Face OG 00 00.png
アーニー
真壁司令、<name6>の
出撃準備が完了しました。
いつでも出発できます」
Face FA 12 00.png
真壁
ありがとうございます。
ジークフリード・システムの方は
いかがですか?」
Face LB 15 00.png
レイチェル
注文通り、
改良型のジークフリード・システムを
ファフナー全機へ搭載したわ」
Face DB 08 00.png
ウェスト
これで、搭乗者全員が
クロッシング状態となり、
互いに意志疎通できるはずであーる」
Face FA 20 00.png
小楯
ただし、このシステムには
欠点がふたつある」
Face FA 20 00.png
小楯
ひとつは、ファフナーパイロット全員が
互いの痛みを共有してしまうことだ」
Face FA 00 02.png
一騎
総士は、俺たち全員の痛みを
感じてくれていた」
Face FA 05 00.png
剣司
俺たちだって耐えてみせるさ」
Face FA 26 00.png
西尾
もうひとつは、
クロッシングしている数に応じて
システムの能力が左右されてしまうこと」
Face LB 32 00.png
道明寺
つまり、ファフナーの数が減ると、
その分だけ能力が落ちるってコトか」
Face DB 05 00.png
チアキ
けど逆を言うなら、
ファフナーを出撃させればさせるほど、
力が強くなるっちゅうわけや!」
Face BB 00 00.png
劉備
まさに、みんなの力と心をひとつにして
戦うことができるんだな」
Face FA 05 00.png
剣司
ありがとう、小楯さん。
衛のことがあったばかりなのに、
ファフナーを整備してくれて…」
Face FA 20 00.png
小楯
衛のことを悲しむのは、
全部終わってからにするさ」
Face FA 05 00.png
剣司
………」
Face FA 05 00.png
剣司
俺、アイツに謝らなきゃ
いけないんです…」
Face FA 20 00.png
小楯
謝る…?」
Face FA 05 00.png
剣司
俺…アイツが戦えるのは、
変性意識のおかげだなんて
酷いこと言って…」
Face FA 05 00.png
剣司
でも、そうじゃなかった。
アイツは小楯衛として戦って、そして…」
Face FA 20 00.png
小楯
………」
Face FA 20 00.png
小楯
生きて帰ってこい、剣司君。
衛もきっとそれを望んでいるはずだ」
Face FA 05 00.png
剣司
小楯さん…」
Face FA 05 00.png
剣司
必ず…生きて帰ります!」
Face FA 17 00.png
羽佐間
私たちもできる限りサポートするわ」
Face FA 17 00.png
羽佐間
少しでも、戦っている
あなたたちの手助けをしたいから…」
Face FA 03 00.png
翔子
ありがとう、お母さん。
必ず帰ってくるわ、カノンと一緒に」
Face FA 08 00.png
カノン
………」
Face FA 08 00.png
カノン
あの、容子…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
どうかした?」
Face FA 08 00.png
カノン
その…生きて帰ってきたら…」
Face FA 08 00.png
カノン
母さんと、呼んでいいか?」
Face FA 17 00.png
羽佐間
カノン…」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ええ、もちろんよ。
あなたたちの帰りを待ってるわ、
翔子、カノン」
Face FA 17 00.png
羽佐間
ええ、もちろんよ。
あなたの帰りを待ってるわ、カノン」
Face OG 02 00.png
サヤ
みなさん、行きましょう。
人類とフェストゥムの共存の道を
掴むために…」
Face FA 00 02.png
一騎
そして、総士を助け出すために…!」
Face FA 12 00.png
真壁
諸君らに、人類の新たなる希望を…
未来を託す!」
Face OG 00 00.png
アーニー
これより<name6>は、
蒼穹作戦を開始します!」
Face DB 07 00.png
ライカ
みんな、無事に帰ってきてね…」
Face FA 10 00.png
乙姫
大丈夫…みんななら、
必ず、希望に辿り着く…」
Face FA 10 00.png
乙姫
うっ…!」
Face DB 07 00.png
ライカ
!? 乙姫ちゃん…!」
Face FA 10 00.png
乙姫
だ、だいじょう…ぶ…」
Face FA 10 00.png
乙姫
まだ外にいられるうちに、
見送ることができて良かった…」
Face FA 21 00.png
里奈
待ってて!
すぐに医務室へ…!」
Face FA 10 00.png
乙姫
ううん…もう時間が無いの…。
教えてあげなきゃ、ミールに…」
Face FA 10 00.png
乙姫
このままじゃ…
島が死んでしまうから…」
Face FA 24 00.png
広登
ミール? 島が死ぬ?
何を言ってるんだ?」
Face HM 06 00.png
デントン
ここにいたのか、乙姫君…」
Face FA 23 00.png
デントン先生、遠見先生!
乙姫ちゃんが…!」
Face FA 15 00.png
遠見
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
準備ができたんだよね。
そうでしょ、千鶴?」
Face FA 15 00.png
遠見
ええ、あなたの身体を岩戸へ戻すわ…」
Face FA 21 00.png
里奈
戻すって…?」
Face HM 06 00.png
デントン
島の各ブロックの機能が異常を見せている。
島にいる動植物が、次々と死んでいるんだ」
Face DB 07 00.png
ライカ
ついこの前までは、
あんなに花が咲いていたのに…」
Face FA 10 00.png
乙姫
それは、この島のミールが死を学んだから」
Face FA 10 00.png
乙姫
『生』の後に『死』が訪れることを、
知ってしまったからなんだよ…」
Face FA 15 00.png
遠見
ミールは無限の情報体として、
この島の機能を司っているわ」
Face FA 15 00.png
遠見
それが生命の循環を学び、
コアである乙姫ちゃんと共に
死のうとしている」
Face FA 10 00.png
乙姫
その前にミールに教えてあげないと」
Face FA 10 00.png
乙姫
命にとって終わることが、
新しい始まりであることを…」
Face FA 10 00.png
乙姫
生と死が、ひとつのものとして
続いていくことを…」
Face FA 21 00.png
里奈
待って!
ミールって島のどこかにあるんですか!?
それが島に影響を与えているのなら…」
Face FA 24 00.png
広登
そんなもの、捨てちゃえばいいじゃないか!」
Face FA 23 00.png
そうだよ!
乙姫ちゃんを苦しめてるものなんか!」
Face FA 15 00.png
遠見
………」
Face FA 15 00.png
遠見
あなたたちが、いま呼吸しているもの…
それがミールよ」
Face FA 21 00.png
里奈
え…? 呼吸って…」
Face HM 06 00.png
デントン
偽装鏡面圏内の島の空気、
それがミールの正体だったんだ」
Face FA 24 00.png
広登
! く、空気…!?」
Face FA 15 00.png
遠見
どこにもいない、
そしてあらゆる場所にいる」
Face FA 15 00.png
遠見
ミールはいわば、
この島の環境そのものなの」
Face DB 07 00.png
ライカ
そんな…ミールって、
フェストゥムのコアとか、結晶とか、
そんなものじゃあ…」
Face FA 15 00.png
遠見
かつて結晶鉱物だったミールは、
ある時、自らを空気体へと作り変えた」
Face FA 21 00.png
里奈
そんなこと、あり得るんですか!?
鉱物が、自らを変化させるなんて…」
Face HM 06 00.png
デントン
鉱物にも意志は宿るよ。
我々はすでに、オデュサイトを
知っているからね」
Face FA 24 00.png
広登
!? オデュサイト…!」
Face HM 06 00.png
デントン
そして空気体となったミールの特性は、
GN粒子に近いともいえる」
Face FA 23 00.png
鉱物や粒子にも、意志が…」
Face FA 10 00.png
乙姫
この島のミールはね、
人間と出会ったことで
生命への道を歩み始めたの」
Face FA 10 00.png
乙姫
そしてそれが、あたしたち人間と
フェストゥムとの共存の最初の一歩だった」
Face FA 21 00.png
里奈
フェストゥムとの、共存…」
Face FA 10 00.png
乙姫
でも、ミールはまだ成長過程。
生と死を少しずつ学んでいるの」
Face FA 10 00.png
乙姫
それをここで
終わらせるわけにはいかないの。
だから、あたしが…」
Face FA 23 00.png
だからって、乙姫ちゃんが
犠牲になるなんて…!」
Face FA 10 00.png
乙姫
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
この宇宙で命だけが持てる、
嬉しくて、悲しい物語」
Face FA 10 00.png
乙姫
それを私は体験できたんだよ、
芹ちゃん…」
Face FA 23 00.png
乙姫ちゃん…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
<name6>を奇襲しろだと?」
Face TO 18 00.png
ハザード
その通りだ、イルボラ」
Face TO 10 00.png
イルボラ
なぜ私にその話を持ってきた?
ザ・ブームへの協力要請ならば、
皇帝なりシャルムなりに直接通せばよかろう」
Face TO 18 00.png
ハザード
貴様に手柄を
立てさせてやろうというのだよ」
Face TO 18 00.png
ハザード
貴様とて何度も失敗が
許される身ではあるまい…?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 18 00.png
ハザード
<name6>は北極で単独行動を取る。
そこを狙い、奴らを足止めするのだ」
Face TO 18 00.png
ハザード
ワシらが、核を撃ち込むまでのな」
Face TO 10 01.png
イルボラ
核だと!?
