
Face FA 04 00.png
咲良
あたしたちをまとめて…いや、
まさか甲洋を連れて行くつもりかい!?」
Face FA 02 00.png
真矢
そんな!」
Face FA 00 00.png
一騎
またフェストゥムに奪われるのか…
母さんたちの時みたいに!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
あなたは…そこにいますか…?」
Face FA 00 00.png
一騎
…!?
い、今の攻撃は!?」
Face FA 02 00.png
真矢
あれはデスティニーとインパルス!?」
Face SD 03 01.png
シン
ルナ、インパルスは修理が済んだばかりだ!
無理をせずに後ろへ…」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
嫌よ!」
Face SD 03 01.png
シン
!?
…わかった、ふたりで一気に決めるぞ!」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
ええ!
ザフトレッドの力、見せてやろうじゃない!」
Face FA 00 00.png
一騎
助かった、のか…?」
Face SD 03 01.png
シン
ルナ、さっきは…」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
前に言ってたわよね。
大切な人たちを戦いで奪われるなんて
絶対にあっちゃいけないって…」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
その想いは私だって同じよ、シン」
Face SD 03 01.png
シン
ルナ…」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
自分と同じ想いを一騎たちにさせたくない…
その想い、私にも背負わせなさいよ」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
今の私はあなたのパートナーなんだから!」
Face SD 03 01.png
シン
…そうだな、今の俺たちは昔とは違う。
あれから少しずつ変わってきたんだ」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
さあ、みんなも来てくれたみたいだし
このままフェストゥムを蹴散らすわよ!」
Face FA 02 00.png
真矢
みんな、どうして?
私たちは春日井君を…」
Face SK 01 00.png
真上
勘違いするな。
俺たちは島に現れた
フェストゥムを倒しに来ただけだ」
Face DN 04 01.png
エイーダ
もちろん、それだけじゃないですけどね」
Face OG 00 01.png
アーニー
フェストゥムと断定されているとしても、
甲洋君を見捨てることなんてできない!」
Face SD 03 01.png
シン
ここは俺たちに任せて、
お前たちは甲洋を連れて逃げるんだ!」
Face FA 00 00.png
一騎
はい!」
Face SD 03 01.png
シン
フェストゥム、お前たちに奪わせない!
一騎たちの明日も…甲洋の明日も!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
フェストゥム化した人間を守るだと!?
馬鹿げているにもほどがある!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
あんな小僧の提案を受けるなど、
情にほだされたか、真壁!」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
異なる存在を受け入れる…」
Face FA 10 00.png
乙姫
その選択が、新しい道へと
繋がることもあるんだよ、ミツヒロ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
新しい道だと…?」
Face FA 06 00.png
さ、こっちだよ、甲洋」
Face FA 07 02.png
甲洋
助…けてくれて…ありが…とう」
Face FA 02 00.png
真矢
当然だよ、私たちは…」
Face FA 07 02.png
甲洋
…お…み…
…おみ…か…」
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋…?」
Face FA 07 02.png
甲洋
遠見を…
確かに…助けたぞ…一騎…」
Face FA 00 00.png
一騎
…!?
お前、心が…」
Face FA 04 00.png
咲良
っ…ごめん、甲洋…。
あたしは…お前を助けられなくて…」
Face FA 07 02.png
甲洋
ありが…とう…咲…良…」
Face FA 04 00.png
咲良
ッ! あ、あたし…うっ、うぅ…」
Face FA 00 00.png
一騎
お前が、遠見を助けてくれたんだ。
甲洋…」
Face OO 08 00.png
ラッセ
ったく、今日は満員御礼だな!
これじゃキリがないぜ!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
やはり、あの春日井甲洋の存在に
引き寄せられているのか!?」
Face FA 07 02.png
甲洋
………」
Face FA 02 00.png
真矢
どうかしたの、春日井君?」
Face FA 07 02.png
甲洋
あなたは…そこにいますか?」
Face FA 00 00.png
一騎
!? 甲洋、その言葉…!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
甲洋君のフェストゥム化が進行した!?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そんな…!」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
お前が何を血迷ったか知らないが、
我々にはわかりきっていたはずだ。
同化された人間の末路はこんなものだとな」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
新しい道など幻想だよ、真壁」
Face FA 13 00.png
溝口
どうする、真壁?
