Face TO 11 00.png
アネックス
ザ・ブームに古来より伝わる、
あのマシンを復元したと?」
Face TO 13 00.png
グラサン
その通りでございます、皇帝。
長き苦心の末、ようやく完成いたしました」
Face TO 12 00.png
シャルム
だが、あのマシンは、
根幹となるデータが欠落していたはずだ。
一体どうやって…?」
Face TO 13 00.png
グラサン
欠落していた部分は、
イルボラがもたらした、
飛影の戦闘データで補いました」
Face TO 13 00.png
グラサン
我らを幾度となく苦しめてきた
あやつめの存在が、我らの手助けと
なったのです」
Face TO 11 00.png
アネックス
フ、飛影から創られたマシンが、
飛影を無に帰す存在となる」
Face TO 11 00.png
アネックス
さしずめ、マシンの名は…
零影(ぜろかげ)、といったところか」
Face TO 13 00.png
グラサン
零影…良き名ですな」
Face TO 12 00.png
シャルム
良くやった、グラサン。
早速、エルシャンク討伐の最前線へと
投入するのだ」
Face TO 13 00.png
グラサン
そ、それが…
零影自体は完成したのですが、
いまだ起動できておらず…」
Face TO 12 00.png
シャルム
この愚か者め!
動かぬマシンが完成したところで、
何の役に立つというのだ!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
お待ちください、シャルム様。
我々も目下、全力で原因を調査中です」
Face TO 10 00.png
イルボラ
近い内に、必ずや零影を
動かしてご覧にいれましょう」
Face TO 11 00.png
アネックス
その言葉を信じよう。
たが、あまり時間があると思うな」
Face TO 13 00.png
グラサン
は? それはどういうことでしょうか?」
Face TO 11 00.png
アネックス
グラサンよ。
わしはお前を信用しているがゆえに、
エルシャンク討伐の任に置いた」
Face TO 11 00.png
アネックス
だが、未だその成果はない。
これ以上、失敗が続くようであれば…」
Face TO 13 00.png
グラサン
…!?
つ、次こそは必ずエルシャンクを!
吉報をお待ちください、皇帝!」
Face TO 12 00.png
シャルム
よろしいのですか?」
Face TO 12 00.png
シャルム
まだ起動せぬとはいえ、
グラサンは伝説のマシンを復元した男。
ここで消すには少々惜しいかと」
Face TO 11 00.png
アネックス
急がねばならぬのだ。
ロミナは、ラドリオ星に伝わる
3体のマシンを起動させたという」
Face TO 11 00.png
アネックス
奴らがすでに、忍者なる者たちを
確保しているのだとすれば…」
Face TO 12 00.png
シャルム
伝説の超パワーが
発現する恐れがあると…?」
Face TO 11 00.png
アネックス
そうだ。
それだけは絶対に阻止せねば…
いや、我らが手に入れなくてはならぬ」
Face TO 12 00.png
シャルム
確かに…。
零影がその手助けとなれば良いのですが」
Face TO 11 00.png
アネックス
時に、ザ・ブーム本星とは
連絡が取れたのか?」
Face TO 12 00.png
シャルム
それが、どうやらこちらにワープしてから
全天図にズレが生じているらしく…」
Face TO 11 00.png
アネックス
ふむ…。
ワープの際に、キルハシウムを
消費しすぎた件と関係があるやもしれんな」
Face TO 11 00.png
アネックス
そちらの原因究明も急げ」
Face TO 12 00.png
シャルム
承知しました」
Face TO 11 00.png
アネックス
………」
Face TO 11 00.png
アネックス
どうも引っかかる。
なんだ、この妙な胸騒ぎは…)
Face LB 15 00.png
レイチェル
うーん、残念だけど、
全然反応が見られないわね…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
クソッ! 駄目かっ!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ダミアン、また黒獅子を
動かそうとしてたのか?」
Face DB 22 00.png
エンネア
最近、暇な時はこうして
ずっとロボットのところにいるよねー」
Face TO 04 00.png
ダミアン
色々と試しているんだが、
さっぱり反応してくれない」
Face TO 04 00.png
ダミアン
やっぱりジョウたちじゃないと
動かすことはできないのか?」
Face TO 03 00.png
マイク
まだ諦めるには早いって。
初めは俺たちだって
うまく動かせなかったんだからさ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
けど、その前に少しは休んだ方が…。
全然休んでないんですよね?」
Face DB 00 00.png
九郎
ああ、諜報任務をこなしながらなんだろ?
そんなんじゃ、いつか身体を壊しちまうぜ」
Face TO 04 00.png
ダミアン
心配してくれてありがとよ。
けど、そんなのは言い訳にしたくないんだ」
Face TO 04 00.png
ダミアン
カレンはザ・ブームを抜けてまで、
俺たちについてきてくれたんだ。
それなのに俺は…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
俺だって、いざという時に
大切な人を守れるようになりたいんだ!」
Face TO 14 00.png
カレン
ありがとう、ダミアン」
Face TO 14 00.png
カレン
あなたの想いは、充分に伝わってるわ。
きっと、いつか黒獅子にだって…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ザ・ブームの兵士だったカレンが、
命をかけてまで助けてくれたんだ…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
彼女の死を無駄にしないためにも、
俺だって、できることをしたいんだ!」
Face TO 02 00.png
レニー
頑張って、ダミアン。
あなたのあの子への想い…
黒獅子にだって、きっと伝わるはずよ」
Face HM 06 00.png
デントン
ん? 今、黒獅子が反応したような…
気のせいかな?)
Face OO 01 02.png
ロックオン
気合いを入れるのはいいが、
あまり気張り過ぎると、
肝心な時に動けなくなっちまうぜ」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ロックオン、真矢ちゃんの訓練が
終わったのか?」
Face FA 02 00.png
真矢
はい、初めての訓練だったので、
色々と戸惑うばかりでしたけど」
Face OO 01 02.png
ロックオン
いや、いきなりの訓練にも関わらず、
あれだけの命中率なら大したもんだよ」
Face MF 02 00.png
ミシェル
戦闘中は変性意識ってやつの影響で、
驚くほど冷静になるようだし…」
Face MF 02 00.png
ミシェル
こりゃあ、真矢ちゃんには
スナイパーの素質があるかもしれないね」
Face FA 02 00.png
真矢
あたしがロックオンさんや、
ミシェルさんみたいに?」
Face MF 00 00.png
アルト
真矢、ミシェルには気をつけろよ」
Face MF 00 00.png
アルト
『スナイパーは視力が命だから
一緒に星を見に行こう』
なんて誘われるぞ」
Face FA 02 00.png
真矢
え、ええっ…!?」
Face DB 22 00.png
エンネア
へー、ミシェルってそういう人なんだね。
エンネアも口説かれないように
気をつけないと」
Face MF 02 00.png
ミシェル
ちがっ! おい、アルト!
