Face DB 00 00.png
九郎
みんな、迷惑をかけてすまなかった」
Face BB 00 00.png
劉備
九郎!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
その様子じゃ、頭は冷えたみたいだな」
Face DB 00 00.png
九郎
ああ、十分すぎるぐらいにな」
Face DB 07 00.png
ライカ
九郎ちゃん、良かった…」
Face DB 00 00.png
九郎
それで、今のブラックロッジの様子は?」
Face FA 09 00.png
道生
まだこの街の上に居座ってやがる。
幸いあれから攻撃は仕掛けてきてねえがな」
Face BB 07 00.png
孔明
そこが妙なのです。
クトゥルーとやらが復活した今ならば、
この街を制圧することも容易なはず…」
Face FA 01 00.png
総士
いつでも倒せると余裕を見せているのか、
それとも別に何か理由があるのか…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
いずれにせよ、
予断を許さない状況には
変わりない、ということです」
Face DB 00 00.png
九郎
そうか…」
Face DB 05 00.png
チアキ
司令、カリフォルニアの
ユニオン軍基地より通信が入ってきました」
Face DB 02 01.png
瑠璃
ユニオン軍基地から…?
すぐに繋いで下さい」
Face TO 08 00.png
ローニン
ご無沙汰しております、覇道司令」
Face TO 01 00.png
ジョウ
!? ローニンじゃねえか…!」
Face TO 08 00.png
ローニン
久しぶりだな、ジョウ。
無事なようで何よりだ」
Face OG 02 00.png
サヤ
連邦軍カリフォルニア基地副司令、
ローニン・サナダ少佐…)
Face OG 02 00.png
サヤ
<name5>少尉にとっては…)
Face OG 00 00.png
アーニー
………」
Face DB 02 01.png
瑠璃
ローニン少佐、今回のご用件は…?」
Face TO 08 00.png
ローニン
はい…皆さんの耳に
入れておきたいことがひとつ…」
Face TO 02 00.png
レニー
何か、あったの…?」
Face TO 08 00.png
ローニン
ユニオン軍から科学者がひとり失踪…」
Face TO 08 00.png
ローニン
そして、ブラックロッジに
接触したことが確認された」
Face DB 00 05.png
九郎
なんだって!?」
Face TO 08 00.png
ローニン
科学者の名はドクターミナミ。
ユニオン軍の元兵器プロジェクトリーダーだ」
Face BB 15 00.png
孫尚香
それって…
つまり、この国の新兵器を
全部知ってるような人でしょ!?」
Face BB 15 00.png
孫尚香
そんな人がブラックロッジに
行っちゃったの!?」
Face HM 06 00.png
デントン
彼の目的はわかっているのかね?」
Face TO 08 00.png
ローニン
残念だが、その意図は不明のままだ。
しかし、大統領直属の
エージェントも動向を探っている」
Face TO 08 00.png
ローニン
君達も知っているアクセル・ヒューズ氏だ。
何かあれば、彼から情報が入るだろう」
Face TO 02 00.png
レニー
わざわざありがとう、ローニン」
Face TO 08 00.png
ローニン
お礼を言われるような事はしていないさ。
もっと我々がしっかりしていれば
こんなことにはならなかったんだ」
Face OG 00 00.png
アーニー
………」
Face OG 00 00.png
アーニー
ローニン少佐…自分は…」
Face TO 08 00.png
ローニン
何も言うな、<name5>少尉」
Face OG 00 00.png
アーニー
え…?」
Face TO 08 00.png
ローニン
連邦軍の<name5>少尉は
既にMIAとなっている」
Face TO 08 00.png
ローニン
今、そこにいる君は
<name6>の<name5>少尉だ。
違うかね?」
Face OG 02 00.png
サヤ
………」
Face OG 00 00.png
アーニー
ローニン少佐…
ありがとう…ございます…」
Face BB 15 00.png
孫尚香
へぇ、随分と粋な真似をするじゃない」
Face TO 08 00.png
ローニン
アーカムシティ上空に現れた巨大要塞。
あの存在に世界中が不安に陥っている」
Face TO 08 00.png
ローニン
だからこそ皆、託しているんだ。
かつて世界を救ってくれた君たちに、
一縷の望みを…」
Face SK 02 02.png
由木
みんなが、私たちに…」
Face TO 07 00.png
ガメラン
敵襲か!?」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
マコト、報告を!」
Face DB 04 00.png
マコト
上空の要塞より破壊ロボ1体が発進!
覇道ビルに向かって降下してきます」
Face SK 01 02.png
真上
たった1体?
どういうことだ…?」
Face DB 11 01.png
エルザ
ダーリン、そこにいるロボか!」
Face DB 00 05.png
九郎
エルザ…!?」
Face HM 06 00.png
デントン
ブラックロッジのアンドロイド!?
なぜ彼女が…?」
Face DB 11 01.png
エルザ
お願いロボ!
博士を…博士を助けてほしいロボ!」
Face DB 09 00.png
ウェスト
ぅ…ぅぅぅ…」
Face DB 00 05.png
九郎
ドクター・ウェスト…!?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
………」
Face FA 16 00.png
弓子
傷の手当ては終わったわ」
Face FA 16 00.png
弓子
でも大した生命力よ。
あれだけのケガで命に別状がないなんて…」
Face DA 01 00.png
チャム
むしろ納得って感じよ。
この人、すごーくしぶとそうだったもの!」
Face FA 08 00.png
カノン
なぜこの男を助けた?