貴様、正気か…!」
Face TO 18 00.png
ハザード
良い作戦だろう?
これで<name6>の連中は、
フェストゥムもろとも綺麗サッパリだ」
Face TO 18 00.png
ハザード
フェストゥムが相手ならば、
どんな犠牲も許されるからなあ!
クックックック…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
下衆めッ…!)
Face TO 18 00.png
ハザード
協力してくれるな、イルボラよ?」
Face TO 10 00.png
イルボラ
………」
Face TO 10 00.png
イルボラ
いいだろう。
だが、やり方は私の好きにさせてもらう」
Face TO 18 00.png
ハザード
フフ、構わんよ。
奴らを足止めさえしてくれればな」
Face TO 10 00.png
イルボラ
フン、どうせ私も
<name6>もろとも消すつもり
だろうが、そうはいかん!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
ジョウとの決着をつけ、
ロミナ姫をお救いした暁には、
目にもの見せてくれる!」
Face FA 09 00.png
???
ハザードの口車に乗るつもりか…?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
気がついていたか、日野道生…」
Face FA 09 00.png
道生
………」
Face FA 09 00.png
道生
なぜ、俺を助けた…?」
Face TO 10 00.png
イルボラ
別に…ただの気まぐれだ」
Face FA 09 00.png
道生
へえ…なら、ロミナ姫を裏切ったのも、
ただの気まぐれだってか?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
なに…?」
Face FA 09 00.png
道生
それとも、他に理由があるのかい?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
貴様の機体は修復させてある。
どこへなりとも行くがいい」
Face FA 09 00.png
道生
待てよ、イルボラ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
私には、もはや帰るべき場所はない…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
貴様とは、違うのだ…」
Face FA 09 00.png
道生
………」
Face FA 09 00.png
道生
イルボラ…」
Face FA 19 00.png
ワルキューレの岩戸のリンク作業、
全て完了しました」
Face HM 06 00.png
デントン
人工子宮コアギュラもOKだ。
コアの再同期はいつでも始められる」
Face FA 10 00.png
乙姫
じゃあ、あとは
あたしがその中に入るだけだね」
Face FA 10 00.png
乙姫
それであたしは、
この島のミールとひとつになれる…」
Face FA 10 00.png
乙姫
お別れだね、みんな」
Face FA 21 00.png
里奈
ううん、最後まで一緒に居させて」
Face FA 23 00.png
私たちが生きてられるのが
乙姫ちゃんのお蔭だってことを、
絶対忘れたくないから…」
Face FA 10 00.png
乙姫
ありがとう…」
Face FA 16 00.png
弓子
仮接続テスト、
全レベルクリアしました」
Face FA 15 00.png
遠見
………」
Face FA 15 00.png
遠見
乙姫ちゃん、準備が整ったわ…」
Face FA 10 00.png
乙姫
………」
Face FA 21 00.png
里奈
あの、そのケーブルは…?」
Face FA 10 00.png
乙姫
私を岩戸へ繋ぎ、島と同化させるもの」
Face FA 23 00.png
なら、私たちに持たせて」
Face FA 23 00.png
最後の瞬間まで…
乙姫ちゃんの命を感じていたいの…」
Face FA 10 00.png
乙姫
芹ちゃん…」
Face FA 10 00.png
乙姫
………」
Face FA 15 00.png
遠見
乙姫ちゃん…?」
Face FA 10 00.png
乙姫
あたし…覚悟、できてるのに…」
Face FA 10 00.png
乙姫
怖い…!」
Face DB 07 00.png
ライカ
…!」
Face FA 10 00.png
乙姫
怖い…怖いよぉ…」
Face FA 15 00.png
遠見
乙姫ちゃん…!」
Face FA 10 00.png
乙姫
う、うぅ…千鶴…。
あたし、ここにいたい…」
Face FA 10 00.png
乙姫
ここにいたいよぉぉぉ!
う、うぅぅ…うわああぁぁぁ!」
Face FA 15 00.png
遠見
乙姫ちゃん!
ごめんね、ごめんね…乙姫ちゃん!」
Face FA 10 00.png
乙姫
うぅ、うわあぁぁぁ!
お母さん…総士ぃぃぃ…!」
Face FA 01 03.png
総士
う…うぅ…」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々の場所に人間たちが侵入した。
彼らを倒すために何をすればいい?」
Face FA 01 03.png
総士
効果的に…部隊を入れ替え、
敵の主力を誘い出し…」
Face FA 01 03.png
総士
防衛すると見せかけ…
犠牲を、払って…各個…撃破…」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前の思考を理解した。
私が人間たちを滅ぼそう」
Face FA 35 00.png
イドゥン
私が学んだ憎しみで…」
Face FA 01 03.png
総士
ま、待て…」
Face FA 01 03.png
総士
うわぁぁぁぁ…!」
Face FA 01 03.png
総士
か、一騎…みんな…)
Face TO 19 00.png
ドッグ
<name6>が
行動を開始したようですな」
Face FA 30 00.png
ヘスター
ついに始まったのですね…」
Face FA 30 00.png
ヘスター
この日を30年以上も待った。
祈りましょう、人類の勝利を…!」
Face LI 05 00.png
アレックス
………」
Face LI 05 00.png
アレックス
エイサップ、私は…)
Face FA 30 00.png
ヘスター
最終作戦、ヘブンズドア!」
Face FA 30 00.png
ヘスター
その立案者である
ドクター・ミツヒロの魂にも、
この火が届かんことを…」
Face FA 03 01.png
翔子
カノン、そっちをお願い!」
Face FA 08 01.png
カノン
うおぉぉぉっ!」
Face FA 05 01.png
剣司
はぁ、はぁ…
どうにか、ここまで来れたな…」
Face SD 03 01.png
シン
大丈夫か、みんな!?
限界を感じたのなら、すぐに下がれ!」
Face FA 00 01.png
一騎
も、問題ありません!
まだやれます!」
Face FA 02 01.png
真矢
戦力を温存するためにも、
ここは私たちで乗り切ってみせます」
Face BB 11 00.png
司馬懿
妙だな…。
フェストゥムの戦い方が以前と違う。
まるで戦術を学んだかのような…)
Face OO 09 00.png
フェルト
提供されたデータでは、
あそこが中枢部への入り口です!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
よし、このまま一気に…!」
Face DA 01 01.png
チャム
!? こ、この声…?」
Face VR 01 00.png
フェイ
また…この声…」
Face SK 02 01.png
由木
ふたりとも、どうしたの!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
わからない…
でも、気になる…
声が…何かを引き寄せて…」
Face OO 00 01.png
刹那
………」
Face OO 00 01.png
刹那
気をつけろ…奴らが、来る!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
馬鹿な、ELSだと!?」
Face LB 08 01.png
イズナ
よりによって、こんな時に…!」
Face MF 06 01.png
ララミア
ぐうっ…!」
Face DB 00 04.png
九郎
チッ、ELSまで現れたんじゃ
戦力の温存もクソもねえ!
俺たちも出るぞ!」
Face OO 17 01.png
???
奴らは、我々が引き受けたッ!」
Face DB 00 04.png
九郎
! なにっ…!?」
Face DB 10 00.png
エルザ
ダーリン、アレを見てロボ!」
Face OO 05 01.png
ピーリス
あれは、地球連邦軍…!?」
Face OO 17 01.png
アンドレイ
為すべきことを為す!
それが軍人としての務めだ!」
Face OO 15 01.png
パトリック
ハッ、金銀よりどりみどりで
めでたいじゃないかぁ!」
Face OO 15 01.png
パトリック
でも、俺だって大佐から
めでたい奴って褒められてんだ!
負けねえぞぉ!」
Face OO 23 00.png
カティ
大佐でもないし、褒めてもいない!
余計な口を動かす前に、手を動かせッ!」
Face OO 15 01.png
パトリック
了解しました、大佐ぁ!」
Face OO 07 00.png
スメラギ
来てくれたのね、カティ!」
Face OO 23 00.png
カティ
フ、人類の命運を懸けた戦いだ。
援護要請とあらば、動かぬわけには
いくまい?」
Face LB 21 01.png
ユリアンヌ
援護要請…?
人類軍や推進派が、そんなコトするとは
思えないケド…」
Face FA 29 00.png
ミョルニア
我々が導いたのだ」
Face FA 00 01.png
一騎
! その声…母さん!?」
Face DN 02 01.png
朔哉
アイツが…竜宮島に現れた、
人型のフェストゥムだってのか!?」
Face SK 08 00.png
フラッシュ
でも、もう1体は…!?」
Face LB 03 00.png
城崎
こ、この反応は…!
皆さん、あの青いスフィンクス型は
甲洋君です!」
Face FA 08 01.png
カノン
なんだと…!?」
Face FA 11 00.png
甲洋
………」
Face SD 03 01.png
シン
あれが、甲洋…!?」
Face FA 29 00.png
ミョルニア
その個体は私たちに近い存在として、
戦う道を選んだ」
Face FA 11 00.png
甲洋
………」
Face FA 05 01.png
剣司
お前…俺たちを守るために!」
Face OO 23 00.png
カティ
各部隊に告げる!