誤解されるようなことを…」
Face MF 04 02.png
クラン
誤解も何も、
お前の普段の素行を考えれば、
充分に考えられることではないか」
Face LB 07 02.png
シズナ
ミシェルといい、早瀬といい。
女心がわからん奴が多くて、
ほんま困ったもんやで」
Face LB 06 00.png
山下
そういえば、その早瀬の姿が
見えないけど、どこに行ったんだ?」
Face MF 06 00.png
ララミア
早瀬なら、森次や孔明たちと共に、
どこかへ出かけて行くのを見たぞ」
Face DN 04 00.png
エイーダ
森次さんたちと…?」
Face LB 00 00.png
浩一
こんなところに俺たちを集めて、
森次さんは一体何をするつもりなんだ?」
Face LB 00 00.png
浩一
<name1>少尉、
何か聞いてます?」
Face OG 00 00.png
アーニー
いや、僕たちも何も聞かされてないんだ」
Face OG 00 00.png
アーニー
元々別件で動けない少佐の代理として、
来ることになっただけだから」
Face LB 00 00.png
浩一
別件って?」
Face OG 00 00.png
アーニー
さあ? ただ動くことができないとしか」
Face OG 02 00.png
サヤ
………」
Face LB 04 00.png
森次
待たせたな」
Face LB 00 00.png
浩一
どこ行ってたんですか、森次さん」
Face LB 00 00.png
浩一
いい加減、俺たちを
ここに集めた理由を教えてくださいよ」
Face LB 04 00.png
森次
………」
Face LB 04 00.png
森次
以前、私が言った疑念を
覚えているか?」
Face LB 00 00.png
浩一
…マキナと、石神社長が、
信用に足る存在かどうかですか?」
Face LB 04 00.png
森次
そうだ。その答えを知るため、
ここにいるメンバーに集まってもらった」
Face LB 04 00.png
森次
一緒に会ってもらいたい人間がいる」
Face BB 11 00.png
司馬懿
どうやら、現れたようだな」
Face LB 22 00.png
???
あら、こんな多くの人たちに
出迎えてもらえるなんてね…」
Face LB 16 00.png
???
ここは光栄の極み、
感謝痛みいるとでも言うべきかな」
Face OG 00 01.png
アーニー
!? あなたたちは…!?」
Face LB 16 00.png
加藤
御機嫌よう、<name6>の諸君」
Face LB 00 00.png
浩一
加藤久嵩!?」
Face LB 32 00.png
道明寺
真矢ちゃんも
ファフナーに乗れるようになって、
いよいよパイロットか」
Face FA 00 00.png
一騎
けど、戦闘は前よりも激しくなってる。
できれば遠見には戦ってほしくないけど…」
Face SD 03 03.png
シン
パイロットとなれば、
時に決断しなくてはいけない状況も
たくさんでてくる」
Face OO 04 00.png
アレルヤ
それを、君たちのような歳の子に
背負わせるのはね…」
Face FA 02 00.png
真矢
…それでも、私は戦います」
Face FA 02 00.png
真矢
一騎君たちだけに任せて、
自分は安全な場所にいるなんて、
そんなのもう嫌ですから」
Face FA 15 00.png
遠見
真矢…」
Face DB 22 00.png
エンネア
ねえ、みんなはなんで戦おうとするの?」
Face FA 04 00.png
咲良
なんでって?」
Face DB 22 00.png
エンネア
戦うことになれば、
いっぱいいっぱい痛い思いもするんでしょ」
Face DB 22 00.png
エンネア
それなのに、
どうしてみんなはそうやって戦えるの?」
Face DB 00 00.png
九郎
そりゃあ…俺がやれることをやらないと
後味悪りいから、かな」
Face FA 08 00.png
カノン
フェストゥムが襲撃して来るんだ。
人類の生存のために戦うのは当然だ」
Face DN 02 00.png
朔哉
自分のことも、この世界のことも、
誰かに勝手に決められるのなんて、
まっぴら御免だからな」
Face LI 00 00.png
エイサップ
最初は巻き込まれただけだったけど…
今は自分に力があるのなら、
間違った人を止めたいんだ」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ま、結局は目の前にあることを
放っておけない奴らが多いってことだよ」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face DB 22 00.png
エンネア
もし、全部無駄だとしたら…」
Face DB 00 00.png
九郎
えっ…?」
Face DB 22 00.png
エンネア
もしもね、未来を知ることができて、
戦っても誰も救えない、救われない…」
Face DB 22 00.png
エンネア
全部無駄なことだってわかったら、
どうする?」
Face DB 22 00.png
エンネア
それでもまだ…戦える?」
Face DB 01 04.png
アル
汝…」
Face DB 00 05.png
九郎
もし全部無駄だったとしても、
それで何もしないでいられるか。
何もしないで我慢できるのか…」
Face DB 00 05.png
九郎
フ、俺には無理っぽいな」
Face DB 22 00.png
エンネア
九郎…」
Face DN 00 00.png
ええ、全てが運命に
定められていたとしても、
黙って従うなんてゴメンだわ」
Face SD 03 03.png
シン
運命は縛られるものじゃない。
自分の手で切り拓いていくものだから」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face DB 22 00.png
エンネア
『あの子』はエンネアに、
あなたは選ばないのかって訊いた…)
Face DB 22 00.png
エンネア
簡単に言ってくれるよね…)
Face LB 00 00.png
浩一
こんなところで会うのが、
よりにもよってこいつらなんて…」
Face LB 22 00.png
ユリアンヌ
あら、邪魔が入らなくていいでしょ?
なにせ敵同士の秘密の会談なわけだしね」
Face LB 04 00.png
森次
桐山の事件で得たユリアンヌとの
パイプを使って呼び出したのは、
訊ねたいコトがあったからだ」
Face LB 16 00.png
加藤
ほう…?