我々とっては敵だったはずだ」
Face DB 00 00.png
九郎
確かにそうなんだが、
こんな奴でも見捨てたら
後味悪ぃしさ…」
Face DB 00 00.png
九郎
それに事情を聞いた限り、
こいつらはアンチクロスとは
手を切ったみたいだからな」
Face DB 02 00.png
瑠璃
ふぅ…甘いですね。
甘過ぎです」
Face DB 02 00.png
瑠璃
まあ、それが大十字さんの
良いところでもあるのかもしれませんが…」
Face DB 10 00.png
エルザ
博士を助けてくれてありがとうロボ!
ダーリン!」
Face DB 00 00.png
九郎
い、いてぇぇぇ!
いきなり抱きつくな、エルザ!」
Face DB 02 00.png
瑠璃
むぅっ!
大十字さんから離れなさい、
この機械人形!」
Face FA 09 00.png
道生
しかし、アンチクロスによる
ブラックロッジの乗っ取りか…」
Face BB 17 00.png
周瑜
先の戦いでの混乱は、
やはり謀反によるものでしたか」
Face DA 00 00.png
ショウ
だが、この男のおかげで
破壊ロボの制御システムは
無力化されていると聞く…」
Face DB 10 00.png
エルザ
エルザたちが逃げ出した時に、
システムを破壊してやったロボ!」
Face HM 07 00.png
ホリー
お? てことは、
空にいるクトゥルーってヤツを
ぶっ倒すチャンスなんじゃねえのか?」
Face FA 09 00.png
道生
いや、ことはそう単純じゃねえ」
Face HM 07 00.png
ホリー
なんでだよ!?」
Face BB 11 00.png
司馬懿
マスターテリオンが死んだとはいえ、
アンチクロスの6人はいまだ健在である」
Face BB 13 05.png
孫権
それに、邪神クトゥルーが
どれほどの力を持っているのか…」
Face SK 00 00.png
海動
けっ、辛気くせえ!
どうせ戦わなきゃならないんだ。
ウダウダ考えたって仕方ねえだろうが!」
Face DB 00 05.png
九郎
………」
Face DB 00 05.png
九郎
もう俺はマギウスじゃない。
ブラックロッジと戦う力もない…)
Face DB 00 05.png
九郎
だが、俺は…)
Face HM 03 01.png
ジョーイ
九郎さん…)
Face TO 01 00.png
ジョウ
………」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
いやぁ、これは彼らにしてやられたなぁ」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
制御システムをぶち壊していきやがって!
あの野郎…同じようにズタボロにしてやる!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
システムの修理は私にお任せを」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ウェストごときの開発したシステムなぞ、
この天才的頭脳にかかれば
朝飯前ですよ!」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
ほう…期待させてもらっていいのかね?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フフ、モチロンですとも。
そのために私はここにいるのですからね」
Face HM 15 00.png
スタリオン
博士~!
そんなこと言っちゃっていいんですか!?)
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
どう考えてもこいつら
ヤバ過ぎですよぉ~!)
Face HM 12 01.png
ミナミ
黙っておれ!)
Face HM 12 01.png
ミナミ
<name6>の連中が、
スクラッグ討伐の手柄を横取りしたせいで、
私のバラ色の未来は台無しだ!)
Face HM 12 01.png
ミナミ
奴らに復讐することができるのなら、
私は悪魔にすら魂を売ってやるわ!)
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
その悪魔に魂を
喰われなければいいですが)
Face HM 12 00.png
ミナミ
うっ…)
Face DB 18 00.png
カリグラ
なニをコソコソ話してイる?」
Face HM 15 00.png
スタリオン
いえいえいえ!
何でもないですっ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
言っておくが、
妙な野心は命取りとなるぞ?」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
ヒッ!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
安心していいわよ~!
死体になったとしても、
あたしがリサイクルしてあげるからぁ~」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぐ…もはや退くことなどできぬ!
首を洗って待っていろ、
<name6>ッ…!)
Face DB 00 04.png
九郎
気休め程度とはいえ、
これだけの魔術兵装があれば、
ブラックロッジとも少しはやり合える…)
Face DB 00 04.png
九郎
後はエルザたちが乗ってきた
破壊ロボで夢幻心母へ乗り込むだけだ)
Face DB 00 04.png
九郎
さてと…行くか…」
Face HM 03 01.png
???
どこに行くつもりですか…?」
Face TO 01 00.png
???
そんな仰々しい格好までしてよ」
Face DB 00 04.png
九郎
!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ひとりで行くつもりだったんですね。
ブラックロッジのところへ…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
頭は冷えたんじゃなかったのか…」
Face DB 00 04.png
九郎
ジョーイ…ジョウ…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
アルさんの仇を取りに行くんですか…?」
Face DB 00 04.png
九郎
いいや、違う」
Face TO 01 00.png
ジョウ
じゃあ、何でだよ?」
Face DB 00 04.png
九郎
俺が戦い続けられたのは、
きっと、大切な人たちがそばにいたからだ」
Face DB 00 04.png
九郎
そして、それは
アルの奴も同じだったと思う」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
………」
Face DB 00 04.png
九郎
だから、俺は戦うんだ…!」
Face DB 00 04.png
九郎
いなくなったアイツの分まで、
アイツが守ろうとしたモノ全てを
この手で守る…!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
そうか…そこまで言うなら、
もう止めねえが…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
そのかわり、俺たちも一緒に行くぜ」
Face DB 00 04.png
九郎
!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
言ったでしょう?
