Face TO 01 00.png
ジョウ
ついに来やがったな…
ブラックロッジと決着をつける時がよ」
Face SK 02 00.png
由木
竜宮島の部隊とも合流できれば
良かったんですが…」
Face MF 01 00.png
オズマ
あいつらも今は敵勢力と交戦中だ。
俺たちだけでやるしかあるまい」
Face DB 02 00.png
瑠璃
既にローニン少佐からは、
ユニオンの太平洋艦隊を派遣する旨を
頂いております」
Face DB 02 00.png
瑠璃
これで戦力差はかなり埋まるはずです」
Face DB 01 00.png
アル
だが、邪神は強力な魔力障壁をもっておる。
並の兵器では足止めが関の山であろうな」
Face TO 02 00.png
レニー
つまり、並の兵器じゃなきゃ
いいってことでしょ?」
Face MF 05 00.png
ネネ
ふふ、そういうことになりますね」
Face MF 00 00.png
アルト
俺たちが人類の切り札ってわけか。
やるしかないよな!」
Face SK 00 00.png
海動
邪神だろうが魔神だろうが、
この俺の剣で叩き斬ってやるぜ!」
Face DN 00 00.png
まったく、みんな熱くなっちゃって…」
Face DN 01 00.png
くらら
そういうあなたも、
まんざらじゃなさそうだけど?」
Face DN 00 00.png
さあて、どうかしら」
Face DN 00 00.png
でも、熱くなるなら
とことんまで行きたいじゃない?」
Face DN 02 00.png
朔哉
同感だね。
限界を超えるまで熱くなってやるぜ!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
それは頼もしい限りですね」
Face DB 00 00.png
九郎
お、おい!
まだ無理すんなよ、執事さん!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
皆さんが命をかけようという時に、
私だけ休んでいるわけには参りません」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
でも…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
ウィンフィールド、あなたには
他にやるべきことがあるでしょう?」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
しかしお嬢様、
私には覇道家の執事としての…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
私たちなら心配ありません。
必ず帰ってきます」
Face DB 02 00.png
瑠璃
だからあなたは、
あなたのやるべきことをやりなさい」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
承知しました、お嬢様。
このウィンフィールド、一命を賭して!」
Face OG 02 00.png
サヤ
では皆さん、
そろそろ出撃しましょうか」
Face OG 20 01.png
アーニー
目指すは太平洋…
海底都市、ルルイエだ!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
フン、矮小な人間どもが
このクトゥルーに挑むつもりか」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
アウグストゥス…
君は今のデモンベインをどう思う?」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
ティベリウスを葬った、
あの力のことか?」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
あれではデウス・マキナに
匹敵するどころか、超越すらしている」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
あれはまるで、まるで…」
Face DB 16 00.png
アウグストゥス
大導師のようだと?」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
………」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
フ…なぁに、心配は無用だ」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
お前はここで果てるのだからな」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
なに!?」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
ぐわぁぁぁぁぁぁぁーっ…!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
フフフ…」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
ち、血迷ったか、アウグストゥス…!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
貴様風の言い方をすれば、
この世は悪意と裏切りに満ちているのだよ」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
さよならだ、ウェスパシアヌス」
Face DB 20 00.png
ウェスパシアヌス
お、おのれぇぇぇぇぇーっ…!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
ふは…ふははははは!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
ついに…ついに私は神の力を手に入れた!
何者も抗えぬ、運命すらも制する
窮極の力を!」
Face DB 16 01.png
アウグストゥス
手に入れたのはぁぁ…
このぉぅ私だ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
世界の覇者ぁ、アウグストゥスだぁぁっ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
ぅ…あ…ぐぅ…」
Face DB 23 00.png
ネロ
運命を制するのは、君じゃない…。
天の意志に、触れられる者は…」
Face DB 23 00.png
ネロ
九郎…君たちの強さをわけてもらうよ。
だから、早く来て…」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
ダンクーガとR-ダイガンの合神封印を?」
Face DN 00 00.png
そう、解除してほしいってわけ」
Face DN 01 00.png
くらら
なにせ相手は太古の邪神でしょ?
出し惜しみはなしでいきたいのよね」
Face DN 05 00.png
田中司令
なるほど、事情はわかりました」
Face DN 05 00.png
田中司令
ですが残念ながら、
ご期待には沿えそうにありません」
Face DN 04 00.png
エイーダ
どうしてですか!?」
Face DN 03 00.png
ジョニー
こんな時までお役所仕事は
勘弁してほしいですね」
Face DN 05 00.png
田中司令
いやはや何とも手厳しいお言葉ですが、
我々の力では何ともならないのが
現状でして…」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
合神機構はムーンWILLとの決戦後、
自動的に封印されていた…」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
これは推測だけど、
もしかしたらダンクーガ自身の
意志によるものなのかもしれないわ」
Face DN 04 00.png
エイーダ
ダンクーガの、意志…?」
Face DN 02 00.png
朔哉
なんだそりゃ?
ダンクーガが俺たちを拒否してるとでも
言いたいのかよ!」
Face DN 05 00.png
田中司令
そういうわけではないと思いますが…」
Face DN 00 00.png
ふん、まあいいわ。
要するに、あたしたち自身の力で
なんとかしろってことでしょ?」
Face DN 00 00.png
やってやろうじゃん!」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
あなたたちならそう言うと思ったわ。
地球の未来を頼んだわよ」
Face DN 01 00.png
くらら
特別手当、期待してるわね」
Face DN 05 00.png
田中司令
はぁ、この基地の予算も
ギリギリなんですけどねぇ…。
考えておきましょう」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
………」
Face DN 06 00.png
ウラジミール
本当にこれで良かったの?」
Face DN 05 00.png
田中司令
なぁに、彼らならやってくれますよ。
あの時のように…」
Face DN 05 00.png
田中司令
なにせ彼らは、無茶も無謀も逃げ出す、
デンジャラスな人たちですからね」
Face MF 11 00.png
モニカ
邪神クトゥルーまで距離5000!
敵性反応、多数接近してきます!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
突破口はデモンベインと本艦が拓く!
