Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 00 00.png
浩一
どこだよ、ここは…?」
Face LB 51 00.png
???
ここは、ラインバレルの電脳世界…」
Face LB 52 00.png
???
君は今、ラインバレルと
直接コンタクトを取っているんだよ」
Face LB 00 00.png
浩一
お、お前たちは…」
Face LB 51 00.png
ナノ
ボクは『ナノ』!」
Face LB 52 00.png
マシン
ワタシは『マシン』!」
Face LB 51 00.png
ナノ
これから、超微細機械生命体である
ボクたちと一緒に…」
Face LB 52 00.png
マシン
人類絶滅までのコトを勉強していこう!」
Face LB 00 00.png
浩一
!? 人類絶滅だと…!?」
Face LB 51 00.png
ナノ
それは、あるひとりの科学者が
ナノマシンの実用化に成功したコトから
始まったんだ…」
Face LB 00 00.png
浩一
ナノマシンって、マキナが
ファクターを生み出す時に使う…」
Face LB 51 00.png
ナノ
そう、ナノマシンを移植するコトで、
ファクターは超人的な身体能力を得る」
Face LB 52 00.png
マシン
でもそれは、もともとは
病気やケガを治すために開発された
技術だったの」
Face LB 51 00.png
ナノ
ナノマシンが実用化されたおかげで、
人は、不老不死に限りなく近い状況を
手に入れるコトができたんだ」
Face LB 52 00.png
マシン
人類の永遠の夢!
死の恐怖から解放された人間は、
その後どうなったと思う?」
Face LB 00 00.png
浩一
そりゃあ、死ぬコトがないなら
色んな争いだって無くなるだろうし…」
Face LB 00 00.png
浩一
平和になったんじゃないのか?」
Face LB 51 00.png
ナノ
そう、平和過ぎてね。
人々から想像力が無くなっていったんだ」
Face LB 52 00.png
マシン
そうして人類は絶滅しました…とさ」
Face LB 00 00.png
浩一
え…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
ちょ、ちょっと待てよ!
なんで平和で想像力が無くなったら
人類が絶滅するんだよ!」
Face LB 37 01.png
???
『想像力』とは、人が人である所以…」
Face LB 00 00.png
浩一
…!」
Face LB 37 01.png
???
人が人でなくなってしまえば…
生命として不自然なモノは、生きるコトを
許されないってワケさ」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 00 00.png
浩一
アンタ、誰だよ…」
Face LB 37 01.png
???
僕はナノマシンとマキナを生み出し、
人類を絶滅に招いた張本人…」
Face LB 37 01.png
天児
僕が、城崎天児(アマガツ)だ」
Face LB 00 00.png
浩一
城崎の…親父さん?
でも、その姿は…」
Face LB 37 01.png
天児
キミと話をするなら、
僕もキミと同じ年頃の姿が
良いと思ってね」
Face LB 37 01.png
天児
さあ、来るがいい。
まずキミに、見せたいモノがある」
Face LB 00 00.png
浩一
!? こ、これは…!」
Face LB 37 01.png
天児
人類が絶滅した後、
突如始まったマキナ同士の戦いだよ」
Face LB 00 00.png
浩一
あれは、ヴァーダント!?
しかもあんなにたくさん…
どうなってんだ!?」
Face LB 37 01.png
天児
これが、人類という主を失った、
愚かしいほど健気な機械たちの末路だ」
Face LB 00 00.png
浩一
なんで、マキナ同士が…!」
Face LB 37 01.png
天児
キミも知っての通り、
マキナには『人間の生命を最優先する』
という大原則がある」
Face LB 37 01.png
天児
その対象を失ってしまった時、
彼らは…」
Face LB 37 01.png
天児
自らが『人間』になろうとしたんだ」
Face LB 00 00.png
浩一
! マキナが、人間に…!?」
Face LB 51 00.png
ナノ
有史以前より、
人間は死を回避するために
あらゆるコトを考えて進化してきた」
Face LB 52 00.png
マシン
死を最大の恐怖と認識するコトで、
人間は『想像力』を手に入れたのよね」
Face LB 37 01.png
天児
では、人が人である所以が
『想像力』ならば…」
Face LB 37 01.png
天児
マキナが人間になるには、
どうすればいい?」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 00 00.png
浩一
『死』を、想像させる…」
Face LB 37 01.png
天児
そう、つまりこの戦いは、
『死』を認識し、『想像力』を獲得する
ためのモノ…」
Face LB 37 01.png
天児
マキナがヒトになるための、
儀式だったんだよ」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 37 01.png
天児
ここからは、少し時間を戻そう」
Face LB 42 03.png
???
