Face OG 20 00.png
アーニー
お久しぶりです、ヒューズさん」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
久しぶりだな、<name6>!
みんな随分とたくましくなったものだ」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
これなら、我々が用意したプレゼントも
使いこなしてくれそうだ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
プレゼント…?」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
ああ、ヒーローマンの強化アーマーさ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
強化アーマー!?
そんなのがあるんですか!」
Face HM 04 00.png
サイ
やったじゃねえか、ジョーイ!」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
詳しい話は後でするとして、
まずは今回の依頼者の話を聞いてくれ」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ん、依頼者はアンタじゃないのかい?」
Face TO 08 00.png
ローニン
今回は連邦軍参謀本部からの依頼だよ、
ジョウ」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ローニン!? ローニンじゃねえか!」
Face TO 08 00.png
ローニン
ハハ、こうやって直接会うのは
久しぶりだな!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
この野郎、元気そうじゃねえか!
会いたかったぜ!」
Face MF 00 00.png
アルト
知り合いなのか、ジョウ?」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ああ、ローニンとは
火星にいた頃の幼なじみでよ」
Face TO 02 00.png
レニー
あたしたちとも、
よく一緒に遊んだわよね」
Face TO 01 00.png
ジョウ
とにかく昔から、コイツには
世話になりっぱなしなんだ」
Face TO 08 00.png
ローニン
何を言っている。
今やお前たちは救星の英雄だろう?
感謝するのは俺たちの方さ」
Face TO 08 00.png
ローニン
もちろん<name5>少尉、
君にもな」
Face OG 20 01.png
アーニー
ローニン少佐、自分は…」
Face TO 08 00.png
ローニン
何も言うな。
グラハム少佐から話は聞いている。
君は君なりの信念を貫いているとね」
Face TO 08 00.png
ローニン
既に上官と部下ではない間柄だが、
君の武運を祈っているよ」
Face OG 20 00.png
アーニー
少佐、ありがとうございます…!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
で、ローニン。
連邦からの依頼ってのは、
やっぱりブラックロッジの退治なのか?」
Face TO 08 00.png
ローニン
ああ、お前たちには、
奴らの移動要塞ともいえる
邪神クトゥルーを撃退してもらいたい」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
奴らはその力で、領内の人間から
生気を吸い取っているんだ」
Face OG 02 00.png
サヤ
人の生気を…?
何のためにです?」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
わからない。
しかし、すでにかなりの被害が
出ていることだけは確かだ」
Face TO 08 00.png
ローニン
本来はユニオン軍なり、
連邦軍なりが立ち向かうべき事案だが、
今は動けない事情があってね」
Face LI 00 00.png
エイサップ
何かあったんですか?」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
実は今、このカリフォルニアでは、
軍の研究施設だけを狙った謎の襲撃事件が
多発しているんだ」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
犯人の目的も正体も、その一切が不明で…」
Face DB 10 00.png
エルザ
な、何が起こったロボ!?」
Face OO 22 00.png
連邦軍兵士
大変です、ローニン少佐!
基地内の研究施設が襲撃を受けています!」
Face TO 08 00.png
ローニン
クッ、今度はここというわけか!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
ここは俺たちに任せろ、ローニン!」
Face TO 08 00.png
ローニン
しかし、お前たちへの依頼は…」
Face TO 02 00.png
レニー
水臭いこと言いっこなしでしょ!」
Face TO 04 00.png
ダミアン
ジョウの親友なら、
俺たちにとっても親友ってことだ!
放っとけるかよ!」
Face TO 14 00.png
カレン
行きましょう、皆さん!」
Face OG 20 01.png
アーニー
みんな、行こう!」
Face TO 08 00.png
ローニン
ありがとう、みんな…!」
Face HM 20 00.png
???
チッ、この研究所にもなかったか」
Face HM 20 00.png
???
一体どこに保管されている?
回収された『G』の細胞は…」
Face MF 00 00.png
アルト
そこまでだっ!」
Face HM 20 00.png
???
…!」
Face TO 01 00.png
ジョウ
誰だか知らねえが、
たったひとりで襲撃してくるとは
いい度胸してるじゃねえか!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
無駄な抵抗はしないでください。
もし暴れるなら…」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥン!」
Face HM 20 00.png
???
………」
Face HM 20 00.png
???
相変わらずのヒーローごっこか、
ジョーイ」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
!? そ、その声は…!」
Face HM 04 00.png
サイ
お前、もしかしてウィルか…!?」
Face HM 20 00.png
ウィル
フ…久しぶりだな、ジョーイ、サイ!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ウィル、どうして…!」
Face LI 03 00.png
エレボス
ウィルって、リナのお兄さんでしょ?
どうしてこんなところにいるのさ!」
Face LI 00 00.png
エイサップ
まだスクラッグに操られたままなのか!?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
いいえ、ウィルは元に戻ったはずです!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
ウィル、今までどこにいたの!?
みんな心配してたんだよ!?
リナだって!」
Face HM 20 00.png
ウィル
この異形の身体の俺をか?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
でも、それはスクラッグの改造で…!」
Face HM 20 00.png
ウィル
俺はもう人間じゃない!」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
!?」
Face HM 20 00.png
ウィル
真実は時に残酷だ。
それを受け入れた先に何が待っているのか、
わかった後でも戦いは強いられる」
Face DB 00 04.png
九郎
お前…」
Face HM 20 00.png
ウィル
お前たちを光に例えるならば、俺は闇。
闇にうごめく、人ならざる者…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
その闇の住人が研究所を襲って、
何をするつもりです!?」
Face HM 20 00.png
ウィル
目に見えることが全てではない。
既に事は水面下で動き出しているんだ」
Face HM 20 00.png
ウィル
いいか、今後も俺の邪魔をするなら
誰であろうと容赦はしない。
よく覚えておけ!」
Face DA 00 00.png
ショウ
クッ、逃がしたか…」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ウィル…君は、
いったい何をしようとしているの?)