できれば手短に頼むよ」
Face LB 04 00.png
森次
なら、単刀直入に訊こう。
マキナとは一体なんだ?」
Face LB 16 00.png
加藤
知っての通り、
単なる巨大人型兵器さ」
Face LB 04 00.png
森次
だとすれば、
先日の島根で見つかったマキナ、
ペインキラー…」
Face LB 04 00.png
森次
アレが九条美海を選んだ状況は、
どう見ても不自然だ」
Face LB 16 00.png
加藤
というと?」
Face BB 17 00.png
周瑜
ペインキラーは、
生命の危機になかった彼女を
ファクターへと変えた」
Face BB 17 00.png
周瑜
これから推測するに、つまり…」
Face LB 04 00.png
森次
マキナはファクターを、
意図的に生み出そうとしているのか?」
Face LB 16 00.png
加藤
フ、そうだ」
Face OG 00 01.png
アーニー
何のためにです!?」
Face LB 22 00.png
ユリアンヌ
あなたたちも、
薄々は気づいてるんじゃないの?」
Face LB 00 01.png
浩一
え…!?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
マキナは人命を最優先に
尊重するよう創られているという」
Face BB 11 00.png
司馬懿
それ単体で
人間に危害を加えることはできない。
ならば…」
Face LB 04 00.png
森次
………」
Face BB 07 00.png
孔明
マキナにとってファクターとは、
人を殺すための因子、ということですね?」
Face LB 00 01.png
浩一
…!?」
Face LB 16 00.png
加藤
ご名答」
Face OG 00 01.png
アーニー
どういうことです!?
なぜマキナが人を殺す必要が
あるんですか!」
Face LB 16 00.png
加藤
理由は数多あるが、その中で君たちが
理解しやすいものを挙げるなら…」
Face LB 16 00.png
加藤
ラインバレルへの…対抗」
Face LB 00 00.png
浩一
ラインバレルへの対抗!?」
Face LB 04 00.png
森次
…そうか。
では、次の質問だ」
Face LB 00 00.png
浩一
!? え、今の話の続きは!?」
Face LB 04 00.png
森次
石神邦生…
彼の真の目的は?」
Face LB 16 00.png
加藤
石神の真の目的は、
おそらく現存する全てのマキナに
ファクターを生み出すコト」
Face LB 04 00.png
森次
人殺しの因子(ファクター)を
生み出すコトが、真の目的…」
Face LB 16 00.png
加藤
だが、その目的遂行は容易ではないだろう。
なにせ、残る最後のマキナは…」
Face LB 16 00.png
加藤
私の手の内にあるのだからな…」
Face BB 17 00.png
周瑜
当然あなたは、その最後のマキナに
ファクターを生ませるつもりはない、と」
Face LB 16 00.png
加藤
勿論だ。
まぁ、石神なりに策はあるのかもしれんがな」
Face LB 16 00.png
加藤
なにせ、石神に助言しているのは、
誰であろうアイツのマキナだからな」
Face LB 00 00.png
浩一
! 社長のマキナ…!?」
Face OG 03 00.png
リチャード
………」
Face LB 12 00.png
石神
森次君たちと一緒に
出かけるのではなかったのかね?」
Face OG 03 00.png
リチャード
フ、何もかも知ってて言ってるなら、
あんたも人が悪いな」
Face LB 12 00.png
石神
いやいや、むしろお人好しだよ。
君の意志を尊重して、みんなには
黙ってるんだからね」
Face OG 03 00.png
リチャード
ま、それもそうか…」
Face OG 03 00.png
リチャード
『未来を観る力』ってのも、
時と場合によっちゃ面倒なもんだな」
Face LB 12 00.png
石神
しかし、こちらとしては
そろそろ話しておいて欲しいんだよねェ」
Face LB 12 00.png
石神
今後の計画の遂行に、
支障をきたす恐れもある」
Face OG 03 00.png
リチャード
わかってるさ。
みんなには、すべて伝えるつもりだ」
Face OG 03 00.png
リチャード
この俺が、消えちまう前にな…」
Face LB 12 00.png
石神
………」
Face LB 00 00.png
浩一
やっぱり石神社長も
ファクターだったってコトかよ…」
Face LB 04 00.png
森次
最後にひとつ…
ラインバレルの存在、
アレは一体何なんだ?」
Face LB 00 00.png
浩一
え?」
Face LB 22 00.png
ユリアンヌ
ふふ、今回の会談は、
それを聞くのが目的だったみたいね」
Face LB 16 00.png
加藤
ラインバレルは、
全てのマキナを破壊する存在、
カウンターマキナだ」
Face LB 16 00.png
加藤
そして、同時にひとりの人間であり、
全てを始めた存在でもある」
Face LB 00 01.png
浩一
…!?」
Face OG 00 01.png
アーニー
ラインバレルが、人間…!?」
Face LB 00 01.png
浩一
くっ…こんな時に呼び出しか…!」
Face LB 13 00.png
緒川
みんな、すぐに部隊へ合流して!
JUDAにザ・ブーム軍が
接近してきているわ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
了解!
ただちにそちらへ向かいます!」
Face LB 16 00.png
加藤
どうやら会談はここまでのようだな。
では、我々はこれで失礼するよ」
Face LB 22 00.png
ユリアンヌ
次に会う時は敵同士ね、
ボクちゃんたち」
Face LB 00 01.png
浩一
待てよ!
話はまだ終わってないだろ!
ちゃんと説明しろよ!」
Face LB 16 00.png
加藤
フ、ではひとつだけ教えてやろう」
Face LB 16 00.png
加藤
今から32年後、人類は滅亡する」
Face OG 00 01.png
アーニー
! な、なんだと…!?」
Face LB 00 01.png
浩一
ふざけるなよ!
そんなコト、俺たちが
信じるとでも思ってるのかよ!」
Face LB 16 00.png
加藤
信じる信じないは君たちの勝手だ。
だが、滅びは確実にやってくる」
Face LB 16 00.png
加藤
未来を知り、
戦っても誰も救えない、救われない。
全部無駄なコトだとわかったら…」
Face LB 16 00.png
加藤
その時、君たちはどう戦うかね?」
Face OG 02 00.png
サヤ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
間もなく作戦開始か。
零影は間に合わなかったな…」
Face TO 13 00.png
グラサン
なぜだ!?
マシンは完全に復元している。
起動しないはずがないんだ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
誰にも動かせないマシンか…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
まるで、ラドリオ星に伝わる
3体のマシンと同じだな…」
Face TO 13 00.png
グラサン
馬鹿なことを!