このままじゃ、子供たちが!」
Face FA 12 00.png
真壁
………」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face FA 01 00.png
総士
もう諦めろ、一騎!
甲洋の時間は止まっている。
何の感情もないはずだ!」
Face FA 00 00.png
一騎
違う!
甲洋は俺たちに感謝してくれた!」
Face FA 01 00.png
総士
フ…」
Face FA 01 00.png
総士
では、甲洋の中で
時間が進んでいるというのか!?」
Face FA 00 00.png
一騎
!? そうか、お前…)
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋は咲良に『ありがとう』と言った!
あいつの心は、まだ消えていない!」
Face FA 15 00.png
遠見
同化された人間が、『ありがとう』?」
Face FA 12 00.png
真壁
馬鹿な…そんなことが…」
Face SD 03 01.png
シン
なら、お前たちが甲洋の心を取り戻せ!
そのための時間は俺たちが稼いでやる!」
Face OG 00 01.png
アーニー
君たちの声ならきっと届くはずだ!
甲洋君の中に残っている人の心に!」
Face DB 00 01.png
九郎
今までの前例なんて気にするな!
そんな理不尽は全部ぶち壊しちまえば
いいんだよ!」
Face FA 02 00.png
真矢
みんな…」
Face FA 00 00.png
一騎
ええ、俺は諦めません!
甲洋の心は絶対に取り戻してみせます!」
Face FA 01 00.png
総士
…後はお前次第だ。
甲洋を頼んだぞ、一騎!)
Face SD 03 01.png
シン
これで島に近づいてきた
フェストゥムは全部片付けたはずだ!」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
甲洋君の様子は!?」
Face FA 00 00.png
一騎
思い出すんだ、甲洋!
みんなを助けるんだろ、お前は!」
Face FA 04 00.png
咲良
こっちに戻ってきな、甲洋!
フェストゥムの意思なんかに
負けるんじゃないよ!」
Face FA 07 02.png
甲洋
………」
Face FA 07 02.png
甲洋
あなたは…そこにいますか?」
Face MF 01 00.png
オズマ
駄目だ!
やはり同化現象の収まる様子がない!」
Face LB 04 00.png
森次
もはや、限界か…」
Face FA 07 02.png
甲洋
あなたは…そこにいますか?」
Face FA 08 03.png
カノン
ッ!」
Face FA 08 03.png
カノン
前はいたが、今はもういない!」
Face FA 07 02.png
甲洋
…!?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
!? カ、カノン!?」
Face FA 09 00.png
道生
カノンの奴、餌になるつもりか!?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
逃げて、カノン!」
Face FA 08 03.png
カノン
それはできない、私は一騎たちを!」
Face FA 07 02.png
甲洋
あなたは、そこにいますか…?」
Face FA 03 00.png
翔子
…もうやめて、春日井君!」
Face FA 07 02.png
甲洋
…!?」
Face FA 02 00.png
真矢
!? 翔子…!?」
Face HM 04 00.png
サイ
おい、甲洋って奴の動きが…!」
Face FA 03 00.png
翔子
思い出して、春日井君。
優しかった頃のあなたを…」
Face FA 07 02.png
甲洋
そんな…翔…子…どう…して…?」
Face FA 03 00.png
翔子
私、帰ってきたんだよ…
またこの島に…」
Face FA 07 02.png
甲洋
帰って…きた…?