あの2体のフェストゥムと共に、
本戦線を維持しろ!」
Face BB 13 00.png
孫権
連邦軍と、フェストゥムが…」
Face MF 12 00.png
ミーナ
一緒に戦っている…!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
わかり合えるんだね…」
Face VR 01 00.png
フェイ
わたしたち、同じ道を
歩いていけるみたい!」
Face MF 15 00.png
ランカ
うん! 歌おう、私たちも!」
Face MF 14 00.png
シェリル
この、命の限り…!」
Face FA 11 00.png
甲洋
み…んな…ありがとう…」
Face FA 11 00.png
甲洋
さようなら…」
Face FA 00 01.png
一騎
!? 甲洋、お前…!」
Face FA 03 01.png
翔子
さよならって…!
春日井君はまだここにいるじゃない!」
Face FA 02 01.png
真矢
さよならって…!
春日井君はまだここにいるじゃない!」
Face FA 05 01.png
剣司
………」
Face FA 08 01.png
カノン
! 剣司…!」
Face FA 05 01.png
剣司
これは、甲洋が…!」
Face FA 05 01.png
剣司
咲良が、母ちゃんが、道生さんが…
衛が拓いてくれた道だッ!」
Face FA 05 01.png
剣司
翔子が、咲良が、母ちゃんが、
道生さんが…衛が拓いてくれた道だッ!」
Face FA 05 01.png
剣司
この道を…俺たちが往くんだよッ!」
Face FA 02 01.png
真矢
近藤君…」
Face FA 00 01.png
一騎
往こう、みんな!」
Face FA 05 01.png
剣司
衛…お前たちの想いも一緒に連れてくぞ!
もう、怖いものなんか何もねえッ!)
Face FA 05 01.png
剣司
一騎、いけえぇぇぇッ!」
Face FA 00 01.png
一騎
うおおおおぉぉぉぉッ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
今だ! 全艦、最大戦速!
このまま敵陣へ突っ込めぇぇぇ!」
Face MF 09 00.png
ボビー
うおおぉぉりゃああぁぁぁ!」
Face FA 02 01.png
真矢
必ずみんなで帰ってくる!)
Face FA 02 01.png
真矢
あの、青い空の下に…!)
Face TO 04 01.png
ダミアン
ここが、奴らの本拠地…!?」
Face DN 02 01.png
朔哉
ったく…この数、笑えないぜ!」
Face VR 01 00.png
フェイ
これは…?」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
フェイ、どうかしたの!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
聞こえてきたの。
フェストゥムから…かな?」
Face VR 01 00.png
フェイ
いや、今までと違う声!
なんていうか…遠い記憶、
空の向こうの、懐かしい声…」
Face MF 15 00.png
ランカ
違う声…?」
Face MF 01 01.png
オズマ
クッ…フェイが
何らかの異変を察知したのか!?
機動部隊、出撃しろ!」
Face MF 13 00.png
ラム
データ照合完了!
目標のコアはあそこです!」
Face FA 02 01.png
真矢
あそこに皆城君がいるんだね」
Face FA 00 01.png
一騎
待っていろ…総士!」
Face OO 09 00.png
フェルト
Eセンサーに反応!
敵機がこちらに接近してきます!」
Face MF 02 01.png
ミシェル
チッ、新手のフェストゥムか!?」
Face MF 11 00.png
モニカ
いえ、これは…!」
Face LB 09 01.png
美海
ザ・ブーム軍…!?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
またわたくしたちの
前に立ち塞がるのですか、イルボラ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
<name6>、
ここから先へは行かせん!」
Face LB 07 03.png
シズナ
あんたこそ、そこをどき!
今はあんたと戦ってる場合ちゃうんや!」
Face TO 10 00.png
イルボラ
聞こえなかったのか!?
先へは行かせんと言っているッ!」
Face LI 17 00.png
キキ
この気迫!
あいつ、いつもと様子が違う…!?」
Face BB 19 00.png
陸遜
イルボラ司令、あなたは…!)
Face TO 01 01.png
ジョウ
どうやっても、
俺たちを退かせたいらしいな…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
だが、それで退く俺たちじゃねえのは
てめえもわかってるだろ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
では、残る道はひとつしかあるまい!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
望むところだ!
互いに全力勝負といこうじゃねえか、
イルボラァ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐぅ…まだだ!
まだ、私は倒れるわけにはいかんのだ!」
Face LI 18 00.png
ヘベ
あいつ、まだやるつもりかい!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
さあ、勝負だッ…!」
Face BB 03 00.png
関羽
むうっ、これは…!?」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々の犠牲によって、
私はお前たちを滅ぼす」
Face MF 05 01.png
ネネ
あれは、この間の…!」
Face OO 04 01.png
アレルヤ
ザルヴァートル・モデル…
マークニヒト!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ファフナーの姿を借りた
フェストゥムか!)
Face TO 10 01.png
イルボラ
あれを捨て置けば、またロミナ姫が…!)
Face HM 04 00.png
サイ
あいつ、何を…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
貴様も、ここから先へは行かせんッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
私は、お前によって滅びることはない」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐうぅぅぅぅっ…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
何をやってやがる!
そんなボロボロの零影で勝てると
思ってるのか!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
だ、黙れ…!
私はこの身を賭してでも…
掴まねばならぬ、運命があるのだ!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
イ、イルボラ様!
何があなたをそこまで…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
さあ来い…フェストゥム!
貫くべき信念もない、お前たちに…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
私の信念を、砕けると思うなあッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々は私によって、
お前のその感情を獲得する」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐわああぁぁぁっ!」
Face MF 00 01.png
アルト
零影を同化するつもりか…!?」
Face TO 05 00.png
ロミナ
イ、イルボラ…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ロミナ姫ぇぇぇーッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
む…!?」
Face BB 15 00.png
孫尚香
な、何が起こったの…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ぐぅっ…よ、余計なマネを…!」
Face FA 09 01.png
道生
ふぅ…」
Face FA 09 01.png
道生
ギリギリセーフ、ってとこだな」
Face FA 05 01.png
剣司
!? そ、そんな…まさか!」
Face FA 08 01.png
カノン
道生…どうしてお前が!?」
Face FA 09 01.png
道生
へへ、破るわけにはいかないだろ?
弓子との約束をよぉ!」
Face FA 00 01.png
一騎
道生さん…生きてたんですね!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ひ、日野…道生…!」
Face FA 09 01.png
道生
これで借りはチャラだ。
だが、まだ俺の可愛い後輩たちを
邪魔しようってんなら…」
Face FA 09 01.png
道生
今度は、俺が相手になるぜ?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
き、貴様…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
下がってろ、イルボラ」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ジョウ…!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あのフェストゥムは俺たちが片づける。
その上で、てめえとは決着をつけてやる」
Face TO 01 01.png
ジョウ
何もかもが終わった後でな…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
クッ…だ、誰が貴様の手など…!」
Face FA 09 01.png
道生
イルボラ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
…!?」
Face FA 09 01.png
道生
まだ、あると思うぜ?
あんたにも、帰る場所がよ…」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
勝負は、預けたぞ…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
イルボラ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
てめえの想いは、
痛いほど伝わってきたぜ…!)
Face FA 35 00.png
イドゥン
理解できない…。
その感情を、我々は知らない」
Face TO 01 01.png
ジョウ
だったら、教えてやるぜ!
守るべき誰かのために、命を懸ける…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
人はそれを…愛と呼ぶんだッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
あ、愛…」
Face OO 07 01.png
スメラギ
機動部隊、各員に通達!
救援に現れたマークアインと随時連携!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
出現した敵ファフナーを撃破し、
この場を一気に制圧します!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
イルボラァァァッ…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
…!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ぐ、ぐぅぅっ…!」
Face TO 02 01.png
レニー
ジョウ…!?」
Face TO 10 01.png
イルボラ
き、貴様…余計なマネを!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
イルボラ…てめえは退けッ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
なんだと…!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あのフェストゥムは…
<name6>が必ず倒す!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
その上で、てめえとも決着をつける!
何もかも終わった後でな!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
クッ…だ、誰が貴様の手など…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
イルボラ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
…!?」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ロミナ姫は、俺たちが
守ってみせるって言ってんだよ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
ジョウ、お前は…!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
………」
Face TO 10 01.png
イルボラ
勝負は、預けたぞ…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
イルボラ…」
Face TO 01 01.png
ジョウ
てめえの想いは、
痛いほど伝わってきたぜ…!)
Face FA 35 00.png
イドゥン
理解できない…。
その感情を、我々は知らない」
Face TO 01 01.png
ジョウ
だったら、教えてやるぜ!
守るべき誰かのために、命を懸ける…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
人はそれを…愛と呼ぶんだッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
あ、愛…」
Face OO 07 01.png
スメラギ
機動部隊、各員に通達!