なら、零影にも忍者の力とやらが
必要だとでもいうのか!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
忍者の力、か…」
Face TO 13 00.png
グラサン
クッ…こんなことなら、
飛影のデータなど使うのではなかった!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
だが、飛影のデータなくしては
零影は完成しなかった」
Face TO 13 00.png
グラサン
それは、そうだが…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 13 00.png
グラサン
なんだ、この違和感は?)
Face TO 13 00.png
グラサン
ザ・ブームとラドリオ星、
ふたつの星に残る伝説のマシン…)
Face TO 13 00.png
グラサン
その鍵を握る飛影、
そして忍者とは…)
Face OO 09 00.png
フェルト
Eセンサーに反応!
敵機、来ます!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
勝負だ、<name6>!」
Face BB 17 00.png
周瑜
イルボラ司令、またもや
我々の前に立ちふさがりますか」
Face TO 10 00.png
イルボラ
無論だ!
今日こそ貴様らを打ち倒し、
ロミナ姫を奪ってくれる!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ふざけやがって!
テメエこそ、今日ここで
終わらせてやるぜ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
各機、ジョウに続いて…うぐっ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
!? 少佐…!」
Face OG 03 01.png
リチャード
だ、大丈夫だ。
それよりみんな、緊急出撃だ!」
Face FA 02 01.png
真矢
皆城君。
なんであたしだけ、待機なの?」
Face FA 01 01.png
総士
遠見を実戦へ投入するにはまだ早すぎる。
万が一の事態があるまで待機だ」
Face FA 02 01.png
真矢
了解」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐぅ! ま、まだだ…」
Face SK 01 00.png
真上
あの男、あれほどの攻撃を受けて、
まだ戦うつもりか?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
し、死ぬわけには…いかん…
この命は…全て…あの方のために…」
Face BB 09 01.png
曹操
あの執念…。
何が奴をそこまで突き動かす…?」
Face TO 07 00.png
ガメラン
イ、イルボラ様…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
そのために…私はぁぁぁーっ!」
Face BB 03 00.png
関羽
…!?
ぬうっ、何が起こったのだ!?」
Face OO 05 01.png
ピーリス
!? あの機体、一体どこから!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ウオオオオアァァァァーッ…!」
Face LB 03 01.png
城崎
イ、イルボラさんが、あの機体の中に!?」
Face TO 03 01.png
マイク
な、何なんだよ、あのマシンは!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
フハハハ!
よくやったぞ、イルボラ!」
Face TO 13 00.png
グラサン
まさかお前が、
零影を起動させるとはな!」
Face LI 03 01.png
エレボス
ぜ、零影だって!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
そうだ!
あれこそ飛影のデータを元に完成させた
ザ・ブームの最終兵器…零影!」
Face TO 00 00.png
飛影
………」
Face TO 05 00.png
ロミナ
飛影!?」
Face TO 04 00.png
ダミアン
どういうことだ?
アイツが来る条件は
まだ揃ってないはずだぜ!?」
Face TO 04 00.png
ダミアン
飛影が勝手に!?」
Face TO 00 00.png
飛影
………」
Face TO 01 01.png
ジョウ
どうした、飛影…!?」
Face TO 10 00.png
イルボラ
フフフ…
飛影は感じ取ったようだな」
Face TO 10 00.png
イルボラ
この零影こそが、
貴様の宿敵であることを…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
飛影ぇぇぇーっ!」
Face FA 05 01.png
剣司
う、嘘だろ…。
飛影が…あの無敵の忍者ロボが…」
Face TO 10 00.png
イルボラ
素晴らしい…これが零影の力!
身体に力がみなぎってくる」
Face TO 10 00.png
イルボラ
もはや飛影など恐るるに足らん!
このまま葬り去ってくれる!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
飛影をやらせるわけにいかないわ!
全機、飛影の防衛に回って!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
フフ、はたしてお前たちに
それができるかな…?」
Face LB 08 01.png
イズナ
…!?
零影が消えた!?」
Face TO 10 00.png
イルボラ
どこを見ている!」
Face OO 00 01.png
刹那
ぐうっ…あの機体…!」
Face DB 07 00.png
ライカ
ま、また消えちゃったわよー!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
フハハハ!
零影のカモフラージュ攻撃を
見破ることはできまい!」
Face FA 09 02.png
道生
光学迷彩を使ってやがるのか!?
これじゃあ、どこから狙ってくるのか
わかりゃしねえ!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
対応策は、こちらで考えるわ!
それまでみんな、何とか時間を稼いで!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
しかも、飛影を守りながらかよ…!」
Face LB 00 01.png
浩一
そんなコト、できるんですか!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
できるかどうかじゃない、
必ずやり遂げてみせるんだ!」
Face LB 00 01.png
浩一
!? ショウさん…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
負け戦のことだけ考えるから、
本当の負けになる!」
Face DA 00 01.png
ショウ
自分たちの力を信じろ!」
Face LB 00 01.png
浩一
自分たちの力を信じて、
必ずやり遂げる…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ああ、ショウの言う通りだ!
みんな、やるぞ!」
Face TO 13 00.png
グラサン
ぐうぅ…零影を起動したはいいが、
これでは軍内でのイルボラの立場が
俺以上になってしまう…」
Face TO 13 00.png
グラサン
俺は諦めんぞ…。
何としてでもこの戦いで手柄を!」
Face MF 11 00.png
モニカ
目標、再び消失!
各種センサー、反応ありません!」
Face MF 09 00.png
ボビー
ああ、もう!
このまま見てることしかできないの!?」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
このまま攻撃を受け続ければ危険ですぅ!」
Face OO 09 00.png
フェルト
でも敵を捕捉できないことには…!」
Face TO 06 00.png
シャフ
ひ、姫様…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
まだ諦めてはなりません!
ジョウたちを信じるのです…!」
Face BB 05 01.png
張飛
このままじゃラチが明かねえ!
なんとかならないのかよ!?」
Face HM 06 00.png
デントン
奴は、攻撃の瞬間だけはその姿を現す。
そこを仕留められればいいんだが…」
Face OO 01 01.png
ロックオン
しかし、狙い撃とうにも、
奴はこっちの射界に入らないように
動いてきやがる」
Face DN 03 01.png
ジョニー
こちらの分析は完璧というわけですか。
我々の戦力を知る相手だけに、
一筋縄では…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
いや、いるではないか。
データのない狙撃手がもうひとり」
Face MF 02 01.png
ミシェル
…!?
そうか、真矢ちゃんなら!」
Face OO 06 01.png
ティエリア
確かに、彼女なら
奴の裏をかくことができるかも
しれないが…」
Face FA 01 01.png
総士
この状況で遠見を出すのは危険です!