あなたはひとりで戦ってるんじゃない」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
僕たちは仲間なんです。
あなたと同じ気持ちなんです!」
Face DB 00 04.png
九郎
お前ら…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
それに、そう思ってるのは
俺たちだけじゃないみたいだぜ?」
Face DB 00 04.png
九郎
え…?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
今夜、独りぼっちかーい?
今夜、僕がいなくて寂しくないかーい?
別れたことを後悔していないかーい?」
Face DB 00 04.png
九郎
ドクター・ウェスト…!?
もう復活しやがったのか!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
ふははははは!
我輩のしぶとさとしつこさとウザったさを
甘く見るなよ愚衆!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
そんなにも甘いのが好みなら、
サッカリン等を大量に摂取するがいいさ!
存分に貪り尽くせ、夜明けまで!」
Face DB 10 00.png
エルザ
ダーリン、待ちくたびれたロボ!
準備はもう万端ロボ!」
Face DB 00 04.png
九郎
準備だと…?」
Face TO 01 00.png
ジョウ
チッ…今度こそ本当に敵襲みたいだな!」
Face DB 10 01.png
エルザ
予想していたよりも
ずっとシステムの復旧が早いロボ!」
Face DB 00 04.png
九郎
四の五の言ってる暇はねえ!」
Face DB 00 04.png
九郎
ドクター・ウェスト、
お前の破壊ロボを使わせてもらうぜ!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
Oh! これだから凡人は!
我輩の窮極サイコーな破壊ロボを
貴様に乗りこなせるはずがないのであーる!」
Face DB 00 04.png
九郎
今はお前の与太話に付き合ってる暇は…」
Face DB 08 00.png
ウェスト
大十字九郎!
貴様にはもっと分相応な機体を
用意してあるのである!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
我輩にとって、にがく苦しく、
それでいて少し甘酸っぱーい
あの忌々し~い機体を!」
Face DB 00 04.png
九郎
俺に相応しい機体…」
Face DB 00 04.png
九郎
!? まさか…!」
Face DB 28 00.png
量産型破壊ロボ
………」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
ほほう…さすがだドクター。
言うだけのことはあるようだね」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フフ…お褒めに預かり光栄ですよ」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
ふん…つまらぬ。
幾ら弱者を蹂躙したところで、
渇きが満たされることはない」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
大十字九郎とデモンベイン亡き今、
我が渇きを満たすのは…)
Face DB 00 04.png
???
そこまでだ、ブラックロッジ!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
!? ちょっと、この声は…!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
馬鹿ナ、あレは…!」
Face DB 00 04.png
九郎
これ以上、
てめえらの好きにはさせねえ…」
Face DB 00 04.png
九郎
この大十字九郎と、
デモンベインがなッ…!」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
デモンベインだと!?
あの状況から逃れていたのか!」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
だが、妙だ…。
奴の力の根源となるべき魔導書、
『死霊秘本』の気配を感じぬ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
すごい…。
デモンベインが、本当に動いてる…!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
見たか!
我輩の天才的頭脳により、
改造されたデモンベインは無敵!」
Face DB 10 00.png
エルザ
ダーリン、
エルザの魔導書代行システムは
順調に動作しているロボ!」
Face DB 10 00.png
エルザ
でも、あくまで代行しているだけ。
アル・アジフがいない以上は…」
Face DB 00 04.png
九郎
大丈夫だ、エルザ!」
Face DB 00 04.png
九郎
断片の力が使えなくなったって、
こいつで戦えるんなら
充分すぎるぜ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
チッ、ドクター・ウェストの野郎、
まだ生きていやがったか…!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぬぬ…ウェストめ!
またも私の邪魔をするというのか!)
Face TO 01 01.png
ジョウ
思ったより敵が多いが、
むしろ望むところだぜ…!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
さあ、見せてやるのである、
大十字九郎!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
貴様と我輩の頭脳と
デモンベインの三位一体を!」
Face DB 00 04.png
九郎
応よ! 俺は戦う!」
Face DB 00 04.png
九郎
たとえ剣が折れようと、
それを括り付けてでも
最後まで戦ってやるさッ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
性懲りも無くゾロゾロと!
あんなものはサッサと蹴散らすのである!」
Face DB 00 04.png
九郎
お前の造ったロボットの割には
随分とアッサリしてやがるな…」
Face DB 08 01.png
ウェスト
あんなものが我輩の破壊ロボ?
ちゃんちゃら可笑しいのであーる!
動きにエレガントさの欠片もない!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
どうせどこの馬の骨とも
わからん凡百の輩が弄くり回したに
決まっているのである!」
Face HM 12 01.png
???
そんな口を利けるのはそこまでだ!
ドクター・ウェストォォォ…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐうっ…これは…!?」
Face DB 00 04.png
九郎
デモンベインが…動かねえ…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ぬあーっはっはっは!
電磁パルス発生装置の恐ろしさ、
思い知ったか!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
所詮、貴様らのマシンも精密機械の塊!
この電磁パルスの中では動けまい!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
あの人は…!?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
よく聞くがいい!
私は天才科学者ドクターミナミ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
そして、このマシンこそ動く芸術!
宇宙最強の最終決戦兵器『MR-1』だ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
!?