機動部隊各機は敵を迎撃しつつ、
要塞への突撃に備えろ!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
あれが、クトゥルー!
間近でみると、なんと巨大な…!」
Face LI 16 00.png
アマルガン
!? ぐうぅ…この瘴気は!?」
Face DB 01 02.png
アル
クトゥルーの邪気に当てられるな!
魔力耐性がない者は、正気を保てんぞ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
ぐっ…今さらこれぐらいのオーラで
やられるものか!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
このまま敵陣を突破する!」
Face MF 01 01.png
オズマ
全機散開!
フォーメーション、
『PLANET DANCE』!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
まかせとけ!
行くぜ、飛影ぇ!」
Face SK 00 01.png
海動
オラオラオラァァ!
雑魚どもは引っ込んでやがれぇ!」
Face TO 06 00.png
シャフ
ああっ! エルシャンクが…!」
Face TO 07 00.png
ガメラン
な、なんだこの触手は!?
これでは動けん…!」
Face DN 03 01.png
ジョニー
エイーダ、ダンクーガに合わせるんだ!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
はい! ダンブレードツインッ!」
Face DN 00 01.png
はあぁぁぁぁぁっ!
断空斬ッ!」
Face TO 06 00.png
シャフ
触手の迎撃に成功!
航行には問題ありません!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
皆さん、助かりました!」
Face DN 00 01.png
エルシャンクに手出しはさせない。
露払いはまかせておいて!」
Face MF 10 00.png
キャシー
あれは…!
艦の進行方向に翼人の大群が…!」
Face DB 01 02.png
アル
ナイトゴーントか!
気をつけろ、深淵に引きずり込む気だ!」
Face MF 00 01.png
アルト
艦に取り着く前に撃墜する!
高機動戦闘なら…!」
Face DA 00 01.png
ショウ
俺たちの出番だ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
ふたりとも、オーラ斬りだよぉ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
うおぉぉぉぉぉぉーっ…!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
今です!
クトゥルーの外殻に直接攻撃を!」
Face DB 01 02.png
アル
九郎!
先ほど渡した神獣弾を使うのだ!」
Face DB 00 02.png
九郎
神獣弾…これか!」
Face DB 01 02.png
アル
弾丸を媒体に神を招喚する!
1発きりの特別製だ。
遠慮なくブチかませ!」
Face DB 00 02.png
九郎
よっしゃぁっ!
イア! クトゥグア!
イア! イタクァ!」
Face DB 00 02.png
九郎
神獣形態の同時攻撃!
出血大サービスだ、存分に味わえぇ!」
Face MF 11 00.png
モニカ
13層の魔力障壁の消失を確認!
物理攻撃、有効です!!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
この機を逃すわけにいかん!
マクロス・アタックを仕掛けるぞ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
己が翼に誇りを持つすべての者よ、
続けぇぇぇ…!」
Face MF 09 00.png
ボビー
行っくぜぇ!
うぉおおりゃぁああ!!」
Face MF 10 00.png
キャシー
クトゥルーの外殻破壊を確認!」
Face OG 20 01.png
アーニー
全機、このまま中枢へと突入するぞ!」
Face DB 00 02.png
九郎
さあ!
やってきたぜ、ブラックロッジ!」
Face DB 00 02.png
九郎
お前たちを滅ぼす刃がもうこんなにも近く!
お前らの喉元まで迫っているぞ!」
Face DB 00 02.png
九郎
貴様らの元に…
最強の魔術師が帰還するぞォッ!」
Face DN 00 01.png
血の海とは、
またえらく悪趣味な場所ね」
Face DB 01 02.png
アル
ここからは完全に敵陣のまっただ中だ!
気を抜くなよ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
いかにも。
一瞬の気の緩みが死へ繋がる。
覚悟するのだな」
Face LI 16 00.png
アマルガン
奴め、既に傷を癒やしておったか!」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
あの男を倒した今、
拙者の渇きを癒やすのはもはや、
お主らのみ」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
付き合ってもらおう、<name6>!
そして、マスター・オブ・ネクロノミコン!」
Face DA 03 01.png
バーン
どこまでも修羅道を突き進むか…。
ただ、戦いに愉悦を求めるためだけに!」
Face SK 00 00.png
海動
てめえも、あの呂布と同じだ。
そういう生き方も、嫌いじゃねえがな…」
Face VR 01 00.png
フェイ
哀しすぎるよ。
心の渇きを癒せるのは血じゃないのに
あの人は…」
Face DB 01 02.png
アル
決まっておる!
修羅に堕ちた者の救いは、死の静寂のみ!」
Face DB 00 02.png
九郎
ティトゥス!
俺たちが引導を渡してやる!
迷うことなく逝きやがれ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
フ、フフフ…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
戦場を求め、闘争に渇き、
人外の領域に踏み入れたが、
そこに何があった…?」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
何もありはしない。
ただ更に救い難い渇きが、
待っていただけだった…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
その渇きを一時とはいえ、
潤してくれたのは…」
Face DA 01 01.png
チャム
………」
Face DA 01 01.png
チャム
あの人…
なんだか寂しいオーラをしてた…」
Face SK 01 02.png
真上
たった独りで生き、
たった独りで死んでゆく…)
Face SK 01 02.png
真上
あれが、修羅の末路か…)
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
やぁれやれぇ、
ティトゥスも役に立たんなぁ」
Face MF 03 01.png
ルカ
!? あなたは…!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
紛い物のデウス・マキナと、
たぁかが人間ふぜいの集まりがぁ、
よぉくぞここまで健闘したぁ」
Face SK 09 00.png
ミスティ
あなたひとりで戦うつもり?
仲間を呼ばなくて大丈夫かしら?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
仲間だとぉ?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
ふは…ふははははは!
はーはっはっはっはっ!」
Face DB 10 01.png
エルザ
何がおかしいロボ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
仲間なぁど今の私には不要!
クトゥルーを支配ぃするのはひとりで良い!
ふぅぅははははは!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
まさか、てめえ…自分の仲間を!」
Face DB 01 02.png
アル
邪神の魔力を目の当たりにして、
身の程を失ったか…愚かなッ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
だぁまれぇぇい!