Face HM 10 01.png
ヒューズ
おいみんな、大変だ!」
Face DN 02 00.png
朔哉
今度は何があったんだ!?」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
アーカムシティが…
ブラックロッジの襲撃を受けた!」
Face DB 02 00.png
瑠璃
なんですって!?」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
どうだね、ドクター。
例のモノの調子は?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
クトゥルーが吸い上げた
生命力のおかげで実に順調だ」
Face HM 12 01.png
ミナミ
目覚めるのも、
もはや時間の問題だな」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
素晴らしい、素晴らしいな。
『G』の強靱な肉体を以てすれば、
Cの巫女の代替品となり得るだろうさ」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
Cの巫女たる『暴君』が不在の今、
君の研究なくしてクトゥルーの
完全制御はなり得ない」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
くれぐれも頼んだよ、ドクター」
Face HM 12 00.png
ミナミ
フフフ、私の『G』は
決して代用品などではない」
Face HM 12 00.png
ミナミ
GはCすら凌駕する存在となる…。
まあ、任せておきたまえ」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
けど、その『G』の細胞は
人類軍からもらったワケでしょ?」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
いいの?
助けてもらった人類軍への恩も忘れて、
平気でアタシたちについちゃってさ」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フン、貴様らも言っているではないか。
『汝の欲するところを行え』とな」
Face HM 12 01.png
ミナミ
<name6>やドクター・ウェストに
復讐するためなら、何でもやってやる!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
おいコラ、デコッパチ野郎!
ヤツらはボクの獲物だ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
ヤツらは…カリグラを殺したんだ!
絶対にボクの手で殺してやるッ!」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
誰が奴らを討つにせよ、
その機会はすぐに訪れるだろう」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
ティトゥスはすでに先行した。
諸君らもすぐに出撃するがいい」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フフフ、首を洗って待っていろ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
<name3>ッ!」
Face DB 02 00.png
瑠璃
ウィンフィールド、街の状況は
どうなっていますか!?」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
クトゥルーはすでに撤退しましたが、
かなりの被害が出ています」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
襲われた人々はやはり、
生気を奪われているようですね」
Face SK 01 00.png
真上
フラリと現れては、人間の生気を
吸い取ってまわっているということか」
Face DN 01 00.png
くらら
クトゥルーが活動を開始した時期は、
ウィルの連続襲撃事件が始まった時期と
重なるようだけど…」
Face DN 01 00.png
くらら
何か関係があるのかしら?」
Face HM 04 00.png
サイ
それは、どうだろうな…」
Face HM 04 00.png
サイ
ウィルはムカつく野郎だが、
あいつは人を傷つけて平気で
いられるような奴じゃない」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
うん、そうだよね。
できれば僕も、ウィルを信じたいよ…」
Face HM 10 01.png
ヒューズ
彼については
NIAの方でも調べているところだ。
何か判明すれば、君たちにも知らせるよ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
よろしくお願いします」
Face TO 02 00.png
レニー
…ねえ、リナにはこのコトを伝えるの?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
それは…」
Face HM 07 00.png
ホリー
あー、サッパリした!
やっぱ金持ちの風呂は広くって最高だな!」
Face HM 05 00.png
リナ
フフ、そうですね」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
………」
Face HM 05 00.png
リナ
あら、どうしたの?
みんな深刻な顔をして」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
い、いや…何でもないよ!」
Face HM 05 00.png
リナ
急に慌てちゃって、変なジョーイ」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ゴメンよ、リナ…)
Face TO 03 00.png
マイク
な、なんだ!?」
Face DB 04 00.png
マコト
緊急事態です!
アーカムシティに、ブラックロッジの
機動兵器が多数接近中!」
Face VR 01 00.png
フェイ
またクトゥルーが来たの!?」
Face SK 00 00.png
海動
フン、俺たちがいるところに
ノコノコやって来やがって!
返り討ちにしてやるぜ!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
待ってください!
基地内に侵入者あり!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
しかも、たったひとり…!?」
Face LI 00 00.png
エイサップ
ひとりだと!?
まさか、あのウィルが…!?」
Face DB 05 00.png
チアキ
いや、この反応は…!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
!? いけない!
皆さん、お下がりください!」
Face DB 21 00.png
???
フフフ、我が一撃をかわすとは、
流石だな…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
あなたは…!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
戦士ウィンフィールド、
お主との決着をつけに推して参った」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
ブラックロッジのひとり…ティトゥス!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
皆さん、ここは私に任せて、
外の機動兵器の迎撃を!」
Face DB 00 04.png
九郎
任せていいんだな…?」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
相手は私を指名しています。
ならば応えるのが礼儀というものでしょう」
Face DA 03 00.png
バーン
フ、貴公には愚問だったな」
Face DB 00 04.png
九郎
わかった。
頼むぜ、執事さん!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
感謝するぞ、戦士ウィンフィールド。
それでは…いざ!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
参ります!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
オラオラ!
早く逃げないと切り刻んじまうぜ!
ヒャハハハ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ぬっははははは!
改良したMR-1の調子も絶好調だ!
このまま街を破壊し尽くしてくれる!」
Face DB 00 04.png
九郎
そこまでだ、外道ども!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
これ以上、あなたたちの
好きにはさせませんよ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
待っていたぞ、ゴースト!
…って、んん?」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
なんか前とは姿が違う気がしますけど」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
ヒューズさんがくれた
強化アーマーの力で、必ずあなたを
止めてみせますよ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フン、そんな無骨な強化装甲で
改良型MR-1を止められると思うな!」
Face HM 06 00.png
デントン
どうかな?
あの強化アーマーはNIAだけじゃなく、
私たちの知恵も結集したシロモノだ!」
Face HM 06 00.png
デントン
君の無骨なロボットに
壊せると思わないことだね!」
Face DB 19 00.png
クラウディウス
ゴチャゴチャうるせえ!
テメエらは皆殺しにしてやるぜぇ!」
Face DB 00 04.png
九郎
イキがるなよ、ガキが!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
機動部隊の皆さんは出撃を!」
Face DA 02 01.png
マーベル
クトゥルーの姿は見えない…。
どうやら、私たちを狙った襲撃部隊
というわけね」
Face DB 08 01.png
ウェスト
HAHAHA!
貴様の科学力はその程度であるか!
凡人デコよ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
黙れ変態!