無理です!
やっぱりこんなコト…」
Face LB 42 03.png
???
自分にはできません!」
Face LB 00 00.png
浩一
!? アイツは、まさか…!」
Face LB 37 01.png
天児
後の加藤機関総司令、加藤久嵩だ」
Face LB 37 01.png
天児
当時、彼は僕の助手であり、
本当に優秀な科学者の卵だったよ」
Face LB 00 00.png
浩一
加藤が、アンタの助手…」
Face LB 37 01.png
天児
そして、あそこで
加藤に銃を向けられているのが僕…」
Face LB 37 01.png
天児
ラインバレルのファクターとなるため、
助手に自分を殺させようとしている、
城崎天児博士さ」
Face LB 00 00.png
浩一
…!」
Face LB 37 00.png
天児
頼む、加藤君…
こうするしかないんだ!」
Face LB 42 03.png
加藤
ですが、あなたを…」
Face LB 42 03.png
加藤
先生の命を奪うなんて…!」
Face LB 37 00.png
天児
………」
Face LB 37 00.png
天児
君にはとても残酷なコトを
頼んでいるコトはわかっている…」
Face LB 37 00.png
天児
でも、こんなコト
キミにしか頼めない。
このままでは、私もじきに…」
Face LB 37 00.png
天児
いつ僕の中で、『自滅スイッチ』が
入るかわからないんだ!」
Face LB 00 00.png
浩一
自滅スイッチ…?」
Face LB 37 01.png
天児
言っただろう?
生命として不自然なモノは、
生きるコトを許されない…」
Face LB 51 00.png
ナノ
死の恐怖も感じず、
想像力を失ってしまった人間は…」
Face LB 52 00.png
マシン
次々と自殺しちゃったのよね」
Face LB 00 00.png
浩一
じ、自殺だって!?」
Face LB 37 01.png
天児
そう、それこそが人類絶滅の原因…」
Face LB 37 01.png
天児
僕たち人間の遺伝子は、
『想像力を失ったら自滅する』ように
プログラムされていたんだ」
Face LB 00 00.png
浩一
プログラムって…
そんなコト、一体誰が!?」
Face LB 37 01.png
天児
さあ?
ヒトという種の起源は僕にも
わからないが…」
Face LB 37 01.png
天児
ひょっとしたら、人間を創った
神様の仕業かもしれないね」
Face LB 00 00.png
浩一
か、神様…?」
Face LB 37 00.png
天児
お願いだ、加藤君。
僕を…僕まで自殺なんかで
終わらせないでくれ!」
Face LB 42 03.png
加藤
せ、先生…」
Face LB 37 00.png
天児
わかっているよ。
僕ら家族もキミがいてくれたおかげで、
幸せな時間を過ごせたよ…」
Face LB 37 00.png
天児
本当に…ありがとう…」
Face LB 42 03.png
加藤
先生、自分は…自分は!」
Face LB 42 03.png
加藤
うああぁぁぁ…!」
Face LB 37 01.png
天児
こうやって僕は、
ラインバレルのファクターに
なったってワケさ」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 00 00.png
浩一
なあ、教えてくれないか?」
Face LB 00 00.png
浩一
なんでアンタは、ああまでして
ラインバレルのファクターに…」
Face LB 37 01.png
天児
………」
Face LB 37 01.png
天児
それは…」
Face LB 37 00.png
天児
世界を壊すためさ」
Face LB 00 00.png
浩一
…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
世界を『壊す』…?
それって、どういう意味だよ!?」
Face LB 37 00.png
天児
キミが理解する必要はない」
Face LB 00 00.png
浩一
なんだよソレ…。
アンタ、一体何がしたいんだよ!?」
Face LB 37 00.png
天児
決まっているだろう?
人類を救いたいだけさ」
Face LB 00 00.png
浩一
その人類って誰のコトだよ!
アンタの生きてた時代に、もう人類は
居ないだろうが!」
Face LB 37 00.png
天児
…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
アンタとラインバレルが、
どうやって俺たちの時代に来たかは
知らないケド…」
Face LB 00 00.png
浩一
俺たちが戦ってるのは、
今、俺たちが生きている時代なんだ!