ここにいるのは最早アンチクロスが一、
アウグストゥスではぁない!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
今の私は旧支配者の力を支配し、
神ぃすらも従属させる、世界のぉ覇者!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
地球ぅぅ皇帝ッ!
アウグストゥスなのだぁぁぁっ!」
Face SK 01 03.png
真上
地球皇帝だと…?」
Face SK 00 02.png
海動
クックック…上等じゃねえか!
俺たちの前で、皇帝(カイザー)を
名乗ってくれるとはよ!」
Face DB 00 02.png
九郎
短い天下だぜ、アウグストゥス!
テメエは俺たちには勝てない!」
Face DB 01 02.png
アル
悪意と裏切りに塗れた、
偽りのカイザー…今その玉座から、
引きずりおろしてくれよう!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
ぬぅぅぅあああぁぁぁっ!」
Face TO 03 01.png
マイク
どうだ!?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
………」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
ク、クククゥ…
その程度でレガシー・オブ・ゴールドをぉ、
神がぁ倒せるとでもぉ!?」
Face DB 01 02.png
アル
自己修復機能!
これもクトゥルーの魔力か!」
Face HM 07 00.png
ホリー
じょ、冗談だろ!?
あそこまでやっておいて無傷かよ!」
Face MF 01 01.png
オズマ
クッ、怯むな!
奴に火線を集中させろ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
フゥッハハハハァ!
そぉれでも攻撃のつもりかぁぁ?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
人間など等しく神の家畜に過ぎぃん!
貴様らも同じだぁぁぁぁ!」
Face DB 06 00.png
ソーニャ
きゃあああああっ!」
Face MF 13 00.png
ラム
これが、神の力…!?」
Face LI 18 00.png
ヘベ
まるで、ハイパー化…!
あんなの、どうやって倒せば…!」
Face DN 00 01.png
決まってるじゃん!
相手が神なら、こっちはその上を
行けばいいのよ!」
Face SK 07 00.png
ファンシー
神を…超える!?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
うわぁーっははは!
愚かしさも極まったなあ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
人間ごとき家畜がぁ、
神を超えるなどとは笑止千万ンン!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
それはあなたの方でしょ?
いい加減、笑わせないでよね」
Face DN 03 01.png
ジョニー
昔にもいましたよ。
あなたのように、神の名を騙る不届き者が」
Face DN 01 01.png
くらら
神様ってのはね、
人間の意志が…祈りが力となって
顕れるものなのよ」
Face DN 02 01.png
朔哉
人間を否定するヤツが、
神様になんかなれるワケねえだろ、
バカ野郎!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
き、貴様らぁあ!
人間の分際で、よぉくも私をぉう!」
Face DN 00 01.png
だったら、見せてやろうじゃん!」
Face DN 00 01.png
あたしたち人間に秘められた、
神をも超える可能性を…!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
!? な、なんだぁぁあ!?」
Face OG 02 00.png
サヤ
葵さん、皆さん…その光は!」
Face DN 00 01.png
うおおおおぉぉぉぉ!」
Face DN 00 01.png
キーワード!
『M・A・X・G・O・D』!」
Face DN 00 01.png
チームD
ダンクーガ! マックスゴッド!!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ダンクーガと、R-ダイガンが…!」
Face SK 02 02.png
由木
合体した!?」
Face OG 20 01.png
アーニー
あれが…ダンクーガ・マックスゴッド!」
Face DN 00 01.png
そう…最初から、
ダンクーガはあたしたちのことを
拒否なんてしていなかった」
Face DN 01 01.png
くらら
忘れていたのは、私たちの方…」
Face DN 03 01.png
ジョニー
感謝しますよ、地球皇帝。
我々の中の『神』を思い出させてくれて」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
き、貴様たちの…神だと!?」
Face DN 04 01.png
エイーダ
私たちの祈りが力となり、
この身に神を…獣を宿らせる!」
Face VR 01 00.png
フェイ
聞こえるよ、みんなの歌!」
Face VR 01 00.png
フェイ
誇りと愛が共鳴して…
奏でてる、メロディー!」
Face MF 14 00.png
シェリル
翼は、風に乗って…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
大空に祈る、鳥の歌…!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
無駄なことをぉ!
こぉの神をぉ、倒せるものかぁぁぁ!」
Face DB 01 02.png
アル
ならば、試してみるがいい!」
Face DB 00 02.png
九郎
魔を断つ剣…
いや、神すら殺すこの刃と!」
Face DN 02 01.png
朔哉
人を超え、獣を超え…
神をも超えたこの力!」
Face DN 00 01.png
うおおおぉぉぉッ!
やあぁぁってやろうじゃんっ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
ごふぅっ!
バ、バカな…なぜこの神がぁ…!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
地球皇帝のこの私がぁぁ!
ぐうぅるぁぁぁぁぁぁーっ…!」
Face DN 00 01.png
ふぅ…」
Face SK 08 00.png
フラッシュ
す、すごい…あれが…」
Face DB 04 00.png
マコト
完全復活したデモンベインと…」
Face MF 04 01.png
クラン
ダンクーガの、真の力か!」
Face DB 22 00.png
???
ふふふ…本当に、
天の意志に触れちゃうなんてね…」
Face LI 01 01.png
リュクス
!? あのデウス・マキナは…!」
Face DB 22 00.png
???
やっぱり九郎たちは、
思った通りの人間だったね!」
Face DB 00 02.png
九郎
! そ、その声…ウソだろ!?」
Face DB 01 02.png
アル
なんと…生きていたのか!」
Face DB 22 00.png
エンネア
やっほー。
みんな、元気~?」
Face HM 04 00.png
サイ
エ、エンネア…!?」
Face DB 22 00.png
エンネア
ゴメン、その名前、嘘。
本当の名前はネロ…」
Face DB 22 00.png
エンネア
アンチクロスのひとり、
『暴君』ネロ」
Face HM 05 00.png
リナ
な、何を言ってるの!?