あいつがローニンの言ってた科学者か!」
Face DB 00 04.png
九郎
てめえ、何だって
ブラックロッジなんかに手を貸す…!?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
全ては貴様らに復讐するためだ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
なんだと…?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
貴様らさえ…
<name6>さえいなければ…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
今頃私がスクラッグを倒した
英雄になっていたものをぉぉッ!」
Face DB 00 04.png
九郎
ふざけんな!
完全な逆恨みじゃねえか!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
黙れ黙れ!
何より私は奴に復讐しなければ気が済まん!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
そう、貴様だ!
ドクター・ウェストッ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
え…ドクター・ウェスト…?」
Face DB 10 00.png
エルザ
博士、知り合いロボか?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
いーや、全く知らない顔なのである」
Face HM 12 01.png
ミナミ
貴様ぁ…人の人生を
あれほど無茶苦茶にしておいて…!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
知らないものは知らないのである。
そもそも我輩がお前のような凡人デコと
知り合いになるはずがないっていうか?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ぐぐ…シラを切るなら好きにするがいい!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
だが、今の状況を忘れたわけではあるまい!
貴様らはここでまとめてジ・エンドだ!」
Face DB 00 04.png
九郎
クッ…何とかならねえのか、エルザ!」
Face DB 10 01.png
エルザ
ダ、ダメロボ…。
電磁パルスの影響で全然動けないロボ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
汚い手を使いやがって…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
私は勝算のない喧嘩はしない主義だ!
MR-1の力を思い知るがいい!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
………」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマァァーン…ブラストォォー!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ば、馬鹿な!?
なぜ貴様だけ動くことができる!?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマンの力の源は電気」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
たとえどんなに強い攻撃だったとしても、
それが電気の力ならヒーローマンが
やられるはずが…ないッ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
さ、さすがは<name6>の中でも
謎が多い存在、ゴースト…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
だが、これだけの敵を相手に
たったひとりでどこまで戦えるかな…?」
Face DB 00 04.png
九郎
くそっ…!
ジョーイ、ひとりじゃ無茶だ!
俺たちに構わず、ここは逃げろ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
大丈夫です。
僕はひとりで戦ってるんじゃない…」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
………」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
僕たちには仲間がいる!
みんながいれば…僕はもっと強くなれる!」
Face DB 00 04.png
九郎
ジョーイ、お前…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
やるよ、ヒーローマン!
僕と君で、みんなを守るんだ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
攻撃が効いてない!?」
Face DB 10 01.png
エルザ
!? これは…」
Face DB 10 01.png
エルザ
気をつけるロボ!
あのロボット、バリアを張ってるロボ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ぬわっはっはっはっは!
私にかかれば電磁パルスの応用で
こんなことも可能なのだよ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
伊達に天才は名乗っちゃいねえようだな!
あのバリアを何とかしねえと…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
はぁ…はぁ…
みんなを…守らなきゃ…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
よく粘ったと誉めてやるが、
そろそろ限界のようだな!」
Face DB 00 04.png
九郎
大丈夫か、
ジョーイ、ヒーローマン!?」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
グウゥゥゥゥ…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ま、まだやれるよね…。
ヒーローマン…!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ふむ…まだ耐えるか。
EMPの中で動けることといい、
中々に興味深い代物だ」
Face HM 12 00.png
ミナミ
よぉし、ありがたく思え!
ゴーストは私の研究材料としてやろう!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あの野郎、勝手なことを…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
負け犬は勝手に吠えていろ!
これで、私の完全勝利だァァァッ!」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
うわぁぁぁぁっ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
な、何者だ…!?」
Face SK 00 00.png
海動
随分と派手にやってるじゃねえか、
俺たち抜きでよぉ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
み、みんな…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
たった3機で戦うなんて、
無茶にも程があるぞ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
各機動部隊は
敵性勢力の排除にあたってください!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
この街を邪悪の手から奪い返すのです!」
Face DB 00 04.png
九郎
ありがとよ、姫さん…!」
Face HM 15 00.png
スタリオン
ボス!
さっきの攻撃で電磁パルス発生装置が…!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
高周波での照射不可。
これでは敵部隊の足止めは無理ですね」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
や、やばくないですか、ボスぅ?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
策は二重三重に張っておる。
照射モードをモード2へ切り替えろ!
奴らにデカイ雷をお見舞いしてやれ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
それに、
奴らにMR-1を倒すことはできん。
絶対にな…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
みんな、気をつけろ!
奴のマシンはバリアを張ってやがる!
こっちの攻撃は一切通用しねえぞ!」
Face HM 06 00.png
デントン
それはこちらでも確認済みだ!」
Face HM 06 00.png
デントン
データの解析は既に行っている!
もう少し待っていてくれたまえ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あの野郎、形勢逆転された割に、
随分と余裕じゃねえか!」
Face HM 06 00.png
デントン
それはそうだろうね。
あのロボットは…」
Face HM 06 00.png
デントン
バリアを張っているのだからね!」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
!? ば、ばれてるぅぅぅ!?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
チッ、MR-1のバリアに気づいていたか」
Face HM 12 00.png
ミナミ
だが、貴様らのデータは解析済み!
このバリアを破ることなぞ不可能だ…!」
Face HM 06 00.png
デントン
不可能を可能にするのが科学だよ!」
Face HM 06 00.png
デントン
待っていたまえ!
そのバリアの原理、必ず解析してみせよう!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
なんか、やけに用意がいいのであるな…。
もしかして我輩たちは…)
Face HM 06 00.png
デントン
そうか、わかったぞ…!