実戦経験もないパイロットに、
こんな重要な任務を…」
Face FA 02 01.png
真矢
あたし、やるよ」
Face FA 00 01.png
一騎
遠見…!?」
Face FA 02 01.png
真矢
翔子たちもいろんな痛みを背負いながら、
自分の責任を果たして来た」
Face FA 02 01.png
真矢
あたし、ここにいるんだよ」
Face FA 01 01.png
総士
しかし…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
なら、俺が奴を誘き出す囮になる!」
Face TO 02 01.png
レニー
ジョウ!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
そうすりゃ位置も特定できて、
真矢が狙われる心配もねえ」
Face TO 01 01.png
ジョウ
これなら文句はねえだろ、総士!」
Face FA 01 01.png
総士
ですが、それでは今度はあなたが…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
今は四の五の言ってる場合じゃねえ!
準備はいいか、真矢!」
Face FA 02 01.png
真矢
任せて」
Face TO 01 01.png
ジョウ
どうした、イルボラ!?
決着をつけるんじゃなかったのか!
チマチマやってたんじゃ俺は倒せないぜ!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
そんなに死にたくば、
貴様から先に引導を渡してやる!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐうぅぅぅぅ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
い、今だぁぁぁぁーっ!」
Face FA 02 01.png
真矢
ッ…!」
Face TO 13 00.png
グラサン
零影のカモフラージュ攻撃が
見破られただと!?」
Face OO 08 00.png
ラッセ
よっしゃっ! 零影の動きが止まったぜ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぬうっ…ジョウ、貴様!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ざ、残念だったな…イルボラ…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
こうなれば貴様だけでも!
ジョウ、覚悟ぉぉーっ!」
Face BB 00 00.png
劉備
飛影が!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
馬鹿な! 飛影には、
もはや動く力も残っていなかったはず!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
飛影…。
そうか…お前もそうだったな…」
Face TO 00 00.png
飛影
………」
Face TO 01 01.png
ジョウ
お前も俺たちとずっと一緒に…
エルシャンクを守ってきたんだ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
やるぞッ! 飛影ぇぇぇぇーっ!」
Face VR 01 00.png
フェイ
ジョウが飛影の中に…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
私と零影と同じように、
奴も飛影と合身したというのか!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
まるで自分の身体のように動く。
これなら…やれる!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
クッ…!
飛影と合身したことでパワーを増したか!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
それでこそ零影の相手に相応しい!
来い、ジョウ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
もうテメエの好きにはさせねえぜ!
勝負だ、イルボラァッ…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
貴様たちがいくらかかってこようと、
この私と零影の敵ではないッ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐ…うぅぅぅっ!」
Face LB 09 01.png
美海
ま、負けたくない…。
仲間を何とも思わないような、
あんな人には…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
まだやれるよな、飛影…
ぐうっ…!」
Face MF 01 01.png
オズマ
どうした、ジョウ!?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
…!?
まさか、先ほど受けた傷が…!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
勝負あったな。
いまトドメを刺してやる!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐ…イルボラァ…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ジョウ、みんな…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ッ…!」
Face OG 03 00.png
リチャード
どこへ行く、ダミアン…!」
Face HM 06 00.png
デントン
よせ、ダミアン君!
黒獅子は回収したばかりなんだ!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
修理も補給も、
まだ何も手をつけてないのよ!」
Face DB 05 00.png
チアキ
それ以前にあんたじゃ、
黒獅子は動かすことができへんやろ!」
Face TO 04 00.png
ダミアン
できるかどうかじゃない!
必ずやり遂げてみせるんだッ!」
Face HM 05 00.png
リナ
ダミアンさん…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
………」
Face TO 04 00.png
ダミアン
みんな、命がけで戦ってるんだ。
もう、俺だけ見てるなんて
イヤなんだよ!」
Face TO 04 00.png
ダミアン
カレンやみんなのためにも…
俺だって、命をかけて戦いたいんだよ!」
Face HM 04 00.png
サイ
だ、だけど…」
Face TO 04 01.png
ダミアン
頼むよ、黒獅子!
この俺に、力を貸してくれぇーッ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐ、ぐうぅぅぅっ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ジョウさん…!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
飛影と合身したところで、
結果は変わらなかったようだな!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
トドメだ、ジョウッ…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐうっ…何者だ…!?」
Face TO 04 01.png
???
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
黒獅子だと!?
馬鹿な、ジョウはここに…!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
黒獅子を動かせるのは、
ジョウだけじゃねえんだよッ!」
Face TO 14 00.png
カレン
ダミアン、応えてくれたのね…!
あなたの意志に、黒獅子が!」
Face LB 11 00.png
宗美
黒獅子が応えてくれたのですね。
ダミアンさん、あなたの意志に…!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
ジョウ、合体だ!
一気に勝負をかけるぞッ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
おいしいタイミングで出てきやがって!
よぉし、行くぜッ!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
今さら獣魔に合体したところで、
この零影に勝てると思っているのか!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ダミアンの奴が意地をかけて、
黒獅子を動かしたんだ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
テメエなんかに負けるわけには、
いかねえだろうがぁぁッ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
こ、これは…!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
うおぉぉぉぉーっ…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐわぁぁぁぁーっ…!」
Face BB 15 00.png
孫尚香
ぜ、零影を一撃で…。
獣魔の力って、あんなに凄かったかしら…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
そ、そうか…そうだったのか!)
Face TO 10 01.png
イルボラ
今の一撃で、すべてがわかった!
この零影と飛影は…!)
Face TO 10 01.png
イルボラ
ならば、私の為すべきことは…!)
Face LB 00 01.png
浩一
あんたの負けだ、イルボラさん!
観念するんだな!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
私の戦いは、まだ終わっていない…!
零影の前に立ちふさがるようであれば、
次こそ貴様らを葬り去る!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
それはロミナ姫、
あなたとて例外ではないっ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
さらばだっ!」
Face BB 13 01.png
孫権
かつて自分が仕えた相手にあの言葉。
もはやあの男、修羅へと堕ちたか…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
アイツは今まで何があっても、
ロミナ姫だけは決して敵視しなかった…)
Face TO 01 01.png
ジョウ
イルボラ…。
テメエ、何を考えてやがる…?)
Face TO 13 00.png
グラサン
ぐぬぅ…零影すらも退けるとは…
あの飛影の力は一体何なのだ!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
馬鹿な!
ここまでなのか!?
こんな辺境の星でこの俺が…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
思い知ったか!