出現した敵ファフナーを撃破し、
この場を一気に制圧します!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
りょ、了解…うぐっ!」
Face TO 14 00.png
カレン
大丈夫ですか、ジョウ!?」
Face TO 03 01.png
マイク
もう、イルボラなんかのために
無理するからだぜ!」
Face TO 02 01.png
レニー
でも、さっきのセリフ…
ちょっとカッコ良かったわよ、ジョウ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
レニー…!」
Face FA 00 01.png
一騎
ジョウさん、
ここは俺たちに任せてください!」
Face FA 00 01.png
一騎
マークニヒトは…必ず仕留めます!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
た、頼んだぜ…一騎!」
Face FA 00 01.png
一騎
総士を返してもらうぞ!
フェストゥム…!」
Face FA 01 03.png
総士
か、一騎…あと少しで、彼らは!)
Face FA 35 00.png
イドゥン
わ、私は…我々によって…!」
Face BB 05 01.png
張飛
チッ、また再生しやがって!」
Face BB 03 01.png
関羽
待て…何か様子がおかしい!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
あ…ぐ…」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐわあぁぁぁぁぁぁぁ…!」
Face SK 08 00.png
フラッシュ
あのフェストゥム…」
Face OO 04 01.png
アレルヤ
苦しんでいるのか…?」
Face FA 35 00.png
イドゥン
なんだ…これは!?
我々は学んだすべで…人間を…」
Face FA 01 03.png
総士
フェストゥム、教えてやる!
僕がお前たちに教えた戦い方の名を!」
Face FA 01 03.png
総士
消耗戦だ!
痛みに耐えて戦う戦法だ!」
Face FA 00 01.png
一騎
!? そこにいるのか、総士!」
Face FA 00 01.png
一騎
いや、そのフェストゥムと
クロッシングしてるのか…!?」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐ、うぐうぅぅぅ…!」
Face FA 01 03.png
総士
それが戦いの痛みだ!
存在することの苦しみだ!」
Face FA 01 03.png
総士
いなくなることへの恐怖だ!
フェストゥム!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐぅぅぅ…戻せ!
我々を…無へ戻せぇぇぇーっ!」
Face OO 08 00.png
ラッセ
あ、あの野郎…!
急に暴れ出しやがって!」
Face VR 01 00.png
フェイ
………」
Face VR 01 00.png
フェイ
…あなたたちも
やっとわかったんだね」
Face VR 01 00.png
フェイ
生きることの痛みを…」
Face SD 04 01.png
ルナマリア
フェイ…!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
離れろ、フェイ!
今、奴に近づくのは危険だ!」
Face VR 01 00.png
フェイ
伝わるよ、その想い…
怖いんだよね」
Face VR 01 00.png
フェイ
でも、目をそらしちゃだめなんだよ、
いま、自分自身のなかにあるものを!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ひ、否定する…!
我々は、その存在を…感情を…!」
Face VR 01 00.png
フェイ
きゃぁっ…!?」
Face MF 05 01.png
ネネ
戻って、フェイ…!」
Face VR 01 00.png
フェイ
だめ! 今は戻れない…!)
Face VR 01 00.png
フェイ
共鳴してる、わたしの中で
…思い出せそうなの!)
Face HM 03 00.png
ジョーイ
な、なんだ…!?」
Face DB 04 00.png
マコト
フェイの、身体が…!」
Face VR 01 00.png
フェイ
聞こえてくる!
降りそそぐ光…輝き…」
Face VR 01 00.png
フェイ
あの時見た、青い空みたいな…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐ、ぐぅぅ…こ、この声は!?」
Face FA 35 00.png
イドゥン
身体の中に、何かが溢れて…!」
Face VR 01 00.png
フェイ
…あなたたちも感じる?
空の青…すてきな色だよね。
忘れてたことが綺麗に甦って…)
Face VR 01 00.png
フェイ
わたしの声、あの子の声…
そして…うん、みんなの声が輝くよ!)
Face FA 35 00.png
イドゥン
う、うぅぅ…うわあああぁぁぁ!」
Face DA 02 01.png
マーベル
私たちの身体にも、力が…!」
Face LB 09 00.png
美海
なんて優しい歌…」
Face OO 10 00.png
ミレイナ
まるで、お母さんみたい…」
Face LB 04 01.png
森次
すべてを包み込む、母の歌声か…」
Face MF 14 00.png
シェリル
フェイ…。
あなたもまた、たどり着いたのね。
風の導き手に…」
Face MF 15 00.png
ランカ
!? シェリルさん、それって…!」
Face MF 14 00.png
シェリル
おばあちゃんたちが探し求めた、
風や海、空でさえも心を通わせられる
歌姫の声…」
Face MF 14 00.png
シェリル
きっとあれが、
ハート・オブ・ディーヴァ…」
Face MF 15 00.png
ランカ
ハート・オブ・ディーヴァ…!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
…舞いあがれ!
空の蒼穹(あお)に!)
Face VR 01 00.png
フェイ
遠く、高く…そして、果てなく!)
Face FA 23 00.png
!? 歌が、聞こえる…?」
Face FA 24 00.png
広登
な、なんだよこれ…どこから!?」
Face FA 21 00.png
里奈
まるで、胸に直接響いてくるみたい…」
Face FA 10 00.png
乙姫
この歌は…きっと、祈り…」
Face DB 07 00.png
ライカ
祈り…?」
Face FA 10 00.png
乙姫
感じるよ、その想い…
いつまでも…いつも!」
Face DB 07 00.png
ライカ
乙姫ちゃん…」
Face FA 10 00.png
乙姫
………」
Face FA 10 00.png
乙姫
千鶴、システムを起動させて…」
Face FA 15 00.png
遠見
乙姫ちゃん、いいのね…?」
Face FA 10 00.png
乙姫
あたし、わかったよ。
こんな風に、あたしはこの島と
ひとつになればいいんだ」
Face FA 10 00.png
乙姫
この祈りの歌のように、
みんなを抱きしめる、お母さんのように…」
Face DB 07 00.png
ライカ
だったら、乙姫ちゃん。
私たちも神様に祈らせて」
Face DB 07 00.png
ライカ
これからもずっと、私たちが
あなたの命を感じられますように…」
Face DB 07 00.png
ライカ
あなたが健やかに、安らかに、
私たちを見守り続けてくれますように…」
Face FA 10 00.png
乙姫
そう…ライカ。
あなたの心にも、神様が生まれたんだね」
Face DB 07 00.png
ライカ
え…? どういうこと?」
Face FA 10 00.png
乙姫
あなたもまた、多くの選択の末に
運命を掴んだ人だってこと」
Face DB 07 00.png
ライカ
私が、運命を…?」
Face FA 10 00.png
乙姫
ありがとう、ライカ。
ありがとう、みんな」
Face FA 10 00.png
乙姫
そして、さようなら…)
Face FA 35 00.png
イドゥン
う…ぐわぁぁぁぁー!」
Face LI 01 01.png
リュクス
フェストゥムの動きが鈍っている!?」
Face SK 01 00.png
真上
フェイの歌が、奴らを惑わしているのか?」
Face FA 01 03.png
総士
いや、違う。
彼らは理解しようとしているんだ。
痛みの先にある感情を…」
Face FA 00 01.png
一騎
フェストゥムが、感情を…!?」
Face FA 01 03.png
総士
フェイの歌が、彼らに
新たな分岐を促そうとしている」
Face FA 01 03.png
総士
さあ、今のうちに
彼らのコアと接触するんだ!」
Face FA 01 03.png
総士
フェストゥムとの共存への道は、
その先に…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐ、ぐうぅぅ…わ、我々は…!」
Face SK 09 00.png
ミスティ
まだ抵抗する気!?」
Face TO 18 00.png
ハザード
あー、あー。
<name3>の諸君、
大変ご苦労だった」
Face DN 00 01.png
!? ハザード・パシャ!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
てめえ、こんな時に何の用だ!」
Face TO 18 00.png
ハザード
いや、勇敢なる君たちの戦いぶりに
敬意を表し、最後の挨拶をと思ってなぁ」
Face SK 03 00.png
スカーレット
挨拶だと…?」
Face TO 18 00.png
ハザード
<name6>に告ぐ。
これより我々は敵のせん滅に向け、
核攻撃を敢行する」
Face LB 00 00.png
浩一
ふ、ふざけるなっ!
まだ俺たちがここにいるんだぞ!」
Face TO 18 00.png
ハザード
すべては人類の未来のためだ。
君たちの尊い犠牲を、我々は永遠に
忘れないだろう」
Face LB 11 01.png
宗美
あ、あなたという人は…!」
Face TO 18 00.png
ハザード
さらば、<name6>。
残りわずか3分の命ではあるが、
最後の時を楽しんでくれ」
Face TO 18 00.png
ハザード
うわーっはっはっは!」
Face SK 00 03.png
海動
あ、あの野郎ッ…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
そうか、イルボラ。
お前はこのことを知っていたから…)
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ど、どうするんです!?
あと3分って…!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
やるしかありませんわ!
一刻も早くマークニヒトを突破し、
コアに接触します!」
Face FA 01 03.png
総士
できるか、一騎?」
Face FA 00 01.png
一騎
できるさ…俺とお前なら!