エンネアちゃん!」
Face DB 23 00.png
ネロ
どうやらネロの渡した魔銃、
2挺とも使いこなしてるみたいだね」
Face DB 01 02.png
アル
イタクァと、クトゥグア…
あの銃は汝が!?」
Face DB 23 00.png
ネロ
九郎たち、大変そうだったし…」
Face DB 23 00.png
ネロ
何よりそれくらいのものを
渡しておかないと、戦いが楽しめない」
Face DB 23 00.png
ネロ
あのアルヴィスの子を助けてあげたのも、
ネロなんだよ」
Face OG 20 01.png
アーニー
アルヴィスの子!?
じゃあ、衛はエンネアが…!」
Face DB 00 02.png
九郎
どういうことだよ、エンネア!?」
Face DB 23 00.png
ネロ
だからー、エンネアじゃなくてネロ。
<name6>と九郎の…敵!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
あの寒気のする笑い方…
奴と同じだ」
Face TO 01 01.png
ジョウ
マスターテリオンと…!」
Face DB 23 00.png
ネロ
ようやく理解したみたいだね。
ネロが魔人だってことを」
Face DB 00 02.png
九郎
お前も…お前も同じなのかよ!
ただ破壊を楽しむ存在なのかよ!」
Face DB 00 02.png
九郎
俺たちにエンネアとして見せた顔は、
あの笑顔は全部嘘だったのかよ!
何が目的で俺に近づいた!」
Face DB 23 00.png
ネロ
………」
Face DB 23 00.png
ネロ
それは、ただ九郎に会いたかったから。
これは本当」
Face DB 23 00.png
ネロ
九郎やみんなと一緒に遊べて楽しかった。
これも本当」
Face DN 04 01.png
エイーダ
だったら、どうして…!?」
Face DB 23 00.png
ネロ
魔人が世界を滅ぼすのは当たり前でしょ?
こんな風にね!」
Face MF 02 01.png
ミシェル
な、何をしやがった!?」
Face DB 23 00.png
ネロ
邪神を暴走させたんだよ。
このままだと邪神の細胞は無限に増殖する。
まるでガン細胞のようにね」
Face DB 02 01.png
瑠璃
そんなことをすれば、世界は…!」
Face DB 23 00.png
ネロ
そう、クトゥルーを解き放ち、
世界を滅ぼすのはネロ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
みんなが憎むべき理不尽はネロ!」
Face DB 00 02.png
九郎
んなことのために戦ってんじゃねえ!」
Face DB 00 02.png
九郎
理不尽を理不尽で塗りつぶすために
戦ってんじゃねえんだよ!」
Face OG 20 01.png
アーニー
戦いましょう、大十字さん…!」
Face DB 00 02.png
九郎
<name1>、お前…!」
Face OG 20 01.png
アーニー
あなたも、わかっているはずだ」
Face OG 20 01.png
アーニー
きっとエンネアは…
いや、ネロはあなたに討たれることを
望んでいる…!」
Face DB 00 02.png
九郎
…!?」
Face DB 24 00.png
ナイア
フフフ、そういうことか。
自分の力で無理なら、九郎君の力で…)
Face DB 24 00.png
ナイア
この無限の連鎖の中を、君がようやく
辿り着いた答えがそれというわけか。
さすがだよ)
Face DB 24 00.png
ナイア
でもね…人は強いよ。
本当に強い、君が思ってるよりずっと…)
Face DB 24 00.png
ナイア
だから、その強さが仇となる…!)
Face DB 00 02.png
九郎
エンネア、俺は…!」
Face OG 20 01.png
アーニー
やるんだ、大十字さん!
彼女を本当の意味で救えるのは、
あなたしかいない!」
Face DB 00 02.png
九郎
クソッ、クソッ、クソォォッ!
エンネアアァァァーッ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
フフ…無駄だよ…」
Face MF 07 01.png
カナリア
またクトゥルーの力か!?」
Face VR 01 00.png
フェイ
たぶん違う。
なんだろう、虚ろというか…
うやむやにされた? そんな感じ…」
Face DB 23 00.png
ネロ
へぇ、よく気づいたね。
これがネームレス・ワンの最大の力。
情報を消去し、因果から遮断する…」
Face DB 23 00.png
ネロ
つまりネームレス・ワンが
『傷を負った』っていう事実を
なくしたんだよ」
Face DB 01 02.png
アル
そんな力、人間の領域ではない…」
Face DB 23 00.png
ネロ
ネロは魔人なんだよ。
世界を充分に滅ぼす力を持つ邪悪。
誰もこの力に対抗する術を持たない」
Face DB 23 00.png
ネロ
ただひとつを、除いては」
Face DB 00 02.png
九郎
ただひとつ…?」
Face DB 00 02.png
九郎
うわぁぁぁぁぁぁぁーっ…!」
Face TO 06 00.png
シャフ
あれは…!」
Face LI 01 01.png
リュクス
シャイニング・トラペゾヘドロン…!」
Face DB 23 00.png
ネロ
そう!
それこそが唯一ネロを消滅させる力だよ!」
Face DB 01 02.png
アル
また勝手に…一体何なのだ、これは!?」
Face DB 00 02.png
九郎
う…ぐ…力が抑え切れねえ!」
Face DB 01 02.png
アル
九郎、敵に力を向けなければ、
我らが滅ぼされてしまうぞ!」
Face DB 00 02.png
九郎
クッ…だからって
エンネアに向けられるかよ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
まだ迷ってるの、九郎!?」
Face LI 03 01.png
エレボス
あんたにはあの子の涙が…
悲しみのオーラが見えないの!?」
Face DB 00 02.png
九郎
! 悲しみ…だと!?」
Face OG 02 00.png
サヤ
きっとこれが、彼女の意志…
彼女の選んだ運命!」
Face OG 20 01.png
アーニー
リチャード少佐も、城崎博士も…
紅音さんも、サコミズ王も!」
Face OG 20 01.png
アーニー
自らを犠牲にして、
僕たちに未来を託してくれた!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
だったら俺たちは、
その悲しみを背負って
未来へと進まなくちゃいけない!」
Face DB 00 02.png
九郎
だけど…だけど、俺は!」
Face DB 01 02.png
アル
戦わねば救われぬ者もいる…」
Face DB 01 02.png
アル
いくら言葉を重ねたところで、
何も救えはしない。
そう…敵さえも!」
Face DB 00 02.png
九郎
アル、エンネア…俺は!