今日という今日は、貴様を
偉大なる私の前にひれ伏させてやるわ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
見よッ!
私の新たなる研究成果を!」
Face MF 06 01.png
ララミア
なんだ、あいつらは!?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フハハハ!
これこそスクラッグの遺した
究極の生物兵器、『キメラ兵士』!」
Face HM 04 00.png
サイ
スクラッグだと!?」
Face HM 27 00.png
キメラ
ウ、ウググ…苦シイ…!」
Face HM 27 00.png
キメラ
ダ、ダレカ…タスケテ!」
Face SK 01 03.png
真上
!? まさか、こいつらは…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フフフ、そうだぁ!
こやつらはスクラッグに捕獲され、
改造された地球人たち!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
本来ならば廃棄されるところを
私が拾い、制御することに成功したのだ!」
Face HM 27 00.png
キメラ
イ、イヤダ…イヤダ、痛イヨウ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
んん?
まだ自我が残っておるようだな。
ならば…!」
Face HM 27 00.png
キメラ
ギャアアアアアアア!」
Face HM 27 00.png
キメラ
………」
Face HM 27 00.png
キメラ
コロス…コロス!」
Face OG 02 00.png
サヤ
な、なんて酷いことを…!」
Face MF 03 01.png
ルカ
あなた、それでも科学者ですか!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
なんとでもほざけ!
貴様らに復讐するためなら、
鬼にでも悪魔にでもなってやるわ!」
Face SK 00 03.png
海動
この、ド外道がァァッ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
ミナミ…てめえは人間じゃねえッ!
叩ァ斬ってやるッ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
うわーっはっはっはっは!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
む…!? な、何者だ!」
Face HM 20 00.png
ウィル
………」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
ウィル!?
どうして君がここに…!)
Face HM 20 00.png
ウィル
スクラッグにより、
人ならざる者へと姿を変えられた
哀れな人間たち…」
Face HM 20 00.png
ウィル
せめて、俺の手で…!」
Face HM 05 00.png
リナ
!? あの声…まさか!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
何者かは知らぬが、邪魔をするなら
貴様も一緒に始末してくれるわ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
少尉、彼は…!」
Face OG 20 01.png
アーニー
ああ、わかってる」
Face OG 20 01.png
アーニー
みんな、あの黒ずくめの男には構うな!
その他の敵を撃退するんだ!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
ウィル、君がやろうとしていることは…!)
Face HM 20 00.png
ウィル
クッ…まだだ!
まだ倒れるわけにはいかないッ!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
ウィル、そこまでして君は…!)
Face HM 12 01.png
ミナミ
ぐわあああっ!」
Face HM 15 00.png
スタリオン
は、博士…もう限界ですよぉ!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
………」
Face HM 20 00.png
ウィル
もらったっ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フン、かかったな!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
!? アイツに近づいちゃダメだ!」
Face HM 20 00.png
ウィル
ぐあぁぁぁっ!
か、身体が…動かん…!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あれは、俺たちと戦った時の…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ワッハッハッハ!
まんまとEMPの射程に入りおったな!」
Face HM 20 00.png
ウィル
お、おのれ…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
クク、感謝するのだな。
苦しまぬよう、ひと思いに潰してやろう!」
Face HM 20 00.png
ウィル
こ、ここで朽ちるわけにはいかない…
たとえ…」
Face HM 20 00.png
ウィル
ヒーローになれずとも、俺はあいつを…!」
Face HM 05 00.png
リナ
…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
死ねぇぇぇぇーっ…!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
いけないっ!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
く…ぅぅ…」
Face SK 02 01.png
由木
ジョーイ!?」
Face HM 20 00.png
ウィル
よ、余計なことを!
言ったはずだ、俺はお前たちとは…」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
闇とか、光とか関係ない!」
Face HM 20 00.png
ウィル
なに…!?」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
今はこの人を止めることが先だ!
みんなを…」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
リナを守るために!」
Face HM 20 00.png
ウィル
!? お、お前…!」
Face HM 05 00.png
リナ
ジョーイ…!」
Face HM 20 00.png
ウィル
………」
Face HM 20 00.png
ウィル
俺は俺で好きにやる。
ついてこれるなら…ついてきてみろ!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
やれるよ、僕とヒーローマンなら!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
ごちゃごちゃと何を言っている!?
まとめて潰してくれるわ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
ふたりとも、来るぞっ!」
Face HM 20 00.png
ウィル
うおぉぉぉぉーっ…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
うひゃあああぁぁぁーっ!」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
ドクターミナミ、
機体損傷率が90%を越えました。
戦闘の続行は不可能と判断します」
Face HM 12 00.png
ミナミ
お、おのれぇぇぇっ!
こんなところで終わってなるものか!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
アレの復活さえ果たせば、
さらなる力が手に入るのだからな!」
Face HM 20 00.png
ウィル
アレの復活…!?」
Face HM 20 00.png
ウィル
もしや、奴が『G』の細胞を…!」
Face HM 03 02.png
ジョーイ
『G』の…細胞?」
Face HM 05 00.png
リナ
………」
Face HM 05 00.png
リナ
やっぱり間違いない。
あの人は…)
Face HM 05 00.png
リナ
どうして、お兄ちゃん…?)
Face MF 01 01.png
オズマ
彼のことは放っておけ!
まずは残った敵を叩くぞ!」
Face MF 00 01.png
アルト
了解…!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
このぉぉぉ!
糞ネズミどもがぁぁぁぁー!」
Face DN 02 01.png
朔哉
ぐうっ、あの野郎…!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
その程度で死ねると思うなよ!
テメエらはひとり残らず解体してやる!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
カリグラと同じように
跡形もなくなるまでなぁぁぁ!」
Face DB 23 00.png
???
君の遊ぶ時間はもう終わりだよ」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
!?」
Face DB 23 00.png
???
………」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
テ、テメエは…!」
Face DB 23 00.png
???
術種選択:魔法弾」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
あ…ああ…カリ…グ…ラ…」
Face MF 03 01.png
ルカ
デ、デウス・マキナを一撃で…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ナナジンが震えている…!