アンタの時代とは違う!」
Face LB 37 00.png
天児
………」
Face LB 37 00.png
天児
僕が救うべき人類はもういない、
というコトか…」
Face LB 37 00.png
天児
うぐっ…!」
Face LB 00 00.png
浩一
!? お、おい…!」
Face LB 37 00.png
天児
どうやら、
僕の寿命もここまでらしい…」
Face LB 00 00.png
浩一
寿命って…」
Face LB 37 00.png
天児
度重なる戦闘に加え、
強制転送による損傷も相まってね」
Face LB 37 00.png
天児
実は僕の肉体は、もうそのほとんどが
失われてしまってるんだ」
Face LB 00 00.png
浩一
ま、待ってくれよ。
アンタも、ラインバレルの
ファクターなんだろ?」
Face LB 00 00.png
浩一
アンタがいなくなれば、
ラインバレルは…」
Face LB 37 00.png
天児
娘に…絵美に全てを託すつもりだ」
Face LB 00 01.png
浩一
城崎に…?」
Face LB 00 01.png
浩一
ふざけるなよ!
城崎に、あんたと同じコトを
させようとしたのかよ!」
Face LB 00 01.png
浩一
自分の娘を戦いの道具にするなんて…」
Face LB 37 00.png
天児
理想で、世界は救えないんだよ」
Face LB 00 01.png
浩一
違う!
理想が無くて世界が救えるか!」
Face LB 37 00.png
天児
なに…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
なるほどね…今、理解できたよ」
Face LB 00 00.png
浩一
理想も無くして、
絶望したから世界を壊す…」
Face LB 00 00.png
浩一
そんなアンタだから、
人類は救えなかったんだ!」
Face LB 37 00.png
天児
僕だから、救えなかった…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
アンタの生きていた時代に、
俺が居たかよ?」
Face LB 00 00.png
浩一
アンタには、
同じ目的のために戦ってくれる
仲間が居たのかよ!」
Face LB 37 00.png
天児
………」
Face LB 37 00.png
天児
フ、こいつは参ったな。
全く想像できなかったよ、
そんな考え方があったなんて…」
Face LB 37 00.png
天児
なるほど…。
キミがいなかったから、
僕らの世界は救われなかった、か…」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 37 00.png
天児
それじゃあキミなら、
本当に人類を救えるっていうのかい?」
Face LB 37 00.png
天児
それは、全人類の命を
背負うというコトなんだぞ」
Face LB 00 00.png
浩一
それなら、もうとっくの昔に
背負っているさ」
Face LB 37 00.png
天児
………」
Face LB 37 00.png
天児
実にキミらしい言い方だ…」
Face LB 37 00.png
天児
ここまで聞ければ
もう思い残すコトはないな」
Face LB 00 00.png
浩一
! これは…!?」
Face LB 37 00.png
天児
そろそろ、お別れのようだ」
Face LB 37 00.png
天児
浩一クン、僕にも
キミが正義の味方になるコトを
望ませてくれないか」
Face LB 00 00.png
浩一
天児さん…」
Face LB 37 00.png
天児
運命を創るコトはできなくても、
人は、自らの運命を選ぶコトはできる…」
Face LB 37 00.png
天児
最後の最後で、
それに気づくコトができたよ」
Face LB 37 00.png
天児
ありがとう、浩一クン…」
Face LB 00 00.png
浩一
ま、待ってくれ!
話はまだ…」
Face LB 37 00.png
天児
娘…絵美を、よろしく頼むよ…」
Face LB 00 00.png
浩一
彼はラインバレルの中で、
何を想像していたのだろう)
Face LB 00 00.png
浩一
その肉体を失ってなお、
世界を救おうとしていた男は、
どんな夢を見ていたのだろう…?)
Face LB 00 00.png
浩一
できるコトなら聞いてみたかった。
もっと色んなコトを話したかった。
でも…)
Face LB 00 00.png
浩一
そんな彼は、もういない…)
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face LB 00 00.png
浩一
これが、ラインバレルの中で
天児さんから聞いたコトの全てだ…」
Face TO 02 00.png
レニー
未来世界での人類絶滅の原因が、
自殺だったなんて…」
Face OG 00 00.png
アーニー
リチャード少佐が、
滅びの未来を回避するために、
サヤさんと共にこの時代に来たように…」
Face DN 03 00.png
ジョニー
天児博士もまた、城崎さんを連れて
未来からやって来たということですね」
Face SK 01 00.png
真上
ラインバレルに乗って、か…」
Face LB 03 00.png
城崎
………」
Face HM 04 00.png
サイ
てことは、城崎さんや加藤久嵩は
未来の人間ってことだよな?