翔…子…が…」
Face FA 03 00.png
翔子
うん…
だから、春日井君も一緒に帰ろう…」
Face FA 03 00.png
翔子
みんなと写真を撮ったり、
トランプで遊んだ、
楽しくて温かかったあの頃に…」
Face FA 07 02.png
甲洋
………」
Face FA 07 02.png
甲洋
帰り…たい…」
Face FA 07 02.png
甲洋
翔子も…みんなも一緒だった…
あの場所に…!」
Face OO 00 00.png
刹那
春日井甲洋の気配が変わった…!?」
Face FA 07 02.png
甲洋
…うっ…うわぁぁぁぁぁぁーッ!」
Face DN 04 00.png
エイーダ
甲洋君の意識が戻ったの?」
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋…」
Face FA 07 02.png
甲洋
一騎…翔子が…
くっ、うぅぅ…」
Face FA 00 00.png
一騎
ああ…ああ…!
翔子は…」
Face FA 00 00.png
一騎
翔子は…ここに…いる…」
Face FA 03 00.png
翔子
ありがとう、春日井君…
私がいない間、
島とみんなを守ってくれて…」
Face FA 07 02.png
甲洋
うわぁぁ…翔子ぉぉぉーっ…!」
Face MF 00 00.png
アルト
待ってくれ、道生さん!
何か様子がおかしい!」
Face FA 09 00.png
道生
何…!?」
Face FA 07 02.png
甲洋
その服…翔…子…?」
Face FA 08 03.png
カノン
私は…羽佐間翔子ではない…」
Face FA 07 02.png
甲洋
…!?」
Face FA 07 02.png
甲洋
そ、そうだ…翔子は…もう…いない…
翔子は…!」
Face OO 00 00.png
刹那
春日井甲洋の気配が変わった…!?」
Face FA 07 02.png
甲洋
…うっ…うわぁぁぁぁぁぁーっ!」
Face DN 04 00.png
エイーダ
甲洋君の意識が戻ったの?」
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋…」
Face FA 07 02.png
甲洋
一騎…翔子が…
くっ、うぅぅ…」
Face FA 00 00.png
一騎
あ、ああ…翔子は…
翔子は…もう…いない…」
Face FA 07 02.png
甲洋
うわぁぁ…翔子ぉぉぉーっ…!」
Face FA 13 00.png
溝口
真壁、今なら目標だけを撃てるが…」
Face FA 12 00.png
真壁
いや、もうあそこに、
目標は存在しない」
Face FA 13 00.png
溝口
存在しないだと?
だが、あそこには…」
Face FA 12 00.png
真壁
溝口…フェストゥムは泣かない…」
Face FA 13 00.png
溝口
…!?
そう、だったな…」
Face FA 16 00.png
弓子
ソロモンに応答あり。
甲洋君をスレイブ型と断定」
Face FA 19 00.png
…!?
スレイブ型のフェストゥム…
それじゃあ…」
Face FA 15 00.png
遠見
フェストゥムが…
自分から同化現象を消した…?」
Face BB 19 00.png
陸遜
同化現象がないフェストゥム…
それって奇跡じゃないですか!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
最後まで春日井甲洋を信じ抜いた
あいつらが起こした、奇跡か…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
フェストゥムが同化現象を消しただと…?