俺は…うあああぁぁぁぁーっ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
さあ来て、九郎…!」
Face DB 23 00.png
ネロ
う…あぐ…!」
Face DB 00 02.png
九郎
エンネアァァァーッ!」
Face DB 22 00.png
ネロ
う、うぅぅ…」
Face DB 00 02.png
九郎
無事か、エンネア?」
Face DB 22 00.png
ネロ
!? 九郎、どうして…?」
Face DB 00 02.png
九郎
俺が、デモンベインが斬るのは
エンネア…お前じゃない」
Face DB 00 02.png
九郎
最後のアンチクロス、ネロは俺が倒した」
Face DB 00 02.png
九郎
ここにいるのはただのエンネアだ。
そういうことにしておけよ」
Face DB 22 00.png
ネロ
ふふ、まさかね。
シャイニング・トラペゾヘドロンまで
制御しちゃうなんて…」
Face DB 22 00.png
ネロ
やっぱり九郎は…ううん、
人間の意志は、ネロが思ってた以上に
すごいものだったみたい」
Face DB 00 02.png
九郎
当たり前だろ?
俺たちはこうやって、
何度も運命に立ち向かってきたんだ」
Face DB 00 02.png
九郎
たとえその先に在るものが、
絶望しかなかったとしても…」
Face DB 22 00.png
ネロ
………」
Face DB 22 00.png
ネロ
ネロは九郎たちに会うことで、
勇気をわけてもらうつもりだったんだ。
ネロ自身を滅ぼす勇気を」
Face DB 22 00.png
ネロ
でも違った。
そんなのは強さじゃないんだ」
Face DB 22 00.png
ネロ
そんなのは、逃げでしかなかったんだね…」
Face DB 00 02.png
九郎
エンネア…」
Face DB 22 00.png
ネロ
もし次があるなら、
ネロはもっともっと強くなるよ」
Face DB 22 00.png
ネロ
絶望の淵で足掻いたって、
ああ、生きてるんだって誇れるように」
Face DB 00 02.png
九郎
次があるなら?
お前、いったい何を…」
Face DB 22 00.png
エンネア
ありがとう。
エンネアの大好きな、九郎…」
Face DB 00 02.png
九郎
…!?」
Face DB 07 00.png
ライカ
あ…ああ…エンネアちゃんが!」
Face DB 00 02.png
九郎
お、おい…エンネア!
しっかりしろ、エンネアァァーッ!」
Face DB 13 00.png
???
フフフ…」
Face DB 00 02.png
九郎
て、てめえは!?」
Face DB 00 02.png
九郎
なんなんだよ…なんでてめえが
ここにいるんだよ!」
Face DB 00 02.png
九郎
答えやがれ…マスターテリオンッ!」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
初めまして…だな?
大十字九郎と輪廻の迷い子たちよ」
Face SK 06 00.png
ハリケーン
あんた、死んだはずじゃ…!?」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
その表現は正しくない。
貴公らの知っている余は前回の余だ」
Face MF 06 01.png
ララミア
何をわけのわからないことを!
では、貴様は一体何者だというのだ!?」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
まだわからぬのか?
余はたった今、我が母ネロによって
産み落とされたのだ」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
そう、今まさにこの瞬間、この場所で。
貴公らと対峙するために母の胎内を破り、
産まれ落ちたのだからなぁ!」
Face DB 00 02.png
九郎
テ、テメエェェェェ…!」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
再び始まりに転生した今、
貴公らとのダンスを楽しみたいところだが…
まだ完全に時は満ちていない」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
やれ、エセルドレーダ」
Face DB 15 00.png
エセルドレーダ
イエス、マスター」
Face DB 01 02.png
アル
マスターテリオンに続いて、
ナコト写本まで…!?」
Face DB 15 00.png
エセルドレーダ
クトゥルーにアクセス。
転送術式、広域展開」
Face DB 01 02.png
アル
いかん、これは…!」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
時を経て再び相まみえようぞ!
大十字九郎、そして輪廻の迷い子たちよ!」
Face DB 00 02.png
九郎
うわぁぁぁぁぁぁぁーっ…!」
Face LI 17 00.png
キキ
う…くっ…ここは…!」
Face TO 04 01.png
ダミアン
要塞の外だと…?
一体どうなってんだよ!?」
Face DB 01 02.png
アル
おそらくクトゥルーの力だろう。
転送魔術で妾たちを内部から排除したのだ」
Face MF 04 01.png
クラン
クトゥルーの姿も見えない…。
まずは状況を整理する必要がありそうだな」
Face DB 00 02.png
九郎
クソ…なんでだよ!
ようやくアイツを助けてやれたと
思ったのに…!」
Face DB 07 00.png
ライカ
九郎ちゃん…」
Face DB 00 02.png
九郎
なんでだよ…エンネアァァァーッ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
ぐぅ…全てを失い、なおも生き延び…
無様としか言いようが無いな…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
だが…」
Face DB 03 00.png
???