飛影のニセモノなんて造るから、
こういう目に遭うんだよ!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
おかげでこっちは、
ますます力を引き出せたぜ!」
Face TO 13 00.png
グラサン
おのれ…零影の存在が、
飛影の中の何かを目覚めさせて
しまったとでもいうのか!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
!? い、いや…違う!
まさか…!?)
Face TO 13 00.png
グラサン
だとすれば、飛影とは…!
忍者伝説とは…!)
Face FA 04 01.png
咲良
あんたの非道もこれまでだよ!
グラサン!」
Face TO 13 00.png
グラサン
や、やらせはせん!
貴様たちを放っておくわけには…!」
Face MF 12 00.png
ミーナ
敵艦、エルシャンクに向けて進路を変更!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
まさか、特攻か…!?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ガメラン、回避を!」
Face TO 13 00.png
グラサン
地獄まで付き合ってもらうぞ、
ロミナァァァァァーッ…!」
Face TO 13 00.png
グラサン
ぐわあああぁぁぁぁっ!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
グラサンの艦が、沈む…!
奴もこれで最後か…」
Face LI 01 00.png
リュクス
…!?
待ってください、あそこにいるのは!」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face DB 00 01.png
九郎
!? エ、エンネア!?」
Face DA 02 01.png
マーベル
どうしてあんな所に!?」
Face DB 00 01.png
九郎
エンネア!
危ない、逃げろぉぉぉぉーっ!」
Face DB 22 00.png
エンネア
………」
Face DB 22 00.png
エンネア
九郎、エンネアはね…」
Face DB 00 01.png
九郎
エンネアァァァーッ!」
Face HM 05 00.png
リナ
エ、エンネアちゃん…うっ…うぅ…」
Face FA 02 00.png
真矢
つい少し前まで…一緒に話したり、
遊んだり…してたのに…ううっ…」
Face DB 00 05.png
九郎
どうしてだ…!?
なんでエンネアがあんな所にいたんだよ!」
Face BB 19 00.png
陸遜
それが、気がついたら艦内から
いなくなってて…」
Face DB 00 05.png
九郎
なんでちゃんと見てなかったんだ!
あんな小さな女の子なんだぞ!」
Face BB 15 01.png
孫尚香
陸遜が悪いっての!?
だいたい、戦闘中に艦を降りるなんて
思わないでしょ!」
Face DB 00 05.png
九郎
そんなこと関係あるかっ…!」
Face DB 01 04.png
アル
よさぬか、九郎!」
Face DB 00 05.png
九郎
…!?」
Face DB 01 04.png
アル
誰かを責めたところで、
エンネアが戻るわけでもあるまい」
Face DB 01 04.png
アル
汝がしているのは、ただの八つ当たりだ」
Face DB 00 05.png
九郎
………」
Face TO 01 00.png
ジョウ
せっかく戦いには勝てたのによ…。
何だよ、この後味の悪さは…」
Face DB 00 05.png
九郎
………」
Face DB 00 05.png
九郎
全部無駄なことだってわかっても、
まだ戦えるのか…?」
Face LB 00 01.png
浩一
その言葉…加藤の!?)
Face DB 00 05.png
九郎
つまりは…こういうことなのか?
エンネア…」
Face DB 01 04.png
アル
九郎…」
Face TO 06 00.png
シャフ
た、大変です、皆さん!
すぐにブリッジへお越しください!」
Face TO 03 00.png
マイク
そ、そんなに慌ててどうしたんだよ、
シャフさん!?」
Face TO 06 00.png
シャフ
そ、それが…ザ・ブーム軍から…」
Face TO 06 00.png
シャフ
ザ・ブーム皇帝のアネックスから、
通信が入ってきました!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
な、なんだと…!?」
Face TO 11 00.png
アネックス
我こそはザ・ブームの皇帝にして、
この銀河の支配者、アネックスである」
Face TO 01 00.png
ジョウ
こいつがザ・ブームの皇帝…」
Face TO 11 00.png
アネックス
よもや、あのグラサンを討ちとるとはな。
だが、ザ・ブームの力はあんなものではない」
Face TO 05 00.png
ロミナ
負け惜しみを言うために
回線を開いたのですか?
お暇なことです」
Face TO 11 00.png
アネックス
フ、そのくらい
気が強くなければ面白くない」
Face TO 11 00.png
アネックス
このまま無益な戦いを続けるか、
降伏するか、選ばせてやろうと言うのだ」
Face LB 32 00.png
道明寺
降伏だって?」
Face OO 04 02.png
ハレルヤ
冗談も休み休み言うんだな!」
Face TO 11 00.png
アネックス
フフフ…
この映像を見ても同じことが言えるかな?」
Face TO 07 00.png
ガメラン
!? あ、あれは…ザ・ブームの主力艦隊!」
Face TO 11 00.png
アネックス
零影と我が大艦隊がある限り、
貴様たちに明日はないのだ」
Face TO 11 00.png
アネックス
このまま無駄な抵抗を続けるよりも、
降伏した方が身のためだと思わんか?」
Face TO 06 00.png
シャフ
あの艦隊によって
ラドリオ星は瞬く間に支配されてしまった。
これでは地球も同じように…」
Face HM 05 00.png
リナ
そ、そんな…」
Face TO 11 00.png
アネックス
さあ、どうする…?
<name3>」
Face TO 05 00.png
ロミナ
………」
Face TO 05 00.png
ロミナ
そのような稚拙な恫喝で、
わたくしたちの戦意を奪った
おつもりですか?」
Face TO 11 00.png
アネックス
何…?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ここに至るまでわたくしたちは、
幾度となく死線を潜り抜けてきました」
Face TO 05 00.png
ロミナ
今さら強大な戦力を見せられた程度で
戦う意志をなくす者など、
この<name6>にはおりません!」
Face TO 06 00.png
シャフ
姫様…」
Face SK 00 00.png
海動
敵が多い分だけ大暴れできるってことだろ?
むしろ望むところじゃねえか!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
俺たちをビビらせようとしたんだろうが、
残念ながら逆効果だったな!」
Face TO 11 00.png
アネックス
ほぅ…」
Face DN 01 00.png
くらら
大体、その大艦隊の映像が
本物かどうかだって怪しいものだわ」
Face BB 17 00.png
周瑜
圧力をかけ降伏を迫るのに、
大軍を装うは定石ですからね」
Face OG 00 01.png
アーニー
仮にその映像が本物だったとしても、
非道な侵略者に屈従するつもりはない!」
Face OG 00 01.png
アーニー
僕たちは、最後の最後まで戦うぞ!