そんな事あるはずが…」
Face FA 12 00.png
真壁
間違いではなかった、我々の道は…」
Face FA 12 00.png
真壁
あの光景こそ、
フェストゥムと人の共存の、
最初の一歩だ…」
Face FA 00 00.png
一騎
先生、甲洋の様子は?」
Face FA 15 00.png
遠見
再び眠りについたわ。
スレイブ型へ形態が変化したことで
消耗したのだと思うわ」
Face MF 05 00.png
ネネ
また目を覚ますことがあるのですか?」
Face FA 10 00.png
乙姫
大丈夫…今は少しだけ早かったの。
いつか、その時が来ればまた目覚めるよ」
Face MF 03 00.png
ルカ
乙姫さん、あなたのその口ぶり、
まるでフェストゥムの事を全て…」
Face FA 10 00.png
乙姫
うん、わかるよ。
私も甲洋と同じだから」
Face FA 00 00.png
一騎
甲洋と同じって、まさか君も…」
Face FA 01 00.png
総士
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
そう、私はコア型っていうの。
コアギュラ型から分岐した存在…」
Face FA 10 00.png
乙姫
世界でも数人しかいない、
人類とフェストゥムの融合独立個体」
Face DN 04 00.png
エイーダ
乙姫ちゃんが、
人類とフェストゥムの…!?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
そうだ、この娘も人間ではない」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
その力で島の全システムを統括する、
島の守り神として祀り上げられた存在だ」
Face DA 02 00.png
マーベル
竜宮島の守り神…」
Face FA 10 00.png
乙姫
………」
Face FA 23 00.png
乙姫ちゃんが何だって関係ないよ」
Face FA 10 00.png
乙姫
芹ちゃん…」
Face FA 23 00.png
少しビックリしちゃったけど、
乙姫ちゃんは乙姫ちゃん。
私の友達だよ!」
Face FA 21 00.png
里奈
えへへ。
モチロン、私もね」
Face FA 10 00.png
乙姫
芹ちゃん、里奈ちゃん…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
まあ、この部隊に関しては、
そんな事を気にするのも今更だよな」
Face OO 01 03.png
ロックオン
ああ、ガンダムなのに人間の
劉備たちもいれば…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ロボットのフェイや、
魔導書の精霊までいるんだからな」
Face DB 01 00.png
アル
汝が如何なる
存在だったとて、何も気にはせん。
むしろ、もっと堂々とするがよい」
Face DB 00 00.png
九郎
お前はもう少し謙虚にしたほうが
いいと思うけどな…」
Face OG 00 00.png
アーニー
とにかく人であるかとか、
生まれがどうであるかは関係ない」
Face OG 00 00.png
アーニー
大切なのは、どう生きていくか。
僕は、そう思ってるよ」
Face OG 02 00.png
サヤ
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
みんな、ありがとう…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
ふん、随分と呆れた事を考えるものだ」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
所詮は異星人やテロリストが
寄せ集まった傭兵集団にすぎんか」
Face FA 02 00.png
真矢
…!?」
Face DA 00 00.png
ショウ
随分なことを仰るんですね」
Face OO 06 00.png
ティエリア
自分の意見に従わない人間は、
全て異端扱いというわけか」
Face DN 00 00.png
あなた、ちょっと時代錯誤が
過ぎるんじゃないかしら?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
真矢、この島は間違っている…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
お前はもっと広い視野で見られる人間だ。
お父さんと一緒に外へ行こう」
Face FA 02 00.png
真矢
………」
Face FA 02 00.png
真矢
ねえ、お父さん…。
日野のおじさんが死んだこと、
悲しいと思う?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
日野の?
彼は結局そこまでの人間だったんだよ」
Face FA 02 00.png
真矢
お父さん…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
なんだい…?」
Face FA 02 00.png
真矢
お父さんは心を持たないフェストゥムと…
どう違うの?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
…!?」
Face FA 00 00.png
一騎
遠見…」
Face FA 33 00.png
人類軍士官
バートランド上席技官、
出発の準備が整いました」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
ああ、わかった」
Face FA 12 00.png
真壁
春日井甲洋の件を見てなお、
フェストゥムとの戦いを続けるつもりか?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
………」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
北極のミールに
活動を活性化させる兆候がみられる…」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
いずれ全地球規模の脅威が訪れる。
どうせ、お前たちも戦う他ない」
Face LB 09 00.png
美海
全世界にフェストゥムが…」
Face FA 12 00.png
真壁
ミツヒロ、戦いに勝ったとして、
お前に何が残る?」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
勝てるなら、何も残らなくていい」
Face BB 00 00.png
劉備
なぜ、そんなことを言うんだ!