奴に怯えているのか!?」
Face TO 04 01.png
ダミアン
なんなんだよ、あいつは…」
Face DB 10 01.png
エルザ
『暴君』ネロ、ロボ…」
Face LI 01 00.png
リュクス
ネロ?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
アンチクロスでありながら、
ブラックロッジを裏切った魔術師…」
Face DB 08 00.png
ウェスト
奴の力は、
あのマスターテリオンにすら
匹敵すると言われてるのである!」
Face DB 00 04.png
九郎
そいつが、どうしてここに…?」
Face DB 23 00.png
ネロ
………」
Face SK 06 00.png
ハリケーン
!? 退いた、のか?」
Face SK 03 00.png
スカーレット
考えるのは後だ!
今は残っている敵を片付けることに
専念しろ!」
Face SK 02 01.png
由木
りょ、了解…!」
Face MF 04 01.png
クラン
これで全部始末し終わったようだな」
Face DB 00 04.png
九郎
執事さんたちの方は…!?」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
奥義・フォルテッシモッ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
御首級(みしるし)、頂戴!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
がはっ…!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
ウィンフィールド…!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
全てを捨てぬことができぬお主と、
全てを捨てた拙者…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
結局はその差が、
明暗をわけただけの…こと…よ…」
Face DB 07 00.png
ライカ
あ、相打ち…!?」
Face DB 02 01.png
瑠璃
救護班を!
すぐにウィンフィールドを…!」
Face DB 17 00.png
???
フフ、そんな暇はないわよん!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
…!?」
Face DB 02 01.png
瑠璃
きゃあぁぁぁぁぁーっ!」
Face DB 07 00.png
ライカ
る、瑠璃さん…!」
Face MF 13 00.png
ラム
覇道司令との通信が途絶しました!
応答ありません!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
なんだと!?」
Face DB 00 04.png
九郎
みんな、急いで基地に戻るぞ!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
フッフッフッフ…
その必要はないわ」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
これを見てごらんなさ~い」
Face DB 02 01.png
瑠璃
ぅぅ…大十字…さん…」
Face DB 00 04.png
九郎
姫さん…!?
捕まっちまったのか!?」
Face DN 02 01.png
朔哉
ティベリウス、テメエ…!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
ウフフ、あたしに手を出したら
どうなるか、わかってるわよねぇ?」
Face OG 20 01.png
アーニー
クッ…卑怯なマネを!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
おーほっほっほ!
それは褒め言葉かしらあ!」
Face DB 00 04.png
九郎
ぐわぁぁぁぁ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
大十字さん、皆さん…!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
おっほっほ!
さあ、もっともっと良い声で泣きなさい!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
絶望に、失意に、無力さに溺れ、
諦めてしまってねぇぇぇ!」
Face MF 00 01.png
アルト
ぐぅ…だ、誰が諦めるかよ…」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
あらあら~?
正義の味方の癖に往生際が悪いわよん!」
Face DN 00 01.png
どんなにみっともなくたって…
生きるチャンスを手放すつもりはないわ…」
Face LI 00 01.png
エイサップ
こ、この世界を守るために散った想い…。
それを背負っている限りは…!」
Face DB 00 04.png
九郎
動け、デモンベイン!」
Face DB 00 04.png
九郎
お前が動けないってんなら…
お前の躰に血が流れてないってんなら、
俺の血をいくらだってくれてやる」
Face DB 00 04.png
九郎
だから、お前は俺に剣をくれ!
何者にも砕けない鋼鉄をくれぇぇぇ…!」
Face DB 01 00.png
アル
聞こえる…この声は…」
Face DB 27 00.png
イタクァ
お前を満たした者は戦っている。
力を、お前を失い、失意の底に堕ちても
必死に耐えながら」
Face DB 01 00.png
アル
妾たちふたりが揃えば、
何ら恐るるに足らんというのに…」
Face DB 01 00.png
アル
! なぜ、忘れていた…」
Face DB 01 02.png
???
誓ったのであろう?
苦痛も悲しみも後悔も、
ふたりで分かち合おうと」
Face DB 01 00.png
アル
………」
Face DB 01 00.png
アル
ああ、思い出した。
何もかも…」
Face DB 01 02.png
???
ならば、再び執れ!
己の心に宿る無垢なる剣を!」
Face DB 01 02.png
???
時空を超え、
彼奴との誓いを再び果たすのだ…!」
Face DB 01 00.png
アル
妾が共に戦うべき者の名…
それは…!」
Face DB 01 00.png
???
………」
Face DB 01 00.png
???
届いたぞ…汝らの意志が…」
Face DB 00 04.png
九郎
!? お、お前は…!」
Face DB 00 04.png
九郎
これは…奇跡か!?」
Face DB 01 00.png
???
否、それは違う。
以前に汝が言ったではないか」
Face DB 00 04.png
九郎
俺が…?」
Face DB 01 00.png
???
汝は戦った。
マギウスの力を失い、
デモンベインの力を失っても」
Face DB 01 00.png
???
それでも諦めずに汝は戦い続けた。
だから、妾が間に合った」
Face DB 01 00.png
アル
この世界最強の魔導書、
アル・アジフが…!」
Face DB 00 04.png
九郎
アル…!」
Face DB 01 00.png
アル
そうだ、これは奇跡などではない。
確実に汝らがもたらした当然の結果だ!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
アルちゃんが…」
Face MF 10 00.png
キャシー
蘇った…!?」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
どうやって蘇ったか知らないけど、
紛い物の鬼械神に何ができると
思ってるのよ!?」
Face DB 01 00.png
アル
忘れたか、罪人!
ならば思い出させてやろう!」
Face DB 00 04.png
九郎
憎悪の空より来たりて!」
Face DB 01 00.png
アル
正しき怒りを胸に!」
Face DB 00 02.png
九郎
我らは魔を断つ剣を執る!」
Face DB 00 02.png
九郎
汝、無垢なる刃、デモンベイン…!」
Face TO 02 01.png
レニー
デモンベインに翼が…!?」
Face DB 01 02.png
アル
かつての我が鬼械神、アイオーンの
飛行ユニット『シャンタク』だ!」
Face DB 01 02.png
アル
完全に力を取り戻した今、
ようやく招喚できるようになった!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
ど、どうなってるの…?