ザ・ブーム!」
Face TO 11 00.png
アネックス
よかろう…わしの艦隊に
どこまで立ち向かえるか見物だ。
相まみえる日を楽しみにしているぞ」
Face TO 05 00.png
ロミナ
あなたたちには決して渡しません。
この地球も、そしてラドリオ星も…」
Face TO 12 00.png
シャルム
皇帝の慈悲を無下にするとは無礼な。
必ずや後悔させてくれる!」
Face TO 11 00.png
アネックス
奴らのあの自信…。
やはり、忍者を確保したとみて
間違いなかろう」
Face TO 12 00.png
シャルム
………」
Face TO 12 00.png
シャルム
遙か昔、ラドリオ星に攻め入った
ザ・ブーム軍を一瞬で壊滅させたという、
忍者なる者の伝説…」
Face TO 12 00.png
シャルム
その超パワーを、奴らが…」
Face TO 11 00.png
アネックス
だが、今やこちらにも零影がある」
Face TO 11 00.png
アネックス
貴様には存分に働いてもらうぞ、
イルボラ…」
Face TO 10 00.png
イルボラ
零影と旗艦、そして
司令官の地位まで与えていただけるとは…」
Face TO 10 00.png
イルボラ
このイルボラ、
光栄の極みでございます」
Face TO 11 00.png
アネックス
せいぜい励むことだ。
ロミナ姫の命は、お前自身の働きに
かかっていることを忘れるな」
Face TO 10 00.png
イルボラ
承知しております」
Face TO 10 01.png
イルボラ
飛影と交戦した時に感じたモノ。
あれは間違いなく…)
Face TO 10 01.png
イルボラ
見極めなければなるまい)
Face TO 10 01.png
イルボラ
零影と飛影。
どちらが姫を救うに相応しいのかを!)
Face OG 03 00.png
リチャード
ザ・ブームの皇帝、アネックス。
ついに敵の総大将がお出ましか」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ラドリオ星の悲劇を
繰り返すわけにはいきません」
Face TO 05 00.png
ロミナ
今こそあなたの力を貸してください、
ジョウ…いえ、伝説の忍者よ」
Face TO 02 00.png
レニー
ジョウが…!?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ええ、もはや疑う余地はありません。
ジョウはあの飛影と合身した…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
やはりジョウこそが、
伝説の忍者だったのです!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
………」
Face TO 01 00.png
ジョウ
イルボラとの戦いの中で感じた、
あの感覚…)
Face TO 01 00.png
ジョウ
もし俺が本当に忍者なら、
あれは、一体…)
Face LI 17 00.png
キキ
な、何なんだい、急に…!?」
Face TO 07 00.png
ガメラン
WSOの荒神谷参謀から緊急通信です!
今、通信を繋ぎます!」
Face SK 04 00.png
荒神谷
<name6>の諸君、
至急、奇械島へと向かってもらいたい!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
何が起こったのですか!?」
Face SK 04 00.png
荒神谷
安定化したはずの奇械島の重力炉から、
ファイナルアラームが再び感知された!」
Face SK 04 00.png
荒神谷
このままでは重力崩壊によって、
地球上の、全ての生命が死滅する!」
Face FA 06 00.png
じゅ、重力崩壊…!?」
Face OG 03 01.png
リチャード
わかった…。
すぐに奇械島へ…進路を…」
Face OG 00 01.png
アーニー
リチャード少佐…?」
Face OG 03 01.png
リチャード
はぁ、はぁ…だ、大丈夫だ…」
Face OG 03 01.png
リチャード
少し、目まいがしただけで…」
Face OG 03 03.png
リチャード
!? ごふっ…!」
Face OG 02 00.png
サヤ
! しょ、少佐…!?」
Face OG 03 03.png
リチャード
………」
Face OG 02 00.png
サヤ
少佐!
しっかりしてください、少佐ぁっ!」
Face DA 01 01.png
チャム
あれ、おかしいわね?
あんな少ない数で来るなんて…」
Face DA 01 01.png
チャム
後で他の敵が来るかもしれないわ!
みんな、気をつけて!」
Face LI 03 01.png
エレボス
攻めてきた割には数が少ないね…。
あいつら、先発隊かもしれないから、
みんな、注意して!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
少数の軍勢で攻め来るとは…。
だが、こちらの戦力を把握していないとも、
侮どっているとも思えん」
Face LI 16 00.png
アマルガン
敵の増援が予想されます!
おのおの方、敵の動きには気をつけられよ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
わたくしたちにあのような
少数部隊をぶつけてくるとは…。
イルボラ、あなたは何を…?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
敵は何か策を講じている可能性があります!
みんな、敵の動きには注意してください!」
Face FA 01 01.png
総士
あれだけの数で攻め落とせるとは、
敵も考えていないはず…」
Face FA 01 01.png
総士
敵の後続隊が控えている可能性がある。
各機、敵の動きには注意しろ!」
Face FA 09 02.png
道生
敵の指揮官は手練らしいな。
それから考えるに、この数は…」
Face FA 09 02.png
道生
各機、敵の動きには注意しろ!
どこから別働隊が来るかわからんからな!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
私たちの戦力を把握しながら、
少数による部隊の襲撃…。
これから予測される敵のプランは…」
Face OO 07 01.png
スメラギ
各員、敵の動きには注意して!
おそらく別働隊が控えているはずよ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
こちらの戦力をわかっていながら、
少数部隊とは、自分たちの力への過信?
それとも…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
司令のお考えどおりに、
別部隊が控えているのかもしれません。
皆様、油断なさらないでください!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
変ね…。
こちらの戦力を知らないわけじゃない…。
なのにあれだけの数で来るなんて…」
Face DN 04 01.png
エイーダ
敵の後続が控えている恐れがあります!
皆さん、敵の動きには注意してください!」
Face VR 01 00.png
フェイ
なんか敵の数が少ない感じ…
もしかして、何かの作戦だったりする?」
Face VR 01 00.png
フェイ
みんな、油断しないでね!」
Face LB 04 01.png
森次
こちらの戦力をわかりながら、
あの程度の数が敵の本隊とは考え難い」
Face LB 04 01.png
森次
おそらくは別働隊が控えているはずだ。
各員、敵の動きには警戒しろ」
Face MF 01 01.png
オズマ
敵の戦力が想定より少ない…。
タカをくくっているというわけではあるまい」
Face MF 01 01.png
オズマ
後続部隊が来るかもしれん!