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
お待ち申しておりました」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
…そうか、生きておったか」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
感謝するぞ。
拙者に決着の機会をくれたことを…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
礼なら、私の主に申してください。
この戦いは、瑠璃お嬢様の
お許しによるもの…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
お嬢様の御心に恥じぬためにも、
負けるつもりは毛頭ございません」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
フ…ならば拙者は、
自らの生き様に懸けて戦おう!」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
いざ、尋常に…!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
勝負ッ!」
Face DB 21 01.png
ティトゥス
てえやぁぁぁぁぁぁーっ…!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
奥義…鎮魂曲・怒りの日」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
がはっ…!」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
私の勝利です、ミスター・ブシドー」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
フ、フフフ…
あくまで人間として戦うお主に…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
人間であることに耐えきれなかった
拙者が、敵う道理はないか…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
ははははっ…なんたる間抜けよ…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
………」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
魔も人間も、紙一重…」
Face DB 03 00.png
ウィンフィールド
さらば…強く儚き、我が宿敵…」
Face TO 05 00.png
ロミナ
ガメラン、クトゥルーの行方は
掴めましたか?」
Face TO 07 00.png
ガメラン
いえ、我々が転送されると同時に
あちらもどこかへ転移したようで、
行方は掴めておりません」
Face DA 02 00.png
マーベル
予定の場所から離れたということは、
ルルイエの復活が目的ではなかったの?」
Face HM 06 00.png
デントン
アンチクロスたちはともかく、
少なくともマスターテリオンにとっては
違ったんだろうね」
Face DA 00 00.png
ショウ
奴の言っていた転生とは、一体…」
Face LI 01 00.png
リュクス
その言葉通り、
エンネアを魔力の依代(よりしろ)として
生まれ変わるつもりだったのでしょう」
Face OG 20 01.png
アーニー
『全部無駄なことだとわかっていても、
戦えるか』…」
Face TO 14 01.png
カレン
彼女もまた知っていたんですね。
自らの運命を…」
Face OG 02 00.png
サヤ
彼女もまた知っていたんですね。
自らの運命を…」
Face MF 02 00.png
ミシェル
だから転生を阻止するため、
シャイニング・トラペゾヘドロンで
己の存在を消そうとしたわけか」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
じゃあエンネアは、
どちらにしろ死ぬ運命だったって
言うんですか?」
Face HM 03 00.png
ジョーイ
そんなの…あんまりじゃないですか」
Face MF 14 00.png
シェリル
いいえ、彼女の最期の言葉は…
決して運命に屈した者の
言葉じゃなかったわ」
Face MF 15 00.png
ランカ
彼女は自らの運命の行く末に、
何かを見ていたような気がするんです」
Face MF 15 00.png
ランカ
それが、何かはわかりませんけど…」
Face OG 02 00.png
サヤ
死の先に、在るもの…」
Face DN 00 00.png
天国や地獄なんてものを信じる気は
さらさらないけど」
Face DN 00 00.png
少なくともエンネアは、同情や後悔なんて
望んでないんじゃないかしら?」
Face DB 00 00.png
九郎
ああ、そうだな。
俺たちはもう、立ち止まるわけには
いかねえ…」
Face DB 00 00.png
九郎
どれだけ絶望の淵に立たされようが、
最後の最後まであがいてやる」
Face DB 00 00.png
九郎
エンネアの分までな…」
Face DB 02 00.png
瑠璃
大十字さん…」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
………」
Face DB 24 00.png
ナイア
せっかく転生したっていうのに、
九郎君と戦えなくて残念だったね、
大導師殿?」
Face DB 13 00.png
マスターテリオン
構わん。
ようやくこの時を迎えたのだ。
しばし余韻に浸るのも悪くはない」
Face DB 24 00.png
ナイア
フフフ、では高みの見物と
洒落こもうじゃないか」
Face DB 24 00.png
ナイア
『ユガ』の終焉に魅入られた魂たちの、
哀しくも美しいダンスをさ!」
Face DB 24 00.png
ナイア
フフフ…アハハハハハハ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
海底都市が現れれば、地球は滅びる…。
冗談じゃない、やらせるものかよ!」
Face DA 01 01.png
チャム
そうよ!
ここで負けたら、
何もかもが終わっちゃう!」
Face DA 01 01.png
チャム
アンチクロスなんか
みんなやっつけちゃえー!」
Face DA 03 01.png
バーン
生命を灰にして喜ぶ悪漢どもが…!
海底都市など浮上させてなるものか!」
Face DA 03 01.png
バーン
全員、準備はいいな!
ブラックロッジの計画を阻止するのだ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
アンチクロスの悪巧みなんて
ぜったいやらせちゃダメなんだ!」
Face LI 03 01.png
エレボス
みんな、あいつらを
まとめてやっつけておくれよ!
頼んだよー!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
アンチクロスの野望を打ち砕き、
クトゥルーの脅威から世界を救うのです!
みんな、奮起してください!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
皆さん、この戦いの成否に
世界の未来がかかっています!」
Face DB 02 01.png
瑠璃
アンチクロスを全て討ち倒し、
海底都市の浮上を絶対に阻止するのです!
作戦を開始してください!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
海底都市の浮上は
絶対に阻止しなくてはいけません!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
皆さん、散開を!
ここでアンチクロスを全て撃退します!」
Face VR 01 00.png
フェイ
未来は…
自分の力でかちとるもの。
あなたみたいな神様なんて信じない!」
Face VR 01 00.png
フェイ
みんな、わたしの歌をきいて!
邪気なんかに負けないパワーをあげる!」
Face MF 01 01.png
オズマ
この戦闘に遠慮はいらん!
アンチクロスの野郎共に、
ありったけの弾をぶち込んでこい!」
Face MF 01 01.png
オズマ
神様の力なんざ大したことないってことを
あいつらに思い知らせてやれ!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
各員に通達!
奴らに遅れをとれば、
すべての生命の未来は無い!」
Face MF 08 00.png
ジェフリー
地球の制覇を目論むアンチクロスを
我々の手で討ち倒すのだ!」
Face MF 14 00.png
シェリル
邪気だか何だか知らないけどね。
こんなの私の歌で吹き飛ばしてあげる!」
Face MF 14 00.png
シェリル
いい、みんな?
マクロスピードで突っ走って、
アンチクロスを全部倒すのよ!」
Face MF 15 00.png
ランカ
みんなを苦しめる邪気…
私の歌で、払ってみせる…!」
Face MF 15 00.png
ランカ
負けないで、みんな!
この世界をアンチクロスから、
守って!」
Face HM 06 00.png
デントン
この戦いに負ければ、
海底都市が浮上し、すべては終わる…!」
Face HM 05 00.png
リナ
けど、みんながいる以上、
そんなことには絶対にならない!」
Face HM 05 00.png
リナ
みんな!
FIGHT FOR FUTURE!
この世界の未来をお願い!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
この戦いは地球の明日を担う一戦だ!
我々に負けることは許されん!」
Face SK 03 00.png
スカーレット
アンチクロスを討ち倒し、
海底都市の浮上を阻止する!