破壊ロボだ!」
Face HM 06 00.png
デントン
この一帯にいる破壊ロボが
バリアのエネルギーを供給しているんだ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
つまり、破壊ロボを全て破壊すれば…!」
Face HM 06 00.png
デントン
イグザクトリィー!
こちらの攻撃が通るという寸法さ!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
ドクターミナミ。
全て見破られてしまったようですが」
Face HM 12 01.png
ミナミ
見破られたから何だと言うのだ!
私のMR-1は最強にして無敵だぁぁ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
くらえ!
イィィエムゥゥゥピィィィィィッ!」
Face TO 06 00.png
シャフ
あぐぅぅぅ…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
見たかぁ!
これが私のテクノロジーの結晶だぁ!」
Face BB 05 00.png
張飛
生憎だったなッ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
なにぃぃぃぃ…!?」
Face BB 05 00.png
張飛
俺様にゃ雷なんざ効かねぇ!
それどころか力が溢れてくるぜ…!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぬぬ…。
ゴースト以外にもあのような奴がいたとは!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
この好機、見逃す手はない!
ヒーローマンと張飛を起点にし、
敵の陣形を切り崩すのである!」
Face TO 02 01.png
レニー
くっ…あの雷、やっかいね…!
何とかならないの!?」
Face SK 00 00.png
海動
あんな雷程度でビビってんじゃねえ!
要は撃たれる前にブチのめせばいいんだよ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ヒーローマンにあの雷は効きません!
僕たちが皆さんの援護に回ります!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
電磁バリアの消滅を確認!
これでもう攻撃は防げないですー!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
覚悟しやがれ!
今まで好き勝手やってくれた礼、
のしをつけて返してやるぜ!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
こちらの奥の手は封じられました。
いかがされますか、ドクターミナミ?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
むむむ…」
Face BB 03 00.png
関羽
むうっ、あやつらは…!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
勢いが良かったのは最初だけかよ。
もっとねばれっつーの!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
バリアなどなくても、
私のMR-1は奴らに後れなど取らん!
相手が何であろうともな!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
なラば、せいぜイ頑張ルのだナ」
Face DB 00 04.png
九郎
ようやくお出ましか、
アンチクロスッ…!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
一生懸命だね~九郎ちゃん。
もうアル・アジフもいないってのにさ!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
奇跡は二度モ起きなイ。
今度コそ粉微塵に叩きつぶしてヤる!」
Face DB 00 04.png
九郎
そうさ、アルはもういない。
俺の不甲斐なさがあいつを殺した…」
Face DB 00 04.png
九郎
だからこそ、今度は絶対に勝つ!
もう二度と誰も死なせない!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
MR-1、大破。
まもなく爆発します」
Face HM 15 00.png
スタリオン
ボ、ボスぅ、すぐに脱出しましょう~!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぐぐ…
よくも、よくも私の芸術品を…!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
この恨み忘れぬぞ…<name6>。
そして、ドクター・ウェスト…!」
Face HM 04 00.png
サイ
おい、あいつら逃げちまったぞ!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
今はあいつらを追ってる暇はない。
奴らから目を逸らしたら…殺られる!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
わかってるじゃん!
ま、どちらにせよボクたちに
殺られるのには変わりないけどなあ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
ナメた真似しやがって…!
まだ、殺され足りねえみてえだなぁ!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
非力な虫ケラがいクら足掻こうト、
濁流ノ前では消え去ルのみ!」
Face SK 08 00.png
フラッシュ
チッ、まったく堪えちゃいないみたいだね…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ですが、諦めるわけには参りません!
この街に住む人々のためにも…!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
ヒャハハ、泣かせてくれるじゃん!
諦めないだけで勝てるんなら
苦労しねえっつーの!」
Face FA 05 01.png
剣司
うわぁぁぁぁーっ…!」
Face DB 10 01.png
エルザ
ダーリン、デモンベインの損傷率増加!
このままじゃ、今度こそ…!」
Face DB 00 04.png
九郎
クッ…まだだッ!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
ヒャハ、頑張るじゃねえの。
けど、無理しなくていいんでちゅよー」
Face DB 00 04.png
九郎
一瞬だ…一瞬の隙さえあれば…)
Face DB 18 01.png
カリグラ
所詮ハ出来損なイの魔術師ニ鬼械神。
オレニ勝てる道理ナどナい」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
ありがたく思えよ!
お前らもアル・アジフと同じ場所に
送ってやるからよ!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
まずは貴様からダ、大十字九郎…!」
Face DB 00 04.png
九郎
ッ…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ぐううぅぅぅ…!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
クッ…悪あがきをしやがって!
さっさと離しやがれっ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
お、お前らの思い通りになると思うなよ…」
Face DB 18 01.png
カリグラ
動きヲ止めタぐらイで
何をいい気になっていル…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
う、動きを止めるだけで十分ですよ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
後は…あいつが決めてくれるッ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
何ぃ…!?」
Face DB 00 04.png
九郎
み、見せてやるぜ、アンチクロス…」
Face DB 00 04.png
九郎
お前たちの言う、
出来損ないの力をなぁ…!」
Face DB 00 04.png
九郎
うおぉぉぉぉぉーっ…!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
グアアアアァァァァー!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
お、おい…カリグラ…?
冗談…だろ…?」
Face DB 04 00.png
マコト
アザトース反応の消滅を確認。
敵鬼械神、完全に昇滅しました」
Face FA 06 01.png
お前の仲間は既に倒れた!