そうだろう!」
Face BB 09 01.png
曹操
刻限までは、わずか3分!
全軍、突撃ィィッ!」
Face MF 03 01.png
ルカ
核発射まで残り2分を切りました!」
Face TO 02 01.png
レニー
2分もあれば充分よ!」
Face DN 00 01.png
これぐらいギリギリの方が燃えるわ!
やってやろうじゃん!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
皆さん、お急ぎください!
発射まであと1分しかありません!」
Face OO 04 02.png
ハレルヤ
モタモタしてんじゃねえ!
一気にあの野郎を叩きつぶすんだよぉ!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
ああっ…!
タ、タイムリミットですっ…!」
Face OO 09 00.png
フェルト
!? か、核ミサイルが発射されました!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
チクショウ、ハザードォォォ…!」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
俺は約束したんだ…。
必ず助けるって…」
Face FA 00 01.png
一騎
総士ぃぃぃぃぃぃーっ…!」
Face FA 01 02.png
総士
氷漬けの大地が白く照らされる。
やがて紅蓮の炎が空を包み、
全ては無へ還る…」
Face FA 01 02.png
総士
間に合わなかった想い、
届かなかった誓い」
Face FA 01 02.png
総士
そして、僕らはいなくなった…」
Face FA 35 00.png
イドゥン
ぐうううぅぅぅぅっ!」
Face FA 01 03.png
総士
生きていることに感謝したいか!?」
Face FA 01 03.png
総士
それが今ここにいることの喜びだ、
フェストゥム!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
り、理解しない…我々は…
我々はあぁぁぁっ!」
Face SK 06 00.png
ハリケーン
!? フェストゥムが…!」
Face DB 10 01.png
エルザ
逃げたロボ…!?」
Face BB 19 00.png
陸遜
核発射まで時間がありません!
すぐにコアの元へ!」
Face FA 00 01.png
一騎
総士!
そこにいるか、総士!?」
Face FA 01 02.png
総士
か、一騎…」
Face FA 00 01.png
一騎
!? 総士…いるんだな、ここに!」
Face FA 01 02.png
総士
ああ、僕はまだここにいる…」
Face FA 02 01.png
真矢
皆城君…」
Face FA 01 02.png
総士
さあ一騎、コアに触れるんだ。
ミールの鼓動を、フェストゥムの意思を…」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
母さん…!)
Face MF 10 00.png
キャシー
こ、これは…!?
コンピュータに、膨大なデータが
送られてきています!」
Face LB 06 01.png
山下
す、すごい情報量っスよ!」
Face MF 03 01.png
ルカ
これが、人類とフェストゥムの
共存のためのデータ…!」
Face LB 15 00.png
レイチェル
なんて量なの!?
以前に受け取ったデータ量を
遙かに超えているわ!」
Face OO 06 01.png
ティエリア
ヴェーダの方でも解析をサポートする!
こちらに転送してくれ!」
Face MF 04 01.png
クラン
これで終わるのだな。
フェストゥムとの、長かった戦いも…」
Face FA 00 01.png
一騎
いえ、始まるんですよ。
フェストゥムと人間との、共存の道が…」
Face FA 00 01.png
一騎
うぐっ…!」
Face SD 03 01.png
シン
どうした、一騎!?」
Face FA 00 01.png
一騎
み、見えない…目が!」
Face FA 01 02.png
総士
コアに触れたせいで、
肉体の同化現象が再発したんだ」
Face FA 01 02.png
総士
けど、大丈夫だ。
島で治療を受ければきっと治る」
Face FA 00 01.png
一騎
そ、総士…」
Face FA 02 01.png
真矢
帰ろう、島に…一騎君」
Face FA 01 02.png
総士
…!?」
Face FA 05 01.png
剣司
わああぁぁっ!
な、なんだ…地震か!?」
Face FA 01 02.png
総士
こ、これは…!」
Face FA 01 02.png
総士
みんな、すぐに脱出するんだ!
ミールが…動き出した!」
Face FA 00 01.png
一騎
な、なんだと…!?」
Face TO 18 00.png
ハザード
ええい、そこをどかぬか!
アレックス!」
Face LI 05 00.png
アレックス
いいえ、どきません!
この核の発射ボタンだけは…!」
Face FA 30 00.png
ヘスター
この一撃が、長きにわたる戦いに
終止符を打つのですよ!」
Face TO 19 00.png
ドッグ
血迷ったか、大佐!」
Face LI 05 00.png
アレックス
血迷っておられるのは
あなた方だ!」
Face LI 05 00.png
アレックス
<name6>は、
こんな卑劣な手段の犠牲となるために
戦ったのではない!」
Face LI 05 00.png
アレックス
私の息子は…!」
Face TO 18 00.png
ハザード
この、乱心者があッ!」
Face LI 05 00.png
アレックス
うぐっ…!」
Face TO 18 00.png
ハザード
フン、その男を拘束しておけ!」
Face TO 18 00.png
ハザード
全核ミサイル、スタンバイ!
もう一度やりなおしだ!」
Face TO 19 00.png
ドッグ
了解しました!」
Face LI 05 00.png
アレックス
う、うぐ…
エイサップ、すまない…!)
Face FA 00 01.png
一騎
! マークニヒト…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
む、無に…還す…」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々は…私によって、全てを…!」
Face DA 03 01.png
バーン
この憎しみ…ハイパー化!?
いや、何をしようとしているのだ!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
奴め、何をしようとしている!?」
Face FA 01 03.png
総士
敵のミールが、
空と繋がろうとしている…」
Face FA 01 03.png
総士
このまま宇宙へと上がり、
他のフェストゥムたちと同化して
全地球を覆う気だ!」
Face SK 07 00.png
ファンシー
う、宇宙ですって!?」
Face FA 00 01.png
一騎
どうすればいい、総士!」
Face FA 01 03.png
総士
まだ間に合う!
マークジーベンの武器に同化して、
ミールを撃て!」
Face SD 00 01.png
キラ
でも、彼の目は今…!」
Face FA 01 03.png
総士
引き金は遠見が引くんだ」
Face FA 02 01.png
真矢
私が…?」
Face FA 01 03.png
総士
マークザインのエネルギーを
最大出力で放射する」
Face FA 01 03.png
総士
チャンスは一度きりだ。
それ以上は一騎の身体が持たない」
Face FA 02 01.png
真矢
了解…!」
Face SD 01 01.png
アスラン
!? フェストゥムが…!」
Face FA 08 01.png
カノン
私が突破口を作るッ!
でああぁぁぁっ!」
Face FA 03 01.png
翔子
カノン…!」
Face OO 05 01.png
ピーリス
カノン…!」
Face FA 08 01.png
カノン
みんなが私に教えてくれた!」
Face FA 08 01.png
カノン
生きることの素晴らしさを!
掴んだ運命の確かさをッ!」
Face FA 37 00.png
フェストゥム
あなたは、そこにいますか…?」
Face FA 08 01.png
カノン
………」
Face FA 08 01.png
カノン
前は…どこにもいなかった!
だが、今は…!」
Face FA 08 01.png
カノン
ここにいるッ!」
Face FA 03 01.png
翔子
カノン、あなた…!」
Face OO 05 01.png
ピーリス
カノン、あなた…!」
Face FA 05 01.png
剣司
うおおおぉぉぉっ!」
Face FA 00 01.png
一騎
!? 剣司…!」
Face FA 05 01.png
剣司
俺だって、ここにいるんだ!」
Face FA 05 01.png
剣司
衛や…みんなの想いと一緒に、
ここにいるんだよぉッ!」
Face OG 00 00.png
アーニー
ここは僕たちが食い止める!」
Face SD 03 01.png
シン
一騎、真矢…今のうちだ!」
Face FA 02 01.png
真矢
近藤君…みんな!」
Face MF 02 01.png
ミシェル
大丈夫、真矢ちゃんならできるさ!」
Face LB 30 01.png
矢島
ゆっくり、落ち着いて。
引き金に思いを乗せて…!」
Face OO 01 03.png
ロックオン
あとは狙い撃つだけだ。
スナイパーの見せ場だぜ?」
Face FA 02 01.png
真矢
はい…!」
Face FA 00 01.png
一騎
遠見…」
Face FA 02 01.png
真矢
わかってるよ、一騎君。
生きて帰る…絶対に!」
Face FA 02 01.png
真矢
この一撃に…」
Face FA 02 01.png
真矢
私の、すべてを…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
わ、私は…われ…われに…」
Face FA 01 03.png
総士
一騎、アイツを同化しろ!」
Face FA 00 01.png
一騎
うおおおぉぉぉっ!」
Face FA 00 01.png
一騎
う、うぅぅ…」
Face FA 00 01.png
一騎
どう…なったんだ…?」
Face FA 07 00.png
甲洋
どこにもいない、ここにいる」
Face FA 00 01.png
一騎
…!?」
Face FA 54 00.png
紅音
存在と無が、
互いにせめぎあっている」
Face FA 00 01.png
一騎
甲洋…母さん…」
Face FA 01 01.png
総士
ミールは砕け散った」
Face FA 01 01.png
総士
これが、すべてを無に還す
フェストゥムの祝福…」
Face FA 01 01.png
総士
おそらく現実世界では、
すでに僕らの存在は消滅している…」
Face FA 00 01.png
一騎
………」
Face FA 00 01.png
一騎
まだだ…!」
Face FA 00 01.png
一騎
俺たちは…まだ、ここにいる!」
Face FA 01 01.png
総士
………」
Face FA 10 02.png
乙姫
大丈夫、想いが消えない限り、
その存在もまた、消えることはない…」
Face FA 01 01.png
総士
乙姫…」
Face FA 10 02.png
乙姫
あのミールも、あたしと同じ」
Face FA 10 02.png
乙姫
生と死、存在と無が
ひとつのものとして続いてゆくことを
示すため、この世に生まれた…」
Face FA 01 01.png
総士
そうか、還るんだな…」
Face FA 01 01.png
総士
お前も、もうひとつのミールの元へ…」
Face FA 00 01.png
一騎
総士、お前は…」
Face FA 07 00.png
甲洋
総士はフェストゥムに、
痛みと存在を教えた」
Face FA 54 00.png
紅音
ミールは己の死をもって、
フェストゥムに個体であることを与えた」
Face FA 01 01.png
総士
そして僕は彼らの祝福を…
存在と無の循環を知った」
Face FA 00 01.png
一騎
存在と、無の循環…?