行くぞ、野郎共!」
Face OG 20 01.png
アーニー
ここまで辿り着けば、
残るはアンチクロスを討つだけだ!」
Face OG 20 01.png
アーニー
アンチクロスを殲滅し、
奴らの狙いはすべて阻止します!
全機、作戦開始!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
今日のステージは満員御礼。
銀河よ我輩の歌を聴け、であーる!」
Face DB 10 01.png
エルザ
博士、行くロボよ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
お前にラブハァァァァァット!」
Face DN 01 01.png
くらら
心が燃える…
身体の奥から溢れてくる」
Face DN 02 01.png
朔哉
この魂が満たされる感じ、
久しぶりだぜ!」
Face DN 03 01.png
ジョニー
思い出に浸るのは程ほどにして、
相手に見せてあげようじゃありませんか!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
ええ、私たちの意志が
ひとつになった力…」
Face DN 00 01.png
未来へと羽ばたく、
ダンクーガ・マックスゴッドの力を…!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
加減は不要。
傷を負いしこの身なれど、
お主らに後れはとらん!」
Face DA 00 01.png
ショウ
お前の腕は知っている!
手加減する気になんてなれるかよ!」
Face DA 01 01.png
チャム
そうよ!
悪いオーラの力は
全部やっつけちゃうんだからー!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
なぜだ!?
純粋に力を追い求めるなら、
どうして正道で極めようとしない!?」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
笑止…。
正道で極められぬからこそ、
拙者はすべて捨てさったのだ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
お主らとは幾度となく剣を交えたが、
此度が最後となるであろうな…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
ゆえに名残惜しい。
全身全霊を傾けられる、至福の時よ!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
来やがれ、侍野郎!
最後らしく、華々しく散らせてやるぜ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
死霊秘本の主よ。
天理に達した我が剣の冴え、
存分に味わってもらうぞ!」
Face DB 00 02.png
九郎
上等だ!
執事さんに負わせた傷の借り、
ここでキッチリ返してやらぁ!」
Face DB 01 02.png
アル
異形によって得た力など、
何の意味もないと知れ、外道ッ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
HAHAHA!
そんなナマクラ刀では、
キズひとつ付けられないのであーる!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
チョンマゲ!
ウチクビ! ハラキリ!
カミカゼェェェ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
フ、相も変わらず、
一風変わった存在よ…」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
だが、拙者を愚弄した以上、
その末路はわかっているのであろうな…?」
Face DB 10 01.png
エルザ
うわー…。
アイツ、地味にメチャクチャ
怒ってるっぽいロボ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
それだけの力を持っていて、
どうして戦うことにしか
使えないんですか!?」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
力とは、
命を削り合う中でのみ生きるモノ。
それを追い求めて何がおかしい?」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
違う…。
力は戦うためじゃない、
誰かを守るために使うものなんだ!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
魔神の操り手か…。
修羅道に身を堕とした拙者の相手、
存分に努めてもらうぞ!」
Face SK 00 01.png
海動
地獄めぐりをご所望か、上等だぁっ!」
Face SK 01 01.png
真上
修羅道と地獄道。
果たしてどちらが上か、
ここで決めてやろう!」
Face OG 20 01.png
アーニー
人を捨て、人を斬り…。
なお力を求め、堕ちていくか、
外道め!」
Face DB 21 00.png
ティトゥス
武の道は修羅。
行き着く果ては、ただ圧倒的な力のみ!
拙者の前に屈せよ、人間!」
Face TO 05 00.png
ロミナ
皇帝とは民を導くべき存在です!
人を見下す者が名乗って良いものでは
ありません!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
フハハハハハ!
人間ごときがこの私を愚弄するか!
神をも凌駕する力を見せてやろう!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
デモンベインだとぉ!?
魔を討ち滅ぼす者だとぉ!?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
恐るるぅぅにぃ足らんなぁ!
ふはははははは!」
Face DB 01 02.png
アル
以前の妾たちだと思っておるのか?
ここに至るまで、何体の鬼械神と
邪神の眷属を屠ってきたと思っておる!?」
Face DB 00 02.png
九郎
のぼせ上がりやがって…三下がッ!
すぐにその金メッキを剥がしてやらぁ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
まさか、君が生き延びたことで、
ここぉまで手こずることになるとは
思わなかったよ、ドクタァァァ」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
だぁが、それもここぉまでだ。
そのようなガラクタでは、
この神はぁ、倒せん!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
おー、これだから
凡人は嫌なのであーる!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
我輩の限界無き知能で創られた
このスーパーウェスト無敵ロボ
28號スペシャル!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
貴様のような凡人脳味噌では計り知れない、
スーパーデリシャス&ハイパーマグナムで
ゴージャスなアフターケアまで兼ね備えた…」
Face DB 08 01.png
ウェスト
スペシャルデラックスでギャラクシーな
パワーを…」
Face DB 10 01.png
エルザ
とにかく凄く強いから、
お前なんかに負けないってことロボ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
私は貴様らが倒した
ムーンWILLとは違うぞぉ?」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
私はこの世に在る全ての支配者。
地球ぅ皇帝ぃアウグストゥスなり!」
Face DN 02 01.png
朔哉
ったく、何もわかっちゃいねえな!」
Face DN 04 01.png
エイーダ
思い込みだけで比較しちゃって、
恥ずかしい人です」
Face DN 03 01.png
ジョニー
言っておきますけど、あなた…
ムーンWILLにそっくりですよ!」
Face DN 01 01.png
くらら
神様気取りで、
すべてを手にした気になっている
器の小ささが、特にね!」
Face DN 00 01.png
そんな奴に負けるわけにはいかない!
やってやろうじゃん!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
我が神の力の前にぃ、
貴様のぉ歌声などぉ、児戯の如しぃぃぃ!」
Face VR 01 00.png
フェイ
叫ぶのが得意なんだね!
でも教えてあげる、そういうのって
自信の無さの裏返しなんだよ!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
我は地球皇帝!
矮小なる貴様らの魂のくびき、
解き放つのはぁ私のぉぉ役目だ!」
Face MF 00 01.png
アルト
お前にその役は相応しくないぜ!