次は貴様だ、クラウディウス…!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
ふざ…けんなぁぁぁ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐうっ…!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
よくも…カリグラを殺りやがったな!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
許さない…絶対に許さない!
全員残らず解体してやるッ…!」
Face FA 04 01.png
咲良
な、何だい、あいつ…」
Face BB 03 00.png
関羽
抜き身の刀のような殺気…
先程までの奴とはまるで別人!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
テメエら…楽に死ねると…」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
クラウディウスよ、下がれ」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
邪魔するんじゃねえよ!
ボクはこいつらを皆殺しにするんだからよ!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
C計画最終段階は近い。
今は我々の力を結集せねばならん」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
カリグラを欠いた今、
これ以上の失態は許されんのだ」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
ぐ…ぐぐ…クソッ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
テメエら、覚悟してやがれ…
次に会う時は必ずぶっ殺す!
ひとり残らずだ…!」
Face BB 19 00.png
陸遜
!? 夢幻心母が…」
Face FA 02 01.png
真矢
消えた…?」
Face HM 15 00.png
スタリオン
ど、どうするんですか、ドクター!?」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
ドクターミナミ、これ以上、
ここに留まるのは得策ではないかと」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぐぐ…戦略的撤退だ…!」
Face DB 05 00.png
チアキ
アーカムシティ内の敵性反応、
全て消失しました…!」
Face SK 07 00.png
ファンシー
それじゃあ私たちは…」
Face OG 00 00.png
アーニー
ああ、僕らは勝ったんだ…。
ブラックロッジに…」
Face OG 02 00.png
サヤ
私たちはこの街を
救うことができたんですね…」
Face DB 02 01.png
瑠璃
ウィンフィールド…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
はい、お嬢様」
Face DB 02 01.png
瑠璃
魔を断つ剣は、まだここにあります」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
無論でございます。
敗北も絶望も、我々にはまだ遠すぎます」
Face DB 00 04.png
九郎
みたか、アンチクロス。
これがお前たちを滅ぼす、刃の煌きだ」
Face DB 00 04.png
九郎
ひとり残らず覚悟しろ。
てめえらはことごとく、
この魔を断つ剣が叩っ斬る!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
くそっ…<name6>め。
またしても私のジャマをしおって!」
Face HM 15 00.png
スタリオン
でも、これで
ブラックロッジと縁が切れて、
逆に良かった気もしますね…」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
ところで、ヴェロニカはどこに?
さっきから姿が見えないんですが…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
そんなことはどうでもいい!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
それよりも、
すぐにMR-1を改良して
奴らにリベンジを…!」
Face HM 10 01.png
???
残念だが、そうはいかないよ。
ドクターミナミ」
Face HM 12 00.png
ミナミ
!? き、貴様は…!」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
ユニオン大統領直属、
NIA捜査官のアクセル・ヒューズだ!」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
ドクターミナミ。
ブラックロッジとの共謀による
国家反逆罪でお前を逮捕する!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
なっ!? ぬわにぃぃぃぃー!?」
Face DB 00 04.png
九郎
っぅ…!」
Face DB 10 01.png
エルザ
ダ、ダーリン…!?」
Face DB 02 01.png
瑠璃
デモンベインで無断出撃した罰です。
二度とこの様なことがないように…」
Face DB 02 01.png
瑠璃
大十字さんの身体は…
ひとつしかないのですから…」
Face DB 00 04.png
九郎
すまなかった…姫さん…」
Face BB 05 00.png
張飛
それにしても、
あれだけボロボロだったデモンベインを
よく直したもんだな…」
Face DB 08 01.png
ウェスト
ふはははは! 当然なのであーる!
我輩をそこらへんの凡人と一緒に
してもらっては困るのである」
Face DB 08 01.png
ウェスト
我輩は…我輩こそが
神に選ばれし真の大・天・さ…」
Face DB 08 00.png
ウェスト
げふぅ…!」
Face DB 05 00.png
チアキ
勝手にデモンベインを弄り回して、
何を偉そうにしとんのや!
この変態科学者!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
ぐぬぬ…この凡人眼鏡め…」
Face DB 05 00.png
チアキ
誰が凡人眼鏡やねん!」
Face DB 00 04.png
九郎
ひとつ聞かせろ、ドクター・ウェスト」
Face DB 00 04.png
九郎
どうして、俺たちに力を貸した?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
………」
Face DB 08 00.png
ウェスト
今や我輩にとっても
アンチクロスの連中は憎むべき怨敵。
故に貴様らと共同戦線を組んだまでのこと」
Face BB 03 00.png
関羽
ほう…?」
Face SK 09 00.png
ミスティ
つまり、敵の敵は味方、と…」
Face DB 10 01.png
エルザ
ダーリン、お願いロボ!