それに…」
Face LB 11 00.png
宗美
ええ…。
おそらく僕も、そうなのでしょうね…」
Face HM 06 00.png
デントン
しかし、だよ。
現存するマキナたちがすべて、
未来から転送されてきたのだとして…」
Face HM 06 00.png
デントン
それぞれが、こうも
バラバラの時代に来たのはなぜかね?」
Face LB 32 00.png
道明寺
確かに、時代に開きがありすぎますね」
Face LB 32 00.png
道明寺
宗美さんのタリスマンは数百年前、
九条さんのペインキラーに至っては、
2千年以上も前だ」
Face OG 00 00.png
アーニー
サヤさん、君とリチャード少佐は、
どうやってこの時代に来たんだ?」
Face OG 02 00.png
サヤ
それが…よく覚えてないんです」
Face SK 02 02.png
由木
覚えてない…?」
Face OG 02 00.png
サヤ
ええ、気がついた時には、
この時代にいたとしか…」
Face OG 02 00.png
サヤ
少佐は、これも偶然の結果だと
言っていましたが…」
Face FA 01 00.png
総士
要するに、タイムトラベルとは
非常に不安定なモノなのでは
ないでしょうか」
Face FA 01 00.png
総士
行き先を指定できないとか…」
Face LB 04 00.png
森次
ふむ…」
Face LB 04 00.png
森次
レイチェル、現時点での君の見解は?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
タイムトラベルについては、
今後も検証すべき点でしょうケド…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
それよりも問題は、
ラインバレルのコトね」
Face OO 01 00.png
ロックオン
城崎天児が死んだことで、
何か不都合でも起こったのか?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
不都合とかいう以前の話でしょ」
Face LB 15 00.png
レイチェル
だって、本来のファクターが死んだのに、
ラインバレルも、浩一も絵美も無事なのよ?」
Face SD 04 00.png
ルナマリア
そっか…マキナとファクターは、
命を共有してるから…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
考えられる可能性はひとつ」
Face LB 15 00.png
レイチェル
早瀬浩一は、城崎天児から
完全にラインバレルを受け継いだ…」
Face VR 01 00.png
フェイ
受け継いだ…?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
状況から考えて、
城崎天児はラインバレルの電脳と
一体化していた可能性が極めて高いわ」
Face LB 15 00.png
レイチェル
その彼が、早瀬浩一を認めて
ラインバレルを託したのだとすれば…」
Face LB 04 00.png
森次
………」
Face LB 04 00.png
森次
今のラインバレルは、
早瀬浩一そのもの…」
Face LB 03 01.png
城崎
…!?」
Face LB 00 00.png
浩一
ど、どういうコトだよ!?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
ジョウと飛影の関係に近いかも
しれないわね」
Face TO 01 00.png
ジョウ
俺たちの…?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
飛影はジョウと合身するコトで、
その潜在能力のすべてを
発揮するコトができる」
Face DN 00 00.png
じゃあ、今のラインバレルも、
浩一が乗ることで…」
Face LB 15 00.png
レイチェル
そう…つまり早瀬浩一は、
『とんでもない存在』になってしまった
というコトよ」
Face LB 00 00.png
浩一
………」
Face BB 07 00.png
孔明
石神社長…あなたにひとつ、
お聞きしたいことがあります」
Face LB 12 00.png
石神
なにかね?」
Face BB 07 00.png
孔明
早瀬クンがラインバレルを
受け継いだことは、あなたにとって…」
Face BB 07 00.png
孔明
『偶然』だったのか、
それとも必要な『事象』だったのか」
Face LB 12 00.png
石神
それは言えないなァ」
Face BB 07 00.png
孔明
なぜです?」
Face LB 12 00.png
石神
だって、それを話しちゃうと
今後に必要な事象まで変わってしまう
恐れがあるからね」
Face BB 07 00.png
孔明
なるほど。
では質問を変えましょう」
Face BB 07 00.png
孔明
これまでにも、
我々には多くの選択肢があった」
Face BB 07 00.png
孔明
もし我々が、今とは違う道を
選んでいたとしたら…」
Face BB 07 00.png
孔明
その時の犠牲は、
今よりも多かったのですか?