この力、まるで本物の鬼械神…」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
でも、こっちには人質が…!」
Face DB 10 01.png
エルザ
ロボォ…!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
きゃっ…!」
Face DB 10 01.png
エルザ
ダーリン、覇道瑠璃は助け出したロボ!」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
なっ!?
あのロボ娘、いつの間に!」
Face DN 03 01.png
ジョニー
油断大敵ですよ。
脳が発酵しすぎて判断力が
鈍っているのでは?」
Face DB 17 00.png
ティベリウス
クッ…こうなったら実力で勝負よ!
怨霊ちゃん、いらっしゃ~い!」
Face MF 00 01.png
アルト
!? こいつら、倒したはずじゃ!」
Face DA 01 01.png
チャム
気をつけて、あいつの魔導書の力よ!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
大十字さん、もはや遠慮はいりません!
あの者に見せてあげてくださいまし!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
魔を断つ剣は
未だ折れていないことを…!」
Face DB 00 02.png
九郎
応ともよ!」
Face DB 01 02.png
アル
全ての断片の力を取り戻した、
妾とデモンベインの力を見せてくれよう!」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
ぐ…う…アタシは不死身…。
アンタなんかに…」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
このあたしを殺せるものかぁぁぁ!」
Face LI 17 00.png
キキ
あのゾンビ人間!
あれだけやっても死なないのかい!」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
『妖蛆の秘密』を操る…アタシは不死身…。
どうやっても…殺せないのよぉぉぉ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
クッ…奴の怨念、どうすれば断ち切れる!?」
Face SK 00 01.png
海動
ウダウダ悩むんじゃねえよ!
死なねえなら死ぬまでやりゃいいんだよ!」
Face SK 01 01.png
真上
文字通り骨の髄まで染みこませてやる。
地獄の恐怖をな!」
Face DB 00 02.png
九郎
ヘッ、言ってくれるじゃねえか!」
Face DB 00 02.png
九郎
やるぞ、アル!
俺たちも…」
Face DB 00 02.png
九郎
!?」
Face MF 02 01.png
ミシェル
どうした、九郎!?」
Face DB 00 02.png
九郎
デモンベインの出力が…!」
Face DB 01 02.png
アル
上昇し続けておる…!」
Face OG 02 00.png
サヤ
! 少尉、オデュサイトが反応を…!」
Face OG 20 01.png
アーニー
何が起こっている…!?」
Face DB 01 02.png
アル
あ、頭の中に…何かが流れ込んでくる。
これは…」
Face DB 00 02.png
九郎
………」
Face DB 00 02.png
九郎
輝く…トラペゾヘドロン…」
Face DB 00 02.png
九郎
!? ぐわぁぁぁぁぁ!
力が…制御しきれねえ…」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
な、何よ…その力は…
来るな…」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
アタシに近寄るなぁぁぁぁーっ!」
Face DB 01 02.png
アル
うわぁぁぁぁぁーっ…!」
Face DB 17 03.png
ティベリウス
ぎゃあぁぁぁぁぁ!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
敵デウス・マキナを含む敵性反応…
全て消滅…」
Face MF 11 00.png
モニカ
今のは消滅っていうよりは…」
Face LI 01 00.png
リュクス
どこかの異空間に飛ばされた?」
Face DB 00 02.png
九郎
アル、今の力は一体…?」
Face DB 01 02.png
アル
わからぬ…。
このような力、妾にも…
デモンベインにも存在しないはず」
Face SK 09 00.png
ミスティ
敵の追撃もないようですし、
まずは帰還しましょう」
Face SK 08 00.png
フラッシュ
互いに話したいこともあるだろ?」
Face DB 00 02.png
九郎
そうだな…とりあえずは…」
Face DB 00 02.png
九郎
おかえり、アル…」
Face DB 01 02.png
アル
待たせたな、我が主…大十字九郎よ」
Face DB 24 00.png
ナイア
やはりだ、九郎君!
やはり今回の君がそうだったんだ!」
Face DB 24 00.png
ナイア
大導師殿!
終に世界は君と並ぶものを
産み落としたよ!」
Face DB 24 00.png
ナイア
ついに! ついにこの時が来た!
幾多の時間を繰り返すこと幾星霜!
最終楽章の幕が上がる!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
うぅぅ、ヒドイ目にあった…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ブラックロッジの連中も、
偉そうな奴ばかりで不甲斐ない!」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
だから言ったじゃないですか。
あんな化け物連中と手を組んでも
ロクなことにならないって!」
Face HM 15 00.png
スタリオン
復讐なんて考えはもうやめて。
昔みたいに研究だけして暮らしましょうよ」
Face HM 13 00.png
ヴェロニカ
ドクターミナミ、
なぜあなたはドクター・ウェストに
あれほど執着されるのです?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
………」
Face HM 12 00.png
ミナミ
知らんと言ったのだ…」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
へ?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
奴は私の事を知らんと言ったのだよ!
ノーベル物理学賞を受賞した私を!」
Face HM 12 00.png
ミナミ
『他人の作った賞を獲ったところで
何の価値もないのであーる』
なんて言葉を投げ捨ててな!」
Face HM 15 00.png
スタリオン
そ、そんな理由ですか…?」
Face HM 12 00.png
ミナミ
そんな理由などではない!
私にとっては重要なことだ!」
Face HM 14 00.png
アマノリッヒ
く、くだらなすぎですよ…
ドクター…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
フン、何とでも言え。
クトゥルーの力のおかげで
この『G』の細胞も充分に活性化した」
Face HM 12 00.png
ミナミ
これが復活しさえすれば、
奴も<name6>もまとめて…」
Face HM 22 00.png
???
それをこちらに渡してもらおうカ…」
Face HM 12 01.png
ミナミ
き、貴様は…!?」
Face HM 15 00.png
スタリオン
うわああぁぁ!」
Face HM 20 00.png
ウィル
!? こ、これは…」
Face HM 12 00.png
ミナミ
う…ぐ…ぅ…」
Face HM 20 00.png
ウィル
遅かったか…!