エルザたちもこれから一緒に
戦わせてほしいロボ!」
Face TO 03 00.png
マイク
な、何だって!?」
Face FA 01 00.png
総士
今まで敵だった
あなたたちを信用しろと…?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
今回の戦いが
何よりの証明になると思うが?」
Face DB 00 04.png
九郎
………」
Face DB 00 04.png
九郎
わかった。
頼むぜ、ふたりとも…!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
フ、さすがは我輩のライバル。
話が早くて助かるのである!」
Face FA 00 00.png
一騎
本気なんですか、大十字さん…?」
Face DB 00 04.png
九郎
こいつらのおかげで、
デモンベインがまた動かせるようになった。
それは紛れもない事実だ」
Face DB 00 04.png
九郎
それに、ふざけた奴らだけど、
アンチクロスのような悪党じゃない」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
僕もそう思います。
今回も色々と助けてもらいましたし…」
Face OG 02 00.png
サヤ
どうしますか、少尉…?」
Face OG 00 00.png
アーニー
なに言ってるんだ。
僕だって、最初は捕虜だったんだぞ?」
Face OG 02 00.png
サヤ
あ…」
Face SK 03 00.png
スカーレット
フ、そういえばそうだったな」
Face TO 04 00.png
ダミアン
大事なのは選んだ答えであって、
過程なんて関係ないさ」
Face TO 14 00.png
カレン
うん、そうだね…」
Face DA 03 00.png
バーン
内容の是非はともかくとして、
貫くべき信念だけは本物とみえる」
Face HM 07 00.png
ホリー
じゃあ、決まりだな!
今からアンタたちはアタシらのダチだ!」
Face DB 10 00.png
エルザ
ありがとうロボ!
ダーリンのために精一杯頑張るロボ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
ははは、見ているのである!
我輩の破壊ロボでアンチクロスなぞ、
メッタメッタにしてやるのである!」
Face HM 10 01.png
???
随分と賑やかだな。
私も混ぜてもらっていいかね?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
!? あなたは…!」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
直接会うのは初めてだね。
センターシティーのヒーロー君」
Face HM 05 00.png
リナ
良かった…。
ドクターミナミは捕まったんですね」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
君たちのおかげさ」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
いくらNIAといえども、
ブラックロッジに正面から対抗するのは
難しかったからね」
Face SK 03 00.png
スカーレット
しかし、哀れなものだな。
あのアルカトラズ刑務所送りとは」
Face SK 02 00.png
由木
世界一厳重な監獄ですか。
当分は出てこられないでしょうね」
Face HM 06 00.png
デントン
科学を悪用するような輩だ。
これで少しは懲りてくれるといいんだがね」
Face DB 08 01.png
ウェスト
まったくなのであーる。
人によくわからん因縁をつけて、
襲いかかってくるとは言語道断であーる!」
Face HM 04 00.png
サイ
あんたが言うな!」
Face BB 19 00.png
陸遜
ですが、ドクターミナミはともかく、
ブラックロッジの行方は気になりますね…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
消えた要塞は必ず見つけだしてみせます。
覇道財閥の名にかけて…!」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
私の方でも情報を集めてみよう。
何かわかれば連絡させてもらうよ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
あの、色々とありがとうございます。
いつも陰で色々と助けてくださって」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
なに、こういう立ち回りの方が得意でね。
それに個人的にだが…」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
ファンなんだよ。
君たち、<name6>のね」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
僕たちの…?」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
宇宙に上がった部隊より入電…」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
作戦は無事成功したそうですー!」
Face BB 00 00.png
劉備
みんな…やってくれたんだな…」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
そう、どんな絶望や逆境からでも
必ず這い上がる者たち」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
そんな君たちだからこそ、
憧れ…そして共に戦えるのさ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
それは…僕たちも一緒ですよ」
Face DB 00 04.png
九郎
ああ、みんながいるから戦えるってな…」
Face DB 00 04.png
九郎
そうさ…。
今だって俺たちは一緒に戦ってる)
Face DB 00 04.png
九郎
そうだろう…? アル…)
Face DA 01 01.png
チャム
さっきはやられちゃったけど、
でもこっからは反撃だぁ!
みんな、やっちゃえー!」
Face LI 03 01.png
エレボス
一方的にやってくれちゃってさ!
でも好き勝手するのもここまでだよ!」
Face DA 03 01.png
バーン
我が隊の手練をこうも追い詰めるとはな。
各機、あの妙な雷には用心しつつ、
敵戦力を退けるのだ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
敵はあのジョウたちが苦戦した相手です!
ひとりで戦わず、お互いでカバーしあうよう
戦いに臨んでください!」
Face FA 01 01.png
総士
こちらを無力化するほどの
高度な技術を相手は持っているようだ。
各機、充分な警戒を!」
Face FA 09 02.png
道生
あの野郎の口ぶり…。
まだ何か残してやがるな…」
Face FA 09 02.png
道生
各機、不測の事態も想定して、
互いに補いあうように戦いに臨め!
不用意に突っ込むんじゃねえぞ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
この街や人々を傷つける暴挙、
覇道の者として看過することはできません!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
皆様、あの痴れ者を
叩き潰してくださいまし!」
Face HM 05 00.png
リナ
街やみんなを傷つけて…
あんなひどいこと、もうさせないで!
みんな、お願い!」
Face BB 07 00.png
孔明
不意をついたとはいえ、九郎さんたちを
追い詰めた力は油断なりません。
皆様、ご注意ください!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
敵の出方は計れたが、
まだ敵は奥の手を残していると思われる!
各位、注意せよ!」
Face BB 17 00.png
周瑜
あの、不思議な雷…
決してあなどってはいけません!
皆さん、お気を付けを!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
随分と好き勝手やってくれたもんだな。
仲間をいたぶってくれた借り、
10倍にして返してやれ!」
Face BB 17 00.png
周瑜
おふたりとも、
私も横で助言致します。
決して焦らぬように」
Face OG 02 00.png
サヤ
はい。
周瑜提督の教え、
無駄にはしません!」
Face OG 00 01.png
アーニー
皆さん、あの男の様子から、
まだ手を残していると思われます!