それでアナタは満足なのか!?」
Face BB 00 00.png
劉備
家族や仲間を捨て去ってまで得た勝利に
何の意味があるというんだ!」
Face FA 31 00.png
ミツヒロ
何とでも言うがいい。
私は全てのフェストゥムを消し去る。
それだけだ」
Face TO 05 00.png
ロミナ
あの方…フェストゥムを憎むあまり、
戦いを始めた目的すらも
見失ってしまったのでしょうか?」
Face SK 03 00.png
スカーレット
だとすれば、あの男もまた、
戦争の犠牲者と呼べるのかもしれんな…」
Face FA 02 00.png
真矢
さよなら、お父さん…)
Face FA 08 03.png
カノン
羽佐間翔子、ひとついいか?」
Face FA 03 00.png
翔子
カノン?」
Face FA 08 03.png
カノン
今回は結果的に問題なかったが、
あの場に現れたのは軽率すぎる」
Face FA 08 03.png
カノン
もし、お前がまたいなくなったら、
その…」
Face FA 08 03.png
カノン
容子が、悲しむ…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
それは、あなたにも言えることよ、カノン」
Face FA 08 03.png
カノン
…?
容子、それはどういう…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
あなたがいなくなっても、
私は悲しいわ…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
翔子とカノン。
どちらも私の大事な家族なのだから…」
Face FA 08 03.png
カノン
…!?
私が…容子や翔子と、家族…」
Face FA 03 00.png
翔子
これから少しずつお互いのことを
理解していきましょう、カノン」
Face FA 08 03.png
カノン
うん…」
Face FA 08 03.png
カノン
家族というのは難しいのだな…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
そうね。例え本当の家族でも、
相手の事を理解しようとしなければ
絆が薄れてしまう」
Face FA 17 00.png
羽佐間
だからこそ、
私はあなたを理解したいわ、カノン」
Face FA 08 03.png
カノン
私を理解したい…?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ええ、そうよ。
あなたも私の家族なのだから…」
Face FA 08 03.png
カノン
…!?
私に…家族…」
Face FA 02 00.png
真矢
良かったね、カノン…)
Face FA 16 00.png
弓子
真矢…」
Face FA 02 00.png
真矢
お姉ちゃん、今まで守ってくれて
ありがとう…」
Face FA 02 00.png
真矢
だけど、私は大丈夫だから」
Face FA 16 00.png
弓子
真矢、あなたまさか…」
Face FA 02 00.png
真矢
私、ファフナーに乗るよ」
Face FA 02 00.png
真矢
誰かを傷つけるためじゃなく、
みんなを守るために…」
Face DN 02 00.png
朔哉
これで灯籠は、
ほとんど流し終わったみたいだな」
Face FA 17 00.png
羽佐間
皆さんに灯籠を作っていただいて、
翔子も喜んでいると思います」
Face FA 17 00.png
羽佐間
カノンも手伝ってくれて、
ありがとう…」
Face FA 08 03.png
カノン
うん…」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
灯籠の灯りがひとつひとつ重なって、
凄くきれいですぅ」
Face LI 01 00.png
リュクス
ですが、同時にはかなさも感じさせる。
まるで人の命の輝きのようですね」
Face LI 00 00.png
エイサップ
過去の日本人は、それを感じ取って
灯籠を選んだのかもしれないな」
Face SD 03 00.png
シン
マユ、ステラ、レイ…)
Face SD 03 00.png
シン
みんな、どうか安らかに…)
Face FA 04 00.png
咲良
フェストゥムになった人間を守るなんて、
父さん、あたしのことを笑ってるかな…?」
Face FA 19 00.png
きっと、少しだけ安心して笑ってるわ…」
Face FA 04 00.png
咲良
そうだと、いいな…」
Face DB 00 00.png
九郎
ライカさん、それは…」
Face DB 07 00.png
ライカ
私も昔にちょっと、ね…。
いい機会だから私も作らせてもらったの」
Face DB 00 00.png
九郎
…そうか」
Face DB 07 00.png
ライカ
人は空では死ねない…。
だから、せめて…)
Face DB 07 00.png
ライカ
青空が満ちる
この場所で眠りなさい…リューガ…)
Face LI 03 00.png
エレボス
ジョーンズ家…?