一体、誰が『G』の細胞を…」
Face DB 23 00.png
???
あーあ、ティベリウスも
やられちゃったみたいだね」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
ネロ、貴様…なぜここに…?」
Face DB 23 00.png
ネロ
この夢幻心母は、
ネロが彼と遊ぶための玩具だからね。
キミたちには勿体ないんだよ」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
玩具か。
君から見たらそうかもしれんなぁ」
Face DB 23 00.png
ネロ
さあ、逃げるなら見逃してあげるよ。
クラウディウスみたいに
なりたくないでしょ?」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
………」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
そうはいかないな」
Face DB 23 00.png
ネロ
レベルの違いを忘れちゃったの?
キミたちなんてすぐに殺せるんだよ」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
忘れているのは君だよ、ネロ…」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
ここは邪神クトゥルーの体内なのだよ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
!? ち、力が…抜けていく…!」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
『Cの巫女』である君と、
中枢ユニットであるネームレス・ワンが
のこのこと来てくれるとはね」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
君を手に入れさえすれば、
ドクターの『G』に頼る必要もない!」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
これでクトゥルーは、
我々が完全に制御することができる!」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
さあ頼むよ、ルルイエ異本。
ネロを神と接続するのだ!」
Face DB 25 00.png
ルルイエ異本
る・りえー…くとはぅるはぅ…ら…ら…」
Face DB 23 00.png
ネロ
あ…ぁ…」
Face DB 23 00.png
ネロ
あああああああああああーっ…!」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
それではおやすみだ、ネロ。
二度と目覚めることは無いだろう」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
君の意識は神の下で、
死をも越える夢を見るのだ」
Face DB 23 00.png
ネロ
………」
Face DB 23 00.png
ネロ
フフフ…それはどうかな?)
Face DB 01 00.png
アル
その、なんだ…我が主よ…」
Face DB 00 00.png
九郎
………」
Face DB 00 00.png
九郎
アル…!」
Face DB 01 00.png
アル
このうつけ…何を急に…!
は、離れぬか!」
Face DB 00 00.png
九郎
馬鹿野郎…心配…させやがって…
っぅぅ…」
Face DB 01 00.png
アル
九郎…」
Face DN 04 00.png
エイーダ
いいじゃないですか」
Face SK 06 00.png
ハリケーン
あんたが死んじまった時の九郎は、
見てられなかったもんねぇ」
Face TO 14 00.png
カレン
大事な人の側にいられなくなるのは、
何よりも辛いことだもの…」
Face DB 01 00.png
アル
………」
Face DB 01 00.png
アル
うつけが…」
Face DB 10 00.png
エルザ
悔しいけど…嬉しいロボ…)
Face DB 08 00.png
ウェスト
落ち込むことはないのである、エルザ!」
Face DB 10 00.png
エルザ
は、博士!?」
Face DB 08 00.png
ウェスト
なになにエルザが己を癒やす存在に
気づかないのは無理はない…」
Face DB 08 00.png
ウェスト
青い鳥を探しに出た
チルチルミチルも遠回りをした末に
ようやく気づいたのである!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
つまりエルザにはまだ
我輩と破壊ロボDXがあるじゃないか!
なんて言ったりしてー!」
Face HM 04 00.png
サイ
またわけのわからないことを…」
Face DB 10 00.png
エルザ
わかったロボ、博士!
エルザも博士と一緒に戦うロボ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
おお、ようやく我輩の愛に
気づいてくれたか、エルザ!」
Face DB 10 00.png
エルザ
たとえ今はダーリンの心が
離れていてもいつかエルザの元に
帰ってくるはずロボ」
Face DB 08 00.png
ウェスト
へ…?」
Face DB 10 00.png
エルザ
博士、ありがとうロボ!
エルザはダーリンを信じて待つロボ!」
Face DB 08 00.png
ウェスト
もしもし…エルザさーん?
そういうわけではなくてですね…」
Face DB 01 00.png
アル
…なんでこんなうつけ共が一緒におるのだ」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
あはは…色々とあったんです。
ね、リナ?」
Face HM 05 00.png
リナ
え? あ、うん、何?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
どうしたの、リナ?
もしかして疲れてる?」
Face HM 05 00.png
リナ
ううん、大丈夫…」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
リナ…?)
Face MF 05 00.png
ネネ
それはそうと、ウィンフィールドさんの
容態はどうなんですか?」
Face MF 07 00.png
カナリア
現在クォーターの再生設備で治療中だ。
傷は深いが安静にしていれば問題ない」
Face OG 02 00.png
サヤ
でも、傷を癒やすのは
取り逃したアンチクロスも同じこと」
Face DN 00 00.png
時間が経てば、
またここを襲撃してくるかもしれないわね」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
今回の襲撃で基地はボロボロなんですよ!
次に攻められれば、ひとたまりも…」
Face DB 01 00.png
アル
ならば、こちらから攻めるまでだ」
Face MF 09 00.png
ボビー
ちょっと、アルちゃん!
本気なの!?」
Face DB 01 00.png
アル
クトゥルーが存在する限り、
世界はゆるりと破滅へ向かう」
Face DB 01 00.png
アル
妾とデモンベインが完全復活した今、
夢幻心母に攻め込むしかあるまい!」
Face SK 00 01.png
海動
殴り込みってワケか、おもしれえ!」
Face OG 20 01.png
アーニー
現在のクトゥルーの行方は?」
Face DB 04 00.png
マコト
進路上の都市を破壊しつつ、
太平洋に進路を向けています」
Face DA 00 00.png
ショウ
奴ら、どこに向かうつもりだ?」
Face DB 01 00.png
アル
………」
Face DB 01 00.png
アル
南緯四十七度九分、
西経百二十五度四十三分…」
Face SK 02 00.png
由木
その座標が何か?