なんのことだ?」
Face FA 01 01.png
総士
僕は一度フェストゥムの側に行く。
そして、再び自分の存在を作り出す」
Face FA 00 01.png
一騎
…!?
総士、何を言ってるんだ!?
やめてくれ、総士!」
Face FA 01 01.png
総士
どれほど時間がかかるか
わからないが、必ず…」
Face FA 00 01.png
一騎
いるんだろう!?
そこにいるんだろう、総士!」
Face FA 10 02.png
乙姫
心配しないで。
あたしも、総士も…みんなここにいるよ」
Face FA 10 02.png
乙姫
ほら、聞こえるでしょ?
みんなの祈りが…」
Face FA 00 01.png
一騎
祈り…」
Face FA 01 01.png
総士
今ならわかる。
たとえ苦しみに満ちた生でも、
僕は存在を選ぶだろう」
Face FA 01 01.png
総士
もう一度、お前と出逢うために…。
お前が信じてくれる限り、
いつか必ず帰る」
Face FA 01 01.png
総士
お前が、いる場所に…」
Face FA 00 01.png
一騎
あああ…総士ぃぃぃぃっ…!」
Face FA 10 01.png
乙姫
………」
Face FA 15 00.png
遠見
最後の同化が始まったわ」
Face FA 21 00.png
里奈
そんな…!」
Face FA 23 00.png
乙姫ちゃん…!」
Face FA 10 01.png
乙姫
………」
Face DB 07 00.png
ライカ
………」
Face FA 15 00.png
遠見
地下に、風が…」
Face HM 06 00.png
デントン
コアが…島とひとつになったのか」
Face DB 07 00.png
ライカ
乙姫ちゃん…」
Face OG 02 00.png
サヤ
…!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
風…?」
Face OG 02 00.png
サヤ
………」
Face OG 02 00.png
サヤ
ありがとう、乙姫さん。
あなたの意志は、これからもずっと
私たちと共に在ります)
Face OG 02 00.png
サヤ
ありがとう、ありがとう。
いつか、きっとまた逢いましょう)
Face OG 02 00.png
サヤ
あなたが示してくれた、
始まりの未来で…)
Face DN 03 01.png
ジョニー
フェストゥムが、去ってゆく…」
Face HM 05 00.png
リナ
ミールが消えたから…?」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
どうやら、
核攻撃もなされなかったようだな…」
Face LI 03 00.png
エレボス
それより、一騎は
どこいっちゃったのさ!?」
Face FA 08 01.png
カノン
クロッシングは切れていない。
まだ生きているはずだ」
Face FA 02 01.png
真矢
一騎君…」
Face MF 11 00.png
モニカ
!? 重力源反応を確認!」
Face SD 03 01.png
シン
マークザイン…一騎か!」
Face FA 00 01.png
一騎
う、うぅぅ…」
Face FA 02 01.png
真矢
一騎君…一騎君だよね!?」
Face FA 00 01.png
一騎
うぅぅ、総士…総士…」
Face FA 00 01.png
一騎
総士ぃぃぃっ!」
Face MF 15 00.png
ランカ
じゃあ、グレイスさんは
フェイのことを知っていたんですか?」
Face MF 14 00.png
シェリル
たぶんね」
Face MF 14 00.png
シェリル
あたしやランカちゃんとは、
また違った風の導き手として
目をつけていたみたいだし」
Face MF 01 00.png
オズマ
電次元のアイドル、
ハート・オブ・ディーヴァか」
Face MF 01 00.png
オズマ
まるで、シャロン・アップルの再来だな」
Face VR 01 00.png
フェイ
その人のことはよくわからないけど…
なんていうか、ふってきたんだ」
Face VR 01 00.png
フェイ
突然、空が晴れあがって
綺麗な青が降りそそいできて
目の前に広がってくるイメージ!」
Face HM 07 00.png
ホリー
なかなかロックなこと言うねぇ」
Face VR 01 00.png
フェイ
…これってたぶん、
わたしがこの世界にくる前の、
昔の記憶なんだと思う」
Face VR 01 00.png
フェイ
わたしの記憶が歌になって甦って
世界がつながって…」
Face VR 01 00.png
フェイ
きっと歌が、あの子の声が、
わたしをこの世界に導いた。
なんかそういう感じがする!」
Face HM 04 00.png
サイ
相変わらず、サッパリ意味不明だな…」
Face BB 07 00.png
孔明
いえいえ、フェイさんのお話は
非常に興味深い」
Face BB 07 00.png
孔明
ひょっとしたら、
私たちがこの世界へとやってきた謎の
答えに繋がるかもしれませんよ?」
Face BB 15 00.png
孫尚香
どういうこと?」
Face BB 07 00.png
孔明
つまり、並列世界ですよ」
Face BB 07 00.png
孔明
フォールド波が時空を超えるなら、
フェイさんの歌もまた、時空を超えて…」
Face BB 07 00.png
孔明
並列世界における、
ふたつの運命を融合させたのでは
ないでしょうか…」
Face VR 01 00.png
フェイ
うん!
たぶん、そう!」
Face VR 01 00.png
フェイ
あの子は私で、
私はあの子なんだなって!
今はそう思うよ、本当に」
Face VR 01 00.png
フェイ
すっきりした!」
Face DN 04 00.png
エイーダ
歌が、運命を繋げた…」
Face BB 00 00.png
劉備
じゃあ、アルカトラズで俺たちが聞いた、
玉璽の声はどうなんだ?」
Face BB 00 00.png
劉備
もしあの声が、孔明の言うように
時空を超えた自分自身の声だとしたら…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
いや、そいつはやっぱりおかしいぜ」
Face TO 01 00.png
ジョウ
だったら何か?
並列世界の俺は飛影だったってか?
おかしいだろうよ」
Face TO 03 00.png
マイク
でも、今は融合っていうか、
合身してるじゃん」
Face TO 01 00.png
ジョウ
だから、そういう意味じゃねえっての。
てめえは黙ってろ!」
Face TO 03 00.png
マイク
あいた!
もう、ホントよく殴られるな、俺…」
Face TO 14 00.png
カレン
でも、なんとなくわかる気がする…」
Face TO 14 00.png
カレン
きっとあれは、選択されなかった
私自身の運命の声…」
Face TO 14 00.png
カレン
ここにいることを選んでいなければ、
私は…」
Face TO 04 00.png
ダミアン
カレン…」
Face DA 03 00.png
バーン
だが、なんとなくわかる気がする」
Face DA 03 00.png
バーン
おそらくあれは、選択されなかった
私自身の運命の声…」
Face DA 03 00.png
バーン
ここにいることを選んでいなければ、
私は…」
Face DA 00 00.png
ショウ
バーン…」
Face FA 03 00.png
翔子
でも、なんとなくわかる気がする…」
Face FA 03 00.png
翔子
きっとあれは、選択されなかった
私自身の運命の声…」
Face FA 03 00.png
翔子
ここにいることを選んでいなければ、
私は…」
Face FA 08 00.png
カノン
翔子…」
Face LB 00 00.png
浩一
並列世界、か…」
Face FA 00 03.png
一騎
あの時、総士は…
フェストゥムの声を聞いたと言っていた」
Face FA 00 03.png
一騎
そして総士は今、
フェストゥムの側にいる…」
Face SD 03 00.png
シン
つまり、総士もまた、
時空を超えた自分自身の声を…?」
Face OO 00 00.png
刹那
皆城乙姫は、すべての始まりは
ひとつだと言っていた」
Face OO 00 00.png
刹那
人間もフェストゥムも、
ELSもバジュラも、その命の根源は
同じだと…」
Face OO 00 00.png
刹那
だから、『対話』ができると…」
Face FA 02 00.png
真矢
なら、皆城君は
きっとまた帰ってくるよね」
Face FA 02 00.png
真矢
だって私たちは、フェストゥムと
共存の道を選んだんだから…」
Face FA 09 00.png
道生
当然だろ?