もしかしてそれって、ジョーイの…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
父さんと母さんの分なんだ。
今はお墓参りに行く暇もないから…」
Face HM 06 00.png
デントン
ジョーイの父親は
センターシティでは有名な方でね…」
Face HM 06 00.png
デントン
己の身を挺してまで
仲間たちを救ったんだよ…」
Face DA 00 00.png
ショウ
立派な…父親だったんだな…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
はい…いつか僕も父さんみたいな
ヒーローになれたらいいんですけど…」
Face HM 07 00.png
ホリー
………」
Face OO 09 00.png
フェルト
刹那たちも作ったんだね…」
Face OO 01 00.png
ロックオン
ま、武力による戦争根絶を目指した時点で、
まともな最後なんて迎えられやしない」
Face OO 01 00.png
ロックオン
だが、死んだ後の魂ぐらいはな…」
Face OO 00 00.png
刹那
俺たちは世界を変えてみせる。
見ていてくれ、ニール・ディランディ…」
Face LB 03 00.png
城崎
早瀬君、その灯籠…」
Face LB 00 00.png
浩一
矢島の分を作らせてもらったんだ。
今の俺がいるのは矢島のおかげだからさ」
Face BB 15 00.png
孫尚香
私は父さんと孫策兄さんの分」
Face BB 15 00.png
孫尚香
三璃紗(ミリシャ)の
お墓参りには行けないから、
せめてこれぐらいはね」
Face TO 03 00.png
マイク
宗美さんのは薫さんの…?」
Face LB 11 00.png
宗美
ええ、ここなら
薫さんも喜んでくれるはずです」
Face LB 11 00.png
宗美
僕らが出会った頃の面影が残る、
この島なら…」
Face SK 02 01.png
由木
劉備さん、その灯籠…」
Face BB 00 00.png
劉備
昔、俺に正義を教えてくれた先生と、
兄貴同然に世話になった人がいてさ…」
Face BB 07 00.png
孔明
共に三璃紗(ミリシャ)の
明日を創るために尽力なされた、
立派な方たちでした…」
Face BB 00 00.png
劉備
世界は違うけど、
想いだけでもと思って…。
届くかどうかはわからないけどさ」
Face VR 01 00.png
フェイ
わたし、届けられると思う…
それだけの想いがこもってる」
Face BB 00 00.png
劉備
そうだな…ありがとう、フェイ」
Face TO 04 00.png
ダミアン
………」
Face TO 02 00.png
レニー
ダミアン…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
これ、カレンの灯篭なんだ…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
笑っちまうよな。地球に来たばかりで
日本の文化なんて何もわかんない俺が、
ザ・ブーム出身のカレンを…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
誰が笑うもんかよ。
ダミアンの気持ちも、カレンの気持ちも
俺たちはこの目で見てんだ」
Face TO 03 00.png
マイク
きっと、届いてるはずだよ。
ダミアンの想いはさ…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ありがとう、みんな…」
Face FA 08 03.png
カノン
この島や、<name6>の皆は、
死んだ者のことを忘れないんだな…」
Face DA 00 00.png
ショウ
忘れることなんかできないさ」
Face DA 00 00.png
ショウ
トッドやガラリア、
ニー、キーン、リムル、
それにエレ様…」
Face DA 00 00.png
ショウ
みんな逝ってしまった…」
Face DA 01 00.png
チャム
ショウ…」
Face DA 00 00.png
ショウ
死んだ人間が土に還るなら、
俺たちは皆、死の上に立って
生きているようなものだ」
Face DA 00 00.png
ショウ
その意味を、忘れちゃいけないんだ…」
Face OG 02 00.png
サヤ
死の上に立って、生きる…」
Face FA 08 03.png
カノン
そうかもしれないな…」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face DB 22 00.png
エンネア
エンネアに何か用かな?」
Face FA 10 00.png
乙姫
春日井甲洋は自分のいる場所を選んだ。
あなたは選ばなくていいの?」
Face DB 22 00.png
エンネア
…何の事か良くわからないなぁ。
エンネア、きおくそーしつだから」
Face FA 10 00.png
乙姫
そっか。
いつか、記憶が戻るといいね」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face OG 03 00.png
リチャード
たとえ人でなくても、
仲間であることに変わりはない、か…」
Face FA 10 00.png
乙姫
残された時間は少ない。
けど、みんなも学んでいっている」
Face FA 10 00.png
乙姫
だから、きっと受け入れてくれるはず。
大丈夫だよ…」
Face OG 03 00.png
リチャード
皆城乙姫…」
Face OG 03 00.png
リチャード
確かにそろそろ、頃合いかもしれんな…)
Face DA 01 01.png
チャム
え!? 一騎たちがいないから、
道生のファフナーしか出られないの?」
Face DA 01 01.png
チャム
みんな、大変!