少なかったのですか?」
Face LB 12 00.png
石神
………」
Face LB 12 03.png
石神
ご想像にお任せしますよ」
Face BB 13 01.png
孫権
そうやってまた、
はぐらかすんですか?」
Face BB 13 01.png
孫権
何もかも知ってるクセに…
あなたは、どれだけ人の運命を
弄べば気が済むんだ!」
Face BB 15 00.png
孫尚香
兄さん…」
Face LB 12 00.png
石神
………」
Face BB 09 00.png
曹操
フ…若いな、孫権」
Face BB 13 01.png
孫権
なにっ!?」
Face BB 09 00.png
曹操
散っていった者たちは皆、
自ら運命を選び、後の者に志を託して
死んでいったのだ」
Face BB 09 00.png
曹操
石神に選ばされたのではない。
自らの意志でだ!」
Face BB 13 01.png
孫権
だからといって、
人の命を踏み台にするのか!?」
Face BB 09 01.png
曹操
犠牲なくして、理想は為し得ぬ!」
Face BB 13 01.png
孫権
そんな理想はクソ食らえだ!」
Face BB 00 00.png
劉備
もうよせ、ふたりとも!
今お前たちが言い争っても、
仕方がないだろう!」
Face BB 13 00.png
孫権
なら劉備、お前はどう思うんだ?」
Face BB 00 00.png
劉備
俺は…」
Face BB 00 00.png
劉備
孫権の気持ちもわかるけど…
だけど、それでも…」
Face BB 00 00.png
劉備
俺は、散っていった者たちの選択は、
間違っていなかったと思う…」
Face BB 13 00.png
孫権
劉備…」
Face BB 00 00.png
劉備
自らを犠牲にしてでも、
残った者に伝えたい志がある…」
Face BB 00 00.png
劉備
その想いは、孫堅将軍や孫策将軍も、
同じだったんじゃないのか…?」
Face BB 13 00.png
孫権
………」
Face BB 00 00.png
劉備
大局的なものの見方をすれば、
曹操の言ってることは正論かもしれない。
だけど…」
Face BB 00 00.png
劉備
それでもやっぱり、
誰かの命を踏み台にして掴む明日なんて、
俺は認めたくない…」
Face BB 09 00.png
曹操
………」
Face BB 09 00.png
曹操
フ…変わらんな、貴様は…」
Face BB 00 00.png
劉備
まして、孫堅将軍や孫策将軍の犠牲を
目にしてきた孫権にとっては、
なおさらだと思う」
Face BB 13 00.png
孫権
劉備…」
Face LB 13 00.png
緒川
…!
ジェフリー艦長、ラムさんから
緊急通信が入っていますが?」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
ラム君から…?
わかりました、繋いでください」
Face MF 13 00.png
ラム
み、皆さん、大変です!
シェリルさんが…!」
Face MF 00 00.png
アルト
! シェリルに何かあったのか!?」
Face MF 13 00.png
ラム
そ、それが…!」
Face DN 07 00.png
イザベル
大統領!
シェリル・ノームの処遇が決まったとは
本当ですか!?」
Face MF 16 00.png
ハワード
ええ、その通りです」
Face DN 07 00.png
イザベル
彼女の身柄は、凶悪犯の収監で有名な
アルカトラズ刑務所へと移送された
そうですが…」
Face DN 07 00.png
イザベル
ギャラクシー船団出身である彼女が、
なぜ地球の刑務所に?」
Face MF 16 00.png
ハワード
彼女が我々にとっても、
地球にとっても凶悪な犯罪者であることを
内外に示すためです」
Face MF 16 00.png
ハワード
人類の天敵であるバジュラを、
意図的にこの世界に呼んでいたことは、
許されることではありません」
Face DN 07 00.png
イザベル
シェリル・ノームが、バジュラを…?」
Face MF 16 00.png
ハワード
そうです。
誠に遺憾ではありますが、
フロンティア政府は彼女に対し…」
Face MF 16 00.png
ハワード
裁判なしでの死刑を宣告いたします」
Face DN 07 00.png
イザベル
!? し、死刑ですって…!?」
Face MF 15 00.png
ランカ
………」
Face LB 36 00.png
看守
面会時間は15分だ。
わかってるね?」
Face MF 15 00.png
ランカ
はい…」
Face LB 36 00.png
看守
107号、入れ」
Face MF 14 01.png
シェリル
………」
Face MF 15 00.png
ランカ
シェリルさん!」
Face MF 14 01.png
シェリル
!? ラ、ランカちゃん!