くだらない即興劇は終わりにしてやる!」
Face DB 16 02.png
アウグストゥス
貴様の内より感じるぅぅ
生命の輝きはぁ不愉快なのだ!
地球皇帝自らぁ、断罪してくれる!」
Face OG 02 00.png
サヤ
あなたに裁かれる理由などありません!
命を弄ぶ者を撃つのは我々の役目です…!」
Face OG 20 01.png
アーニー
お前が皇帝など名乗るのはおこがましい!
地獄に堕ちろ、外道ッ!」
Face DA 00 01.png
ショウ
オーラバトラー越しでもこの殺気…。
ネロ、本気だというのか?」
Face DB 23 00.png
ネロ
ショウはネロを殺すよね?
だって、怨念を殺すんだもんね!」
Face DB 23 00.png
ネロ
ふふ、そっかあ。
運命を切り拓くって、
その意志があればこそなんだね」
Face DA 03 01.png
バーン
奴め、何を知っている…?」
Face DA 03 01.png
バーン
しかし、我々の前に
立ち塞がるのであれば、
ただ斬り捨てるのみ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
聖戦士ってのは、
世の乱れを正す選ばれし者でしょ?」
Face DB 23 00.png
ネロ
ネロはまさに世界を滅ぼす乱れだよ?
ほら、ほらぁ!」
Face LI 00 01.png
エイサップ
俺はそんな摩訶不思議な存在じゃない!
戦う者ぐらい自分の意志で決める!」
Face TO 01 01.png
ジョウ
エンネア、
お前のために悲しんだ人がいたんだぞ…?
心の痛みを何だと思ってやがる!」
Face DB 23 00.png
ネロ
やだなあ、怒らないでよ。
ほら、生きてるってば!」
Face DB 23 00.png
ネロ
でもね、まだエンネアだと思ってるなら、
今度はジョウが死んじゃうよー!」
Face TO 14 01.png
カレン
あの子は私たちの敵…
でも、本当に戦っていいの…!?」
Face DB 23 00.png
ネロ
カレンはすでに運命を選んだ。
何を悩む必要があるのかな?」
Face DB 23 00.png
ネロ
さあ、早くネロを殺しにきなよ!」
Face DB 23 00.png
ネロ
九郎は世界を護る『せーぎの味方』。
ネロは世界滅亡を企む『悪の魔法使い』」
Face DB 23 00.png
ネロ
全てを賭して相手の全てを否定し合うの。
素敵でしょ?」
Face DB 01 02.png
アル
覚悟を決めろ、九郎。
彼奴はエンネアなどではなく、
『暴君』ネロなのだ!」
Face DB 00 02.png
九郎
なんで…
なんでそんなことしなきゃならねえんだ!
エンネアァァァァ!」
Face DB 10 01.png
エルザ
相手が暴君だって怯まないロボ!
エルザにはダーリンのラブパワーが
ついてるロボ!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
いかんのである、エルザ!
そんな汚らしいモノはすぐに
焼却炉に投げ入れるのである!」
Face DB 08 01.png
ウェスト
代わりにエルザへ届け!
我輩のマイ・スウィート・ハート!」
Face DB 23 00.png
ネロ
あはははは、本当に面白いね!
君たちは!」
Face DB 23 00.png
ネロ
さあ、ネロを倒してみなよ!
君たちの言う、愛の力でさぁ!」
Face DN 01 01.png
くらら
私たちはまんまと騙されたってワケね」
Face DN 03 01.png
ジョニー
『月刊男の策略』にも、
子供を疑えとはありませんからね」
Face DB 23 00.png
ネロ
ふふ、すべては決まっていたんだ。
騙されたなんて、卑下しなくていいよ。
これは運命なんだ!」
Face DN 02 01.png
朔哉
一緒にいたのにわからなかったのか?
俺たちは運命を押しつけられるのが
嫌いなんだよ!」
Face DN 00 01.png
何を考えて近づいたか知らないけど、
ふざけたことを言う子には
お仕置きしてあげないとね!」
Face DB 23 00.png
ネロ
覚醒した君と、『彼女』の歌…
どこまで響くのかな?
どこまで輝くのかな?)
Face DB 23 00.png
ネロ
フフ、楽しみだな…)
Face DB 23 00.png
ネロ
ほら、ネロを撃って?
このままじゃ、アルトの好きな空も
消えて無くなっちゃうんだよ?」
Face MF 00 01.png
アルト
道化を演じようっていうのか、エンネア!」
Face MF 00 01.png
アルト
お前が本当に演じるべき役は
そんなんじゃないはずだろ!」
Face MF 02 01.png
ミシェル
チッ、女性を撃つ趣味はないんだけどね!」
Face DB 23 00.png
ネロ
だからネロのココロを撃ちたいって?
余計な事はしない方がいいと思うな」
Face DB 23 00.png
ネロ
せっかく掴みとった命と運命、
大事にしないとね!」
Face DB 23 00.png
ネロ
ネロは世界を滅ぼす悪なんだ。
ほら、ネロを倒せばジョーイがなりたかった
ヒーローになれるよ!」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
違うよ、エンネア…。
僕のヒーローは悪を倒す人じゃない」
Face HM 03 01.png
ジョーイ
ヒーローは…
みんなを守るために戦うんだよ!
だから僕は、君も守りたい!」
Face DB 23 00.png
ネロ
ふたりなら、わかってるよね?
ここが殺し合いの場所だってことをさ!」
Face SK 01 03.png
真上
当然だ…!
貴様には後悔する暇も与えん!」
Face SK 00 03.png
海動
全力で殺してやるよ!
俺たちの、地獄でなッ!」
Face OG 02 00.png
サヤ
本当にやるのですね、少尉?」
Face OG 20 01.png
アーニー
何の為に戦ってきたかを忘れるな。
未来を破滅させる者はすべて、
僕たちが討つ」
Face DB 23 00.png
ネロ
そう、そうだよ!
今の<name1>ならもう十分だ。
さあ…殺し合おう!」
Face DB 23 00.png
ネロ
<name1>たちの
命の輝きがどれほどか、
ネロに見せてよ!」
avatar