フェストゥムの攻撃には、
気をつけなきゃダメよ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
一騎たちが出ちゃってて、
ファフナーは道生のしか出られないってさ!
みんな、注意して!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
あれがフェストゥム…!
読心術を操るという、異質な者であるか!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
あれに対抗できるというファフナーは
今は道生殿の機体しか出られませんぞ!
皆、油断なさるな!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
一騎たちがいない今、
出撃できるファフナーは
道生の機体だけです!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
フェストゥムとの戦いには不利ですが、
皆さん、島を守ってください!」
Face FA 01 00.png
総士
一騎たちがいない以上、
出撃可能なファフナーは、
メガセリオン・モデルのみだ」
Face FA 01 00.png
総士
対フェストゥム戦ではやや不利だが、
各機、注意して迎撃を!」
Face FA 09 02.png
道生
一騎たちは出払っちまったからな…
出られるファフナーは俺だけってか…!」
Face FA 09 02.png
道生
フェストゥム相手に、ちと厳しいが、
やるしかねぇよな!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
一騎君たちがいない今、
出撃できるファフナーは
道生さんのメガセリオンだけよ」
Face OO 07 00.png
スメラギ
フェストゥム相手で不利でしょうけど、
戦術でカバーします!
みんな、出撃よ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
一騎さんたちが不在の今、
ファフナーはメガセリオン・モデルだけが
出撃可能です」
Face DB 02 01.png
瑠璃
フェストゥム戦に不利な状況ですが、
こちらでもフォローいたしますわ。
皆さん、出撃です!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
一騎君たちがいないから、
出られるファフナーは
道生さんのメガセリオンだけよ!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
フェストゥムが相手ですけど、
お互いカバーし合って、戦いましょう!」
Face VR 01 00.png
フェイ
道生さんの機体以外のファフナー、
今回は出られないのか…」
Face VR 01 00.png
フェイ
フェストゥムが相手だけど、
みんな、がんばろうね!」
Face LB 04 01.png
森次
一騎たちがいない以上、
出撃可能なファフナーは
メガセリオンだけとなる」
Face LB 04 01.png
森次
相手はフェストゥムだ。
各機、それを頭に入れて戦え」
Face MF 01 01.png
オズマ
スカルリーダーから各機へ。
現状、出撃可能なファフナーは
メガセリオンだけだ」
Face MF 01 01.png
オズマ
対フェストゥム戦であることを
充分に理解し、臨機応変に対応しろ!
各機、『PLANET DANCE』!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
出撃可能なファフナーは
メガセリオン・モデルのみとなる」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
各機、フェストゥムが相手ということを
念頭において戦え!」
Face HM 05 00.png
リナ
一騎さんたちがいないから、
出られるファフナーって、
道生さんのだけみたいです」
Face HM 05 00.png
リナ
でも、みなさんが力を合わせたら、
どんな相手にも負けないはずです!