そこには海しかないはずですけど…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
! アラート号事件…!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
瑠璃様、何か心当たりでも?」
Face DB 02 00.png
瑠璃
お祖父様が随分と熱心に
調査していた事件です」
Face DB 02 00.png
瑠璃
武装快速艇アラート号が、
海底から浮上した正体不明の怪異と
遭遇したと言います」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
海底から浮上した怪異とは?」
Face DB 01 00.png
アル
ルルイエだ。
クトゥルーが治める海底都市」
Face DB 01 00.png
アル
彼奴は、自らの城を
浮上させるつもりなのだ!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
その海底都市を拠点に、
地上制覇に乗り出す魂胆か!」
Face DB 01 00.png
アル
そんな生やさしいものではない。
大陸規模の大きさを持つ異形の都市だ。
もし浮上すれば…」
Face DB 01 00.png
アル
瘴気によって、
人類文明は灰燼と化す!」
Face MF 01 00.png
オズマ
な、なんだと…!?」
Face DB 00 00.png
九郎
やるしかねえ…!」
Face DB 00 00.png
九郎
俺たちの手でクトゥルーを倒すんだ!」
Face DA 01 01.png
チャム
中のアンチクロスは大丈夫よ!
だってウィンフィールドが戦うんだもの!」
Face DA 01 01.png
チャム
私たちも負けずに頑張るわよ!
ブラックロッジなんてやっつけちゃえー!」
Face DA 03 01.png
バーン
一対一の対決を邪魔するのは
無粋というもの…」
Face DA 03 01.png
バーン
拠点内の敵は気にせず、
我々は外からの脅威に応じるぞ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
あの執事さんがいるんだから、
中は大丈夫なはずだよ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
私たちは外の敵をやっつけるんだ!
みんなー、頼んだよー!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
内部への侵入者は執事殿が対応された!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
急ぎ加勢に向かうために、
まずは外部より迫る部隊を迎え撃ちます!
皆さん、行きますぞ!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
基地内部への侵入者は
ウィンフィールド様が対応するそうです」
Face TO 05 00.png
ロミナ
わたくしたちは街に現れた
ブラックロッジを迎え撃ちます!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
基地内のアンチクロスは
ウィンフィールドが対応してくれています」
Face DB 02 01.png
瑠璃
みなさんはブラックロッジの軍勢を
倒すことに集中して下さい!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
内部への侵入者はウィンフィールドさんに
お任せしてあります!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
私たちは外からの敵に集中します。
各機、ブラックロッジを迎撃してください!」
Face VR 01 00.png
フェイ
ウィンフィールド、頑張ってる…
わたしたちもしっかりしないと!」
Face VR 01 00.png
フェイ
みんな、さっさとすまして
ヘルプに入ろう!」
Face MF 01 01.png
オズマ
向こうから出向いてくれたんだ、
取り逃すわけにはいかん!」
Face MF 01 01.png
オズマ
侵入者はウィンフィールドに任せてある。
俺たちは街に接近する敵を叩くぞ!
各機、散開!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
基地内への侵入者は、
覇道家の執事殿が応じられるとのことだ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
諸君らには確実に、
街周囲に現れた敵を落としてもらいたい!
迎撃を開始せよ!」
Face MF 14 02.png
シェリル
見つからなかった敵が
あっちから来てくれたって、
考え方によってはラッキーじゃない」
Face MF 14 02.png
シェリル
ピンチをチャンスに
変えるくらいじゃなきゃダメなんだから!
みんな、がんばって!」
Face MF 15 02.png
ランカ
基地の中は大丈夫だって、
瑠璃さんが言ってました!」
Face MF 15 02.png
ランカ
みんなは外から来ている敵から
街を守ってあげてください!」
Face HM 04 00.png
サイ
基地に侵入した敵は
あの執事さんが何とかしてくれるってよ!」
Face HM 06 00.png
デントン
ふぅむ…
執事だけにバトラーということか」
Face HM 05 00.png
リナ
も、もう、先生…!
くだらないこと言わないで!」
Face HM 05 00.png
リナ
みんなは街の周りにいる
敵をやっつけてください!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
飛んで火に入る何とやらだな。
こちらから探す手間が省けたというものだ」
Face SK 03 00.png
スカーレット
全員、気合入れろ!
現れた敵を全部ぶちのめしてやれ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
基地内のアンチクロスは
ウィンフィールドさんが対応されると
通達がありました」
Face OG 20 01.png
アーニー
僕たちはこのまま外の敵を叩く!
各機、迎撃開始!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
君も感じるんだね。
そのパーツに宿るみんなの想いを…!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥゥゥン…!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
うん、行こう!
君と僕と、みんなの力で街を守るんだ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローマーン、ゴォォーッ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
スクラッグの遺産…
こんなものを戦いの道具にするなんて…)
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ウィルの…ウィルの苦しみも知らないで!)
Face HM 20 00.png
ウィル
放っておけば何もかも失う…」
Face HM 20 00.png
ウィル
ヤツらの技術は全て壊す!
一片でも、残すわけにはいかない…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
よくも人類至宝の天才に
刑務所暮らしをさせてくれたなあっ!
この恨み、何倍にもして返してやるわ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
性懲りもなく現れたと思えば、
相変わらずの逆恨みかよ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
やるってんなら容赦はしねえ!
また刑務所にぶち込んでやるから、
覚悟しな!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
貴様らから受けた屈辱、忘れておらんぞ!
返り討ちにしてくれるわ、
この凡人風情があ!」
Face DB 00 04.png
九郎
じゃあ、凡人の俺にやられる
てめえは超凡人ってことになっちまうな!
自称天才科学者さんよぉ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
よおぉぉやく会えたなあっ!
今度こそ、貴様をバラバラにし、
私の知識欲も、復讐心も満たしてくれる!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
僕たちを恨むのは勝手だけど…
周りにまで迷惑や被害を出すなら、
あなたを許さない!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
行くよ、ヒーローマン!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
ムゥン…!」
Face HM 20 00.png
ウィル
スクラッグの技術を好き勝手に…
お前のようなやつがいる限り、俺は…!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
ムムっ…?
よく見れば、貴様のその身体は…?」
Face HM 12 01.png
ミナミ
フハハハハ…面白い!
検体として捕らえて、
隅々まで調べてくれるわぁぁぁぁ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
現れおったな、ドクター・ウェスト!