俺だって帰ってくることができたんだ」
Face FA 05 00.png
剣司
道生さん!」
Face DN 04 00.png
エイーダ
もう身体は大丈夫なんですか?」
Face MF 07 00.png
カナリア
一通り診察したが、
どこにも異常は見当たらなかった」
Face MF 07 00.png
カナリア
よほどきちんとした治療が
施されていたようだ」
Face FA 09 00.png
道生
みんな、心配かけて悪かったな」
Face FA 08 00.png
カノン
謝るなら、我々ではなく弓子にだろう」
Face FA 08 00.png
カノン
お前のことを、
どれほど悲しんでいたことか。
今の弓子は…」
Face FA 09 00.png
道生
わかってるよ。
お腹に、俺の子がいるんだろ?」
Face SK 06 00.png
ハリケーン
あんた、気づいてたのかい!?」
Face FA 09 00.png
道生
ま、まあな…」
Face FA 09 00.png
道生
生まれてくる子と弓子のためにも、
もう決してムチャはしない。
約束するよ」
Face FA 08 00.png
カノン
………」
Face LB 15 00.png
レイチェル
リクエスト通り、マークアインにも
改良型のジークフリード・システムを
搭載しておいたわ」
Face LB 15 00.png
レイチェル
これで、他のファフナーと同じように
クロッシングできるはずよ」
Face FA 09 00.png
道生
ありがてえ。
せっかく拾った命だ、
死なない程度に頑張るぜ!」
Face TO 04 00.png
ダミアン
けど、まさかあのイルボラが
道生さんを助けるとはな」
Face FA 00 03.png
一騎
ああ…いつか、きっとまた…」
Face TO 06 00.png
シャフ
イルボラ様も…
いつかまたエルシャンクに
戻ってきてくださるのでしょうか?」
Face TO 03 00.png
マイク
シャフ…」
Face TO 01 00.png
ジョウ
戻ってくるかどうかはわからねえが…
少なくともアイツは、ただの裏切り者じゃ
なかったと思うぜ?」
Face DN 01 00.png
くらら
確かに、彼の戦いぶりからは
強い想いを感じたけど…」
Face TO 02 00.png
レニー
ロミナ姫を守るために、
何か考えがあって、あえてザ・ブームに
行ったってこと?」
Face TO 01 00.png
ジョウ
さあな。
何にしろ、アイツとの決着だけは
ちゃんとつけるつもりだ」
Face TO 01 00.png
ジョウ
それが、アイツの
望んでることでもあるからな…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ジョウ…」
Face BB 05 00.png
張飛
うわああっ! な、なんだ!?」
Face SD 01 00.png
アスラン
格納庫で爆発でも起こったか!?」
Face MF 10 00.png
キャシー
み、皆さん…緊急事態です!
人類軍が、北極にいたフェストゥムに
対して…」
Face MF 10 00.png
キャシー
核兵器を使いました!」
Face FA 00 03.png
一騎
!? な、なんだと…!?」
Face TO 18 00.png
ハザード
おめでとうございます、
ヘスター事務総長!」
Face TO 18 00.png
ハザード
これで人類は救われましたな!」
Face FA 30 00.png
ヘスター
私たちの悲願を、
ついに果たすことができました」
Face FA 30 00.png
ヘスター
あなたのおかげです。
感謝しますよ、ハザード長官」
Face TO 18 00.png
ハザード
なあに、ワシはただ
ボタンを押しただけですわい」
Face TO 18 00.png
ハザード
わーっはっはっは!」
Face FA 30 00.png
ヘスター
では、私は一足先に
ニューヨークへと戻ります」
Face FA 30 00.png
ヘスター
ハザード長官、
あなたはすでに英雄ですよ」
Face TO 18 00.png
ハザード
フフフ、英雄か。
悪くない響きだわい」
Face TO 19 00.png
ドッグ
長官、拘束したアレックス大佐の処遇は
いかがいたしましょう?」
Face TO 18 00.png
ハザード
なあに、まだ使い道はある。
ワシに任せておけ」
Face TO 18 00.png
ハザード
それよりも、
例の男が来ているはずだろう?
ここに通せ」
Face TO 19 00.png
ドッグ
承知しました」
Face DA 05 00.png
???
お初にお目に掛かる、ハザード長官」
Face TO 18 00.png
ハザード
ウワサは聞いておるぞ」
Face TO 18 00.png
ハザード
オーラバトラーの開発者にして、
ホウジョウ軍の技術顧問…」
Face TO 18 00.png
ハザード
ショット・ウェポン」
Face DA 05 00.png
ショット
………」
Face DA 01 01.png
チャム
まだ変な気配をたくさん感じる…!」
Face DA 01 01.png
チャム
きっと他にも敵が隠れてるはずよ!
みんな、気をつけて!」
Face DA 03 01.png
バーン
ここが敵地の中心なれば、
眼前の敵が全てではないはず!」
Face DA 03 01.png
バーン
皆、気負いすぎるなよ!
初めから全力では後がもたんぞ!」
Face LI 17 00.png
キキ
さすがは敵の本拠地だね!
あれだけの大群とはさ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
でも、さっきから何か変な感じがする!
みんな注意するんだよー!」
Face LI 18 00.png
ヘベ
大群でお出迎えとあっちゃあ、
こっちも一気に行くっきゃないね!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
だが、焦りは禁物!
敵陣の中心…新手が来ないとも限らん。
皆の者、注意するのだ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
この戦いがひとつの決着となる以上、
わたくしたちは負けられないのです!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ここではどこに敵が
潜んでいるかわかりません!
敵の動きには気をつけてください!」
Face SD 01 01.png
アスラン
いいか!
コアと皆城総士を必ず救出するんだ!」
Face SD 01 01.png
アスラン
作戦の成否に人類の未来がかかっている!
みんな、気を引き締めていけ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
今回のミッションは
コアと総士君の救出よ!」
Face OO 07 01.png
スメラギ
そのためにも、
まずは付近の脅威を取り除きます。
各機、フェストゥムを迎え撃って!」
Face OO 13 01.png
グラハム
なかなか派手な出迎えだが、
今はそれを喜べるような状況でもない」
Face OO 13 01.png
グラハム
この戦い、油断も隙も容赦も不要!
各機、増援に警戒しつつ、
作戦を遂行せよ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
仲間の命と地球の未来…。
決戦なりの対価がそうある以上、
激しい戦いは避けられないでしょう」
Face DB 02 01.png
瑠璃
速やかにフェストゥムを撃退し、
皆城さん、そしてコアを確保します!
作戦を開始してください!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
付近のフェストゥムを撃退してから、
コアと皆城君を救出します!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
おそらく多くの敵が潜んでいるはず。
みなさん、気をつけてください!」
Face VR 01 00.png
フェイ
みんな気をつけて!
さっきから誰かに見られてる気がする!」
Face VR 01 00.png
フェイ
早く総士とコアを助け出して、
こんな戦い、早く終わりにしよう!」
Face LB 04 01.png
森次
コアと皆城総士、
双方を安全に確保するコトが最優先だ」
Face LB 04 01.png
森次
まずはこの一帯のフェストゥムを退ける」
Face MF 01 01.png
オズマ
コアと皆城総士の救出を優先するため、
目標付近のフェストゥムを退ける!」
Face MF 01 01.png
オズマ
だが、忘れるな。
今回は敵の殲滅が目的じゃない。
必要以上にやり過ぎるなよ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
各員へ告ぐ。
この戦い、我々にとっては決戦ではなく、
仲間と未来を得るための戦いである!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
皆城総士も含め、
全員必ず生きて帰るのだ!
持てる力の全てをぶちかませぇぇぇーっ!」
Face MF 14 00.png
シェリル
今はこうすることでしか、
仲間を助けられないというなら…
あたしはあたしができることをする!」
Face MF 14 00.png
シェリル
命の限り、歌うんだから!
みんな、あたしの歌を聞けぇーっ!」
Face MF 18 00.png
アイ君
ピィ! ピィ!」
Face MF 15 00.png
ランカ
気をつけてください!
アイ君が教えてくれました!
他にもフェストゥムが隠れてるって…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
みんなで必ず生きて帰りましょう!
この戦いは生きるための戦いなんですから!」
Face HM 07 00.png
ホリー
ひゅう、さすがは敵さんのアジト!
うじゃうじゃと出てくるじゃねえか!」
Face HM 04 00.png
サイ
でも、あれで全部なはずがないぜ!
まだ他にもたくさん隠れてるはずだ!」
Face HM 05 00.png
リナ
それでもみんななら、たぶん…
ううん、絶対大丈夫だって思ってるから!
がんばって!」
Face BB 07 00.png
孔明
個を全とする群だというのに、
何者かに統べられているような動き…
だとすれば…」
Face BB 07 00.png
孔明
皆さん!
まだ敵が潜んでいる可能性があります!