Go For It!」
Face BB 07 00.png
孔明
一騎殿たちがいない今、
出撃できるファフナーは
道生殿の機体のみです」
Face BB 07 00.png
孔明
敵はフェストゥム…
可能な限り戦術で支援いたします。
皆様、出撃です!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
一騎たちが出てしまっている今、
出撃可能なファフナーは
メガセリオン・モデルのみ…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
フェストゥム相手に
多少、不利ではあるが、
我が戦術にて補ってみせよう!」
Face BB 17 00.png
周瑜
一騎殿たちがおりません故、
出撃できるファフナーは、
道生殿の機体のみ」
Face BB 17 00.png
周瑜
フェストゥム相手に
いささか厳しい戦いとなりますが、
こちらも戦術で支援します!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
チッ、一騎たちがいないときに限って
奴らが来るなんてね!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
わかっちゃいると思うが、
出撃可能なファフナーは日野の機体だけだ!
フェストゥム相手に気を抜くなよ!」
Face OG 03 00.png
リチャード
今回はメガセリオン以外の
ファフナーが出撃できん!」
Face OG 03 00.png
リチャード
フェストゥム相手に厳しい戦いだが、
一歩足りとも退くわけにはいかん!
この島と一騎たちを守り抜け!」
Face DA 00 01.png
ショウ
一騎たちは呼び戻す!
彼の心を、魂をここに…。
それを邪魔しようというのなら!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
人の想いはオーラロードすらも拓くんだ!
一騎たちの想いもきっと彼に…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
お前らの相手はこの俺だ!
一騎や甲洋にちょっかい出すんじゃねえ!」
Face FA 09 02.png
道生
そうだよな、同化されたからって、
割り切れるもんじゃねぇよな…!」
Face FA 09 02.png
道生
来いよ、フェストゥム!
後輩どもの所へは一匹たりとも
行かせねえぞ!」
Face SD 03 01.png
シン
俺が守ってみせる!
甲洋を助けたいって想い、
あいつらの…一騎たちの強い願いを!」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
必ず届く…
一騎君たちの声も想いも、甲洋君に!
それを阻むっていうなら!」
Face OO 00 01.png
刹那
一騎たちは今、
春日井甲洋と対話しようとしている。
その先に待つ結末は…!」
Face DB 01 01.png
アル
人ならざる存在となっても、
まだ尚、友と呼び続けるか…」
Face DB 01 01.png
アル
ならば、九郎よ。
妾たちの為すべきことはひとつだ!」
Face DB 00 01.png
九郎
応よ!
一騎たちの友達を奪おうとする理不尽。
俺たちでぶっ潰してやらぁ!」
Face DN 01 01.png
くらら
フェストゥムとなった
友達を助けようとするなんて…
あの子たち、随分と無茶するわね」
Face DN 00 01.png
でも、そういう熱いのも嫌いじゃないわ!
こっちも、やってやろうじゃん!」
Face VR 01 00.png
フェイ
一騎たちが何か
難しいことしようとしてる…。
わたしも、何か手伝いたい!」
Face LB 00 01.png
浩一
友達を助けたいって…
それが一騎たちの願うコトなら
俺は全力で、アイツらを助ける!」
Face MF 00 01.png
アルト
お互いに助け合うのが仲間だ!
一騎たちが友達を支えている間、
俺がこいつらを引き受ける!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
人じゃないから助けないなんて、
そんな考えはきっと間違ってる」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
たとえ相手がどんな存在だったって、
その人にとっては大事な…友達なんだから!」
Face BB 00 01.png
劉備
友を助けるため、一騎たちは行った!
ならばそれを支えることが、
仲間の俺たちの役目だ!」
Face SK 00 00.png
海動
性懲りもなく来やがったな。
一騎たちがいなくても関係ねぇ…!
みんなまとめてぶった斬ってやる!」
Face SK 01 00.png
真上
どうせ単純なお前の思考など、
読まれたところで問題あるまい…
存分にやってやれ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
一騎君たちは信じている。
必ず甲洋君を助けるって…」
Face OG 00 01.png
アーニー
だから、今はフェストゥムを倒す!
目の前で友達を失うなんて、
そんな想いは絶対にさせない!」
avatar