積年の恨み、今日こそ晴らしてくれる!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
ふうむ、お前のようなやつ、
ち~っとも覚えてないのであるが…」
Face DB 08 01.png
ウェスト
だが、我輩に挑む心意気。
受けて立って打ち返して
ズタボロにしてやるのであ~る!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
なめたことを…!
本当の天才は、世界にただひとり…
このドクターミナミだあ~っ!」
Face HM 12 01.png
ミナミ
見よ、この圧倒的なパワー!
私の天才的頭脳と技術が合わされば、
造作もないことなのだ!」
Face MF 03 01.png
ルカ
技術は私欲を満たすためのものじゃない!
世の中を少しでも良くしようと
使われるべきなんです!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
逃げんなよぉ…
手足も、羽も引きちぎってバラしてやる!
虫をオモチャにするみてえにな!」
Face DA 01 01.png
チャム
やーん、あいつ怖い!
私も捕まったら、やられちゃうの!?」
Face DA 00 01.png
ショウ
命を玩具にするな!
感情を制御できない奴は
自分が死ぬことになるぞ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
居やがったな、薄汚ねえクソ忍者が!
てめえは一片も残さねぇくらい、
切り刻んでやるッ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
何が薄汚ねえだ!
お前たちの性根の方が、
よっぽど真っ黒だろうが!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
ようやく会えたな、
インスタント野郎に
裏切り者の機械人形がッ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
テメエらには地獄を…
地獄を見せてやるッ!」
Face DB 10 01.png
エルザ
愛に生きるエルザに
そんな脅しは効かないロボ!」
Face DB 00 04.png
九郎
おいたは程ほどにしておきな!
このクソガキがあッ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
よくもボクたちの前に
おめおめと顔を出せたもんだな!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
そのガラクタごとズタズタにしてやる!
やっちまいな、セラエノ断章!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
やーれやれ、主が違うだけで
こうも違うのであるな」
Face DB 08 01.png
ウェスト
あの男に比べれば、
貴様の風など扇風機の微風以下!
涼しさすらも感じないのであーる!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
てめえにも借りがあったよなぁ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
その白いポンコツごと、
手足の先から順にスライスしてやる!
楽に死ねると思うんじゃねえぞ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
気にせず向かうんだ、ヒーローマン!
あの子の攻撃は僕が止めてみせる!」
Face HM 00 01.png
ヒーローマン
オォォォッ!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
そんなチンケな翼で殺り合うつもりか!
うざいんだよ、テメエ!」
Face MF 00 01.png
アルト
言ってろ!
感情を出しすぎて丸わかりなんだよ、
動きが!」
Face DB 19 01.png
クラウディウス
涙と鼻水まみれにして、
惨めったらしく殺してやる!
ボクたちに歯向かったことを悔いて死ね!」
Face OG 20 01.png
アーニー
死ぬのはお前の方だ!
地獄でお前が手にかけた命に
頭を下げてこい…!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
ハーフっていいわね~ん。
混じり合ったあなたのその魂、
身体ごと半分こにしてあげるっ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
日本人の魂も、アメリカ人の魂も、
どちらも手放すつもりはない!
両方あっての俺なんだよ!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
ウ、ウソでしょ~。
紛い物の鬼械神のどこにこんな力が…?」
Face DB 01 02.png
アル
思い出しただろう?
そうだ! これが魔を断つ剣だ!」
Face DB 00 02.png
九郎
さあ、ゾンビ野郎!
死体は死体らしく墓に帰りなッ!」
Face DB 24 00.png
ナイア
フフ…見せてもらうよ、
九郎君にアル・アジフ」
Face DB 24 00.png
ナイア
時の濁流に呑まれ、
鍛えに鍛えられた術者と、
完全体となった最強の魔導書の力を!」
Face DB 24 00.png
ナイア
今回こそ、
今回こそ僕を悦ばせてくれ!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
あら? お久しぶりね、ドクター。
アタシたちを裏切った罪…
たぁっぷり償ってもらうわよん!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
裏切りじゃなく
見切りをつけただけである」
Face DB 08 01.png
ウェスト
そもそもお前たちごときに使われるほど、
明敏で英明で明晰な頭脳のこの超天才は
やっすい男じゃないのであ~る!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
あらぁ? その機体…
色んな生物の息吹を隠してるみたいだわ」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
いっそのこと、全部
亡霊にしちゃおうかしらん。
中のあんたたちごとね」
Face DN 00 01.png
聞き覚えあるような声だけど、
あんたの方がわかりやすいこと言うわね。
ま、頷くつもりはないけど!」
Face DN 02 01.png
朔哉
亡霊にしたきゃやってみやがれ!
俺たちの心が冷ませんならな!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
何かしら、この子…?
不思議な感じだけど、
どんな魂してるのか興味あるわ~!」
Face VR 01 00.png
フェイ
あなた、鈍感ね!
わたしたちの歌をきけば
すぐわかるはずっ」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
食べちゃいたいくらいかわいい子ねえ…」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
せっかくだから、
きれいな操り人形にしてあ・げ・る!
ぶっ殺した後にねえ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
お、お断りします!
人形遊びならひとりでやっててください!」
Face SK 01 01.png
真上
いつかの腐乱死体か。
そろそろ地獄を生きるのも飽きただろう?」
Face SK 01 01.png
真上
二度と蘇らぬように、
俺たちがキッチリと再殺してやるッ!」
Face SK 00 01.png
海動
覚悟するんだな!
数え切れねえぐらいバラバラにしてやるよ!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
やれるもんならやってみなさぁい!
この私の可愛い悪霊から
逃れられるものならね!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
その機体、なんて素敵なプロポーション!
ぜひお仲間にしたいわあ…」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
私の死霊の軍団のね…!」
Face SK 02 01.png
由木
結構です!
常識的でない仲間はもう間に合っています!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
いくわよん、
何度もアタシたちの邪魔をした報い
受けてもらうわ!」
Face DB 17 01.png
ティベリウス
亡骸も、魂も…!
死後も続く辛苦の牢獄に
未来永劫、閉じ込めてあげる!」
Face OG 20 01.png
アーニー
命の貴さを軽んじる魔術師…
お前の思い通りにはさせない!」
Face OG 20 01.png
アーニー
見せてやる、本当の命の輝きを!」
avatar