各機、敵の動きには注意しろ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
本隊にしては敵の数が少なすぎる…。
まだ何かあると見るべきだな」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
全軍へ通達!
別働隊が控えている可能性が高い!
敵の動きに翻弄されず冷静に対処しろ!」
Face HM 07 00.png
ホリー
おうおう! それっぽっちの数で
アタシらに勝てるとでも思ってんのかぁ!?
こりゃ、楽勝だな!」
Face HM 06 00.png
デントン
いや、この部隊は陽動で、
他に別働隊ということも考えられる…」
Face HM 05 00.png
リナ
とにかく怖い敵なのには変わりはないです!
みんな、気をつけて!」
Face BB 07 00.png
孔明
ずいぶんと少数で来ましたね。
あの数で、こちらを制圧するつもりとは
考えにくい…」
Face BB 07 00.png
孔明
おそらく別働隊がいるはずです。
みなさん、敵の動きにはご注意を!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
敵の軍勢はほぼ無人兵器…。
となれば、少数精鋭という線はあるまい」
Face BB 11 00.png
司馬懿
おそらく別働隊が控えていると思われる。
皆、警戒を怠るな!」
Face BB 19 00.png
陸遜
お師匠様、
想定より敵の数は少ないようです!
これなら一気に…」
Face BB 17 00.png
周瑜
いや、あのイルボラ司令が
我らの戦力を見誤るはずがない…」
Face BB 17 00.png
周瑜
おそらく別働隊がいるはずです!
皆様、敵の動きには警戒してください!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
相手はあのイルボラだ!
この程度の数で襲撃を仕掛けるとは思えん!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
敵の動きに注意をくばりつつ、
目標の迎撃にあたれ!」
Face OG 03 01.png
リチャード
妙だな…。
今さらこの程度の戦力で
攻め落とせるとは思っていないはず」
Face OG 03 01.png
リチャード
各員、敵の増援に気をつけろ!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
誰かを助けたいっていう俺の意志に
黒獅子は応えてくれた…」
Face TO 04 01.png
ダミアン
今度は俺が黒獅子に応える番だ!
やろうぜ、相棒ッ…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
テメエ、性懲りもなく!
お前のせいでロミナ姫が悲しんでるって
わかってねえのか!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
黙れッ!
私はザ・ブームで明日を掴むのだ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
そのためにもジョウ、私は超える…
力も存在も、お前の全てを…!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
イルボラ…
もう何も申しません」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ザ・ブームに降り、
人々を傷付けようとするあなたの所業…
わたくしがこの手で止めます!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
己が信念に従い、
成し遂げねばならないことがあるのです!
そのために私は…!」
Face SD 03 01.png
シン
敵に寝返って、
大事な人を傷つけてまで、
あんたは何と戦ってるっていうんだ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
目の前にいる貴様らの他にあるまい!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
私の道を阻むのであれば、
ひとり残らず斬り伏せてくれる!」
Face LB 00 01.png
浩一
イルボラさん、あんたは…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
フ、お前の言う正義の味方とやらは、
敵も説得するというのか?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
現実ではそんな綺麗事は通用せん!
止めたければ、貴様自身が向かってこい!」
Face LB 00 01.png
浩一
なら、止めてやるよ…!
あんたの行動を全力で否定してさァ!」
Face LB 04 01.png
森次
アナタの意志がなんであれ、
我々の敵として立ちふさがる以上、
容赦するつもりはない」
Face TO 10 01.png
イルボラ
こちらとて容赦するつもりはない!
勝負だ、森次玲二!」
Face BB 13 01.png
孫権
俺たちに仇なす敵ならば情けはかけない!
たとえそれが貴方だったとしても!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
相手が誰であれというのは私も同じ!
どちらの覚悟が勝っているか、
見せてくれる!」
Face BB 15 01.png
孫尚香
あんたの誇りも、
ロミナ姫への気持ちも…
どこに行っちゃったのよ!」
Face BB 15 01.png
孫尚香
答えなさいよ、イルボラ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
心中を明かす義理など、もはやあるまい!
私には私だけの行く道があるのだ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
もう何も問いません…。
あなたにそうする理由があるように、
戦うための信念は、僕にもある!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
かつての脱走兵が立派なことだな…」
Face TO 10 00.png
イルボラ
来い!
貴様と私の信念、
どちらが勝っているか証明してくれる!」
Face OG 02 00.png
サヤ
随分と侵略者が板に付いてきましたね!
ザ・ブーム軍での戦いは満足ですか、
イルボラ司令!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
語ったところで理解できまい…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
己の存在にすら、
迷いを持っている者などにはな!」
Face OG 02 00.png
サヤ
!? 私に迷いなんて…!」
Face TO 13 00.png
グラサン
零影だけでなく、飛影までも合身だと!?
これも忍者伝説のひとつというのか…!」
Face TO 13 00.png
グラサン
だが、俺にはもはや後がない!
我が命に代えても貴様は葬りさってくれる!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
来やがれ、グラサン!
テメエとの因縁、ここで断ち切ってやる!
俺と飛影の力でな!」
Face TO 13 00.png
グラサン
侮っていたぞ、ダミアン!
まさか、そのマシンを動かせる者が
ジョウたち以外にもいたとはな!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
こいつが応えてくれたんだ!
お前たちの悪巧みを止めるため…
仲間を守るためにってなあ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ラドリオ星だけではなく、
もうひとつの大切な居場所まで…。
それを侵そうというのなら!」
Face TO 13 00.png
グラサン
ご立派なことだが、
そのような決意など
すぐに絶望に変えてくれよう!」
Face TO 13 00.png
グラサン
我々がラドリオ星を滅ぼした、
あの日のようになぁ…!」
Face LB 00 00.png
浩一
お前たちもホントに懲りないよな!
また返り討ちにされたいのかよ!?」
Face TO 13 00.png
グラサン
俺に次など残されていない…!」
Face TO 13 00.png
グラサン
貴様らを倒す他、私に未来はないのだ!
くたばれ<name6>ーっ!」
Face TO 13 00.png
グラサン
負けられないのではない、
俺は勝たねばならぬのだ…」
Face TO 13 00.png
グラサン
指揮官の立場など関係ない!
ザ・ブームの戦士のひとりとして、
お前たちを残らず始末してくれるわぁぁ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
守ってみせる…!
お前が背負っているように、
僕たちにだって背負うべきものがあるんだ!」
avatar