敵の動きに気をつけてください!」
Face BB 11 00.png
司馬懿
奴らの動きに戦術的な統率を感じる。
我々との接触で何かを得たか…」
Face BB 11 00.png
司馬懿
全軍に通達!
伏兵が潜んでいる可能性がある!
周囲への警戒を怠るな!」
Face BB 19 00.png
陸遜
ここは敵の本拠地です。
どこに何が潜んでいるともわかりません!」
Face BB 19 00.png
陸遜
敵の動きがはっきりするまで、
弾薬の数やケガにはご注意ください!
最初から飛ばしすぎてはダメですよ!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
ここが敵の本拠地であることを忘れるな!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
目の前の状況だけに捕らわれず、
常に周囲には気を配るんだ!
わかったな、野郎共!」
Face OG 02 00.png
サヤ
皆さん!
敵の増援に警戒しつつ、
コアと総士君の救出を…!」
Face OG 00 01.png
アーニー
ひとりたりとも欠けずに
帰還することを忘れないでください!」
Face OG 00 01.png
アーニー
この戦いは、
みんなで生きるための戦いだ!」
Face FA 00 01.png
一騎
戦うことが怖かった…
傷つけることが怖かった…」
Face FA 00 01.png
一騎
でも、戦うことで
守れるものがあると知った!
みんなのおかげで知ることができた!」
Face FA 00 01.png
一騎
その想いを知ったからこそ、
俺は今…ここにいるっ!」
Face FA 02 01.png
真矢
霧の中でずっと、
あたしはひとりだって思ってた…」
Face FA 02 01.png
真矢
でも本当は見えてないだけで、
周りにはみんながいてくれたんだ!
そして、あたしもそこに!」
Face FA 03 01.png
翔子
何かを奪うために戦うんじゃない、
何かを失いたくないから戦うんだ…!」
Face FA 03 01.png
翔子
だから私は戦う。
一騎君と…みんなと一緒に
未来を見るために!」
Face FA 05 01.png
剣司
もう怖えだの何だの言ってられねえ…
ちゃんと向かい合うって決めたんだ!
戦うことと、弱かった自分と!」
Face FA 05 01.png
剣司
母ちゃん、衛、見ててくれ!
俺は自分の弱さを乗り越えてみせる!」
Face FA 08 01.png
カノン
あの日から私は求めることを失った。
自分が自分であることも、
何も求めていなかった」
Face FA 08 01.png
カノン
だけど今は、いたいと思える場所がある!
その場所を守るために、私は…!」
Face FA 09 01.png
道生
生きて帰るんだ…。
どんなに見苦しくたってよ…」
Face FA 09 01.png
道生
俺には守らなきゃいけない、
夢があるんだからなぁ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
矜持も命すらも、
全てはこの信念を貫くための糧…
それ以外はもはや不要!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
イルボラ…
お前の覚悟がどれだけだろうと、
こっちも退くわけにはいかねえんだよッ!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
我が魂の全てを賭けてでも、
この先に進ませはせん!
退いてもらうぞ、ロミナ姫ッ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
わたくしにも命を懸け、
進まねばならない道があるのです!
退くのはあなたです、イルボラッ!」
Face TO 14 01.png
カレン
私は全てを捨てて選んだ、
ダミアンたちと共に生きることを!」
Face TO 14 01.png
カレン
たとえ仲間だった相手だとしても
私はもう躊躇わない!」
Face TO 10 01.png
イルボラ
貴様が自身で選んだように
私にも私の道があるのだ!
それを進む邪魔は誰にもさせん!」
Face DA 00 01.png
ショウ
理解できないから倒すわけじゃない…」
Face DA 00 01.png
ショウ
だが全てを拒絶し、壊すというなら
俺が相手になる!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちを否定する。
私はお前を受け入れない」
Face TO 01 01.png
ジョウ
考えや信念がぶつかり合うのが
ケンカってヤツだけどな…
お前のやってることは別モンだ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
いい加減ケリつけるぜ、
フェストゥム!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
私はお前たちの憎しみを理解した。
我々はお前たちの存在を否定する」
Face FA 00 01.png
一騎
憎しみも痛みも、全て受け入れなきゃ
自分の存在だって認められない」
Face FA 00 01.png
一騎
だから俺は否定しない!
俺もお前もここにいるんだ!
フェストゥムッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前を受け入れない。
お前も我々と同じひとつだ」
Face FA 02 01.png
真矢
フェストゥムと自分と
何が違うかって思ってた」
Face FA 02 01.png
真矢
だけど、気付いたから。
みんながそばにいてくれたことに!
あなたにもこの気持ちを教えてあげる!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
お前はそこにいるのか。
お前の居場所はここにはない」
Face FA 03 01.png
翔子
運命っていうのがどんなものでも、
今ここにいさせてくれることに感謝したい」
Face FA 03 01.png
翔子
一騎君や、みんなと戦っている場所に
私も一緒にいられることに!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
私はお前のその感情を理解しない。
我々はそれを受け入れない」
Face FA 05 01.png
剣司
そうだ…
この怖いって感覚は俺のもんだ」
Face FA 05 01.png
剣司
これを乗り越えるのも、受け入れるのも
全部俺だけのもんなんだ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちによって憎しみを理解した。
私はその憎しみによってお前を滅ぼす」
Face FA 08 01.png
カノン
消えてもいいと思っていた。
だが今は、皆と共にここにいたいと
強く想う!」
Face FA 08 01.png
カノン
憎しみによる滅びは何も生み出さない。
それを知れ、フェストゥム!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちから得た憎しみで、
お前たちを滅ぼす」
Face FA 09 01.png
道生
憎しみねえ…。
俺たちから覚えた感情なんだろうが…」
Face FA 09 01.png
道生
それが人間の全てだと思うなよ、
フェストゥム…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちの感情を理解しない」
Face SD 03 01.png
シン
何もかもを否定するだけじゃ、
戦っても何も生み出さない!」
Face SD 03 01.png
シン
ぶつかり、傷つくことも
明日につながるって信じるから、
俺たちは戦えるんだ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちの憎しみを理解した。
私はその憎しみでお前たちを滅ぼす」
Face OO 00 01.png
刹那
なぜわかり合おうしない!
相手を理解し、次に求めるものは
滅びなどではないはずだ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちから憎しみを学んだ」
Face DB 00 04.png
九郎
俺たちの中に
それがあるのは否定しねえよ」
Face DB 00 04.png
九郎
だが、もう俺は憎しみに染まらねえ!
あいつの戦ってきた意味を
汚すわけにはいかねえからなぁ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
個体がひとつの群れを成す。
我々はお前たちの行為を理解しない」
Face DN 02 01.png
朔哉
同感だぜ。
なんでこんなやつらと
一緒にやってんだろうな?」
Face DN 03 01.png
ジョニー
ですが、それが僕たちが
僕たちらしくある姿ですので」
Face DN 01 01.png
くらら
簡単に理解されても困るけど、
受け入れてもらえないのは残念ね」
Face DN 00 01.png
安っぽい言葉で説明なんてする気はないわ。
わかりやすく行動で示してあげる!」
Face VR 01 00.png
フェイ
教えて…あなたの今、感じてることを。
あなた自身の言葉で」
Face VR 01 00.png
フェイ
わたし、受けとめるから!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちの感情を理解しない
私はお前たちの存在を否定する」
Face LB 00 01.png
浩一
でもそれを受け止める勇気がなきゃ、
いつまでも変われないままだ!
そいつをお前に教えてやる!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
お前たちは憎しみ以外のものを持っている。
我々はお前からそれを獲得する」
Face MF 00 01.png
アルト
自然に心から湧き上がる想いは
当人だって演じきれやしない!」
Face MF 00 01.png
アルト
自分自身を持っていないお前たちが、
ただ奪えるようなものじゃないんだよ!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムウゥン…!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
お前たちのひとつは何も持っていない。
お前はここにはいない」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
そんなことない!
ヒーローマンはちゃんと持ってる!
誰かを守ろうとする心を…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
それをお前なんかに否定させない!
僕がさせるもんかっ!」
Face BB 00 01.png
劉備
一方的な考えで
相手を理解しようとしない…。
それは他者の想いを踏みにじることだ!」
Face BB 00 01.png
劉備
真に他人を…仲間を想う正義の輝き!
お前に見せてやる!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々はお前たちを…」
Face SK 00 01.png
海動
御託並べてねえで、とっとと来な!
祝福ってやつをくれてやるからよぉ!」
Face SK 01 01.png
真上
ただし、貴様に与えられるのは…地獄だッ!」
Face FA 35 00.png
イドゥン
我々は憎しみを知った。
私はそれにより、お前たちの存在を否定する」
Face OG 00 01.png
アーニー
憎しみを知るだけでは、
本質に触れることはできない」
Face OG 02 00.png
サヤ
あなたたちが、
もし本当に私たちを理解したいのなら、
知らなければならないことがある…!」
Face OG 00 01.png
アーニー
痛みを受け入れ、喜びを知ることが
生きることの祝福だ!」
Face OG 00 01.png
アーニー
悲しみを受け入れてもらうぞ、
フェストゥム!」
avatar