どうしてここに…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
少しだけ、お話を聞きたくて…」
Face MF 14 01.png
シェリル
あなたに話すことなんてないわ。
看守さん、あたしを部屋に戻して!」
Face MF 15 00.png
ランカ
逃げるんですか!?」
Face MF 14 01.png
シェリル
…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
みんな、シェリルさんのこと
信じてるんですよ?」
Face MF 15 00.png
ランカ
アルト君も、ファンの人たちも…」
Face MF 14 01.png
シェリル
勝手に夢見ないでよ!
あたしは銀河の妖精でもなんでもない…
ただの安っぽい人間なのよ!」
Face MF 15 00.png
ランカ
………」
Face MF 15 00.png
ランカ
私、シェリルさんって
もっと強い人だと思ってました」
Face MF 15 00.png
ランカ
だけど、あの時…
バジュラとの戦いの中で一緒に歌わせて
もらった時、感じたんです!」
Face MF 15 00.png
ランカ
シェリルさんも、
寂しかったんだなって…」
Face MF 14 01.png
シェリル
あたしが…?」
Face MF 15 00.png
ランカ
間違ってたらごめんなさい。
でも、そんなシェリルさんが凄いって
思ったんです!」
Face MF 15 00.png
ランカ
寂しさや哀しさに負けないように、
精一杯歌ってたんだって…」
Face MF 15 00.png
ランカ
そんなシェリルさんと一緒に歌えて、
私もひとりぼっちじゃないんだ、って…」
Face MF 14 01.png
シェリル
ランカちゃん…」
Face MF 15 00.png
ランカ
勝手な事言ってすみません。
でも、最後にひとつだけ本当の事を
聞かせてください!」
Face MF 15 00.png
ランカ
シェリルさんは、アルト君の事を…」
Face MF 14 01.png
シェリル
………」
Face MF 14 01.png
シェリル
好きよ。
あなたに負けないくらい」
Face MF 15 00.png
ランカ
…!」
Face MF 14 01.png
シェリル
でも、これはあたしとあなただけの秘密」
Face MF 14 01.png
シェリル
だって、あたしはもうすぐ死ぬんだから…」
Face MF 15 00.png
ランカ
シェリルさん…」
Face MF 15 00.png
ランカ
………」
Face MF 18 00.png
アイ君
ピィーッ!」
Face MF 15 00.png
ランカ
どうしたの、アイ君?
私を慰めてくれてるの?」
Face MF 18 00.png
アイ君
ピィー、ピィーッ!」
Face MF 21 00.png
???
そのまま、歩きながら聞いてくれ」
Face MF 15 00.png
ランカ
! だ、誰…!?」
Face MF 21 00.png
???
静かに、ランカ・リー。
君に、どうしても言っておかねば
ならない事がある」
Face MF 15 00.png
ランカ
!? ブ、ブレラさん…!」
Face MF 21 00.png
ブレラ
シェリルは間もなく死ぬ。
たとえ死刑にならなくても、V型感染症に
冒された声帯を除去しない限り…」
Face MF 15 00.png
ランカ
V型感染症!?
シェリルさんが…!?」
Face MF 21 00.png
ブレラ
そうだ。
だからこそフロンティアは、
用済みになったシェリルを逮捕したんだ」
Face MF 21 00.png
ブレラ
そして、シェリルに代わって
バジュラとコンタクトがとれる
唯一の存在として…」
Face MF 21 00.png
ブレラ
フロンティアは君を、
新たな対バジュラ兵器として
利用しようとしている!」
Face MF 15 00.png
ランカ
た、対バジュラ兵器…!?」
Face MF 21 00.png
ブレラ
母親の胎内で、
フォールド細菌に感染した君は…」
Face MF 21 00.png
ブレラ
生まれながらに、
フォールド細菌への免疫と、バジュラを
コントロールする力を持っているんだ」
Face MF 15 00.png
ランカ
私のお母さん…?
あなたは、どうしてそんなことを…!」
Face MF 21 00.png
ブレラ
………」
Face MF 21 00.png
ブレラ
11年前、ガリア4で
バジュラに襲われ、死にかけた俺は
ギャラクシーに救出された…」
Face MF 15 00.png
ランカ
!? ガ、ガリア4って…!」
Face MF 21 00.png
ブレラ
そうだ、ランカ…」
Face MF 21 00.png
ブレラ
俺は、お前の兄だ…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
…!」
avatar