敵の動きに警戒してください!」
Face DB 10 00.png
エルザ
ダーリン、準備はいいロボ!?」
Face DB 00 04.png
九郎
ああ、問題ねえ!」
Face DB 00 04.png
九郎
やるぜ、デモンベイン…。
俺たちで何もかもを守り抜くんだ!
ここにいない…あいつの分までなぁぁぁ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
少尉、合体後の制御は
こちらで引き受けます。
ただ、私にどこまでできるか…」
Face OG 00 01.png
アーニー
心配も遠慮もいらない!
君がいるから、こいつも全力を出せるんだ!
行くぞ<name2>!」
Face OG 02 00.png
サヤ
少尉、出力制御は
こちらで引き受けます。
ただ、私にどこまでできるか…」
Face OG 00 01.png
アーニー
心配も遠慮もいらない!
君がいるから、こいつも全力を出せるんだ!
行くぞ<name7>!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ぐぬぬ…
仲間を控えさせて不意打ちするとは、
この卑怯者どもめ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
知らねえのか?
ああいうのは計略っていうらしいぜ!
覚えときな、真の天才科学者さんよ!」
Face DB 00 04.png
九郎
ブラックロッジなんかと
手を組んでまで目指すものなのかよ、
その世界の頂点ってやつは!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
どんな手段を用いてでも、
科学者として頂点を目指すは当然のこと。
頂点以外は無意味なのである!」
Face DB 00 04.png
九郎
ヘッ、よーくわかったぜ。
今のてめえは科学者じゃねえ…
ただの外道だ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ゴースト…!
貴様さえいなければ、
地位も名誉も、私の手中だったものを!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
この人、そんな考えのために
街やここに住む人たちを傷つけたの…?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
やるよ、ヒーローマン!
こんな人をこのまま
野放しにしちゃいけない!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
よってたかってゾロゾロと!
貴様も電磁パルスを食らうがいい!」
Face BB 05 01.png
張飛
本当の雷ってのはそんなもんじゃねえ!
轟く雷鳴の雄叫び、
テメエに聞かせてやらぁ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
<name6>の中でも
特に異質なデータを持つ機体のようだな!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
よーし…その機体は解体だ!
研究対象として、念入りに調べてくれる!」
Face OG 00 01.png
アーニー
この機体には、
絆と想いが込められている!
お前なんかの手に、渡しはしない!」
Face DA 00 01.png
ショウ
サイズ差はあるが、動きでかく乱する!
オーラバトラーのスピードなら!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
ブンブンと、うルさく飛び回ル
目ざわりなハエめ!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
速さで勝負するってんなら、
こっちに来いよ!
バラバラに切り裂いてやっからさぁ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
臆病者のアンチクロスさんよ!
マスターテリオンを殺った時みたいに、
6人がかりでかかってきたっていいんだぜ!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
ずいぶん威勢のいいことホザいてるけど、
弱い犬ほどよく吠えるってなぁ!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
お前たち如キ、全員出ルまでもナい。
俺たちに楯突いタこと、
死シて悔いルがいい!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
トロトロすんじゃねーぞ、カリグラァ!
こんなヒョロい野郎、お前が一撃入れりゃ
お陀仏だろーが!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
お前がヤれ、クラウディウス…。
ロードビヤーキーが一薙ぎすれバ、
それデ決着すルだろウ」
Face FA 00 01.png
一騎
くっ、こいつら、
口ではいがみ合いながらも…!」
Face DB 00 04.png
九郎
アイツが今まで歩いてきた道を
無駄にはさせねえ…」
Face DB 00 04.png
九郎
覚悟してもらうぜ、アンチクロス!
この大十字九郎が、お前たち邪悪を討つッ!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
どうせあの魔導書が死んで
メソメソ泣いてたんだろーが!
そんな女々しい野郎にヤラれっかよ!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
油断はスルなよ、クラウディウス。
驕っタ心は、隙を生むゾ!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
俺のアームで打ち壊ス…!
クラウディウスはあいつの足を止めロ」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
お前が指図するんじゃねえ!
あんなオモチャ、ボクが
ズタズタにしてやる!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
このふたり、やっぱり手ごわい!
でも、コンビネーションだったら、
僕とヒーローマンの方が!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
おチビちゃーん!
そんなナリで、ボクらに勝てると
本気で思ってんのかよ!」
Face BB 00 01.png
劉備
必ず勝つさ!
悪しき想いは力をもたらさない。
正義に宿る本当の力で、お前たちを倒す!」
Face DB 18 01.png
カリグラ
力に正しサも何もナイ。
どちらが強いか、ただそれダケだ」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
カリグラぁ!
おめーがボヤっとしてる間に、
奴らに近付かれてんじゃねーか!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
だっタら迎え撃って、破壊するダケだ。
その程度もワカらなイのか、
クラウディウス?」
Face SK 01 00.png
真上
行くぞ、海動!
お前の取り柄は戦うことくらいだ、
ミスなどするなよ!」
Face SK 00 00.png
海動
いちいち指図するんじゃねえ!
てめえこそ、俺の足を引っ張んじゃねえぞ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
仲間割れしてまで進めようとする
お前たちの偏執的な計画…
ここで止めてみせる!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
グランドマスターは
世界を滅亡させるつもりだったんだぜ!
むしろ感謝しろっつーの!」
Face DB 18 00.png
カリグラ
邪神復活ニヨる、我々の世界統治…
邪魔するトいうナら、叩き潰ス!」
avatar